" />

2階建てオープントップバスでめぐる魅惑の香港観光!100万ドルの夜景や煌くネオンで感動体験を!

観光
2933views

日本からもほど近く、中国本土とはまた違った趣のある近代的なアジア都市「香港」。香港といえば、宝石のようにきらめく100万ドルの夜景をまず思い浮かべるのではないでしょうか。山頂から眺める香港の夜景はもちろん、香港市街地に煌々と光るたくさんのイルミネーションや看板もきれいですね。

そんな香港の夜を満喫する一番おすすめの方法は、香港名物の「香港オープントップバス」に乗ること!香港オープントップバスの2階座席に乗ってビクトリアピークやネイザンロードを風をきって走る爽快感は最高ですよ!今回は、香港オープントップバスの魅力や料金、乗り方、さらには貸切情報などを詳しく紹介していきます。

香港オープントップバスとは?

香港の名物ともいえる、屋根がない2階建てのオープントップバス。1階は普通のバスと一緒ですが、見ての通り2階座席の開放感は抜群(1階も広々していて決して乗り心地が悪いわけではありませんよ!)。このオープントップバスを見てロンドンバスを思い出すして比較する人もいるかもしれませんが、香港はイギリス領だったのでその影響が大きく、それがこのオープントップバスにも現れているんですね。オープントップバスは多くのツアー会社で取り扱っており、そのツアー内容もさまざまです。香港の市街地を走り抜けたり、香港一の絶景ポイント・ビクトリアピークを登ったりするだけではなく、ディナー付きのオープントップバスツアーなどもあるので、自分たちのスタイルに合わせて様々なオープントップバスツアーを比較して選ぶことができます。

オープントップバスのツアーによっては、オープントップバスの乗車場所まで自力で行く必要があるものも多いので、オープントップバスツアーの詳細に必ず目を通し、比較して間違えることのないようにしましょう!

香港の100万ドルの夜景」を十二分に堪能したいならオープントップバスを利用しない手はありません!

香港オープントップバスの料金は?

香港ではたくさんのオープントップバスが運行していて料金も実にさまざま。料金の安いものでは2000円程度の料金でオープントップバスツアーに参加できるものもあります。香港のネオン街を中心にバスの中から夜景を楽しむツアーやビクトリアピークに登るもの、食事付きのものなど、オープントップバスツアーの内容や所要時間によって料金が異なってきます。

時間や料金と相談して比較しながら、自分にぴったりのオープントップバスツアーを探してみるといいでしょう。

香港オープントップバスのみどころは?

オープントップバスはツアー会社やツアー内容がたくさんあるとは言え、基本的に押さえるポイントは一緒です。このうち、香港の行ってみたい場所を組み合わせたオープントップバスツアーを探すのがおすすめです。

九龍半島中心部・ネイザンロードの看板

香港を舞台にした映画やテレビ番組で必ずといっていいほど登場するのが、ネイザンロードを中心とした香港市街地のネオン看板でしょう。「見たことある!」という方は多いのではないでしょうか。香港を始めて訪れる人の中には、この香港の風景を見て香港現地に来たことを実感したという人も少なくないようです。

歩きながら香港の景色を眺めるのももちろんいいですが、ぜひここはオープントップバスで楽しんでいただきたいところ。オープントップバスの2階座席なら看板すれすれを通過するので迫力満点!このスリルは香港オープントップバスの2階座席以外では味わえないでしょう。

ギネス認定の香港名物ライトショー!シンフォニーオブライツ

シンフォニーオブライツ」は、「世界最大の音と光のショー」としてギネスにも認められたほどの香港の大人気のショーです。2017年12月より新バージョンとなり、光と音だけでなくLEDパネルを使用して画像も表示されるようになりました。

香港の素敵なショーをオープントップバスでのドライブ中に眺めるなんて贅沢な時間ですね!ただし、ショーの開催は20時から10分間なので、オープントップバスツアーを選ぶ必要があります。ネイザンロードの看板やビクトリアピークとはまた違った香港の夜景を楽しむことができます。

香港の夜景といえば!ビクトリアピーク

「香港100万ドルの夜景」の多くは、このビクトリアピークから見た夜景を指す場合がほとんどといっても過言ではありません。九龍半島に浮かぶ夜景には思わず心を奪われてしまい、香港の夜景が人気な理由がわかります。

そんな香港のビクトリアピークは世界中からの観光客でいつも賑わっている人気スポット!特に人気のトラムに乗車するために長蛇の列に並ぶ必要があります。

オープントップバスのツアーをしっかりと選ぶ必要はありますが、一部のオープントップバスツアーなら待ち時間少なく人気のトラムで頂上に行くことができるのでおすすめ。自力で観光するのと比較して、オープントップバスツアーならスムーズに観光できるのも魅力ですね。

香港オープントップバスの乗り方は?

ここでは、香港オープントップバスの乗り方について、予約の仕方から詳しくご紹介します。こちらの乗り方の手順に沿ってオープントップバスを予約してもらえればOKですが、ツアー会社やツアー内容によってオープントップバスの予約の手続き方法と乗り方は変わってきます。基本的には各ツアーの乗り方に従ってオープントップバスに乗ってくださいね。

ネットでオープントップバスの予約をする

オープントップバスは香港を代表する観光の目玉なので参加者は常にいっぱい!そのため、予約は香港到着後ではなく、香港に到着する前にネットで予約することをおすすめします。到着後に香港現地で座席を予約する場合には、オープントップバスの2階座席か1階座席かどうかを忘れずに確認してから、座席を予約しましょう。

オープントップバスのツアー会社やツアーコースは日本語で案内のあるもの以外にもたくさんあるので、自分たちの希望に合うオープントップバスツアーを比較して選んで予約するのが大切です。特に希望がない場合には、上で挙げた3つのポイントをうまく組み合わせるのがおすすめですよ。また、日本語ガイド付きかどうかもオープントップバスツアーを予約する際のポイントの一つでしょう。

タビナカでは日本語ガイドの有無やコース内容の異なる香港オープントップバスツアーをご用意していますので、こちらもぜひご覧くださいね。日本語ガイド付きのオープントップバスツアーは1つではなくいくつかありますよ。やはり日本語ガイドの有るオープントップバスツアーは無いオープントップバスツアーと比較すると内容の濃さは変わってきますので、日本語ガイドおすすめです。オープントップバスツアーの料金等の詳細や予約はこちらから!

香港オープントップバスの現地オプショナルツアー

集合時間と場所を確認する

意外と見落としがちなのがツアー時間と集合場所です。特にオープントップバスの集合場所については、宿泊ホテルまでの送迎があるタイプは少ないので気をつけましょう。

夕方や夜発のオープントップバスツアーの場合、香港の道が混んでいて思ったよりも集合場所までに時間がかかってしまうなんてことも…。香港現地の事情はなかなかわからないので、事前に集合場所をしっかりと確認し、余裕を持ってスケジュールを立てておくのがおすすめです。出発時間になっても集合できなかった場合、待たずに出発してしまうオープントップバスツアーも多いので気をつけてくださいね。

集合場所へ行く

集合場所については、オープントップバスがそのまま到着する乗り方とミニバンなどで他の場所まで移動する乗り方などがあります。あらかじめ時間とオープントップバスのツアー会社をメモしておき、すぐに乗り方を確認できる準備をしておきましょう

人気の香港オープントップバスを利用する人は多いので、香港の人ごみで迷ってしまう可能性もあります。迷ったら近くのガイドに声をかけてみてください。別のオープントップバスの会社だとしても適切に乗り方を案内してくれるはずです。

無事にツアー会社が見つかれば、あとはガイドの指示に従って乗車です!

人気の香港オープントップバスツアーは?

人気の香港オープントップバスツアーといえば、やはり香港の夜景を楽しめるもの!その中でも人気のコースの大まかな内容をご紹介します。ぜひ比較・検討してみてくださいね!

香港の現地グルメも堪能!食事付きオープントップバスツアー

香港の夜景を堪能する前に、香港現地の味を堪能してみてはいかが?香港オープントップバスツアーの中には夕食付きのプランもあり、香港現地の本格的な飲茶や小籠包など絶品香港グルメを堪能することができます。香港グルメでお腹いっぱいになったらいよいよオープントップバスへ乗車して香港の輝く夜景を満喫しましょう。
(下記はツアーの一例)

  • 18:00 集合(食事)
    おいしい飲茶・点心など香港現地の味を堪能します。
  • 19:15 出発 
    香港の海沿いを走り、香港島を眺めながらネイザンロードへ。香港名物のネオンがキラキラと輝くイメージ通りの香港が目の前に!写真撮影タイムが5分弱ほど設けられました。
  • 19:50 女人街到着 
    女人街をガイドについて散策。多くの人で賑わう香港のナイトマーケットもガイドと一緒なら安心ですね。
  • 20:30 解散 
    解散となりましたが、まだ物足りないので引き続き香港を散策することに。疲れていたら、ホテルまで送ってくれるサービスがあるオープントップバスツアーもあります。

食事付きのオープントップバスツアーならお腹も心も大満足!30分ほど香港の市街地をドライブするのもとても気持ちよく、昼間に歩いたときとはまったく違う香港の印象を抱くのではないでしょうか。

ビクトリアピークも訪れるオープントップバスツアー

香港の街並みの夜景もいいですが、やはり有名なビクトリアピークから香港100万ドルの夜景を見てみたいと思っている人は多いでしょう。そんな人には、ビクトリアピーク夜景鑑賞付きのオープントップバスツアーをおすすめします。同じ香港の夜景といっても雰囲気がまったく異なるんですよ。
(下記はツアーの一例)

  • 19:15 出発 
    香港の海岸線を走りながら香港島を堪能。ネイザンロードへ入って香港市街地をドライブ。ネオンたっぷりで香港現地の雰囲気を味わうことができます。
  • 20:00 ピークトラム駅到着 
    ビクトリアピークまではトラムに乗って移動します。目の前に広がる100万ドルの夜景には思わず感動!トラムから眺める香港の景色もまた格別です。頂上に到着したら20分ほどの自由鑑賞時間があるので、また別の角度から香港の夜景を楽しむことができます。
  • 21:00 解散 
    ホテルまでは指定範囲内であれば追加料金なしで送迎のサービスが付きます。

オープントップバスだけでなくトラムにも乗れてお得感満載です。香港王道・定番のコースではありますが、それだけにまずは押さえておきたいところですね。ため息が出るような素敵な香港の夜景を贅沢に満喫しちゃいましょう!

香港オープントップバスツアーは夜だけ?昼にもある?

香港オープントップバスツアーという点にこだわると、昼間ではなく夜の夜景鑑賞をメインにしているオープントップバスツアーが多いのが特徴です。しかし、香港では昼間にも観光用の「人力車観光バス」や「BIG BUS」など、昼だけのバスも運行しているのでチェックしてみましょう。こちらは路線バスのように、香港島の見どころを昼間にたっぷり時間をかけて回ります。昼の香港と夜の香港、どちらも見て比較してみるのも面白いですよね。

複数のコースが設定されていたり、一日乗車券などが用意されていたりなど、昼だし途中で降りてちょっと観光もしたいという人にはぴったり!いろいろなスポットをめぐる分お目当の場所まですぐに行けないもどかしさはありますが、香港の昼間の街並みを気ままに楽しむことができます。

オープントップバスツアーとはまた違った楽しみがあるので、ぜひ昼と夜のバスを比較して乗車してみては?

香港オープントップバスに乗る前に知っておきたいこと

オープントップバスについてご紹介してきましたが、いくつか乗車前に知っておきたいポイントがあります。こちらで紹介する内容はオープントップバスのツアー会社・ツアーによって異なる場合があるので、申し込む際には確認してみてくださいね。

雨が降ったらどうする?

現地で雨が降った場合でも、オープントップバスツアーは基本的に雨天決行となります。オープントップバスのツアー会社から雨対策としてレインコートの貸し出しがあり、雨の中で香港の街並みを見学することができます。そのため、もし雨が降ったからオープントップバスはキャンセルしたいとなっても、雨を理由にしたオープントップバスの返金はないと考えておいたほうがいいでしょう。逆に雨の日のオープントップバスからの香港の景色は晴れの日とは違った魅力があるので、ぜひ雨の香港を楽しんでください♪

ただ、夜景にしてもオープントップバスにしても、やはり雨ではなく天気がいい日のほうが快適に楽しめるのは確実です。なるべく天気予報をチェックして、雨の降らない日を選びたいですね。もし雨の日に当たってしまいそうならオープントップバスの1階座席を予約しておくのもアリです。オープントップバスの1階は2階と比較すると爽快感は得られないかもしれませんが、どんな天気でもどんな季節でも快適に観光できるので良いですよね。小さいお子さんなどをお連れの方にもオープントップバスの1階座席がおすすめです。

オープントップバスに車椅子は?ベビーカーは?

オープントップバスには、基本的に1階座席から2階座席へのリフトなどはないと思ったほうがいいでしょう。ただし、ベビーカーをオープントップバス1階部分で預かってもらうなどの対応はしてもらえるケースもあります。

本人または付き添いの方によってオープントップバスの1階と2階を昇り降りできるのであれば特に問題ないとする会社が多いですが、実際にオープントップバスのツアー会社に問い合わせてみましょう。

現地の集合場所や集合場所へ行くまでにも香港は人が多いので、徒歩で移動するならオープントップバス1階に置けるかどうかは別としてベビーカーはなるべく宿に置いていくことをおすすめします。

オープントップバス車内・座席での飲食はOK?

オープントップバスの座席での飲食について特に明記されていない場合であっても、オープントップバス内座席での飲食は飲み物程度に留めておくのがベターです。香港では公共交通機関での飲食は禁止されているため、そちらに倣っておくに越したことはありません。

不安な場合には乗車前にオープントップバスのガイドに確認しておけば安心です。ただし、他の乗客もいるのでマナーを第一に考えましょう。

オープントップバスを途中下車したいんだけど?

お気に入りの香港の観光スポットがあったら、オープントップバスツアーに続けて参加するよりもそこに長居したくなりますよね。しかし、女人街での散策などツアー内容に盛り込まれている場所であれば可能ですが、その他の場所では、オープントップバスは途中下車できません

もしも香港の気に入った場所が見つかったなら、翌日に改めて行くようにしましょう。

オープントップバスは貸切できる?

貸切ではなくツアーで利用することが多い香港オープントップバスですが、利用人数によってはオープントップバスの貸切ができるところもあります。貸切なら訪れたい観光スポットの要望を聞いてもらえるかも!?ツアー会社をチェックして貸切できるかどうか問い合わせてみましょう。香港のオープントップバスを貸切れるなんて夢みたいですね!大人数でオープントップバスを貸切れば一生の思い出になること間違いなし!貸切の料金もそれぞれなので、安くオープントップバスを貸切れるところを探してみてください♪

香港の街中をオープントップバスで爽快に観光しよう!

香港を旅行で訪れたら、香港の街中を風を切って走る2階建てのオープントップバスに乗って香港観光を楽しみましょう。オープントップバスの屋根のない2階で風を切って走るのは爽快です。看板が頭すれすれを通過する光景はスリル満点ですよ!

オープントップバスのコースはたくさんありますが、やっぱり一番人気はビクトリア・ピークから眺める絶景の香港夜景観賞ツアーでしょう

タビナカの香港オープントップバスツアーなら、ホテルへの無料送迎も含まれていて料金もお得!さらに集合場所まで自分で行く必要もなくラクラク!日本語ガイドが同行するツアーもあるので、夜の外出が不安という人や初めての香港旅行の人、さらに何度も来ているけど日本語ガイドを聞いてみたい!という人にもおすすめですよ!

 

RECOMMEND 香港のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事