" />

香港観光に欠かせない!夜景を堪能するなら香港オープントップバスがおすすめ!

観光
383views

日本からもほど近く、中国本土とはまた違った趣のある近代的なアジア都市、香港。香港と言えばその綺麗な100万ドルの夜景をまず思い浮かべるのではないでしょうか。山頂から見る夜景はもちろん、市街地に煌々と光るたくさんの看板。

そんな香港の夜を満喫する一番人気でおすすめ方法は名物「香港オープントップバス」に乗ること!ビクトリアピークやネイザンロードを風をきって走る爽快感と大迫力はとてもいい思い出になることまちがいありません。今回は、香港オープントップバスの魅力や乗り方などを詳しく紹介していきます。

香港オープントップバスとは?

香港の名物とも言える、屋根がない2階建バスのことです。多くのツアー会社が行っており、ツアー内容も様々です。市街地を走り抜けたり、絶景ポイントのビクトリアピークを登ったりするだけではなく、ディナー付きのツアーなどもあるので自分たちのスタイルに合わせて楽しむことができます。

ツアーに申し込んだら乗車場所まで自力で行くものも多いので、詳細は必ず目を通して間違えることのないようにしましょう!

「香港の100万ドルの夜景」を十二分に堪能したいならオープントップバスを利用しない手はありませんよ。

香港オープントップバスのみどころは?

ツアー会社やツアー内容はたくさんあるとは言っても、基本的には押さえるポイントは一緒。このうち、行ってみたい場所を組み合わせたツアーを探すのがいいでしょう。

九龍半島中心部・ネイザンロードの看板

香港を舞台にした映画やテレビ番組で必ずと言っていいほど紹介シーンにあるのが、ネイザンロードを中心とした市街地のネオン看板でしょう。

見たことある!という方は多いのではないでしょうか。筆者も香港のイメージはコレでして、初めて香港を訪れた際には興奮したものです。

歩きながら眺めているのももちろんいいのですが、ぜひここはオープントップバスで楽しんでいただきたいところ。

というのも、看板スレスレを通過していく迫力は他では味わえないからです。 

ギネス認定のライトショー!シンフォニーオブライツ

シンフォニーオブライツは、「世界最大の音と光のショー」としてギネスにも認められたほどのショーです。

2017年12月より新バージョンとなり、光と音だけでなくLEDパネルを使用して画像も表示されるようになりました。

20時から10分間なので、ツアーを選ぶ必要はありますが素敵なショーをドライブ中に眺めるなんて贅沢な時間ですよね。ネイザンロードの看板や、ビクトリアピークとはまた違った香港の夜景を楽しむことができます。

香港の夜景と言えば!ビクトリアピーク

「香港100万ドルの夜景」の多くは、このビクトリアピークから見た夜景を指す場合は多いのではないでしょうか。九龍半島に浮かぶ夜景には思わず心を奪われてしまいますよね。

そんなビクトリアピークは世界中からの観光客が常にたくさんいて、特にトラムの待ち時間は相当なものにもなりかねません。

ツアーを選ぶ必要はありますが、一部のオープントップバスツアーなら待ち時間少なくトラムで頂上に行けます。一番オイシイ時間の夜景を楽しめるますよ!

香港オープントップバスの乗り方は?

ここでは、乗るまでの流れを詳しく書きます。この手順通りに進めて行けば大丈夫ですが、もちろんツアー会社やツアー内容によって変わってきますので、基本的にはそちらの指示に従ってくださいね。

ネットで予約をする

オープントップバスは香港を代表する観光の一つとも言えるので、参加者は常にいっぱいです。そのため、香港到着後ではなくて事前にネットで予約をすることをオススメします。

その際には、ツアー会社やコースがたくさんあるので自分たちの希望に合うものを選ぶようにしましょう!特に希望がない場合には、上で挙げた3つから組み合わせるといいと思います。また、日本語のガイドがあるのかなども観点の一つになります。タビナカには【香港オープントップバスツアー】をを用意しております。

到着後に現地で予約になってしまう場合には、2階席かどうかは忘れずに確認してくださいね。

集合時間と場所を確認する

意外と見落としがちになるのがこの時間と場所です。特に場所については、宿泊ホテルまで送迎があるタイプでないものが多いのです。

夕方や夜発のツアーの場合、道が混んでいて思ったよりも集合までに時間がかかってしまうなんていうこともあります。事前に場所を確認しておいて、時間を見積もっておくのがベターです。出発時間になっても集合できなかった場合、待たずに出発してしまうツアーも多いので気をつけてくださいね。

集合場所へ行く

集合場所には、オープントップバスがそのまま来ている場合とミニバンなどで他の場所まで移動する場合とがあります。

そのため、手がかりとして時間とツアー会社をメモするかすぐに確認できる準備をしておきましょう。

たくさんの人でいっぱいになっていることもありますので、迷ったら近くのガイドさんなどに声をかけてみてください。別会社だとしても適切に案内してくれます。

無事にツアー会社が見つかれば、あとはガイドさんの指示に従って乗車です!

人気の香港オープントップバスツアーは?

人気のオープントップバスツアーと言えば、やはり夜景を楽しめるもの。その中でも人気のコースの一般的な内容をご紹介します!

香港グルメも堪能!食事付きツアー

香港の夜景を堪能する前に、名物グルメを食べるのはいかがでしょうか?香港オープントップバスツアーの中には、夕食付きのプランがあります。飲茶や小籠包など香港グルメを食べてから夜景を楽しむのがおすすめです。(下記はツアーの一例)

  • 18:00 集合(食事)美味しい飲茶・点心を堪能します
  • 19:15 出発 海沿いを走り、香港島を眺めながらネイザンロードに入ります。するとネオンがギラギラ、イメージ通りの香港が目の前に!写真撮影タイムが5分弱ほど設けられました。
  • 19:50 女人街到着 女人街をガイドさんについて散策。多くの人で賑わうナイトマーケットもガイドさんと一緒なら安心ですね。
  • 20:30 解散 解散となりましたが、まだ物足りないので引き続き散策することに。疲れていたら、ホテルまで送ってくれるサービスがある場合も。

食事もついてくるとなると、大満足のツアーですね。30分ほど市街地をドライブするのも、とても気持ちよくて昼間に歩いた時とは全く違う印象を抱くのではないでしょうか。

ビクトリアピークも訪れるオープントップバスツアー

香港街並みの夜景もいいけど、やはり有名なビクトリアピークから100万ドルの夜景を見てみたい!と思っている方に、ビクトリアピーク夜景鑑賞のツアーをおすすめします。同じ香港夜景と言っても雰囲気が違うんです〜(下記はツアーの一例)

  • 19:15 出発 海岸線を走りながら、香港島を堪能。ネイザンロードから入って市街地をドライブ。ネオンたっぷりで香港の雰囲気を味わえます。
  • 20:00 ピークトラム駅到着 ビクトリアピークまではトラムに乗って移動します。目の前に広がる100万ドルの夜景には思わず感動!トラムで見る景色もまた素敵ですよね。頂上に到着したら、20分ほどの自由鑑賞時間があるのでまた別の角度から夜景を楽しむことができます。
  • 21:00 解散 ホテルまでは指定範囲内であれば無料で送迎のサービス。

オープントップバスだけでなく、トラムにも乗れてお得感抜群です。王道・定番のコースではありますが、それだけにまずは押さえておきたいところですね。ため息が出るような素敵な夜景を贅沢に満喫しちゃいましょう!

香港オープントップバスツアーは夜だけ?お昼にもある?

ツアーという点にこだわると、夜だけと思っていた方がいいです。しかし、昼間には観光用の「人力車観光バス」と「BIG BUS」いうのがあります。こちらは路線バスのようになっていて、香港島の見所をたっぷり時間をかけて回ります。

複数のコースが設定されていたり、一日乗車券などが用意されているので途中で降りてちょっと観光もしたいんだけど・・・なんて方にはぴったりですね。ガイドはおらず色々なところを回る分、お目当の場所まですぐに行けないもどかしさはありますが気ままに景色を楽しめます。

ツアーとはまた違った楽しみがありますので、こちらもぜひ試してみていただきたいところです。

香港オープントップバスに乗る前に知っておきたい!

さて、オープントップバスについてご紹介してきましたが、いくつか乗車前に知っておきたいポイントを挙げます。

ただし、ツアー会社・ツアーによって異なる場合がありますので申し込む前に確認してみてくださいね。

雨が降ったらどうする?

雨が降った場合、基本的には決行となります。貸してもらえるレインコートを来て参加となります。もしもキャンセルしたい!となっても返金はないと考えておいた方がいいでしょう。

夜景にしてもオープントップバスにしても、やはり天気がいい日の方が楽しめるのは事実です。事前に確認できるようでしたら、天気予報を見た上で申し込みをしましょう。

車椅子は?ベビーカーは?

基本的にはリフト等はないものと思った方がよいです。ただし、ベビーカーを1階部分で預かってもらう、などは対応してもらえるケースもあります。

本人または付き添いの方で昇降できるという場合であれば特に問題ないというところが多いですが、実際にツアー会社に問い合わせていただくのが一番よいでしょう。

集合場所やそこに行くまでにも人が多いので、徒歩で移動するというならベビーカーは置いていった方がストレスが少ないかもしれませんね。

車内での飲食はOK?

特に明記されていない場合であっても、飲み物程度に留めておくのがベターです。香港では公共交通機関での飲食は禁止されていますから、そちらに倣っておくに越したことはありません。

不安な場合には乗車前にガイドさんに確認しておけば万全ですね。ただし、他の乗客もいるのでマナーを第一に考えましょう!

途中下車したいんだけど?

いい場所があったら、ツアーに続けて参加するよりもそこに長居したくなりますよね。しかし、女人街での散策などツアー内容に盛り込まれている箇所であれば可能ですが、その他の場所では途中下車はできません。

もしも気に入った場所が見つかったなら、翌日に改めて行くようにしましょう。

香港オープントップバスまとめ

今回は香港オープントップバスについてご紹介いたしました。どんな内容か、どうやって乗車するのかのイメージはつきましたでしょうか。

香港を訪れたからには、やはり一度は乗りたいですよね。ツアーならではの、絶対に忘れられない経験になることは間違いありません。

コースについてあれこれ考えている時間もとっても楽しいですよ。ぜひ、次回の香港旅行の際にはオープントップバスをご利用してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND 香港のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事