" />

温泉地ロトルアでニュージーランドのパワーをもらう旅にでよう!

観光
37views

マオリ文化と歴史地熱活動活発なロトルアは、エネルギーあふれる場所です。大地からのパワーをもらい温泉に癒され、また湖周辺の美しい景色を活かした絶景アクティビティーで、ニュージーランドのパワーを一気に吸収♪フルチャージで日本に帰れるような癒しスポットの情報をご紹介させて頂きます!

ロトルアってどんなところ?

ロトルアはニュージーランドの北島にあり、マオリ文化と地熱活動が盛んな場所です。オークランドから車で3時間で日帰りでもアクセスできます。日本人には馴染み深い温泉地としても有名で、周辺にはパワースポットも多く点在!日頃の疲れを癒すのには絶好のスポットです♪

マオリの文化が色濃く残るロトルア

まずは基本情報から!マオリの歴史とルーツを知れば旅がますます面白くなります!

マオリの歴史とルーツニュージーランド原住民は?

マオリは約1000年前、7隻の航海用カヌーに乗ってポリネシア人たちの故地「ハワイキ」からニュージーランドへ渡ってきたと言われています。

その後マオリはニュージーランド各地に定住し、部族ごとに集団生活を送りました。その中で戦いの舞(ハカ)や彫刻、刺青(モコ)といった豊かな伝統文化が生まれました。

 マオリ文化の特徴

独特な文化のマオリ族。今でも様々な文化が残ります。今後も100年200年と残るようにいろいろな方法で語り継がれています。

▼マオリの挨拶ホンギ!

片手で握手をする→お辞儀をするように体を傾ける→お互いの鼻と鼻、おでことおでこを軽く合わせる→「キヨォラ」と言葉を交わす。これが「ホンギ」と呼ばれるマオリ流の挨拶です。

 “生命の息吹が宿る”とされる鼻を触れ合わせることで、相手と「命の交換」をするという意味があります。お互いがホンギをすることで相手を仲間として受け入れることを意味します。

▼マオリの歌と踊り

独特の歌と踊りで表現されるマオリの伝統芸能は、代表的なもので手を震わせる動きが特徴的な「ワイアタ・ア・リンガ」、祈りの言葉「チャント」、戦いの舞「ハカ」、ポイボールを使った女性の踊り「ポイダンス」など様々あります。

また踊りと共に、「プカナ」と呼ばれる顔の表情も注目したいところ。勇猛さや情熱を顔に表すことで、ハカやワイアタの重要なポイントを強調しています。女性は目を大きく見開き、顎を突きだす。男性の場合は目を見開くとともに、舌を大きく出したり、くいしばった歯を見せたりします。これは攻撃的な意味合いだけではなく、感情の強さや深みを添えるためにも加えられています。

▼マオリ伝統のアート

文字を持たなかったマオリの人々は、その歴史や神話をさまざまなアートとして残しました。部族を象徴するシンボルや彫刻や刺青のほか、新たなニュージーランドの土地へ適応するために考えられた、植物を使った編み物、鳥の羽で作られたマントといった芸術品は、とても興味深く、博物館やギャラリーにも多くの作品が展示されています。

また、こうした伝統的なマオリのデザインをモダンにアレンジした現代アートも盛んで、小物など、お土産に喜ばれています

▼マオリの社会生活で重要だったマラエ

マラエとは集会場のことです。部族やコミュニティごとにマラエが存在し、冠婚葬祭会議などが行われてきました。

各マラエには見事な彫刻を中心とした美しい装飾が施されていますので、とても美しくまた今では歓迎の儀式ホンギといったマオリ文化体験が体験できる場所としてツアーなどでも人気です。 

地熱地帯として有名なロトルア温泉と湖

ロトルアのある北島の中央部では、太平洋プレートオーストラリアプレート下に沈み込むことによって、活発な地熱活動と火山活動が確認されています。

定番人気のポリネシアン・スパ

1800年代から営業される温泉施設で、温泉プールの数は全部で26個。2種類の泉質が楽しめる、とても広く充実した施設の温泉&スパです。

施設は4つのエリアに分かれています

  • アダルトエリア…3段階の温度のお湯(38,40,42℃)が楽しめるゆったりと大人のためのエリア
  • ファミリーエリア…ウォータースライダーや浅い幼児用のプール(真水)を兼ね備え、大人はプールの見える場所でゆったりと温泉に入る事ができるエリア。
  • レイクエリア…ロトルア湖を眺めながら入れる、岩風呂風露天風呂が4つある開放的で癒されるエリア
  • プライベートエリア…水着なしでも入れる個室タイプの温泉プール。カップルやファミリーで楽しめ、景色も最高です。

この他にもポリネシアンスタイルのスパも充実。入場とセットの料金プランもあります。レセプションには日本人スタッフがいることもあるので、気軽に相談できるのも嬉しいポイントですね♪

  • 英名:Polynesian Spa
  • 住所:1000 Hinemoa St, Rotorua. New Zealand
  • 電話:07 348 1328
  • 営業: 8am – 11pm
  • 料金:大人NZ$22~300 子供(14歳以下) NZ$9~48
  • URL:http://www.polynesianspa.co.nz/

不思議な色の熱泉!?シャンパンプール

美味しそうな名前の由来は、シャンパンのようにふつふつと湧き上がる泡のでるお湯だからです。この泡の原因は多量の炭酸ガスを含んでいるから。炭酸温泉みたいで入ったら気持ちよさそうに思いますが、温度は70~80℃で入ることはできません。

マオリの言葉で「ワイオ・タプ」と呼ばれているシャンパンプールは、見た目はアメリカにあるイエローストーンの小さいバージョンといった感じです。鮮やかなオレンジ色の縁取りが、瑪瑙のようで綺麗です。しかしこのオレンジ色の正体は、ヒ素化合物!ヒ素と言えば超有名劇毒物!そういわれると、綺麗に見えていたオレンジも少し禍々しく感じるのが不思議です。

マオリの聖地とされていたロトルアの地に湧くシャンパン・プールちょっと怖いけど、美しい自然を味わいに行きたい場所です。

  • 英名:Champagne Pool
  • 住所:201 Waiotapu Loop Road、Rotorua 3073,NZ
  • 営業時間:4月〜10月:8:30〜17:00(入場15:45まで)11月〜3月:8:30〜18:00(入場16:45まで)
  • 12月25日:8:30〜17:00(入場15:45まで)
  • 料金:NZ$32.5
  • HP:https://www.waiotapu.co.nz/

 ワイマング渓谷にある地獄の火山湖!

“Inferno Crater Lake” 、直訳すると「地獄の火山湖」と呼ばれている湖は、湖底に世界最大の間欠泉があることで有名です。ワイマング渓谷の中にあり、約40日周期でお湯の量が変化し、そのお湯の量に合わせて真っ青から乳白色まで色が変わるなんとも不思議な湖です。何度訪れても違う色の温泉を見られるのが最大の見どころです。

  • 英名:Inferno Crater Lake
  • 住所:587 Waimangu Road | RotoruaWaimangu 3073
  • 営業時間:8.30~17:00(1月は18:00まで)
  • 料金:NZ$40~325
  • HP:http://www.waimangu.co.nz/

ロトルアの人気観光スポット

テ・プイア

伝統文化を継承するため、ファカレワレワ地熱地帯に作られた施設です。有名な間欠泉「ポフツカイザー」があるほか、マオリ美術工芸学校の伝統と現代の融合アートの制作風景も見学できます。

  • 英名:Te puia
  • 所在地:Homo Rd., Rotorua
  • 電話:07-348-9047
  • 営業時間:8:00~18:00(冬期17:00)
  • 料金:NZ$48.50~、子供(5~15歳)NZ$24.50~
  • URL:www.tepuia.com

ワイタンギ条約グラウンド

1840年にマオリの人々とイギリスの条約が結ばれたニュージーランド誕生の史跡です。ニュージーランド初のイギリス公使の公邸として1833年に建てられた家は、今は条約記念館として公開されていて、マラエや世界一の大きさのマオリの戦闘用カヌーなどの見学ができるほか、伝統的なマオリショーも鑑賞できます。ガイドツアーも行われています。

  • 英名:Waitangi Treaty Grounds
  • 所在地:1 Tau Henare Dr., Waitangi
  • 電話:09-402-7437
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 料金:入館料大人NZ$25(17歳以下無料)
  • HP:www.waitangi.org.nz

オケレ滝景観保護区

オケレ滝景観保護区は、女性必見のパワースポット!日々のストレスで疲れた心や失恋の痛みなどのマイナスのエネルギーを除去してくれるパワーがあると言われていますよ♪

マイナスイオンたっぷりな滝は全部で4つもあり、また保護区内は整備されたウォーキングコースが充実。すがすがしい気分の味わえる早朝がおすすめですが、他の時間帯でも緑の色濃い保護区内は大地のエネルギーにあふれています。

ロトルアの北東約20kmにありますので、ちょっと足を延ばして訪れてみませんか?

モコイア島

ロトルア湖の真ん中にポツンと浮かぶ島が、優しさと母性の神マトゥアトンガが司る島モコイア島です。その昔、身分違いの恋をしたマオリの娘と青年がいて、青年の笛の音をたよりに娘が湖を渡り、その恋を成就させたという伝説が残る神聖な島

また島に湧きでるヒネモア・プールを代表するような小さな温泉達は「優しさと思慮深さ、愛を運んでくれる」パワーがあると言われています。

絶滅危惧種のキーウィも多く住むモコイア島はロトルア湖畔からボートでアクセスできます。

  • 英名:mokoia Island
  • 住所:Visit Mokoia Island with Kawarau Jet, Memorial Drive, City Lakefront, Rotorua Central, Rotorua, New Zealand.
  • 営業時間:夏 9:00 – 18:00 冬 9:00-17:00
  • 休日:なし
  • 料金:大人NZ$99.00 ~125.00 子供 (15 才以下) NZ$59.00~79.00

ヘルズゲート

ヘルズゲートは泥温泉と硫黄温泉が人気の観光施設です。ロトルアの中でも地熱活動が最も活発な地域のひとつで、泡立つ泥の池やガスの噴出孔など高エネルギーなパワーがもらえる場所です。

伝統的な泥温泉はその効能の高さから20分の入浴と決められている程の温泉です。その温泉効能を気軽に試せる足湯も人気。また、顔や体に効能たっぷりの泥を塗り皮膚の活性を狙うスパ体験などさまざまな楽しみがあります。

また南半球で最大の滝カカヒ滝はその大きさだけでなく、温泉地ロトルアらしく温度が40℃ある事でも知られています。その昔マオリの戦士が戦いの後この滝で体を綺麗にしていると、傷が癒えたという伝説の残るカカヒ滝。ニュージーランドで癒しパワーがもっとも強い場所と言われています♪

ロトルア市街中心部からは車で20分ほど。市内からシャトルサービスを行ってるので、アクセスしやすいのも魅力です。

  • 英名:Hellsgate
  • 住所:State Highway 30,Tikitere,Rotorua,New Zealand
  • 営業時間:8:30~20:30
  • 料金:泥温泉&硫黄温泉入浴:大人$75 地熱ウォーク:大人$35 両方セット:大人$95
  • HP:http://www.hellsgate.co.nz/

レッドウッド・フォレスト

世界三大巨木に数えられるレッドウッドは、早く大きくまっすぐに育つ杉の木です。高さ約67m、幹の直径が約2.3mの木々が、道路沿いに次々と並ぶ姿は圧巻。55,000ヘクタールという広大な土地には、様々な木が植えられていて、こちらも大地のエネルギー、命のエネルギーにあふれています

所要時間30分から3時間30分までのトレイルが設けられていて、ウォーキングやランニング、ハイキングをする人が多く訪れます。またマウンテンバイクの人気スポットでもあり、ワイルドなコースを楽しめる場所としても人気です。

マウンテンバイクはレンタルも可能なので、気軽にチャレンジできるので是非体験してみてください。

  • 英名:The Redwoods Whakarewarewa
  • 住所:Long Mile Rd., Rotorua
  • 営業時間:8時30分~17時(ビジターセンター)メインゲートは5:30~20:30分。レッドウッドフォレスト内のトレッキングはどの時間も可能。
  • 休日:なし
  • HP:www.redwoods.co.nz

タラウェラ湖

水上タクシーに乗らなければ行くことが出来ない「ホット ウォーター ビーチ」での貴重な癒し体験、トレッキングコースでのハイキング、10月から6月の時期には巨大なニジマス釣り、夏は湖面で様々なウォータースポーツが楽しめるなど、タラウェラ湖はニュージーランド屈指のアクティビティースポットになっています。

ニュージーランド最大級の湖タラウェラ湖はかつてマオリの定住地でした。1886 年にタラウェラ山が噴火したため村々は埋没してしまい、また噴火によって湖は 12 m も上昇しました。この歴史は、テ・ワイロア埋没村で知ることができます。

美しい自然の景色と歴史的にも貴重な大地で1日ゆったりと過ごすのがおすすめです。

  • 施設名:テ・ワイロア埋没村Te Wairoa Buried Village)
  • 住所:1180 Tarawera Rd., Rotorua, New Zealand
  • 電話:(07)3628287
  • 営業時間:夏9:00~17:00 冬9:00~16時30分
  • 休日:なし
  • 料金:大人NZ$32.50 子供NZ$10(13~18歳) 幼児NZ$5(5~12歳)

 グリーン湖

タラウェラ湖に隣接するロトマハナ湖の東端にある小さな湖グリーン湖(マオリ名 ロトカカヒ湖)は神聖なタプと呼ばれる禁断の場所です。マオリの人々の魂が集まる場所であり、マオリだけでなくヨーロッパ人にとって神聖な場所。それゆえ、パワーは強大である事間違いなし!深呼吸をして、体いっぱいにエネルギーを取り込んでください。

ただし、湖の周辺は一般観光客が入る事の出来ない地域があります。立ち入り禁止の範囲はロトルアの現地インフォメーションセンターで確認できますので、訪れる際には必ずインフォメーションセンターに立ち寄って下さい。

  • 英名:Lake Rotokakahi
  • 住所:Tarawera RoadRotorua, New Zealand

 楽しみ方色々!ロトルアのアクティビティ

大自然のなかで楽しむアクティビティーはストレス発散にピッタリ♪普段運動が苦手な人もこんな大自然の中なら楽しみながら体が動かせるはずです!

森林内、山の斜面を気軽にサイクリング

▼ファカレワレワ・フォレスト

レッドシダーの生い茂るファカレワレワ・フォレスト森林内にあるサイクリングコースは特に人気の高い場所です。子供から大人まで楽しめる、難易度が5段階に分かれたマウンテンバイクのトラック計145kmもあります。自分のレベルに合わせてコースが選べるので人気です。

ロトルア中心地から車で5分、マウンテンバイクのレンタル・ガイド付きパッケージツアーもあります。

  • 英名:The Redwoods Whakarewarewa
  • 住所:Long Mile Rd., Rotorua
  • 営業時間:8時30分~17時(ビジターセンター)メインゲートは5:30~20:30分。
  • 休日:なし
  • HP:https://redwoods.co.nz/bike/

▼スカイライン・グラビティ・パーク

ロトルア近郊のノンゴタハ山の山頂までゴンドラで移動し、山から下りてくるコースが人気の「スカイライン・グラビティ・パーク」。こちらも様々なコース(6コース)が用意されていて、周囲の風景を楽しみながらゆったりと降りてくるコースから、森の急斜面をテクニックを駆使して降りてくるコースなど様々です。

ゴンドラ下で自転車のレンタルも行っていますので、景色を見に訪れたついでにちょっと試してみるのいいですね。

▼レインボー・マウンテン

ロトルアから南へ30分、ロトルアならではの地熱地帯に広がるサイクルコースです。上級者向けの難易度の高いコースが特徴で、マウンガカカラメアの頂上まで上り、街まで下りてくるコースになっています。

難易度は高いですが、その分スリルは満点。またサイクリング後には、終点地点にあるケロセン・クリーク(川)に湧く天然温泉につかるのも格別です。

レインボー・マウンテンの入り口付近にあるナヘワ湖は様々な野鳥の宝庫です。ニュージーランド固有種の鳥たち、トゥイ(エリマキミツスイ)、ベルバード(ニュージーランドミツスイ)、ワックスアイ(ハイムネメジロ)、キングフィッシャー(カワセミ)、そしてたくさんの水鳥が出迎えてくれます。

絶叫アトラクションが体験ができるロトルアのテーマパーク

▼スカイライン・ロトルア

サイクルコースでも紹介したスカイライン・ロトルアですが、他にも様々なアトラクションが充実しています。

山の斜面を猛スピードで滑り降りるスリリングなハンドル付きリュージュや地上50mを3人乗りのゴンドラが、振り子のように揺れるスカイスウィングなどの童心に帰ることのできるアクティビティーが盛沢山です。

  • 英名:Skyline Rotorua
  • 住所:Fairy Springs Road, Rotorua
  • 電話:07-347-0027
  • 営業時間:9:00~深夜
  • 料金:ゴンドラ大人$25、子供$12.50、ルージュ1回$10~
  • HP:www.skyline.co.nz/rotorua

▼アグロベンチャーズ・アドベンチャー・パーク

日本のメディアでも紹介されたこのある、人力のモノレールに乗れるパークです。カプセル状の乗り物に1~4名で乗り込み、1周200メートルのレールを3周して早さを競います。自転車の要領で動かせるので、誰でも簡単に操作できます。

他にもフリーフォール・エクストリーム(スカイダイビング疑似体験)、スゥープ(巨大空中ブランコ)、ジェットボート、バンジージャンプなど様々な絶叫アトラクションが楽しめます。

ロトルア市内からパークまで車で10分ほど、シャトルバスも出ていますが事前予約が必要です。

  • 英名:Shweeb – Agroventures Adventure Park
  • 住所:1335 Paradise Valley Road, Ngongotaha, Rotorua Central, Rotorua
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休日:なし
  • 料金:大人NZ$49.00 他パッケージ料金あり
  • HP:https://velocityvalley.co.nz/

ロトルアへの行き方

ニュージーランドの最大都市であるオークランドからは約250kmの距離にあるロトルアは様々な移動方法があります。費用や時間を考え好みの方法を選んでください。

  • 飛行機…日本からの直行便はなく、オークランドからの乗り換えで約45分
  • レンタカー…オークランドから車で約3時間
  • バス…有名会社は「インターシティ」料金は片道$30~$70程度
  • ツアー…オークランド-ロトルア間の移動をしながらワイトモ洞窟(土ボタル)を観光するルートが人気です。

温泉地ロトルアのまとめ

紹介するのも大変なほど、貴重で種類豊富な体験のできるロトルアはニュージーランド旅行では欠かせないスポットです。1泊や2泊では遊びつくせないボリュームがありますので、是非ゆったりと時間をとって遊びにきてください。

RECOMMEND ニュージーランドのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事