" />

バリ随一の景勝地「キンタマーニ高原」の観光を徹底攻略!

観光
24629views

常夏のバリ島ウブドなどにほど近い、涼しく清々しい風が心地よいキンタマーニ高原。標高1500m以上に位置しており、バトゥール山やブサキ寺院で有名なアバン山、眼下にはバトゥール湖のパノラマが広がります。バリ屈指の景勝地とキンタマーニ高原で、バリ島の高原リゾートを満喫しませんか?

本記事を紹介しているタビナカでは、日本語ガイドによる海外ツアーを3,000プラン以上提供しています。
キンタマーニ高原エリアランキング一位の「キンタマーニ高原+ウブド周遊(テガララン棚田+象乗り体験+ウブドの町散策)〈終日/日本語ガイド/カーチャーター/ホテル送迎/昼食付き」をはじめ、バリ島を満喫できるツアーを提供していますので、興味ある方は一度ご覧ください。

タビナカ限定

キンタマーニ高原観光について

風光明媚なバリ島の大自然を体いっぱいに感じる観光をするなら、ウブドからアクセスできるキンタマーニ高原の観光は外せません。絶景を眺めながらのランチや、周辺の人気観光スポットに訪れるのも醍醐味です。

キンタマーニ高原とは

バリ島の観光地は多彩ですが、キンタマーニ高原は、バリの絶景と文化に触れる観光が魅力です。眺める景色はバリの水源となっているバトゥール湖を中心に、西には「地球の第一チャクラ」と称されるバトゥール山がそびえます。

またキンタマーニ高原の東にはアバン山が堂々と立ち、迫力満点で息をのむほどの素晴らしいパノラマが広がっています。

キンタマーニ高原の位置

キンタマーニ高原は、バリ島の北東に広がる標高1500mの高原地帯です。寺院などがあるバリの観光地ウブドにほど近く、ツアーではセットになっていることも多いのが特徴的。

また、キンタマーニ高原はブサキ寺院で知られるバリ島最高峰のアグン山を見渡せるところに位置しています。美しく見応えのある大きなカルデラ湖(バトゥール湖)を持つバトゥール火山の山体がエリア。

バトゥール湖、プヌリサン山、キンタマーニ村、バトゥール山、ペネロカンなど、風光明媚な見どころが豊富です。

キンタマーニ高原の行き方・アクセス

キンタマーニ高原があるペネロカンへのアクセスはツアーを利用するのが一般的ですが、車をチャーターして訪れる方法もあります。

グラライ空港からは、エアポートバスで約3時間で、パラマ社のシャトルバスを使う行き方もあります。

クタとサヌールからは、所要時間約2時間半~3時間。寺院でも有名なウブドからは約1時間半です。2名以上から利用可能で、1日1本運行しています。

キンタマーニ高原のみどころ①バトゥール湖

キンタマーニ高原にあるバトゥール湖は「バリの水がめ」と呼ばれ、バリ島No.1の大きさを誇るカルデラ湖です。「バリ州の文化的景観」の構成要素の一つとして、世界遺産にも登録されています。

「川や泉を生み出した女神の住み家」といわれており、絶景好きの方を魅了するパワースポットとしても人気の観光地となっています。バトゥール湖遊覧船に乗って、湖からの景色を楽しむのも素晴らしいですよ。

また、外輪山に沿って絶景レストランが軒を連ねており、ビュッフェランチと共にキンタマーニ高原の景色を楽しむ観光客で賑わっています。

キンタマーニ高原のみどころ②バトゥール山

キンタマーニ高原のバトゥール湖西にそびえる標高1717mのバトゥール山は、バリ島でNo.3の高さを誇っています。現在も、火山活動が続いており、山腹からは、熱蒸気が立ち上る姿を見ることができます。

ブサキ寺院で有名なアグン山とアバン山の美しい景色とカルデラの眺望を見た人々のため息が聞こえてきそうです。

またキンタマーニ高原はトレッキング目的に多くの人々が訪れることでも有名な観光地。しかし、バトゥール山は活火山で現在も有毒ガスが発生しているので、安全第一でガイドさんとハイキングを楽しんでください。

青空の下、バリ島の緑に癒される観光は必見。バリの人にとっても神聖な場とされる観光地です。夕焼けに染まるアバン山とアグン山が連なる神秘的な風景を満喫するのもおすすめですよ。

キンタマーニ高原のみどころ③温泉(スパ)

キンタマーニ高原にある活火山バトゥール山の周辺には、天然温泉が湧いています。バトゥール湖西岸にあるトヤ・ブンカ村は温泉が湧くことでも有名です。

キンタマーニ高原のスパは別名ティルタ(聖なる水)とも呼ばれています。バリ島の温泉(スパ)は全て水着着用ですので、キンタマーニ高原でスパを利用する際は事前に水着を用意しておきましょう。

バトゥール・ナチュラル・ホットスプリング

公共のスパ施設の「バトゥール・ナチュラル・ホットスプリング」は、ローカルの雰囲気が漂う天然温泉で、観光客も数多くお湯に浸かって日頃の疲れを癒しています。ちなみに湯温は、36~40度でちょうどいい温度です。

店名 Batur Natural Hotspring
住所 Kintamani, Bangli, Bali, 80612, Indonesia
電話 +62 813-3832-5552
営業時間 7:00~19:00

トヤ・デヴァシャ

キンタマーニ高原近辺のホテルに併設している、「トヤ・デヴァシャ」は、観光客向けの高級感ある天然温泉プールです。5つあるスパの一つは、インフィニティプールになっており、湖との一体感を味わえるのも魅力です。

またキンタマーニ高原ではスパだけでなく、トレッキングや自転車、カヌーなどのアクティビティも楽しめます。

店名 Toya Devasya
住所 Toya Bungkah Kintamani, Indonesia
電話 +62 361 467589
営業時間 7:00~19:00

キンタマーニ高原観光でのランチ

キンタマーニ高原には、レストランやローカルな食堂が数多くあります。観光客向けのほとんどが、インドネシア料理のビュッフェです。昼間にはツアー客などで賑わいますが、絶景とインドネシア料理を堪能するひとときは、体験しておくべき。観光の時間が取れない場合も、ここからの絶景を見ておくだけでも価値ありです。

中にはテラス席を備えたレストランやオーガニックフードの専門店もあります。

キンタマーニ高原観光ツアー例

バリ島の中でも人気の高いツアーです。キンタマーニ高原の絶景はもちろん、世界遺産の「テガララン棚田」を見学する観光やバリでも人気のアクティビティ「象乗り体験」も楽しめちゃいます。

更に、バリ島中部に位置するエキゾチックな観光を楽しめるウブドの街散策では歴史を語る寺院や王宮、ローカルの雰囲気を感じられる市場観光など、盛りだくさんの内容です。

ランチはもちろんキンタマーニの高原で絶景を見ながらですよ♪また、日本語ガイド付きなので、安心感もありバリ島の色々なことを知ることができます。

タビナカ限定

キンタマーニ高原観光まとめ

絶景好きの方のバリ島観光では、キンタマーニ高原は外せないスポットです。避暑地としても名高い高原リゾートで、ランチを楽しみながらバリ島の神聖な癒しのパワーを体感するのも◎。

ブサキ寺院で有名なアグン山を望むキンタマーニ高原は、観光地ウブドにも近くバリの伝統や歴史を探ることもできますよ。次のお休みは、バリ島が誇る世界遺産の文化的景観を満喫すると共に、SNS映えの写真を撮って“いいね”をたくさんGETしましょう。

バリ島人気アクティビティランキング1~3位

最後に、「バリ島」での人気ツアーランキングを紹介します。ぜひ今後の旅行プランをたてる上で参考にしてくださいね!

第1位:レンボンガン島満喫ツアー!シュノーケリング+マングローブの林探検+悪魔の涙

バリ島人気の離島、レンボンガン島は手つかずの自然や熱帯魚に出逢える楽園です。このツアーでは、レンボンガン島を取り囲むエメラルドグリーンの美しい海でシュノーケリングを楽しめるのはもちろん、「マングローブ林」や「悪魔の涙」など、見所満載の観光スポットを日本語ガイドの解説付で余すことなく巡ります。バリの大自然に抱かれる充実の1日をお過ごしください。

タビナカ限定

第2位:ウブド満喫!ゴア・ガジャ遺跡+テガラランの棚田+ケチャックダンス

「自然と芸術の街」ウブドの人気スポットを一日でぐるっと回るツアーです!謎多き世界遺産ゴア・ガジャ遺跡、ライステラスの幻想的な雰囲気をお楽しみください!ホテルからの送迎&日本語ガイド付きなので海外旅行に慣れていない方にもオススメのツアーです。

タビナカ限定

第3位:ウルワツ寺院の絶景サンセット+ケチャックダンス鑑賞ツアー!

荒波が打ち付ける断崖絶壁の岬に厳かにたたずむウルワツ寺院の魅力は何といっても夕方のサンセット。バリ島の海とフォトジェニックな夕日、ここでしか味わえない体験です。炎に包まれた男たちが独特の耳障りの良い”ケチャ、ケチャ”というリズムと伴に舞う、バリの伝統芸能ケチャックダンスは迫力満点!

タビナカ限定

バリ島には、他にもライステラス、スパなどの体験も充実しています。まだ現地で何をするのか決まっていない方は、バリ島で何ができるのか、まずは探してみませんか?自分に合った楽しみ方を見つけて、充実した旅行を過ごしてくださいね!

タビナカ限定
clover555
WRITER clover555
色々な国の文化や景色を見るのが大好きで、旅行記事を書く仕事をしています。皆さんのお役に立てる、情報が提供出来たら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND バリ島のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事