" />

サハラ砂漠一番人気モロッコのメルズーガを100%満喫する方法を徹底解説!

観光
28850views

あたり一面の大砂漠はきっとあなたを旅へ連れて来たくなる絶景です。植物や生き物を拒み、何もない無音の世界ではいつもでは感じづらい光や闇、悠久の時間が流れをより一層感じられるはず。サハラ砂漠と聞くと旅行しづらそうに一見思えますが実は手軽にその雄大さを感じれるスポットがあるのです。今回はサハラ砂漠の大自然を気軽に体験できるモロッコのメルズーガをご紹介いたします!

サハラ砂漠はどんなところ?

サハラ砂漠、一言では言い表せないぐらいたくさんの特徴を持っています。またいくら大きいといってもピンと来ないぐらいの大きさです。そんなサハラ砂漠の大きさや特徴を詳しく説明します!

サハラ砂漠の大きさは?

サハラ砂漠はアフリカ大陸の北部に位置している世界最大の砂漠です。南北1700kmにわたり、なんと面積はアメリカ合衆国とほぼ同じぐらいの1000k㎡。アフリカ大陸の1/3を占める大きさなので驚きです!この超巨大な砂漠、北アフリカ11ヵ国にまたがっており、各拠点の町からアクセスできます。

古くから先住民によって開拓されていますが、南北を縦断する交通は3本程度に絞られ、道路があったりなかったりと未だに犠牲者が出ています。東西横断に至っては成功者はいないように、サハラ砂漠の巨大さ・環境の厳しさがわかります。

サハラ砂漠の特徴は?

実は砂一面の部分は全体の2割で残りは岩がゴツゴツしたような場所が大半を占めます。エジプトの白砂漠・モロッコの高さ300mを越す大砂丘群・活発な火山・砂とは正反対に、巨大なオアシスもあり各場所で違った表情を見せるのが特徴です。人口増加や気候変動により砂漠化は進行し、毎年6万km²のスピードで面積が増加しているため深刻な問題にもなっています。

サハラ砂漠観光一番人気!モロッコの街「大砂丘メルズーガ」

とにかく巨大でたくさんの側面を持ったサハラ砂漠、その中でも一番人気なのが今回ご紹介するモロッコの街「メルズーガ」です。メルズーガについて、人気の理由について説明します!

最も美しい砂漠の街、モロッコのメルズーガって?

メルズーガはアルジェリアとの国境付近、マラケシュから東に500kmのところに位置しております。古くからサハラ最西端のオアシスとして賑わって来た街です。この辺りではベルベル人という先住民族が住んでおり、ルーツを持つ有名人はサッカーフランス元代表選手のジネディーヌ・ジダンがいます。

砂漠がすぐそこ!アクセス良好な街として大人気

何と言っても人気の理由は街にいながらにして砂漠を見れるぐらいのアクセスの良さです。さらにメルズーガから5kmほどにあるシェビ砂丘は幅5km、長さ50kmにわたる巨大な砂丘で高さは高いもので300mにも達し、大迫力です。砂漠ではありますがオアシスなので水源もありホテルは快適で人気なスポットとなっています。

メルズーガで体験したいサハラ砂漠の楽しみ方5選!

メルズーガでは砂漠を最大限楽しむ為に各ホテルにツアーがあります。メルズーガから見える砂漠を眺めるのも良いですが実際にツアーで砂漠に入り込み、体験する方が何倍も楽しい経験ができます!

ラクダに乗ってサハラ砂漠を歩く

砂漠の厳しい環境に適応したラクダ、古くから砂漠に住む人にとってかけがえのない動物です。ラクダに乗ることで砂漠の生活をより身近に感じれること間違いなしです!ラクダは馬よりも乗る場所が高く、足元も不安定な為すごく揺れます。しっかりと乗っているだけでも体力を使いますがその苦労も後から振り返れば良い思い出、砂漠ツアーならではです!

サンセットを見よう

何もない砂漠ではいつも以上に何気ない変化を敏感に感じ取れます。雄大な大自然である砂漠に溶け込む夕陽はあたりの静寂さも相まって息を飲むほどに綺麗。刻一刻と夕陽は表情を変えますのでどのシーンも絶対見逃さないようにして下さい!写真では伝わらない幻想的な美しさが味わえること間違いなしです。

砂漠キャンプを体験しよう

夕陽を味わったあとはキャンプゾーンで夜の準備です。砂漠のど真ん中にポツンとあるキャンプ!砂漠のキャンプなんてと思われがちかもしれませんが、意外にも快適なんです。シャワーやエアコンはないですがソーラーで電気も利用でき、砂漠のど真ん中とは思えないぐらいの快適さ!ただしキャンプの値段によって設備はまちまちです。標準の倍ぐらいする値段のラグジュアリーキャンプはシャワー、洋式便器も各個別について、ベッドも立派、カップルや家族連れにはオススメです。

夜ご飯は最近日本でも人気のベルベル人伝統のタジン鍋、伝統的なモロッコ料理を砂漠の中で食べるので味は格別です!食後には伝統楽器ジャンベやタムタムによるベルベル音楽の演奏も楽しめます。静かな砂漠に響き渡る伝統音楽の雰囲気は最高です。

星空を眺めよう

モロッコの伝統を楽しんだ後は、砂漠ツアーでのハイライト、満天の星空を眺めましょう。メルズーガからアクセスするサハラ砂漠は空気中の水分が少ないのと、近くに建物が全くない為、空気が透き通っていて真っ暗。その分星空の綺麗さはサハラ砂漠でも随一天の川はもちろん流れ星も見れます。写真にその全てを残せないのが寂しいですがその分、満足するまでまぶたに焼き付けましょう。サハラ砂漠の星空を味わうとプラネタリウムなんてもう見れないかもしれませんね。

日の出を眺めよう

朝は少し早起きして日の出を見ます。真っ暗な世界が少しすづつ、黒からオレンジ、青に変わっていきます。砂漠と光が描くカーブはまさに大自然の芸術。日の出は思いの外あっという間なので、キャンプが快適だからと言って寝過ごさないよう気をつけてください!

この外せない体験、現地のホテルなどが運営している砂漠ツアーでは基本的に全て体験できます。標準的な1泊2日と2泊3日のツアーがは値段はそれぞれ約4000円、8000円とお得。ホテルによってもツアー内容と値段が違い、ラグジュアリーキャンプは20000円以上するものもあります。事前に必ず確認してから申し込みましょう。

サハラ砂漠観光で持っていくと便利な持ち物9選

砂漠という特殊な環境下、あると便利なもの、あった方がより砂漠を楽しめるものをご紹介します。ぜひ参考にして頂いてサハラ砂漠を100%楽しんでください!

懐中電灯

夜の砂漠は本当に真っ暗です。夜目が覚めてトイレに行こうなんていうとき、何もなかったらまず辿り着けません。スマホのライトでも代用できますが、何かあったら怖いのでスマホを常に枕元に置いとくのも少し不安ですよね。懐中電灯はコンパクトな上、光も強いものがたくさんあるので持っていくと便利です。

カメラの防塵ケース

サハラ砂漠の砂は直径1mm以下できめ細かいことが特徴です。そのままカメラを首から下げていると砂が入り込み、故障なんていうこともあり得ます。スマホは継ぎ目があまりないので、まだ良いですがカメラは凹凸が多いので砂の影響を受けやすいです。準備していきましょう。

サングラス

砂漠は遮るものがない為、日差しがとても厳しいです。サングラスがあれば日差しが強い中でも砂漠の美しさを常に見ることが出来ます。また突然吹く砂ぼこりも目の中に入ると痛いですし、なかなか取れません。サングラスがあれば砂ぼこり対策にもなるのでオススメです。

トイレットペーパー

砂漠のキャンプなので物資が限られており、トイレットペーパーがないことが多いです。当然ですがウォシュレットなんてないです。食事のあと手や口元を拭いたりと何かとあれば便利なので、これはぜひ持参していきましょう。

寝袋

キャンプの中にベッドもありますが満天の星空の下、外で星空を見ながら眠りにつけたらそれ以上の贅沢はないですよね。寝袋があれば可能です。砂漠の夜は昼との温度差が30度以上ありとにかく寒いです。寝袋無しで外で寝るのは不可能に近いです。少しかさばりますが余裕があればオススメします。星空の下、語り合いながら寝れたら最高な思い出になります!

昼間は気温が高いので自分が思う以上に水分を欲します。いくらあっても足りないぐらいなので少し多めに持っていきましょう。何もない砂漠の中、買いたくても困っても後戻りできません。

日焼け止め

厳しい日差しから肌の日焼けを守りましょう。1日中、日差しに晒されるので日差しを防ぐようベルベル人の民族衣装のように肌の露出を避けましょう。その上でどうしても隠れない顔や手などに日焼け止めを塗れば完璧です。

保湿クリーム

砂漠はとても乾燥しています。対策していないと肌がカサカサになってしまいます。現地で買えないこともないですが成分が強かったり肌に合わないものがあるので、日本で使いなれているものを持参しましょう。

星空鑑賞用の星座盤やアプリ

砂漠ツアーのハイライトである星空鑑賞、あるとより楽しめるのが星空鑑賞用の星座盤やアプリです。ただ綺麗なだけでなく、古代の人がその星空に何を想像したかまでわかると100%満喫したと言えます。今はアプリがあり、荷物にならないのでオススメです!

サハラ砂漠・メルズーガのトイレ事情

キャンプ内はグレードによりトイレの内容もまちまちです。共用トイレであったり、青空トイレもあればラグジュアリーキャンプは洋式便器が各個室に付いています。必ず出発前に確認しましょう。

またメルズーガは砂漠のオアシスであることから日本のように水が豊富ではない為、断水がたびたび起こります。いざという時に流せないということもあるので、水があるときにバケツに溜めておくと安心です。

サハラ砂漠・メルズーガの気候・気温

砂漠気候のメルズーガは日中は平均気温30℃超えの暑さです。日差しも強い為、それ以上に暑く感じるでしょう。一方夜は5℃ぐらいまで下がります。砂漠特有の気温差には十分に準備しましょう。夜はダウンジャケットがあっても寒いぐらいなのでその下にセーターがあると便利です。旅行で体調を崩してしまうと勿体無いので準備はしすぎるぐらいがちょうど良いです。

メルズーガへの行き方

モロッコでの長距離移動はバスになります。メルズーガ行きは国鉄が運営する「SUPER TOURS」、国営の「CTM」、民営バスの3つです。民営バスは安いですがクーラーが付いてなかったり座席が座りづらかったりするのでSUPER TOURSとCTMがオススメです。

▶︎フェズから
…メルズーガまで直通なのでオススメ。約12時間ぐらい。値段は約2000円です。

▶︎マラケシュから
…メルズーガまでSUPER TOURSのみ直通。約14時間ぐらい。値段は約3000円です。

▶︎他の町から
…他の町からのメルズーガへの直通はない為、まず手前のエルフードに行くことになります。そこからミニバスで約300円ぐらいです。

モロッコでは隙あればお金持ちそうな日本人を騙してきます。バスのやりとりやツアーの交渉。面倒であったり、確実に砂漠を楽しみたいという方にはタビナカのツアーがオススメです。砂漠の中の四駆のツアーはここだけの体験です。

メルズーガのまとめ

いかがでしょうか、サハラ砂漠で最も人気が高いモロッコのメルズーガ。一歩砂漠の中に踏み込み一泊を過ごしてみると大自然の雄大さに気づくことでしょう。世界一大きなサハラ砂漠に囲まれれば普段の悩みなんか吹き飛んでしまうかもしれませんね。アクセス良好、大砂丘、意外にも快適な砂漠キャンプ、星空と何拍子も揃ったメルズーガ、行かない理由はありません。ぜひモロッコに旅行を計画するときは検討してみてはいかがでしょうか。

TAMURA KIYOSE
WRITER TAMURA KIYOSE
アフリカ在住の旅行好きです!旅行に行くたび世界の広さに驚かされます。好きな街はイスタンブールと飯田橋! 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND モロッコのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事