" />

エジプト観光の定番「ギザのピラミッド」まとめ!多くの謎に包まれた世界遺産

観光
11580views

エジプトのギザに建設された大ピラミッドは世界七不思議のひとつでもあり、現在も多くの学者を惹きつけているエジプトを代表する建造物です。3つのピラミッドを合わせて「ギザの三大ピラミッド」とも呼ばれ、その壮大で神秘的な姿で連日多くの観光客を魅了しています。ここではエジプトの象徴でもあるギザのピラミッドについてご紹介します。

ギザのピラミッドとは?

エジプトのギザに建築された王の墳墓「ギザのピラミッド」。建築年は明らかにされていませんが、今から約4,500年前に建設されたと言われています。実際に目にすると、当時このような巨大な建造物をどのように造り上げたのか、どれだけの人が関わっていたのかなど疑問がたくさん出てくることでしょう。世界七不思議の一つと言われる所以に納得できます。

★ピラミッドの謎についてはエジプト・ピラミッドの謎を解説★場所・ピラミッドが見えるホテルも紹介!で詳しく紹介しています。

1865年には江戸幕府の使節がピラミッドを訪れ、記念撮影をしていることも有名。今までもこれからも世界中から観光客が訪れるスポットと言えるでしょう。

クフ王・カフラー王・メンカウラー王の3つのピラミッドとその複合体は「メンフィスとその墓地遺跡」の一部として世界遺産にも登録されています。エジプト観光の際は短期間の滞在でも必ず訪れたい定番スポットです。

ギザのピラミッドの位置

ギザのピラミッドは、エジプトの首都カイロの中心部から車で約50分から1時間ほどのところにあります。ピラミッド周辺は砂漠に囲まれているため何もありませんが、近年は割と近くまで住宅街ができてきています。カイロからは車の他、地下鉄やバスを使って移動することも可能。詳しくは次の項目のアクセス情報で説明します。

ギザのピラミッドへの行き方・アクセス情報

カイロ中心部からギザのピラミッドまでの行き方をご紹介します。

車で行く場合

車を利用する場合は、約45分〜1時間ほどで行くことができます。ただ、とても渋滞することもあるので時間に余裕をもって計画を立てるようにしましょう。

地下鉄とバスで行く場合

地下鉄を利用する場合は、ギザのピラミッドの最寄駅「EL GIZA駅」を目指します。駅に到着したら、大通りに出てバスもしくはミニバンに乗り換えましょう。バスやミニバンは片道10分ほどで、2〜4ポンドまで乗り物によって料金は様々です。EL GIZA駅近くではタクシーの客引きも多いですが、乗らない場合ははっきりと断るようにしてください。

バスで行く場合

①タフリール東ターミナルから355番または357番

②タフリール西ターミナルから997番のバス

③ラムセス駅から30番のバス

①〜③のいずれかを利用し、約1時間ほどでギザのピラミッドに到着します。

ギザのピラミッド観光の見どころ

ギザのピラミッドの見どころはなんといっても、一気に巨大なピラミッドが3つも見られるという点です。3つのピラミッドの全景を見渡したり、それぞれのピラミッドの近くに行って内部を見学したりと楽しみ方はいろいろ。

広大な砂漠をラクダに乗って散歩するのも人気!ラクダの背に揺られながらピラミッドを眺めるのはここでしかできない貴重な体験として良い思い出になります。

夜になるとライトアップや音楽を使ったショーも行われています。滞在時間に余裕がある方は、夜にも訪れ昼間とはまた違った幻想的な姿をお楽しみください。ギザのピラミッドは1日中、どの時間に行っても感動を与えてくれるパワースポット!!

ギザの三大ピラミッド①クフ王のピラミッド

ギザのピラミッドの中で最大の大きさを誇るのが「クフ王のピラミッド」です。高さはなんと約147m、底辺は約230m!映像や写真で見たことがある方は多いと思いますが、40階建てのビルの高さに相当するピラミッド、実際に目の前で見てみると誰もがその大きさに圧倒されます。

1つ約2.5tの石灰岩を約270〜280万個も積み上げてできているとか。どれほどの年月をかけて作られたのか、本当に不思議です。

ピラミッド内部も見学できますが、通路が狭く、腰をかがめて歩かなければならないところも多いので、真夏の見学や体力に自信のない人は注意が必要です。

1日の入場制限もあるため、必ず内部見学をしたいという場合は比較的空いている朝一で訪れることをおすすめします。

ギザの三大ピラミッド②カフラー王のピラミッド

クフ王のピラミッドに次いで2番目に大きいのが「カフラー王のピラミッド」です。クフ王の息子カフラー王のピラミッドは、クフ王のピラミッドよりサイズは小さいのですが、高台に建てられているため遠目では一番高く見えます。こちらのピラミッドには頂上部分に石灰石の化粧石が残っているので、他の2つのピラミッドとの違いもお楽しみください。

カフラー王のピラミッドの参道入口にはかの有名な「スフィンクス」が建てられており、ピラミッドを守ってるように見えます。このスフィンクスの目線の先にはKFCがあるという話も日本では有名です。スフィンクス正面は、遠近法を使って面白い写真を撮っている観光客もたくさんいる人気撮影スポット!スフィンクスとピラミッドを背景にエジプトらしい写真を撮ってはいかがでしょうか。

ギザの三大ピラミッド③メンカウラー王のピラミッド

ギザの三大ピラミッドの中でもっとも小さいのが「メンカウラー王のピラミッド」。高さは他の2つのピラミッドの半分ほどしかなく、建設当時国の財政が悪化していたからではないかと考えられています。しかし、このピラミッドだけが内部装飾が施されており、遺物も多く発見されたとか。

ピラミッド内の天井上部も見学できるので、興味がある方はぜひ中も見学してみてくださいね。また、メンカウラー王のピラミッドのすぐ横には3つの王妃たちのピラミッドがあります。3つのピラミッドが王に寄り添っている王妃のように見え、なんだか微笑ましくも感じられます。

ギザのピラミッドツアーについて

初めてのエジプト旅行の方や海外旅行に慣れていない方は、個人で安全に観光できるか心配ですよね。そんなときはガイド付きのツアーに参加しましょう。ここではギザのピラミッドを満喫できるツアーの一例(流れ)をご紹介します。送迎+日本語ガイド付きなので安心・快適に観光を楽しめます。

9:00  カイロまたはギザ市内のホテルへお迎え
三大ピラミッド、スフィンクス見学
ラクダに乗って砂漠を散歩
太陽の船博物館を見学
15:00  ホテルまでお送りして解散

  ▼ギザのピラミッドを効率よく回れるおすすめツアーはこちら!

ギザのピラミッド周辺の気候

ギザでは、11月から3月にかけて平均気温が20度以下で比較的過ごしやすい気候となります。この期間は朝晩がとても冷え込むので防寒対策が必要です。4月から暑くなっていき、5月から10月までは平均最高気温が30度を超える非常に暑い日が続きます。最低気温は20度以下となることもあるので、温度差で体を壊さないよう注意しましょう。この期間はほとんど雨が降ることもなくカラッと乾燥した暑さとなります。

ギザのピラミッド観光ベストシーズン

ギザのピラミッド観光のベストシーズンは10月から4月。中でも3〜4月、10〜11月がおすすめです。この期間は過ごしやすく、年間を通して雨が降る確率がとても低い地域であるため、青空に映えるピラミッドの姿を眺めることができるでしょう。

ギザのピラミッド観光おすすめの服装

ギザのピラミッド観光の際は、4月から10月までは日中は半袖で夜は薄手の上着があるといいでしょう。冷房の効いたお店などは寒い場合が多いので常に1着上着を持ち歩いていくことをおすすめします。11月から3月までは朝晩とても冷えることがあるので、セーターや厚手のジャケットで防寒対策をする必要があります。

年間を通して日差しが強く、ピラミッド周辺は日よけもほとんどないので、日焼けや熱中症対策も忘れないようにしましょう。帽子、日焼け止め、飲み物などを忘れずに観光をお楽しみください。

ギザのピラミッドを観光しよう!

とても大きなピラミッドが3つも並んでいる圧巻の光景、堂々とした様子でピラミッドを守っている大スフィンクスの見学などギザならではの体験を思う存分満喫しましょう。ギザのピラミッドでは強引な客引きやぼったくりに気をつけつつ、安全第一で素敵な思い出を作ってくださいね。

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND カイロのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事