" />

絶景の宝庫!ブラジルの人気観光スポット6都市&旅行お役立ち情報

観光
16312views

熱狂的なリオのカーニバルや、サッカーでは印象的なカナリアイエローのユニフォームでおなじみのブラジル。実は絶景の宝庫だということ、ご存知でしたか?

本記事ではブラジルの魅力を徹底解明!人気のおすすめ観光スポットから、お天気情報、おすすめの服装、ビザや治安などの注意点まで詳しくご説明いたします。

これからブラジル旅行に行く方、行きたいと思っている方、お役立ち情報満載なので、必見ですよ!

そもそもブラジルってどんなところ?

南米大陸最大の面積を持つブラジルは、世界で5番目に大きい国でもあります。“日本とは真逆の位置にある”ということでご存知の方も多いのではないでしょうか?

1500年にポルトガル人によって発見されて以来、1822年まで植民地となっていた名残で、公用語はポルトガル語

移民の国”と言われているほど移民が多く、様々な人種が混在しています。日系の人も多く暮らしていますよ!

2016年にはリオデジャネイロオリンピックが開催されたこともあり観光でも盛り上がっています!近年、急速な発展を遂げているのも特徴です。

特に都市部は近代的な街並みになっていて、その整然さに驚きます。

もちろんアマゾン川に代表される大自然ブラジル観光の魅力のひとつ。熱帯雨林のジャングルだけではなく、大西洋沿いのビーチは世界的に人気のリゾート地になっています。

ブラジル旅行に行けば、開放感溢れる雄大な自然と、近代的な都市部の両方が楽しめるのでお得感が味わえること間違いなしです!

ブラジルの都市別<おすすめ観光スポット>6都市

ここからは、いざブラジルに行った際に押さえておきたいおすすめの観光スポット都市別13カ所ご紹介します。

どこも見れば行きたくなってしまう、素敵なスポットばかりですよ!

ブラジル観光おすすめ都市①リオデジャネイロ

オリンピックも開催されたリオデジャネイロは、ブラジル最大の都市。都市周辺の景観は美しく、2012年に世界遺産に登録されたほどです。

中心地は賑わっていますが、「ファベーラ」と言われているスラム街には要注意。ギャングの抗争が起こったりしてとても治安が悪いので、絶対近づかないようにしてくださいね。

コルコバードのキリスト像

ブラジルの大都市・リオデジャネイロで最も有名なのが、ランドマーク的存在にもなっている丘の上の巨大なキリスト像

高さは約40mあり、まるでリオの街を見守っているかのような神々しさが感じられます。

コルコバードの“丘”と言っても標高は710mあるので要注意。歩いて登頂することもできますが、ケーブルカーを利用して観光するのがおすすめです。

世界的に人気の観光スポットなので、いつ行っても混雑しています。人があまりいない状況で観光を楽しみたいときは、朝早くに訪れると良いですよ。

Corcovado Cristo Redentor
住所 Parque Nacional da Tijuca | Cosme VelhoRio de Janeiro, State of Rio de Janeiro 22241-330, Brazil
営業時間 8:00~19:00(ただしケーブルカーは8:30~18:30なので要注意!)
料金 (ケーブルカーの料金):往復大人 R$60
公式 http://www.parquedatijuca.com.br/#atracao?id=1

リオデジャネイロの名物、キリスト像が立つコルコバードの丘については、こちら「キリスト像が見守る《コルコバードの丘》観光情報!必見リオのシンボル」で詳しく解説いたします!

リオデジャネイロ植物園

ブラジル観光にせっかく来たけれど、時間が無くて大自然に触れ合えない……という方には、リオデジャネイロ植物園がおすすめ!

約200年の歴史を持つこの植物園。とにかく広いんです!

ブラジルならでは原生植物たちと出会える広大な敷地は、1日中いても飽きることなく楽しめます。中には日本庭園サボテン庭園胡蝶蘭園などもあるので要チェック。

特に小さな子どもであれば乗れるサイズの、オオオニバスの葉は必見です。

スケジュールを詰め込んだブラジル観光も良いですが、植物園でまったり過ごす時間を楽しむのも良い思い出になりますよ。

Jardim Botanico
住所 Rua Jardim Botanico 1008, Rio de Janeiro, State of Rio de Janeiro 22460-000, Brazil
営業時間 8:00~18:00(*月曜日は12:00〜18:00)
料金 大人 R$15(受付では現金のみの取り扱い)
公式 http://www.jbrj.gov.br/

リオデジャネイロの耳より観光情報については、こちら「情熱の街・リオデジャネイロ観光情報!おすすめスポット9選他」で詳しく解説いたします!

ブラジル観光おすすめ都市②サンパウロ

ブラジル南部に位置するサンパウロは、金融の中心地ビジネス街のような街並みですが、歴史ある建築物も多数あるのが特徴です。

移民が多い地域だけに、様々な文化が入り交じった建築様式なので見ていて飽きません!

街中をぶらぶら散歩するように観光しているだけで十分楽しめる素敵な都市です。

カテドラル・メトロポリターナ

ヤシの木とゴシック様式の荘厳な教会のコラボレーションが楽しめる、ヨーロッパ的な美しさが特徴の教会。

教会内には細かい装飾色鮮やかなステンドグラスなどがあり、心安らぐ空間になっています。

ほとんどはヨーロッパ式ですが、ステンドグラスがブラジルの歴史をテーマにして描かれたものであったり、ブラジルらしい色使いであったりと、随所にブラジルらしさを感じられるのがポイントです。

Catedral Metropolitana de São Paulo
住所 Praca da Se, s/n, Praca Ricardo Goto – Se, Sao Paulo, Brazil
営業時間 8:00 ~ 19:00(月~金)/8:00 ~ 17:00(土)/8:00 ~ 18:00(日)
料金 無料
公式 https://www.catedraldase.org.br/
サンパウロ美術館(MASP)

サンパウロの街並みの中でも一際目立つスタイリッシュな外観が印象的なサンパウロ美術館は、地元の人々には「マスピ」という愛称で親しまれています。コレクション数は約8000点。

13世紀〜現代の作品を幅広く楽しむことができ、教科書で見たことのあるような名作も展示してあります。

日本語ガイドがないので、事前に作品リストなどを見て予習していくのがおすすめですよ。

Museu de Arte de Sao Paulo
住所 Av. Paulista, 1578 – Bela Vista, Sao Paulo
営業時間 10:00~18:00(木曜日のみ20:00まで)定休日:月曜日
料金 R$35(大人)/R$17(学生、60歳以上)/10歳以下は無料
公式 https://masp.org.br/

ブラジル観光おすすめ都市③イグアスの滝(フォス・ド・イグアス)

アルゼンチンとブラジルの国境に位置するフォス・ド・イグアスは、イグアスの滝の観光拠点となる待ちです。

ダイナミックな大自然が満喫できる街として知られ、世界中から観光客が訪れます。桁違いなスケールの大自然を是非体感してみてくださいね!

イグアスの滝(Cataratas do Iguaçu)

世界三大瀑布のひとつであるイグアスの滝は、1986年に世界遺産に登録された滝。ブラジルとアルゼンチンにまたがる圧巻のスケールです。

ブラジル側の観光では滝のすぐ近くまで行けるので迫力満点膨大な量の水が流れ落ちる轟音に驚きます。

また、イグアスの滝はひとつの滝ではなく、大小275の滝の総称です。その中でも“悪魔の喉笛”と呼ばれている落差80mを誇る滝は、圧巻!

観光のおすすめは10〜4月の雨量の多い時期。水量が多いので、いつもより迫力のある姿を楽しめますよ。

ボートやヘリコプターなど、楽しむツールが色々あるので自分に合った楽しみ方を選んでくださいね。

Cataratas do Iguaçu(Iguazu Falls)
住所 Rodovia BR 469 – Km18Foz do Iguacu, State of Parana 85855-750, Brazil
営業時間 9:00〜17:00
料金 R$57.30(大人)/R$9(2〜12歳)
公式 http://www.cataratasdoiguacu.com.br/parque-nacional-do-iguacu/cataratas-do-iguacu

必見!イグアスの滝観光情報については、こちら「ド迫力の絶景《イグアスの滝》観光情報!ブラジル&アルゼンチン側解説」で詳しく解説いたします!

アーヴェス公園(Parque das Aves)

パルケ・ダス・アベスは、南米最大のバードパーク鳥たちに最適の環境をつくるために熱帯雨林が再現されていて、まるでジャングルを歩いている気分を味わえますよ。

ブラジルの鳥たちはラテン的で色鮮やかな美しさ。鳥の他には虫類や蝶なども展示されています。

イグアス国立公園の近くにあるので、イグアスの滝を満喫した後に観光することも可能ですよ。

Parque das Aves
住所 Rodovia das Cataratas, 12450 | Right in front of the Iguazu National ParkFoz do Iguacu, State of Parana 85855-750, Brazil
営業時間 8:30〜17:00
料金 R$45(大人)/8歳までは無料
公式 http://www.parquedasaves.com.br/en/

ブラジル観光おすすめ都市④サン・ルイス

かつてブラジルが植民地下にあった当時の姿を色濃く残す街「サン・ルイス」は、ブラジルで唯一フランス人によって作られた街です。

街の歴史地区は色とりどりのタイルが敷き詰められていて、まるで絵本の中から飛び出してきたような可愛らしさです。

その街並みの美しさから、1997年には世界遺産に登録。「タイルの町」として国内外問わずたくさんの人々が観光に訪れています。

ライオン宮殿(Palácio dos Leões)

ブラジル・サンルイスのシンボルともなっているライオン宮殿は、16世紀初頭に建てられた宮殿。街の中心部に建てられているので、今ではマラニョン州の庁舎として使用されています。

中世ヨーロッパを思わせる真っ白な見た目は壮観。

一度破壊された後、1990年代に改修されたので昔の面影を残しつつとても綺麗なのが特徴です。

海が近いので、観光記念に海と一緒に写真を撮るのもおすすめですよ。

Palácio dos Leões
住所 Avenida Pedro II s/n, Sao Luis, State of Maranhao 65010-910, Brazil
営業時間 9:00〜17:00/定休日:月曜日
料金 無料(要予約)
公式 http://www.sectur.ma.gov.br/palacio-dos-leoes/#.WwqqpJOFhE5
セー教会(Igreja da Sé)

1622年にイエズス会によって建てられた教会ですが、1922年に改修されているので当時の姿ではありません。

しかしゴールドがふんだんに使われている装飾は見事。見る者を魅了します。

サン・ルイスの守護神であるノッサ・セニョーラ・ラ・ヴィトーリが祀られていて、神聖な雰囲気が漂っています。併設されている聖美術館も観光におすすめですよ。

Igreja da Sé
住所 Avenida Pedro II s/n | CentroSao Luis, State of Maranhao 65010-450, Brazil
料金 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.com.br/Attraction_Review-g673267-d2391588-Reviews-Se_Church-Sao_Luis_State_of_Maranhao.html
レンソイス・マラニャンセス国立公園(Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses)

ブラジル・サンルイスの観光スポットではありませんが、世界的に珍しい絶景スポットなのでご紹介!

レンソイス・マラニャンセス国立公園は、ほぼ100%石英でできた純白の砂漠はきらきらと輝き、雨季になるとあちこちにができて幻想的な雰囲気に。白と青のコントラストがとても綺麗で、一生忘れられない光景になりますよ。

サンルイスからは車で約4時間ほどのバヘイリーニャスという地域に属しています。日帰りのツアーもあるので要チェック!

Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses
住所 Barreirinhas, State of Maranhao 65590-000, Brazil
公式サイト https://parquelencois.com.br/

ブラジル観光おすすめ都市⑤マナウス

ブラジルの大自然といえば、アマゾン川!熱帯雨林でピラニアが泳ぐ川というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

せっかくブラジル観光に来たのだから、アマゾン川は見たいもの。しかしジャングルを分け入って冒険するのは、ちょっとハードルが高いですよね。

マナウスは、アマゾン川の源流にあたるネグロ川沿いにある都市。多少発展しているので、ブラジル観光でアマゾンを気軽に楽しみたい方におすすめです。

エンコントロ・ダス・アーグァス(Encontro das Águas/Meeting of the Waters)

アマゾン川はそもそも、2つの川が混じり合ってできた大河のことを称します。

本流のソリモインス川に支流のネグロ川が合流した地点から、アマゾン川という名前に変わるのです。

マナウスから出ている遊覧船に乗れば、ネグロ川とソリモインス川の合流地点、アマゾン側の起点を見ることができます。

その光景は、水温や比重の関係でなんと10㎞以上続きます。感動と同時にそのミステリアスさに驚きです!

アマゾナス劇場

アマゾン川の起こりを楽しんだ後は、街探索で観光をしてみていかがでしょうか?アマゾナス劇場パリのオペラ座を模して作られた劇場で、1896年に建てられました。

30分ほどの見学ツアーが行われているので、参加してみるのもおすすめ。

日によっては無料で聴くことができるコンサートが開催されているので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

Teatro Amazonas
住所 >Avenida Eduardo Ribeiro | CentroManaus, State of Amazonas 69025-140, Brazil
営業時間 9:00〜17:00/定休日:月曜日
料金 R$20
公式 http://www.cultura.am.gov.br/teatro-amazonas/

ブラジル観光おすすめ都市⑥サルヴァドール

ブラジルがポルトガルの植民地下にあった際、砂糖奴隷の貿易地として栄えた都市。

その当時の名残で、街はポルトガルらしいヨーロッパの雰囲気と、南米のテイストが混在しています。

ユネスコ世界遺産にも登録されている歴史的建造物の多い旧市街地では、まるでタイムスリップしたかのような気分で観光を楽しむことができます!

街は上町と下町に分かれた構造をしています。移動にはエレベーターバスを利用しましょう。

ペロリーニョ広場

植民地時代の、ポップな色合いが可愛らしい家が建ち並ぶ広場。とてもカラフルでSNS映えするロケーションは女性観光客に大人気です!

石畳の広場では、常にライブショーなどが行われています。特に見て頂きたいのは、毎週火曜日に行われているフィエスタ

バンドの生演奏があったり、随所でダンスが行われていたりと、お祭り気分が味わえます。

Pelourinho
住所 Salvador, State of Bahia, Brazil
営業時間 9:00〜17:00/定休日:月曜日
料金 R$20
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/309
サン・フランシスコ教会

ブラジルで最高のバロック建築、と称されているのがサン・フランシスコ教会

外観はとてもシンプルですが、1歩足を踏み入れた瞬間、荘厳な空気に包まれます。

どこを見渡してもでできていて、まさに豪華絢爛!「黄金の教会」と呼ばれているのも納得です。

回廊にあしらわれた美しいポルトガル名産のタイルも必見の観光スポットです。

Sao Francisco Church and Convent
住所 Praca Padre Anchieta | PelourinhoSalvador, State of Bahia 41810-830, Brazil
営業時間 9:00~17:30(月〜土曜日)、10:00~15:00(日曜日)
料金 R$5
参考サイト http://www.bahia-turismo.com/salvador/igrejas/sao-francisco.htm

ブラジル観光で楽しめる<アクティビティ>4選

観光スポットを巡るだけでは退屈な方には、体験型アクティビティがおすすめ!

ブラジル観光で体験できる様々なアクティビティをのうち、人気の4をご紹介しましょう。

ブラジル観光おすすめアクティビティ①サッカー観戦

ブラジルは言わずと知れたサッカー大国。ブラジル観光で本場のサッカー観戦は、熱気溢れるスタジアムとの一体感が楽しめます。

詳しいルールがわからなくても大丈夫。サポーターの熱狂的な渦に飲み込まれるだけで圧巻の体験が期待できます!

慣れている方は自分でチケットを手配しましょう。英語やポルトガル語がわからない方は、オプショナルツアーを利用するのがおすすめです。約15,000円ほどで催行していますよ!

ブラジル観光おすすめアクティビティ②サーフィン

大西洋側にたくさんのビーチを有するブラジルは、サーフスポットも豊富。コバルトブルーに透き通った海の美しさはもちろん、波の良さも魅力です。

特に北東部のバイーア州にある「イタカレ」は、サーファー達に大人気!

小さい街に16のビーチが集まっているので、その時の気分によってビーチを変えて楽しむこともできます。

ブラジル観光おすすめアクティビティ③サンバ

世界的に有名なブラジルのお祭りといえば、リオデジャネイロで行われるサンバカーニバル

毎年日程は変動しますが、開催日は2月前後の土曜から火曜まで。毎年大熱狂のうちに終わります。

カーニバルで踊られているサンバは、ブラジル人にとってとても身近なダンスなのです。

街中にはたくさんのサンバ教室を見つけることができるでしょう。観光客でも気軽に利用できる教室もあるので、是非体験してみてくださいね!

自分で踊るのは気がひけるという方には、サンバショーの観覧がおすすめです。

ホテルまでの送迎付きのツアーは、1万円前後ラテン気質満点のサンバショーは、見ているだけでテンションが上がりますよ!

リオデジャネイロの耳より観光情報については、こちら「情熱の街・リオデジャネイロ観光情報!おすすめスポット9選他」で詳しく解説いたします!

ブラジル観光おすすめアクティビティ④ビーチ

ブラジルにはサンチョ湾ビーチコパカバーナビーチど、世界遺産にも登録されている、たくさんのビーチが見どころ。

真っ白な砂浜青い海のコントラストは見ているだけで癒されます。

ビーチは、都市の中心部からアクセスしやすい場所にあるのもポイント。観光ではふらっと浜辺を散歩するだけでも充分に楽しめます。

日常の喧噪を忘れてゆったりとした時間を過ごして心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

ブラジルの<お天気>情報!観光におすすめのベストシーズン

南半球に位置しているブラジルは、日本とは季節が真逆5~10月が夏季、11月~4月が冬季という区分になります。

南米というと常夏のイメージがあるかもしれませんが、冬季は10℃以下になることもあるので注意が必要です。

とは言っても、1年を通じて平均最低気温は10℃ほどなので、東京よりも温暖な気候です。地域によっては夏季にはスコールがあるので気をつけましょう。

お天気の良い時期のブラジルを観光したいのであれば、冬季がおすすめです!

しかし、イグアスの滝や、レンソイス・マラニャンセス国立公園リオのカーニバルなどは、見頃の時期が限定的なので、それに合わせて渡航するのも良いですね!

リオデジャネイロの天気も紹介!観光情報については、こちら「情熱の街・リオデジャネイロ観光情報!おすすめスポット9選他」で詳しく解説いたします!

ブラジル観光におすすめの服装・持ち物

年間を通して東京より5〜10℃ほど平均気温が高いブラジルの観光では、夏は半袖半ズボン、冬は体温調節しやすいように重ね着をするのがおすすめです。

夏季にはスコールがあるので、雨具は必須!

また、日差しが強いので日焼け止めなどの紫外線対策グッズも忘れずに持っていきましょう。反対に冬季は乾燥するので、保湿クリームがあると快適に過ごせますよ。

注目ポイント

ブラジルの国土は日本の約22倍!場所によって気候は大きく変化します。事前に目的の都市の気候を調べておきましょう!

ブラジル観光には<ビザ取得>が必須!

日本のパスポートは、現在170ヶ国以上の国にビザなしで入国できるという、水戸黄門の印籠のようですが、実はブラジルへの観光旅行では、たとえ1日の滞在でも観光ビザが必要なのです!

ビザを取得したことがない方は手続きが面倒に思うかもしれませんが、大丈夫。2018年1月からオンラインによる電子観光ビザの発行が開始されたので手続きも楽々!

ブラジルの観光ビザは、原則で90日間の滞在が認められます。

さらに、現地で滞在日数の延長申請すれば加えて90日間の滞在が可能になります。

注目ポイント

電子観光ビザの場合、現地で追加することはできません!予定が未定の方は、東京五反田のブラジル総領事館に直接提出しましょう。

申請料金は10,400円パスポートEチケットのコピーだけでなく、銀行の預金残高証明書なども必要になるので、総領事館の下記サイトで必要書類をチェックしておきましょう!

ブラジル観光で<気をつけるコト>!3つの注意点

はるばる地球を半周するブラジルの観光旅行で、安心・安全に楽しむにはどうしたら良いでしょう?

ここではブラジル観光で注意すべきポイント3つご紹介します。

ブラジル観光の注意点①治安

まずブラジルは、世界でも比較的治安が良くないとされる国だということを念頭に置いておきましょう。

しかし、もちろん全ての場所が治安が悪いというわけではありません!富裕層の住む地域夜でも出歩くことができるなど、地域によって差があります。

ブラジルで観光客が集まる観光スポットでは、スリや置き引き、ひったくりやぼったくりに要注意!

お釣りの金額が間違っていることもあるので、自分でしっかりと管理しましょう。以下注意点をまとめました。

注目ポイント
  • 財布は小分けにする(スリなどにあったときの予防策)
  • 鞄はお腹側に抱えて持つ(リュックやバックパックは盗られやすい)
  • スマホは隠しておく(現金よりもスマホが狙われやすい)
  • 日本人であることをアピールしない(日本人は裕福なイメージなので犯罪のターゲットにされやすい)
  • スラムには近づかない
  • 夜間は出歩かない
  • 移動はできるだけタクシーで(公共交通機関はスリが多い)

以上の7点は意識して気をつけましょう!

リオデジャネイロの名物、キリスト像が立つコルコバードの丘については、こちら「キリスト像が見守る《コルコバードの丘》観光情報!必見リオのシンボル」で詳しく解説いたします!

ブラジル観光の注意点②ひとり旅

前述したとおり、ブラジルはあまり治安が良く無いので、ひとり旅はおすすめできません

特に女性のひとり旅犯罪に巻き込まれるリスクが高いことを心得ておきましょう。

「観光地だったら大丈夫!」という安直な考えは禁物!ひとり旅の観光客は、犯罪者にとって格好のターゲットなのです。

もしそれでも一人で行く場合には、“自分の身は自分で守る”という意識を常に持ち、万全の対策をした上で行ってくださいね。

ブラジル観光の注意点③ジカ熱

ブラジルで2015〜2016年にかけて大流行したジカ熱

軽度の発熱で済む場合がほとんどですが、ギラン・バレー症候群を併発したり、妊娠中に感染すれば、生まれてくる赤ちゃんが小頭症になる危険があります。

現在、非常事態宣言は終結しましたが、やはり危険が無くなったわけではありません。

ジカ熱はを媒体として感染するので、観光の際は長袖・長ズボンの着用や、虫除け剤を使用するなど、可能なかぎり注意してください!

魅力いっぱいのブラジル観光を安心・安全に満喫しよう!

ブラジルは予想以上に絶景スポットがたくさんありますよね!

滞在中は、特に注意が必要な国ではありますが、地球の裏側には見たことのない景色が広がっています。

注意点に気をつけて、良い旅の思い出を作ってくださいね!

sakazume
WRITER sakazume
海外旅行が大好きで、学生時代は長期休みの度に行っていた程。将来は海外に住みたいです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ブラジルのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事