" />

絵本の世界!ドイツ「ノイシュバンシュタイン城」ツアーガイド

観光
2444views

ドイツの定番観光地である「ノイシュバンシュタイン城」。シンデレラ城のモデルとなった場所で、その美しさを一目見ようと世界中から観光客が集まります。

緑の中に佇む真っ白なお城は、まるでおとぎの国に迷い込んだかのような景色。今回はそんな「ノイシュバンシュタイン城」の見どころやアクセス、注意点やモデルツアーをご紹介します。

ドイツに行かれる方は、ぜひ「ノイシュバンシュタイン城」へも足を運んでみてくださいね。

ノイシュバンシュタイン城とは?

ドイツの人気観光スポット「ノイシュバンシュタイン城」は、第4代のバイエルン国王ルートヴィッヒ2世によって、19世紀に建てられたお城です。その美しい外観から中世のお城だと思われがちですが、実は比較的新しいお城なのです。

ノイシュバンシュタイン城があるのは、ドイツ南部のバイエルン州。ロマンチック街道の終着点、緑に囲まれた標高1000メートルの場所に位置します。自然の緑とお城の白、そして青空のコントラスト。まるでディズニーの世界に飛びこんだかのような、ファンタジーな景色を楽しむことができます。

ルートヴィッヒ2世は18歳という若さで国王となったために、政治や争いから現実逃避しようと、ファンタジーの世界にのめり込んでいたんだそう。そんなルートヴィッヒ2世の理想を詰め込んでできたのが、この「ノイシュバンシュタイン城」なんです。

ノイシュバンシュタイン城ツアーのみどころ

外観だけでも十分に満足出来るノイシュバンシュタイン城ですが、内部は豪華絢爛でまさに映画の世界!また、夜になると昼間とは違ったお城の姿を見ることができるんです。

王座の広間

ノイシュバンシュタイン城の中でも特に豪華絢爛なのが「王座の広間」。4階と5階が吹き抜けになっていて、天井からは重さ900キロのシャンデリアが!どこを見渡しても煌びやかな空間で、繊細な壁絵も圧巻です。

歌人の間

ルートヴィヒ2世のお気に入りのオペラ「タンホイザー」の舞台である、ヴァルトブルク城の広間をモデルにしてつくられた「歌人の間」。ノイシュバンシュタイン城全体が、この広間を中心に構成されているほどで、広間の壁にはオペラの題材「パルジファル」の絵画がずらり。

残念ながらこの広間が使用されることはなかったそうですが、ルートヴィヒ2世のオペラ愛が伝わります。

夜のライトアップ

ノイシュバンシュタイン城は、毎日日没30分後くらいから深夜0〜1時までライトアップされています。

緑と白のコントラストが美しい日中のお城も素敵ですが、暗闇に浮かび上がるノイシュバンシュタイン城も必見です。日没後まで滞在できる方は、ぜひ夜のノイシュバンシュタイン城も見学してみてください。

観光所要時間は?

城内の見学はツアーのみ。ドイツ語・英語でのツアーが開催されていますが、日本語のオーディオガイドが配られるため、英語がわからない方でも安心。ツアーの所要時間は35分です。チケットの購入や引き換えなどの時間は1時間ほど見ておくと安心です。

「ノイシュバンシュタイン城」の基本情報

  • 名称:Schloss Neuschwanstein
  • 住所:Alpseestrasse 12 87645 Hohenschwangau(チケットセンター)、Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau(ノイシュバンシュタイン城)
  • 電話番号:08362 -93 08 30
  • 営業時間:3月24日~10月15日9:00~18:00、10月16日~3/23 10:00~16:00
  • 休館日:1/1、12/24、12/25、12/31
  • 料金:一般13ユーロ 学生12ユーロ 18歳以下は無料

ノイシュバンシュタイン城への行き方

ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城までは、電車とバスを利用します。ミュンヘン中央駅(München Hbf)からフュッセン(Füssen)まで電車で約2時間。

フュッセン駅に着いたら、73番もしくは78番のバスに乗り、ノイシュバンシュタイン城があるホーエンシュヴァンガウ(Hohenschwangau/ castles – Alpseestrasse (Alpsee Street))で下車します。バスでの移動時間は約10分ほど。

また、バス停からお城までは有料の馬車も運行されているので、おとぎの国の気分を味わいたい方は馬車の利用もおすすめです。電車やバスの待ち時間を含めて、所要時間は約2時間30分です。

ノイシュバンシュタイン城のチケット取得方法

ノイシュバインシュタイン城に入るためにはチケットが必要です。現地で購入する方法、公式サイトで予約する方法、現地オプショナルツアーに参加する方法があります。

現地で購入する方法

ノイシュバンシュタイン城の現地チケットカウンターに行けば、予約なしでもチケットを購入することができますが、観光客が大変多いスポットなので行列ができていることもしばしば。ピークのシーズンになると、昼前にチケットカウンターに並んでも夕方にしか入れないなんてことも。

ノイシュバンシュタイン城に行く日程が事前に決まっている場合には、公式サイトで予約することがおすすめです。

公式サイトで予約する方法

チケットは、公式ホームページの「TOURS&TICKETS」のカテゴリから予約することができます。「TICKET RESERVATION」のボタンを押して、「ノイシュバンシュタイン城」を選択しましょう。他のお城のチケットや、コンビネーションチケットもあるため、他の観光スポットも一緒に見学される方は、ご予定に合わせてチケットを選択してください。

チケットを購入する際には、入場時間も設定します。入場時間の1時間前までにチケットセンターでチケットを引き換えなければならないので、入場時間ぴったりに到着することがないよう注意しましょう。

予約は入場したい日の2日前まで、キャンセルは入場時間の2時間前までにすることができます。また、チケット料金とは別に1.8ユーロの予約手数料がかかります。

現地オプショナルツアー

現地発着のオプショナルツアーに参加すれば、ツアー会社が交通手段やチケットの手配を行ってくれることがほとんどなので、事前の予約や下調べを全てお任せすることができます。また他の観光地と合わせた周遊ツアーもあるため、効率良く観光することができますよ。

ノイシュバンシュタイン城周辺情報

ノイシュバンシュタイン城の周辺には、セットで観光したいおすすめスポットがたくさん!のイシュバンシュタイン城に行かれる際には、ぜひ周りの観光スポットもスケジュールに組み込んでみてくださいね。

ホーエンシュヴァンガウ城

バイエルン国王であったマクシミリアン2世によって、1832年にゴシック様式で改築されたお城。お城の随所には、シュヴァンガウに残る伝説「白鳥騎士ローエングリーン」の場面が装飾として用いられていて、お城からはノイシュバンシュタイン城も望むことができます。

「ホーエンシュヴァンガウ城」の基本情報

  • 住所:Alpseestrasse 12, 87645 Schwangau
  • 開館時間:4〜10月9:00~18:00、11〜3月10:00~16:00(チケットセンターは開館1時間前〜閉館1時間前まで)
  • 休館日:12月24日
  • 入場料:12ユーロ(日本語オーディオガイドあり)
  • アクセス:フュッセン駅から、シュヴァンガウもしくはターゲルベルグバーン行きのバスに乗車し、「ホーエンシュヴァンガウ」で下車

リンダーホーフ城

ノイシュバンシュタイン城を建設した、バイエルン王ルートヴィヒ2世が手がけた「リンダーホーフ城」。バイエルン王ルートヴィヒ2世が建設した3つのお城の中では、唯一完成したお城として知られています。お城の周りは山並みで囲まれており、色とりどりの花が咲く美しい庭園は見ものです。

「リンダーホーフ城」の基本情報

  • 住所:Schloss Und Gartenverwaltung Linderhof:Linderhof 12, D-82488 Ettal
  • 開館時間:9~18時(4月1日~10月15日)、10~16時(10月16日~3月31日)
  • 休館日:1月1日、12月24日、12月25日、12月31日、謝肉祭の火曜日
  • 入場料:8.5ユーロ
  • アクセス:オーバーアマガウ駅からバス(9622番)で約20分

マリエン橋

ペッラート峡谷に架かっている鉄橋「マリエン橋」。ノイシュバインシュタイン城からも徒歩圏内で、お城を綺麗に眺めることができることから観光スポットとして人気です。

「マリエン橋」の基本情報

  • 住所:Wanderweg Zur Bleckenau, Schwangau, 87645, Bavaria, Germany
  • アクセス:ノイシュバインシュタイン城から徒歩約15分

ノイシュバンシュタイン城のモデルツアー

交通の手配や移動、チケットの予約などを全部自分でするのは不安…という方は、オプショナルツアーへの参加もおすすめ。移動や予約などはすべてツアー会社に任せることができるので、当日は言葉や移動の不安もなく、ノイシュバインシュタイン城を楽しんでいただけます。日本語で詳しい説明を聞きながら観光ができるのも嬉しいですよね。

それでは、ノイシュバンシュタイン城と周辺観光地を巡る、見どころたっぷりのモデルツアーをご紹介します。

7:15 ミュンヘン中央駅に集合

ミュンヘン中央駅に集合します。ガイドさんとツアー参加者が全て揃ったら、いよいよツアーバスでホーエンシュバンガウへ出発です。公共交通機関ではなく、専用のバスで移動できるためリラックスできます。

9:45 ホーエンシュバンガウ到着

約2時間の移動で、ホーエンシュバンガウに到着です。マリエン橋で記念撮影をしましょう。マリエン橋の観光を終えたら、いよいよノイシュバンシュタイン城へと向かいます。

11:15 ノイシュバンシュタイン城に入場

まるでディズニーの世界から飛び出してきたかのようなお城、「ノイシュバンシュタイン城」をゆっくりとお楽しみください。

12:30 ランチタイム

お城の見学を終えたら、ホーエンシュバンガウの麓でランチタイム。お昼を食べたり、おみやげをさがしたり、自由に村を散策することができます。

13:30 移動

村散策を終えたら、ヴィース教会に移動します。移動時間は約30分ほど。

14:00 ヴィース巡礼教会

約30分、教会を見学します。見学後はオーバーアマガウの景色を車窓から眺めながら、リンダーホーフ城へと移動です。

16:00 リンダーホーフ城到着

リンダーホーフ城では、約1時間半の観光時間。美しい建物や庭園をゆっくりと楽しむことができます。見学が終わったら、ミュンヘンへ出発。

19:00 ミュンヘン到着

約3時間の移動で、ミュンヘン中央駅に到着。各自滞在先まで移動して、疲れた体をゆっくりと休めてくださいね。

ノイシュバンシュタイン城ツアーや観光で気を付けること

それでは最後に、ノイシュバンシュタイン城を観光するにあたっての注意点・ポイントをご紹介します。

治安

ノイシュバンシュタイン城があるフュッセン周辺は、治安が良いことで知られています。街の一人歩きも夜歩きも比較的安全です。ノイシュバンシュタイン城周辺も観光客が大変多く集まり、見学中もツアーグループごとこ固まって移動をするため、治安が心配な方でも安心して観光することができます。

天候

ノイシュバンシュタイン城があるフュッセンは、4〜10月にかけて気候的にも過ごしやすい観光シーズン。特に1年のなかで暖かい、6〜9月までがベストシーズンとなっていて、7〜8月は特に多くの観光客で混雑しています。

雨が多いなどという、目立った天候の特徴はありませんが、北海道よりも高緯度に位置するエリアのため、冬は雪が積もり相当冷え込みます。ミュンヘンから日帰りで観光に行かれる方などは、都心部と気温の差が激しいこともあるので、しっかりと防寒対策をしておくことがおすすめです。

服装

夏(7〜8月)でも平均気温は18度を下回るため、薄手のコートやカーディガンなど軽く羽織れる上着があると安心。昼間は暑いくらいの気温でも、夜になるにつれて寒くなることも。

冬(12〜1月)は平均気温が氷点下以下になってしまうため、マフラーや手袋、厚手のコートなど防寒対策をしっかりとしておくようにしましょう。

ノイシュバンシュタイン城で夢のひとときを…!

いかがでしたか?今回は、ドイツの観光名所「ノイシュバンシュタイン城」をご紹介しました。世界中から観光客が訪れる大人気スポットとなっていますので、6〜9月のベストシーズンに行かれる方は、早めの手配がおすすめ。

ミュンヘンから一足伸ばして、フュッセン周辺の豪華なお城を巡る旅に出られてみてはいかがでしょうか?ドイツの森に佇む、おとぎの国のようなお城に、思わずため息を漏らしてしまいそう……。冬や夜は冷え込むので、どうぞ防寒対策はお忘れなく。

ノイシュバンシュタイン城で夢のひとときをお過ごしください!

RECOMMEND ドイツのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事