" />

ベルギーから半日で行ける!ルクセンブルクへの行き方&おすすめ観光スポット5選を徹底解説

観光
6683views

ベルギー、フランス、ドイツに囲まれたルクセンブルクは、面積が神奈川県とほぼ同じという小さな国。オランダ、ベルギーとの総称であるベネルクス三国の中でも注目されにくいルクセンブルクですが、実はまだ知られていない見どころがたくさんあるんです。そしてベルギーからのアクセスが良いことも嬉しいポイント。というわけで今回はベルギーの隣国・ルクセンブルクの魅力をたっぷりご紹介したいと思います!

◎アクセス

map

【ブリュッセルからルクセンブルク中央駅まで】

IC(インターシティと呼ばれる高速鉄道の略)で約3時間15分、1時間に1本運行。

【リエージュからルクセンブルク中央駅まで】

ICで約2時間30分、1時間に1本運行。

◎おすすめ観光スポットをご紹介!

Cathédrale Notre-Dame(ノートルダム大聖堂)

cathedral

憲法広場の東にあるノートルダム寺院は、三つの尖塔が印象的なルクセンブルクのシンボル。17世紀に建てられたこの教会はジャン前大公とジョセフィーヌ・シャルロット(ベルギー前王女)の婚礼が執り行われた場所としても知られています。婚礼に限らず、国の儀式はこの聖堂で行われるように決められています。地下の礼拝堂には歴代司祭や王家のお墓があるので、そちらにも是非足を運んでみてくださいね。

cathedral2

空を突き刺すような三つの塔はどこからもよく見えるので、ルクセンブルク散策の際の目印にもなりそうです♪

名前:ノートルダム大聖堂

住所:Rue de Curé 30 Luxembourg

開館時間:10:00〜12:00、14:00〜17:30(日曜は13:00〜17:30)

休日:日曜午前、ミサが行われている間

見学料:無料

Palais Grand-Ducal(大公宮)

ducal

2015年現在、世界唯一の大公国であるルクセンブルク。そして大公の執務室並びに迎賓館として使われているのがこの大公宮です。しかし大公宮として使われるようになったのは1841年からと比較的最近のことで、それ以前は市庁舎として使用されていたそうです。そのため外観は思ったよりも質素なつくりとなっています。7〜8月には内部の見学ツアーも行われているので、その期間にルクセンブルクを訪れる機会のある方は必見です!

2015-12-24 14_Fotor

門の前では近衛兵が番をしています。なかなか日本では見ることの出来ない光景ですよね!

名前:大公宮

住所:32 Rue de l’Eau, 1449 Luxembourg

開館時間:7月中旬〜8月下旬

休日:水曜

見学料:10ユーロ

Casemates du Bock(ボックの砲台)

cliff

街の中心部であるアルム広場から10分ほど歩きシャトー橋を渡ると、ボックと呼ばれる断崖絶壁に到達します。そしてその断崖の下にあるのが18世紀にオーストリアの兵士たちによって築かれた巨大な地下要塞・ボックの砲台。旧市街を流れるアルゼット川を見下ろすことの出来る断崖から臨む景色はまさに絶景!実はこの砲台を含む旧市街地は、「ルクセンブルク その古い街並みと要塞群」として世界遺産にも登録されているんです♪

cliffview

夏でもひやりとした空気を感じる要塞跡に足を踏み入れると、そこには小さな石段があちこちにある迷路のような空間が広がっています。デコボコした道も多いので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

名前:ボックの砲台

住所:10 Montée de Clausen, 1343 Luxembourg

開館時間:10:00〜17:00(11〜2月は休業期間)

見学料:4ユーロ

Musée national d’histoire et d’art(国立歴史博物館)

lion

なかなか日本では知る機会の少ないルクセンブルク。一体どんな国?という疑問は全てこちらで解決できます!ギヨーム2世の騎馬像が印象的な広場のすぐ近くにあるこちらの博物館は考古学、歴史、美術などいくつものゾーンに分けられており、全てをしっかり見るには丸一日かかると言われるほどに展示が充実しています。

古い街並みの中に突如現れる箱形の近代建築もまた興味深く、ルクセンブルクについての知識をあらゆる視点から深めることの出来る場所です♪もっと深く知りたい方は、ルクセンブルク市歴史博物館にも足を運んでみてくださいね。

名前:国立歴史博物館

住所:Marché-Aux-Poissons, 2345 Luxembourg

開館時間:10:00〜18:00(木曜は22:00まで開館)

休日:月曜、1/1、1/11、12/23-25

見学料:5ユーロ(木曜17:00からは無料)

Oberweis(オーバーワイス)

chocolate

ルクセンブルクを代表するお菓子屋さん。大公家御用達のお菓子やデリカテッセンの数々はどれを選んでも期待を裏切りません。1階ではケーキやチョコレートなどが販売されており、2階のカフェでは1階で選んだお菓子をいただくことが出来ます。ワインやシャンパンメニューも豊富に用意されているので、ちょっと贅沢なランチタイムを過ごしてみるのも良いかも知れません。中央駅の中にも支店があるので、最後のお土産探しに是非ご利用ください。

名前:オーバーワイス

住所:1 r. Guillaume Kroll, 1882 Luxembourg

開館時間:7:15〜18:00(土曜は8:00から営業)

休日:日曜

以上、ベネルクス三国の一つ、ルクセンブルクについてご紹介しました!ドイツ、フランス、そしてベルギーという三つの隣国からの影響を併せ持ったルクセンブルクは小さいながらも魅力のたっぷり詰まった国!国土が狭い分主要な観光地を一日で見ることが出来るので、ベルギー旅行の前後に訪れてみるのもおすすめです。

 

RECOMMEND ベルギーのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事