" />

ドバイのモスク観光まとめ!世界一豪華で美しいモスクでの服装や持ち物情報も

観光
30933views

アラブ首長国連邦の人気観光地ドバイ。世界一の高さを誇る建物や世界最大のショッピングモールなど世界一の記録をもつみどころがたくさんありますね。イスラム教の国なので、モスクも外せない観光スポットのひとつです。世界一美しいと言われるモスクもあります。ドバイ旅行では、美しいモスクに感動したり、イスラム文化に触れたりしましょう!ここでは、ドバイのモスク観光についてまとめてご紹介します。

ドバイモスク観光基本情報

みなさんモスクについてどのくらい知っていますか?なんとなくイスラム教に関係しているものということは知っているかもしれませんが、実際にモスクがどのようなものなのか知らないという方も多いでしょう。ドバイのモスクを訪れる前にモスクについて少し予習していきましょう!

モスクとは

モスクは、ムスリム(イスラム教徒)が神を崇拝するための建物です。ムスリム諸国では、いくつものモスクを見かけることでしょう。世界的に有名なものでは、インドの「タージマハル」やイランの「エスファハーンのマスジェデ・ジャーメ」などが世界遺産にも登録されています。サイドに立つ尖塔(ミナレット)やドーム型の屋根が印象的ですね。

イスラム教では偶像崇拝を禁止しているため、モスク内には神や聖者の像が置かれたり、描かれたりすることはありません。内部の壁や天井の装飾には幾何学模様が多用されています。キリスト教の教会とも仏教寺院とも全く違った雰囲気を感じることでしょう。

イスラム教では1日に5回礼拝の時間があり、その時間になると多くの人がモスクに来て礼拝を行います。礼拝を行う方向も重要で、モスク内にはイスラム教の聖地メッカの方向を示す目印があります。たとえばイスラム圏以外への旅行中もムスリムはこの礼拝は欠かさず行うことが義務付けられているため、礼拝の時間やメッカの方向がわかる時計もあるそうです。

豆知識

日本国内にも大小合わせると80近くものモスクがあります。日本最大のモスクは渋谷区にある「東京ジャーミイ」というモスクです。機会があったらぜひ見てみてください。存在感抜群のモスクです。

ドバイモスク観光のみどころ

ドバイや日帰りで行くことができるアブダビではドバイで最も美しいモスク世界最大級のモスクを見ることができます。超高層ビル群を眺めて興奮する気分を味わうのもドバイ観光の楽しみですが、これらのモスクで神聖な雰囲気を感じるのもおすすめですよ。

壮大なモスクに施された繊細な彫刻、内部の豪華な装飾など、イスラム建築の美しさをじっくりお楽しみください。夜にはライトアップされ、さらに幻想的な姿で多くの人を魅了します。

ドバイから行けるモスク①ジュメイラモスク

イスラム教徒以外にも開放されているドバイで唯一のモスクが「ジュメイラモスク」です。ドバイの他の観光スポットからもそれほど離れていないため、短期のドバイ滞在でも訪れやすいでしょう。見学ツアーに参加してイスラム教について学ぶこともできますよ。

ジュメイラモスクの概要

ジュメイラモスクは、1978年に建設された比較的新しいモスクでドバイ観光の定番スポットです。ドバイのモスクの中で唯一異教徒も受け入れているため、観光客も内部を見学することができます。ドバイで一番の大きさを誇るモスクで、最大約1200人収容可能です。中央の大ドームとサイドの尖塔が特徴的で

ここに注意

モスク内を見学するには、毎日(金曜日を除く)開催される内部見学ツアーに参加する必要があります。

ジュメイラモスク観光のみどころ

ジュメイラモスクでは、内部見学ツアーが開催されています。時間が合う方はぜひツアーに参加してモスク内も見学してみてくださいね。このツアーは金曜日以外毎日行われており、参加するとモスク内部を見学できるだけでなく、イスラム教の礼拝の仕方やラマダンについてなどの説明(英語)も聞くことができます。

ジュメイラモスク観光の注意点

内部見学ツアーの時間帯以外は内部に入ることができず、外観見学のみとなります。見学ツアーはシェイク・モハメッド文化センターが開催しており、時間は金曜日を除く毎日AM10時〜です。予約は必要ありませんが、参加希望日のAM9時45分までにモスクの正面玄関に行ってください。

なるべく肌の露出の少ない服装で行きましょう。もし必要な場合はスカーフなどを借りることもできます。ツアーの所要時間は約75分ほどなので時間に余裕をもってツアー後の予定を立てることをおすすめします。

注目ポイント

内部も写真撮影が可能なのでカメラの準備を忘れずに!説明は全て英語ですが、少しでも理解できるようしっかり聞いてみてくださいね。

ジュメイラモスクへの行き方

ジュメイラモスクへは、ドバイメトロ「ワールド・トレード・センター」からタクシーでアクセスするのが便利です。駅からはタクシーで約5分ほどで到着します。日本と比べドバイのタクシーは料金が安いので気軽に利用できるのも嬉しいポイントです。

<スポット情報>

英名 Jumeirah Mosque
住所 Opposite Palm Strip, Jumeirah Road.
電話 +971 (0)4 353 6666
料金 25AED(ツアー料金)
URL http://www.cultures.ae

ドバイから行けるモスク②シェイクザイードグランドモスク

ドバイとともに訪れてほしいのが、アラブ首長国連邦の首都でもあるアブダビです。アブダビには世界最大級のモスク「シェイクザイードグランドモスク」があります。日数に余裕がある方はアブダビで宿泊するのもいいですが、ドバイからの日帰りツアーも人気です。

シェイクザイードグランドモスクの概要

シェイクザイードグランドモスクは、世界一豪華なモスクと言われているアブダビで一番人気の観光スポットです。モスクの名前にもあるシェーク・ザイードはアラブ首長国連邦の建国の父ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤンのことで、彼の名によってモスク建設が行われました。

残念ながらモスク完成前に亡くなってしまったシェイク・ザイードは、現在このモスクに隣接する敷地内に眠っています。総工費550億円とも言われる豪華絢爛なモスクは外観も内部も圧巻の美しさで、何度も驚かされます。大理石でできた外観は白く輝き、青空とのコントラストがとても美しく、ポストカードのようなおしゃれな写真を撮ることもできます♪

シェイクザイードグランドモスク観光のみどころ

シェイクザイードモスクは外観も圧巻ですが、中にもみどころがたくさん。内部に入るとまず、世界最大の手織りのペルシア絨毯が敷かれたメインホールがあります。様々な色で織って描かれた模様を見ると職人の技に感心することでしょう。そして目線を上にあげると、豪華なシャンデリアが!直径12メートルの大きさやスワロフスキーを贅沢に使った装飾の美しさにしばし見とれてしまいます。

シェイクザイードグランドモスク観光の注意点

シェイクザイードグランドモスクは異教徒にも開放されていますが、服装には十分注意が必要です。モスクの入り口では係員が服装をチェックしています。ドバイからわざわざ来たのに入場を断られたということのないようにしましょう。男女ともに腕や脚が隠れる服装、女性は髪もスカーフなど巻いて見えないようにする必要があります。体のラインが見えるスキニーやタイトなシャツなども禁止です。

シェイクザイードグランドモスクへの行き方

ドバイからシェイクザイードモスクに行くには、バス・タクシー・ツアー参加という手段があります。

  • バスで行く場合:アル・グバイバ・バスステーションからアブダビメインバスターミナルへ(約2時間)→徒歩でバス停(Al Wahda)へ移動し54番のバスに乗って45分。
  • タクシーで行く場合:1〜1.5時間ほどで約6000〜8000円。複数人で乗るとそれほど高くないのでおすすめ。
  • ツアーで行く場合:ドバイ発でモスクだけでなく、フェラーリワールドなども満喫できるツアーもあります。送迎付きツアーでは帰りもホテルまで送ってもらえるので安心ですね。
 

<スポット情報>

英名 Sheikh Zayed Grand Mosque
住所 Sheikh Zayed Grand Mosque, Abu Dhabi
時間 9:00~22:00(金曜は16:30~)、ラマダン期間中は9:00~14:00
料金 無料
URL http://www.szgmc.gov.ae/en/Home

ドバイモスクツアーについて

海外旅行に慣れていない方や初めてのドバイ・アブダビという方は、移動の心配をする必要がない送迎付きツアーに参加してはいかがでしょうか。ここでは、アブダビのシェイクザイードモスクを見学できるおすすめのツアーの一例をご紹介します。送迎付きで日本語ガイドも同行するので安心・快適な観光となりますよ。

<ツアーの流れ>

ホテルにお迎え

  ↓

シェイクザイードモスク見学(内部もゆっくりご見学ください)

  ↓

7つ星ホテル「エミレーツパレス」見学(外観)

  ↓

ヘリテージビレッジ観光(アブダビの歴史や文化を学ぶことができます)

  ↓

マリーナモールにて自由時間(レストランで昼食をとりましょう)

  ↓

フェラーリワールド(お土産屋・F1カー展示などを見学できます)

  ↓

ホテルまでお送りして終了

 

ドバイモスク観光の服装

ドバイでモスクを見学する際は服装に十分注意する必要があります。肌の露出について厳しいルールがありますので服装を決めるときは以下の点をチェックしましょう。

<女性>

  • 肌が透けない長袖の上着
  • くるぶしまで隠れるズボンまたはロングスカート
  • 体のラインが見えるスキニーやタイトな上着はNG
  • スカーフなどで髪の毛を隠す

<男性>

  • 長袖または半袖。タンクトップはNG。
  • 長ズボン
  • ビーチサンダル以外の履物

ドバイモスク観光の持ち物

服装の注意点でご紹介したように、女性は髪の毛を隠すスカーフを忘れないように持参しましょう。貸し出しのあるモスクもありますが、貸し出しがないところもあります。服装のせいで見学できず後悔することがないようにしてくださいね。暑くても長袖の上着はバッグなどに入れて持ち歩き、モスク観光のときにすぐ着用できるようにしましょう。

また、ジュメイラモスクもシェイクザイードグランドモスクも外観はもちろん、内部の写真撮影もできますのでカメラもお忘れなく。日差しが強く、モスクの白さがとても眩しいと感じますのでサングラスも持参しておくといいでしょう。

ドバイモスク観光まとめ

ドバイのモスク観光についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?ドバイの中心地で感じる活気ある雰囲気とはまた違った神聖な雰囲気をモスクで感じてみてください。モスクを見学してみるとイスラムの歴史や文化についても知ることができて、とても印象に残りますよ。日本ではなかなか見る機会のない巨大モスクを見てドバイ観光をより思い出深いものにしましょう。

ドバイ観光はこれで決まり!基本情報から見どころまで観光情報まとめ

ikata
WRITER ikata
旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ドバイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事