" />

ハワイでマンタ&イルカウォッチングを楽しむには?ここでしか体験できないアクティビティを満喫!

アクティビティ
8261views

誰もが憧れるリゾート地、ハワイ。ハワイに行ったら体験したいのが、野生のマンタやイルカウォッチング。

今回は、野生のマンタやイルカウォッチングで楽しむ方法をご紹介!ぜひ参考にしてください。

ハワイで触れ合えるマンタやイルカの種類は?

ハワイ諸島に生息しているイルカは4種類。

マダライルカやバンドウイルカもいますが、ドルフィンスイムでよく遭遇するのはスピナードルフィン(ハシナがイルカ)が中心です。

スピナードルフィンはスリムでやや小さめなイルカ。名前の通り、スピンしながらジャンプするためこの名前がついたんだとか。

イルカの中でもスピナードルフィンが1番見られる理由は、スピナードルフィンが人間に1番フレンドリーだからです♪

ハワイ島ではナンヨウマンタオニイトマキエイという2種類のマンタが生息しています。ナンヨウマンタは最大5〜6mほど、オニイトマキエイは成長すると6m以上になることも。ハワイ島沿岸では最大約8mにもなるマンタに遭遇できる可能性もあります。

どちらのマンタも背中側は黒やグレーで、腹側は白に黒い斑点が見られるのが特徴。黒の斑点で個体の識別ができます。ぱっと見で違いを見るのは難しいので、ガイドの方に聞いてみましょう!

ハワイのドルフィンウォッチングやドルフィンスイムの違いは?

ハワイでイルカと泳ぎたいと思って調べると、「ドルフィンウォッチング」「ドルフィンスイム」という言葉をよく見かけます。2つのアクティビティはどのような内容で、どこが違うのでしょうか?それぞれ紹介していきます。

ドルフィンウォッチング

ドルフィンウォッチングとは、船に乗って野生のイルカを見に行くアクティビティです。一緒に泳ぐことはできませんが、すぐ近くで野生のイルカを見ることができるので、小さなお子さんがいる方や、海に入れない方におすすめです!

イルカを見た後に熱帯魚が集まるポイントでシュノーケリングするツアーや、イルカについて学べるキッズプログラムがあるツアーもあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

オアフ島でも人気のアクティビティなので見逃せませんね。

ドルフィンスイム

ドルフィンスイムとは、野生のイルカと一緒に泳ぐアクティビティです。船で野生のイルカがいるポイントまで行き、シュノーケルをつけてイルカといっしょに泳ぎます。運が良ければウミガメとも一緒に泳げるかも!

野生のイルカと泳ぎたい人は、ドルフィンウォッチングではなくドルフィンスイムを選びましょう!ツアーによっては、ドルフィンスイムの後にマリンスポーツなどがついているものもあります。

ハワイでイルカウォッチングや泳いだりするには?

ハワイでイルカと触れ合うには、「シーライフパークに行く」方法と「ツアーに参加する」方法と2種類あります。

それぞれ解説していきます♪

シーライフ・パーク・ハワイでイルカと触れ合う

イルカと一緒に泳げるシーライフ・パーク・ハワイはワイキキから車で30分走ったワイマナロという町にあります。

海に行かずしてイルカと触れ合いたいならシーライフ・パーク・ハワイがおすすめ♪

シーライフ・パーク・ハワイで体験できるのは

  • ドルフィン・ロイヤルスイム
  • ドルフィン・アドベンチャー
  • ドルフィン・エンカウンター
  • ドルフィン・アロハ
  • ドルフィン・スプラッシュ
  • シーライオン(アシカ)・エンカウンター
  • ハワイアン・リーフ(エイ)・エンカウンター

の7つ。体験プログラムでは、イルカの背びれにつかまって一緒に泳いだり、イルカとキスしたり餌付けをしたりと、イルカと存分に触れ合えます。イルカの他にも、アシカやエイと触れ合える体験プログラムもあります。

シーライフ・パーク・ハワイではプログラムを体験しない方でも満足いく施設。園内をゆっくり散策するもよし、イルカショーやアシカのダンスを見て楽しむもよし!

入場料は送迎込みの値段ですが、送迎不要の場合も同じ値段になるので注意してください。ちなみに駐車場代は1日5$(約550円)となっています。

施設名 SEA LIFE PARK HAWAII
住所 41-202 Kalanianaʻole Hwy, Waimanalo, Hawaii
電話 +1(808)259-2500
定休日 年中無休
営業時間 9:30~16:00
入場料 13歳以上 42$(約4,580円)、3~12歳 26$(約2,840円)、3歳未満 無料
サイトURL https://www.hawaiisealifepark.jp/

ハワイの海で野生のイルカと泳ぐにはツアー参加が必要!

ハワイで野生のイルカと泳ぐには、オプショナルツアーなどへの参加が必要です。野生のイルカと触れ合いたいのであれば、ぜひツアーに参加しましょう。

ハワイでイルカと一緒に泳ぐツアーは、基本的に早朝出発。集合に遅れないよう注意が必要です。

ツアーはまず船に乗ってイルカの群れを探し、イルカと泳げるスポットまで移動。イルカの群れを発見したら船を停めて、シュノーケリング開始です。

その後、シュノーケリングでウミガメ探しやランチがついているツアーなどツアー内容はさまざま。ツアーによって所要時間や内容が少しずつ異なるので、自分の希望に合ったツアーを選んでくださいね。

イルカと泳ぐツアーの年齢制限は?

ハワイでイルカと泳ぐツアーには、年齢制限があるものも!ツアーによりますが、子供はイルカと一緒に泳ぐことはできず、船の上からウォッチングのみになることが多いです。

ハワイで子供連れでイルカと泳ぐツアーに参加したい場合には、年齢制限もよく確認してから申し込みましょう!

ハワイへの家族旅行についてはこちらをチェック!

▶︎家族旅行ならハワイに決まり!おすすめ情報を徹底紹介

泳ぐのが苦手でもイルカと泳ぐツアーに参加できるの?

イルカと泳ぐツアーは、泳ぐのが苦手な人でも参加できます!ハワイでこういったツアーに参加する場合、ライフジャケットの着用が義務付けられているので、海に入る際には全員ライフジャケットを着用します。

それでも心配な場合は、ウェットスーツも着ましょう!そうすると浮く力が増すので沈まなくなります。

また、スタッフの方が一緒に泳いでいるので、何かあればいつでも助けてもらえます。ルールを守ってスタッフの方の目の届くところにいれば大丈夫です。

ハワイでイルカと泳ぐツアー例

ハワイでイルカと泳ぐツアーはたくさんありますが、人気ツアーのスケジュール例をご紹介します。

  • 5:00ホテルお迎え 宿泊先のホテルへ迎えにきてもらえます。タオルなど必要なものを準備してホテルで待っておきましょう。朝早い出発なので、迎えにきてもらえるのはとても便利です!
  • 7:30ワイアナエハーバー到着&ボートで出発 ワイアナエハーバーに到着後、船に乗り換えてドルフィンスイムへ出発!イルカを探しながらクルーズしていきます。美しい海の景色も楽しめますね♩
  • いよいよ野生のイルカと泳ぎます! 野生のイルカを見つけたらスタッフの方の合図で海へ入ります。海の中ではかわいいイルカたちが迎えてくれます!イルカとの距離が近いので、野生のイルカを間近で感じることができますよ! イルカにはヒーリング効果があるので近くにいるだけで癒されます。野生のイルカと泳げる機会は滅多にないので、思いっきり楽しみましょう!
  • 船上で食事 イルカと一緒に泳いだあとは船の上で食事タイム!チーズバーガーやマカダミアナッツチョコレート、ドリンクなどのハワイならではの食べ物を楽しめます。
  • 11:00 ワイアナエハーバー到着&ホテルへ 11:00にはワイアナエハーバーに戻ってきます。その後、それぞれのホテルへ送ってもらえます。
  • 12:30 ホテル到着ホテルに到着です。午後からもたっぷりハワイを満喫できますね!

ハワイでマンタウォッチングや泳いだりするには?

ハワイでマンタウォッチングや一緒に泳ぐ体験をしたい場合、ダイビングシュノーケリングツアーに参加するのが一般的です。

シュノーケリングツアーの方は浮き具に捕まって、近くに集まってくるマンタを観察するものが多いので、自力で泳ぐ必要はなく、気軽に体験できます。

ハワイでマンタが見られる場所

ハワイでマンタを見られるスポットはマウイ島やハワイ島などいくつかありますが、中でもハワイ島コナは野生のマンタが多数生息していることでとても有名です。

ハワイ島コナのマンタツアーの定番は夜の海でマンタを観察するナイトシュノーケリング。ブルーライトに照らされた夜の海をゆったりと泳ぐマンタの姿は幻想的で、魅了されます。

マンタウォッチングツアーに参加

ハワイでマンタウォッチング(シュノーケリング)を楽しむツアーは人気が高く、複数の会社がツアーを催行しています。マウイ島では日中から夕方にかけてのツアーがあり、ハワイ島コナでは夕方から夜にかけてのナイトツアーが定番です。

中には昼から市内観光を楽しみ、そのまま夕方にマンタウォッチングに行くというツアーもあります。海で安全にマンタウォッチングを楽しむための注意事項などの説明もあるので、日本語ガイドが同行するツアーがおすすめです。

マンタウォッチングツアーの参加制限は?

マンタウォッチングツアーの参加条件はツアーによって異なりますが、妊娠中の方、喘息持ちの方、心臓疾患や呼吸器系疾患のある方は参加できない場合が多いです。

8歳以上からはシュノーケリングが楽しめますが、7歳以下の子供はボートで待つことになります。年齢制限についてもツアーによって変わることがあるのでよくご確認ください。

また、飲酒した状態での参加は危険なので避けるようにしましょう。過度な飲酒をした場合、ツアー参加を断られることもあります。

ハワイのマンタウォッチングツアーの例

ハワイのマンタウォッチングツアーの中でも人気の高いハワイ島コナのナイトマンタツアーのスケジュール例をご紹介します。夕方出発となるので、日中は観光や買い物を楽しみ、一度ホテルに帰って着替えて出かけることができて便利です。

  • 16:00-18:00 ホテルお迎え 宿泊先のホテルへ迎えにきてもらえます。
  • 18:00 ハーバー到着&出港 船上で注意事項を聞いたり、夕日鑑賞をしたりしながらマンタポイントへ。
  • 浮き具につかまってシュノーケリングを開始!ボートの光に照らされたところにマンタがやってくるのを静かに待ちます。夜の海で優雅に泳ぐマンタの姿を間近でお楽しみください。船上ではスナックや温かいドリンクのサービスも。
  • 20:30 帰港 ボートでハーバーまで戻ります。
  • 20:30-21:30 ホテルにお送り

ハワイでマンタやイルカと泳ぐツアーの選び方

ハワイでマンタやイルカと泳ぐツアーは、複数の会社が複数のツアーを用意しています。「たくさんあって迷ってしまう」という方にツアーの選び方を紹介します!

ここで紹介するいくつかのポイントを押さえながら、希望に合ったツアーを選びましょう!

ツアーポイント①必要な用具等の貸し出し

料金だけ見て安いと思って予約したら、必要な用具は自分で用意しなければいけなかった、別料金が必要だったなんてことも。

シュノーケルセットやライフジャケットなどの必要なものが付いているか、別料金なのかはよく確認してから予約しましょう。必要な用具が全て含まれているツアーが楽でおすすめです!

ツアーポイント②料金に何が含まれるのか

必要な用具が含まれているか以外にも、料金に何が含まれているのか確認して選びましょう!ツアーによっては昼食が含まれていたり、飲み物が飲み放題のものも。

また、子供向けのイルカについて学べるサービスが付いているツアーもあります。

ツアーポイント③日本語ガイドがいるか

日本語ガイドがいるかどうかも重要なポイント!ツアーの説明や何かあった時の対応を日本語でしてもらえると安心ですよね。英語に問題がなければいいのですが、言葉がわからないとやはり困ります。

イルカと泳ぐのは初めての方が多いと思うので、安全にツアーを行うためにも説明を理解するのはとても重要です。特に、英語に自身がない方や子供連れの方は日本語ガイドがいるツアーを選びましょう!

ツアーポイント④他の観光やアクティビティの有無

ツアーによってはイルカと一緒に泳ぐだけでなく、熱帯魚がいるポイントでのシュノーケリングやビーチでのマリンアクティビティが含まれているものもあります!

他の観光やアクティビティも同時に楽しみたい場合は、一緒になっているツアーを選ぶといいでしょう。

アクティビティについてはこちらをチェック!

▶︎ハワイで体験したいアクティビティ18選!おすすめツアー紹介も♩

ツアーポイント⑤送迎があるか

旅先という慣れない土地なので、現地集合ではなく送迎のあるツアーが便利です。行きはホテルに迎えに来てもらえるので、準備をしてホテルで待っておくだけ!

帰りはホテルに送ってもらえる場合と好きな場所に送ってもらえる場合があります。

ハワイでイルカと泳ぐのが禁止になるかも?

ハワイでは数年前にイルカと泳ぐことを禁止する可能性があることが発表されました。その理由は、イルカと一緒に泳ぐツアー客が増えたことで、野生のイルカの睡眠が阻害され、ストレスになっているから。

今のところまだ禁止にはなっていませんが、いつ禁止になってもおかしくない状況です。野生のイルカと泳ぎたいという方は今のうちに挑戦しましょう!

ハワイでマンタやイルカと泳ごう!

今回は、ハワイでマンタやイルカと泳ぐアクティビティやツアーのポイントを紹介しました。綺麗な海でイルカと一緒に泳ぐなんて、夢のような体験ですよね!

マンタやイルカとの楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか♩

RECOMMEND ハワイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES アクティビティカテゴリの関連記事