" />

フィリピン旅行・ツアー選びのポイント&おすすめ人気ツアー

観光
68views

フィリピンには、首都マニラや、留学で人気のセブ島、青く透き通った海で有名なボラカイ島など、行き先がたくさんあります。日本からはLCCも運行していて、約5時間程度で行けるのも嬉しいところ。そんなフィリピン行きのツアーを選ぶ際のポイントと、各行き先の人気オプショナルツアー・観光をまとめてご紹介します。

フィリピンに行くには、ツアーか個人旅行で行くかどっちがおすすめ?

旅行には、大きく分けて「パッケージツアー」と「個人旅行」があります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、それをふまえたうえで、どちらにするかを決めましょう。

フィリピン旅行・個人旅行の特徴

航空券とホテルをすべて自分で手配した場合、下記のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 到着時間や出国時間、滞在時間が自由に決められる。
  • 現地で自由に活動できる。
  • ツアーより安く手配できる可能性もある。
デメリット
  • 手配するのに、時間と手間がかかる。
  • 場合によってはツアーよりお金がかかる場合もある。
  • 何かあった際に、直接航空会社やホテルに直接問い合わせをしなければいけない。

フィリピン旅行・ツアーの特徴とメリット・デメリット

旅行会社のツアーに申し込む場合、航空券とホテルをまとめて予約ができますが、送迎の有無、ガイド(添乗員)の有無、観光の有無など、ツアーによって異なります。以下にメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 個人旅行より、安い場合もある。
  • オプショナルツアーを追加してアレンジすることが可能。
  • 手配に時間と手間がかからない。
デメリット
  • 完全にオリジナルというわけにはいかない。
  • 滞在時間などの融通がききにくい。
  • 個人旅行の方が安い場合がある。

このように、どちらにもメリット・デメリットがあるので、どちらが良いとは一概には言えません。今回この記事では、「パッケージツアー」で行く場合についてご紹介していきます。

フィリピンにツアーで行くなら?ツアー選びのポイント4選!

フィリピンは人気の観光スポットなため、さまざまな旅行会社がフィリピン行きのツアーを組んでいます。そのため、ただ出国・帰国日だけを決めてツアーを検索するとかなりの件数がヒットし、どのツアーが良いのかわからなくなるかもしれません。ツアー選びのポイントをいくつかご紹介します。

フィリピン旅行ツアー選びポイント1:まずは滞在先を決める

フィリピンには非常に多くの島々が存在しています。その中で、どこに行くかはとても重要です。「セブ島」「マニラ」「ボラカイ島」などが現在、観光スポットとして人気を集めています。

特徴

・セブ島:フィリピンのNo.1観光スポットといったらセブ島、といっても過言ではありません。日本からも直行便が出ているので行きやすいです。南国リゾートを満喫したい方は、セブ島に隣接するマクタン島に滞在するのがおすすめです!

マニラ:フィリピンの首都・マニラ。年々どんどん発達しており、日本では見ることができないような大型施設がたくさんあります。現地の食事や街並みを楽しんだり、世界遺産を訪れたりなど、マニラに滞在して飽きることはないでしょう。

ボラカイ島:アジアの楽園とも言われているボラカイ島。島自体も小さく、観光スポットも限られているため、数日あれば十分。真っ青な海と真っ白の砂浜でゆっくりした時間を過ごしたいという方は、是非ボラカイ島を訪れてみてください。

フィリピン旅行ツアー選びポイント2:航空券のランクを決める

航空券にもいくつか種類があります。種類によって価格が大きく変わってきますので、予算に合わせて選んだ方が良いでしょう。

  • 直行便 or 乗り継ぎ便:LCCのおかげで、直行便と乗り継ぎの価格差があまりなくなってきています。少し高くても、現地での滞在時間を考えると直行便をおすすめします。
  • 格安航空会社(LCC) or 既存の航空会社(FSC):LCCの場合、価格は安いものの、預け荷物や機内食が有料なので要注意。とにかく安く行きたい!という方にはおすすめです。
  • エコノミークラス or ビジネスクラス:約5時間でフィリピンに着くので、エコノミーでも問題ないという方は多いかもしれませんね。LCCにもビジネスクラスが存在するので、既存の航空会社のビジネスはちょっと高い……という方は検討してみるといいでしょう。

フィリピン旅行ツアー選びポイント3:ホテルのランクを決める

どのホテルに泊まるかはとても重要かと思います。ホテルを選ぶにあたっては、下記のポイントを参考にしてみて下さい。

  1. 価格:現地での費用にお金をかけたいから、ホテルは少し我慢。または、ホテルは贅沢したい!など、旅行の予算に合わせて選択しましょう。
  2. 場所:ビーチや観光地からの近さを考慮することをおすすめします。また、治安が悪い場所などは避けましょう。
  3. 目的:コスパが良いホテルや、高級ラグジュアリーホテル、隠れ家リゾートなどがあります。旅行の目的が何か?を考慮して決めるのが良いでしょう。

フィリピン旅行ツアー選びポイント4:目的別ツアーをチェックする

ツアーによって、目的が異なります。例えば、女子旅・ひとり旅・新婚旅行・卒業旅行・家族旅行など、それぞれ目的によってツアーの内容が変わり、特別サービスが受けられたりする場合もあります。ひとり旅の場合はその分、追加料金がかかることもあるので注意してください。

フィリピン旅行・セブ島にツアーで行くなら!おすすめの過ごし方

セブ島は日本から、直行便も出ており、たいへん行きやすいため、人気の観光スポットになっています。気候も1年を通して暖かく、いつでも半袖で過ごせます。周辺の離島を巡る、アイランドホッピングも有名です。そんなセブ島にツアーで行く場合の、おすすめの過ごし方をいくつかご紹介します。

1:真っ青なビーチでのんびり

セブ島といったらやっぱりビーチ!ただし、セブシティにはビーチがありませんので注意してください。ホテルによってはプライベートビーチがあるところもあり、毎日朝早くからビーチに行って、ランチの前にホテルに戻るなどもできます。ビーチが近くにあるホテルだと、すぐに部屋に戻ることができ、とても便利です。1日ゆっくり綺麗なビーチで過ごすのも、最高に贅沢な過ごし方ですね。

2:ビーチアクティビティ・マリンスポーツを満喫

セブ島では、パラセーリング&ジェットスキー、バナナボートなど、いろいろなマリンスポーツが楽しめます。また、セブ島近海のオスロブでは、ジンベイザメと泳げるツアーなどもあります。ジンベイザメとの遭遇率は、なんと99%!

3:スパやエステでゆっくり

スパやエステは日本よりもはるかに安いです。格安スパだと、600円〜(60分)のところもあり、滞在中毎日マッサージを受けるということもできます。毎日マッサージを受けるなんて、日本ではできませんよね。また、高級ホテル内のスパや、独立したヴィラ内でのマッサージの場合も、13000円〜(190分)などのところもあり、高級スパであっても日本より格段に安いのです。海で遊んで疲れたら、マッサージで体を休めましょう。

フィリピン旅行・マニラにツアーで行くなら!おすすめの過ごし方

マニラには日本では見れないような大型ショッピングモールがたくさんあります。また、歴史的建物もいくつかあるため、マニラを観光していて、飽きることはありません。

1:マニラの2大ショッピングスポットめぐり

①SMモール・オブ・アジア

店名 SM Mall of Asia
住所 Main Mall SM Central Business Park,SM Mall of Asia,Seaside Blvd,123 MM,Pasay,1300 Metro Manila
電話番号 (+632)556‐0680
定休日 無休
営業時間 10:00〜22:00
アクセス LRT線エドサ(EDSA)駅から車で10分
URL https://www.smsupermalls.com/mall-locator/sm-mall-of-asia/information
備考 フィリピン最大規模で、毎日平均20万人が訪れるの巨大ショッピングモール。大型スーパー、ブランドショップ、レストラン、日用品、お土産まで、ほしいものはすべて揃う広大モール。

②アヤラ・センター

店名 Araya Center
住所 Palm Dr, Makati, Metro Manila
電話番号 (02)755-7900
アクセス LRTアヤラ駅から徒歩1分
URL www.ayalamalls.com.ph/
備考 マカティ中心部、アヤラ通りとマカティ通りの交差点近くに広がる一大ショッピングゾーン。グリーンベルト (Greenbelt)/ルスタンズ (Rustans)/ランドマーク (Landmark)/グロリエッタ (Glorietta)/SMシューマート (SM Shormart)などの大型ショッピングモールやデパートがあり、1日では回りきれないほど広大。

2:歴史建築めぐり

マニラには、スペイン統治時代の教会や城壁などの歴史的建築物がいくつか残っています。マニラの旧市街、イントラムロスで歴史を感じてみてください。おすすめの建築物をいくつかご紹介します。

・マニラ大聖堂:1571年に創建されたフィリピン最初の大聖堂で、フィリピンで最も重要な教会の1つ。自然災害、第二次世界大戦などで何度も壊れましたが、現在の建物は1958年に再建されました。4500本のパイプを持つオランダ製のパイプオルガンが有名です。週末には結婚式が行われることも。

・サン アグスティン教会:フィリピン最古のローマカトリック教会。第二次世界大戦でイントラムロスが破壊された際に唯一無事に残った建物として、観光客の人気を集めています。

・ローマ広場:スペイン統治時代に旧都初の共同広場として創建され、闘牛のイベント等が開催されていました。中央には、有名なスペイン国王カルロス4世の銅像が建てられています。

フィリピン旅行・ボラカイ島にツアーで行くなら!おすすめの過ごし方

世界のベストビーチにも選ばれたことがある、フィリピン・ボラカイ島。フィリピン中部地方に位置していて、首都のマニラとセブ島の真ん中辺りに位置している小さい島です。島内には空港がなく、隣のパナイ島の空港を利用し、フェリーやボートで行きます。ボラカイ島の特徴は何と言っても、青く透き通った海と真っ白な白浜。近年、観光客が急上昇中の人気観光スポットです。人生で1度は訪れてほしい、おすすめの島です。

1:真っ白なビーチでのんびり

ボラカイ島は遠浅の海とホワイトビーチが有名で、訪れてみるとさすが世界のベストビーチだと感動すること間違いないでしょう。美しい白砂を背景に撮るマーメイドフォト(人魚の格好をして写真を撮る)もSNS映えすると最近、女性に人気です。マーメイドフォトが撮れるオプショナルツアーなども数多く存在しています。また、マリンスポーツも盛んで、午前中はアクティビティに参加して、午後はビーチでゆっくりなどもできます。数日滞在するのも良いでしょう。

2:ダイビング

ボラカイ島はほぼ1年中、ダイビングを楽しむことができます。サンゴ礁の広がる海はダイビングが盛んで、世界各国からダイバー達が集まります。日本人インストラクターが常駐しているダイビングショップなどもあるため、初めての方でも安心です。海は透き通っていて、非常に綺麗なため、最高の思い出になること間違いなしです!

フィリピンツアー・まとめ

いかがでしたでしょうか?マニラ・セブ島・ボラカイ島など、どこに滞在先するかによって、旅のプランが大きく変わってきます。旅の目的に合わせて、ご自身にぴったりの旅行プランを選んでくださいね。

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事

香港ディズニーランド徹底ガイド!香港限定アトラクションやグッズ情報、チケットやアクセス方法も

香港のテーマパークと言えば、香港ディズニーランド。世界で6つあるディズニーランドの1つが香港のランタオ島にあります。他のディズニーリゾートとはひと味違う独特なアトラクションが魅力の香港ディズニー。日本の東京ディズニーリゾ…