" />

バリ島旅行・ツアー選びのポイント!お得&格安に観光を楽しむには?

旅行準備
3684views

バリ島旅行をお得&格安に楽しむために、ツアー選びのポイントを解説します!旅行費用が安い時期や、お得な航空券の予約・購入方法を抑えておきましょう。また合わせて、おすすめの観光プランもご紹介します。

バリ島旅行やオプショナルツアーを検討中の方も、バリ島のことがまだよくわからないという方も、ぜひこの記事を読んでバリ島の魅力を感じてみてくださいね。

バリ島に行くならパッケージツアー?個人旅行?

海外旅行は、大きく分けて「個人旅行」「パッケージツアー」があります。

「個人旅行」は、航空券、ホテルの予約などをすべて、自分で手配する旅行方法です。とにかく自由度が高いため、旅の目的が明確な方、こだわりのある方は個人旅行のほうが満足度の高い旅ができるかもしれません。

「パッケージツアー」は、往復航空券と現地ホテルまでの送迎、ホテル代などをまとめて予約できるプランです。中には添乗員(ガイド)が同行するプランや、観光や食事までついているプランもあります。

海外旅行初心者さんや、強いこだわりのない場合にはとても便利でおすすめです。特にバリ島などの人気リゾート地は、さまざまな旅行会社から複数のオプショナルツアーが販売されており、個人手配するよりもお得に旅を楽しめることも!

バリ島の概要

1年間を通した平均気温は約28度と、南国らしい温暖な気候が特徴のバリ島。季節は、乾季と雨季の2つに分かれていて、4月〜10月が乾季11月〜3月が雨季のシーズンとなっています。雨季のシーズンであっても、1日中雨が降り続くことは珍しく、スコールという大雨が短時間で降ることがしばしば。朝や夜にスコールがあることが多く、日中は晴れることが多いため、観光には適した気候です。一般的には乾季(4月〜10月)がベストシーズンで、晴れ間が多く、美しい景色を楽しむことができます。

日本からバリ島までは、直行便で約7、8時間。インドのジャカルタや、シンガポールのチャンギ、香港やタイ、台湾などを経由する乗り継ぎ便も多くあります。日本との時差は1時間なので、時差ぼけの心配なく観光を楽しめるのも嬉しいポイントです。

公用語はインドネシア語ですが、現地の人々はバリ語で話すことが多いんだそう。海外旅行では言葉の不安がつきものですが、バリ島は海外からの旅行客がとても多い観光地。英語や日本語に対応しているホテルやレストランも多いため、安心して旅行を楽しむことができますよ。

バリ島ツアーをお得&格安に楽しむためのポイント

今回は、パッケージツアーでお得に旅行するためのポイントをご紹介します。

バリ島ツアー選びポイント1:旅費がお得な時期を選ぶ

まずは旅行時期と滞在日数を決めましょう。

一般的には乾季(4月〜10月)がベストシーズンで、晴れ間が多く、美しい景色を楽しむことができます。そのため、バリ島旅行者も多くなります。またゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの長期休暇・大型連休の期間も、人気の時期と言えるでしょう。

お得&格安なツアーを選びたいなら、あえて人気の時期を外すか、もしくは人気の時期でも比較的空いている平日などを狙うのがおすすめです。具体的には、4月〜10月の平日や、雨季(11月~4月)の旅行がおすすめです。

ちなみに、旅行会社によっては、大きな休みの前にツアー商品のバーゲンやキャンペーンを行います。どうしてもベストシーズンに旅行したいという場合は、キャンペーンをうまく使えばお得に旅に行けるチャンスもありますよ!

次に、滞在日数です。人気の滞在日数は4泊6日。終日観光できる時間が丸3日間取れるので、比較的ゆっくりとバリ島の魅力を堪能することができます。旅行会社が企画しているバリ島観光オプショナルツアー(飛行機+ホテル)では、約5万円の安価なツアーもあります。

もう少し予算をおさえたいという方は、3泊5日でも十分に楽しむことができますよ。3泊5日のバリ島観光パッケージツアーであれば、約4万円〜が相場です。

また、バリ島はエリアごとに違った特色があるため、場所を変えて2都市に泊まるのもおすすめです。

バリ島ツアー選びポイント2:滞在エリアを決める

バリ島は、エリアによってそれぞれの特色があります。旅行の目的に合わせたエリア選びも、旅行を楽しむための大切なポイントですよ。主なエリアの特徴は以下の通り。

  • スミニャック・クロボカン:おしゃれなショッピングスポット
  • ウブド:緑豊かな伝統芸能・アートの村
  • クタ・レギャン:バリで最もにぎわうビーチタウン
  • サヌール:静かなビーチを楽しめる大人のリゾート地
  • ヌサドゥア:バリ島で一番の高級リゾートタウン
  • ジンバラン:空港に近いリゾートエリア

メインはスミニャック・クロボカン、クタ・レギャン、サヌールの「中心部エリア」と、ウブド周辺の「内陸エリア」。ヌサドゥア、ジンバランがある「南部エリア」もリゾートホテルが多く人気です。

長めの滞在を考えられている方は、中心部と内陸など、2カ所を巡ってみるのもおすすめです。ただし、その分費用は高くなることが多いので、そこは予算と相談しましょう。

バリ島ツアー選びポイント3:航空券のランクを決める

バリ島までは、直行便を使っても約7、8時間。長めのフライトになるので、飛行機選びもとっても大切です。

現地での滞在時間を少しでも長く取りたい方は直行便がおすすめですが、予算をできるだけ抑えたい方は乗り継ぎ便のチョイスがおすすめです。

移動に時間がかかり、面倒くさいと考えられることの多い乗り継ぎ便ですが、一度飛行機を降りることでリフレッシュできたり、乗り継ぎ時間を長く取れば、経由地での観光を楽しめるというメリットもありますよ。

また、新婚旅行などの特別なシチュエーションで贅沢な旅を楽しみたいという方には、ビジネスクラスという選択肢も!「ビジネスクラスは高い」というイメージから、利用を考えたことがない方も多いかと思いますが、旅行会社のバリ島オプショナルツアーを利用すれば、少しの追加料金でグレードアップできることもあります。

バリ島ツアー選びポイント4:ホテルのランクを決める

毎日の旅の疲れを癒す場所であるホテルも、バリ島ツアー選びのおすすめポイント。バリ島には、プライベート空間を満喫することができるヴィラタイプのリゾートや、オーシャンビューを望める高級ホテルが点在しています。

ホテルでの時間を満喫するというよりは、日中は外に出て観光を楽しみ、夜は寝る場所さえあればいいという方は、コスパ重視のローカルホテルがおすすめ。ラグジュアリーホテルへの宿泊よりも、予算をぐっと抑えることができますよ。

ホテルやヴィラ併設のレストランやスパを楽しんだり、プライベートプールでのんびりと泳いだり、宿泊施設でゆったりと過ごす旅を考えられている方は、ラグジュアリーホテルへの宿泊がおすすめです。

ラグジュアリーホテルへの宿泊を含むバリ島観光オプショナルツアーも大変多く、ホテル内でのアフタヌーンティーや、トリートメントスパなど、オプションでさまざまなプランを追加できることも。

グアムやハワイなどのビーチリゾートと比べて、安い予算で豪華なホテルに宿泊することができるのも、バリ島ならではの魅力です。

バリ島ツアー選びポイント5:目的別ツアーをチェックする

旅行会社のパッケージ商品は「目的別」にプランが組まれているツアーも豊富に揃っています。女子複数名での旅行に適した「女子旅ツアー」や、お一人様に優しい「一人旅ツアー」。お子様やご高齢の方、大人数の旅行に嬉しい「ファミリーツアー」や特別なシチュエーションでのご旅行にぴったりの「新婚旅行」「卒業旅行」のツアーなど、バリエーションはさまざま。

新婚旅行のツアーではフラワーバスのサービスがあったり、女子旅ではスパを割引価格で受けられたりと、中には特別なサービスやオプションメニューが組まれているプランも。

旅行の目的がはっきりとしている方は、旅行会社の目的別ツアーを参考にしながら、現地での過ごし方を考えてみるのもいいですね。

バリ島にツアーで行くなら!おすすめ観光プラン7選

ツアーの選び方を押さえたところで、次にバリ島でおすすめの観光プラン7選をご紹介します。旅行前に、現地での観光プランをしっかりとイメージして、限られた時間を有効活用されてくださいね。

バリ島おすすめ観光プラン1:スパ&エステでゆったり癒される

バリ島と聞けば「スパ」や「マッサージ」のイメージという方も多いですよね。バリ島は、日本よりもリーズナブルな価格で、質の高いエステや本格的なトリートメントマッサージを楽しめます。一般的なトリートメントマッサージであれば、約3000円〜という驚きの価格帯で施術が受けられる、コスパ最強の街スパもたくさん!リゾートやホテル併設のラグジュアリースパでも、約1万円〜1万5000円ほどの予算で、しっかりとしたマッサージを受けることができますよ。

また、リーズナブルな価格だけでなく、各スパのトリートメントメニューの豊富さもバリ島の魅力。インドネシアに古くから伝わる伝統的なオイルマッサージ「バリニーズマッサージ」はもちろん、インドネシア伝統のクリームで行うヘッドマッサージ「クリームバス」や、体を芯から温める「ボレ」なども大人気。新婚旅行や、婚前の女子旅でバリに来られる方は、花嫁エステの「ルルール」もいいですね。

バリ島おすすめ観光プラン2:ビーチをエンジョイする

南国リゾートといえば、やっぱり透明度の高いエメラルドグリーンの海!ですよね。せっかくバリ島に行くなら、ビーチでのマリンアクティビティを楽しんでみてはいかがでしょうか?

バリ島のレンボンガン島などで有名な、サンゴや熱帯魚を観察できるシュノーケリングはもちろん、バナナボートやパラセイリング、ジェットスキーやウェイクボードなど、さまざまなマリンアクティビティを1年中楽しむことができます。初心者の方でも楽しめるアクティビティも豊富です。

高級リゾートに泊まる場合は、ホテルのオプションなどでマリンアクティビティが提供されているところも。ツアーに組み込まれていなくても、オプショナルツアーなどを利用して、気軽にビーチを楽しむことができます。アウトドアがあまり好きではないという方は、海沿いを散歩したり、砂浜に座ってビーチを眺めるだけでも、バリの海の魅力を十分に味わうことができますよ。

タビナカ限定

バリ島おすすめ観光プラン3:田園風景に癒される

美しいビーチのイメージが強いバリ島ですが、緑あふれる絶景を楽しむことができる「ライステラス」観光も大人気。バリ島の主食はお米ですが、バリ島は平地がとても少ないため、山や丘を切り開いた棚田があちこちに点在しています。観光スポットとして人気の高い棚田は、世界遺産に登録された「ジャティルイ」の棚田と、ウブドから車ですぐのところにある「トゥガララン」の棚田。あぜ道を歩きながら自然を感じるのもいいですが、ライステラスの近くのカフェやレストランから、ゆっくりと眺めるのもおすすめですよ。

ただし、棚田は現在でも稲刈りが行われている田んぼなので、年中同じ景色が見られるわけではありません。稲刈りの直後はイメージしている景色が見られない場合もあるので、心配な方は事前に棚田の状況を確認してから観光されるのがいいかもしれません。

タビナカ限定

バリ島おすすめ観光プラン4:スピリチュアルスポットでパワーチャージ

バリ島は、人口の約9割がヒンドゥー教徒。島全体が神秘的な雰囲気に包まれていて、島のあちこちに寺院や歴史的建造物、スピリチュアルスポットが点在しています。寺院を巡ったり、パワースポットに行くのが好きという方は、ぜひバリ島の寺院を巡って、バリの神秘的なパワーを体感してみてはいかがでしょうか?

バリ島内の有名なパワースポットは以下の通り。どこも観光スポットとしても名が知れている場所ばかりです。また、観光スポットとはいえ、寺院は神様が祀られているとても神聖な場所。サロンの着用が必須であったり、肌の露出がNGの寺院もあるため、寺院を参拝する際には、服装やマナーに気を配るように注意しておきましょう。

  • ゴア・ガジャ:ウブドに近い、11世紀の古代遺跡である象の洞窟
  • ブサキ寺院:聖なる山「アグン山」の中腹にある、バリヒンドゥーの総本山
  • ティルタ・ウンプル寺院:多くのヒンドゥー教徒が沐浴をする聖なる泉がある寺院
  • タナ・ロット寺院:夕日鑑賞や写真撮影で有名な、海に浮かぶ岩島の上にある寺院
  • ウルワツ寺院:ケチャダンスや夕日の鑑賞や写真撮影で有名な、断崖に建つ寺院
  • タマン・アユン寺院:バリ島で最も美しい庭園寺院(世界遺産)
タビナカ限定

バリ島おすすめ観光プラン5:絶景を眺めながらサイクリング&ヨガ

少し体を動かすアクティビティを楽しみたいという方は、絶景サイクリングがおすすめ。聖なる山と呼ばれている「アグン山」を望めるスポットとして大人気の「キンタマーニ高原」では、大自然を眺めながらサイクリングを楽しむことができますよ。

高原の清々しい風を感じたり、村を駆け抜けてローカルな雰囲気を味わったり、休憩時には素晴らしい景色を撮影するのも良いでしょう。バリの自然とスピリットを肌で感じながら、いい汗を流してみませんか?

またサイクリングのような激しい運動が苦手という方は、気軽に体を動かすことができるヨガレッスンもおすすめ。バリ島は、ヨガの聖地としても知られています。高級リゾートやウェルネスホテルが提供しているアクティビティや、オプショナルツアーでもヨガレッスンを受けることができ、宿泊ホテルが無料でレッスンを開催しているところもあります。

バリ島おすすめ観光プラン6:伝統舞踊を鑑賞

バリ島に行ったら見逃せないのが、古くからバリ島に伝わる文化「バリ舞踊」。神々への捧げ物として、冠婚葬祭やバリヒンドゥーの祭礼で踊られるもので、世界無形文化遺産にも登録されています。きらびやかな衣装と、細やかな指の動き、独特な目の動きが特徴です。

バリ舞踊の鑑賞スポットとして人気が高いのは、サレンアグン宮殿(ウブド宮殿)ウルワツ寺院。サレンアグン宮殿は、ウブドの中心地にある宮殿で、毎晩曜日ごとに様々な演目が上演されています。チケットは開演前に会場で購入することができますよ。

また観光スポットとしても大変人気が高いウルワツ寺院では、夕日をバックにしたケチャダンスを鑑賞することができます。大自然の中でみる大迫力のケチャダンスは、一生忘れられないこと間違いなし!

また、寺院以外にも、バリ舞踊を鑑賞しながらお食事を楽しめるレストランなども豊富。インドネシア料理を楽しみながら、バリの伝統や文化に浸る時間も素敵ですね。

タビナカ限定

バリ島おすすめ観光プラン7:ショッピングセンターでバリをお持ち帰り

現地ならではのお土産を買うのも、海外旅行の楽しみの1つ。大型ショッピングセンターやローカル感あふれるマーケットで、旅の記念品や、ご友人へのお土産探しをしてみませんか?

バリ島で人気のお土産は、バリ島の「アタ」を使った「アタ製品」。アタのカゴバッグなど、日本より質の高いものを格安で手に入れることができます。インドネシアの伝統的な布製品「バティック」も女性に人気。バティック柄のポーチやバッグ、男性用のシャツやワンピースなど、南国風のデザインが可愛らしいグッズに出会うことができますよ。お友達へのバラマキ用なら、スーパーで買える「ナシゴレンの素」や「インスタント麺」などのローカルフードもおすすめ。インスタント麺は日本円で15円〜、ナシゴレンの素も80円〜と驚きの安さです。

また、スパで有名なバリ島では「オーガニックの美容グッズ」も豊富。シートマスクやソープ、ハンドクリームなどのケア用品も女性に喜ばれそうですね。

バリ島旅行・ツアー選びのポイント&イチオシ観光プランまとめ

透き通るようなビーチに、緑が生い茂る高原や棚田。贅沢なひと時を味わえるヴィラステイから、ローカルタウンでのショッピングまで、バリ島はさまざまな魅力にあふれています。今回ご紹介したツアー選びのポイントを押さえて、お得&大満足なツアーを探してみてください。

RECOMMEND バリ島のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事