" />

上海ディズニーランドを完全攻略!おすすめアトラクション&人気土産など

観光
2161views

みんな大好き!ディズニーランド。その夢の国が上海にもあるのをご存知ですか?日本のディズニーワールドで十分?いいえ、決してそんなことはありません。上海ディズニーランドには日本のディズニーでは味わえない、たくさんの魅力と楽しみがつまっているんです。

そこで今回は上海ディズニーランドの特徴や行き方、おすすめアトラクションに人気のお土産まで、その魅力を徹底攻略上海旅行のついでだけではなく、ディズニーランドのためだけに上海に行きたくなるようなお役立ち情報をたっぷりとお届けします。ぜひ参考になさってくださいね!

上海ディズニーランドってどんなところ?

上海ディズニーランドは、世界で一番新しく、そして日本から一番近い海外ディズニーワールド。まずはそんな上海ディズニーの基本的なところを押さえておきましょう。

上海ディズニーランドとは

上海ディズニーランドは2016年にオープンした、中国では香港ディズニーに次ぐ2番目のディズニーパークです。敷地総面積は約390h。東京ディズニーランドが200hですから、規模の大きさがうかがえますね。

上海ディズニーは中国の威信をかけて建設されたといわれていて、それは建設費用にも表れています。総工費は55億ドル(約6500億円)。ディズニーシーが約3380億円ですから、ほぼ2倍!

入園者数も確実に増え続けていて、2016年の開園から1年間の入園者数は約1100万人これからも更なる拡張が予定され、ますます注目を集めることが確実なテーマパークなんですよ。

上海ディズニーランドの魅力

そんな上海ディズニーランドの魅力は、大きく分けて2つ

1つ目は、ここにしかないアトラクションやキャラクターが揃っているということ。映画「トロン:レガシー」の世界観を再現したものや、4D技術を利用したものなど、最先端のテクノロジーを駆使したアトラクションが大人気です。

2番目の魅力ポイントが中華テイストとディズニーの融合。何しろ中国はアジアで唯一のディズニー・ヒロインである「ムーラン」の舞台となった国。パーク内のデザインやショー、パレードなどいたるところに中国のエッセンスが盛り込まれています。

世界的にも有名な上海雑技団が魅せるパフォーマンスもあり、まさにここでしか味わえない沢山の魅力であふれているんです。

上海ディズニーランドのおすすめ【アトラクション編】

上海ディズニーランドの数あるアトラクションの中から、特におすすめのものをご紹介します。どれも2018年現在、日本のディズニーワールドにはないものばかりなので、アトラクションだけを目当てに上海ディズニーに訪れても絶対に後悔はしませんよ。

①カリブの海賊 “バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー”

まず最初に紹介するのが、「カリブの海賊」の進化系ともいえる、「バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー」。日本の「カリブの海賊」よりも、ハイ・クオリティの世界が体感できます。

プロダクションマッピングや最先端の映像技術が用いられた映像は、まさにリアル!の一言。嵐に遭遇したり海の中に沈んだり、目の前でジャック・スパロウが決闘したりと、本当にスパロウ船長と一緒に冒険に出ている感覚におちいります。

映像に合わせて船が動くのはもちろんですが、最後の落ち方も日本とは違っていて…。これはぜひご自分で体感していてくださいね。このアトラクションだけでも上海まで来た元は取れると言っても過言ではないアトラクション。絶対にお見逃しなく。

エリア 宝蔵湾(トレジャーコープ)
ファストパス なし

②トロン・ライトサイクル・パワーラン

映画「トロン:レガシー」を再現した世界をバイク型のコースターで駆け抜けるアトラクション。コースターの最高速度はなんと時速100km!しかもコースターがバイク型なので前のめりにまたがって乗る分、体感スピードはそれ以上。声も出ないほどのスリルを味わえます。

ディズニーパークの中では世界最速のアトラクション、かつ近未来のハイセンスな世界観を楽しめます。外観だけでもワクワクしますが、体験するとドキドキが止まらない、絶対におすすめのアトラクションですよ。

エリア 明日世界(トゥモローランド)
ファストパス あり

③ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン

(※画像はイメージです)

上海ディズニーのアトラクションの中でも一番人気なのがこちら。

ハングライダーで世界一周の旅に出かける新感覚のアトラクションで、目の前の大型モニターには世界遺産や大自然などの絶景の数々が映されます。この映像がとてもリアルで、足元が宙ぶらりんになるシートと相まって、本当に空を飛んでいる気分を味わえます。

2019年にディズニーシーでもオープンするのですが、上海ディズニーで一足先に大空の旅を味わってくださいね。

エリア 探検島(アドベンチャーアイル)
ファストパス あり

④ロアリング・ラピッド

(※画像はイメージです)

こちらも日本では体験できないアトラクション。渓流下りを体感できるアトラクションなのですが、その激しさがハンパない!

Roaring=絶叫」という名のとおり、アップダウンがきつく、かつ急流のコースを流れ終えた後にはずぶ濡れになってしまうほどです。ボートに乗る前には必ず荷物は無料のコインロッカーに預けて、レインコートも必ず着用しましょう。

レインコートはボート乗り場でも売られていますが、ペラペラで丈も短いので、日本から100均の合羽を持参するのをおすすめします。レインコートを着ても結局は濡れてしまうのですが、それを差し引いても間違いなく楽しめますよ。

エリア 探検島(アドベンチャーアイル)
ファストパス あり

⑤キャンプディスカバリー

(※画像はイメージです)

通常とは全く異なるコンセプトで設計されており、体験アスレチックという呼び方がピッタリくるアトラクション。

レールに吊るされたロープ(命綱)を頼りに、古代遺跡をテーマにした断崖絶壁の山肌を自分の体ひとつで探検、攻略していきます。途中には落ちたら絶対にただでは済まないと思われる難所が待ち構えているところも。

体力と根性が必須という他にはないアトラクションですが、コースは初心者用・中級者・上級者コースと別れているので、女性や子供でも大丈夫…なはず。夜にはライトアップがほどこされてガラリと違った景色になるのでおすすめです。

エリア 探検島(アドベンチャーアイル)
ファストパス なし

上海ディズニーランド独特の【ファストパス】

ディズニーランドのアトラクションを効率よく楽しむために絶対に必要なのがファストパス。日本のディズニーでもすっかりおなじみのこのシステムは、ここ上海ディズニーランドにもちゃんと備わっています。

ただし、日本とは少し異なるところもありますので、ここで上海ディズニー独特のファストパスの仕組みについて説明しますね。

そもそもファストパスって?

ファストパスについて十分にご存知の方も多いとは思いますが、念のために基本的なところからおさらいしておきましょう。

ファストパスとは、事前に予約しておくことで普通に並ぶよりも早くアトラクションを利用できるシステムのこと。ただし上海ディズニーのファストパスは日本のようにアトラクションごとではなく、テーマランドの入り口に発券機があるので注意が必要です。

発券方法は日本と同じ。発券機にパークチケット裏面のQRコードをかざせば利用時間がプリントされた用紙が出てきます。ただし発券の際には代表者1名ではなく、それぞれが発券する必要があるのでその点も忘れないでくださいね。

上海ディズニーランドでは、ファストパスがアプリでゲットできる!?

上海ディズニーのファストパスで特徴的なのが、公式アプリを使って予約が可能なこと。これがとにかく便利なので、上海ディズニーを訪れる際には公式アプリの利用方法を必ず覚えておいてくださいね。

まず事前に日本でアプリをダウンロードしておき、事前登録も済ませておいてください。パークに入園した後、パークチケットをアプリに連携(紐づけ)することによってパーク内のどこからでもファストパスの予約が可能になります。

アプリを利用すればアトラクションの待ち時間をリアルタイムで確認できますし、発券中のファストパスの時間も見ることができます。さらにトイレやショップの場所、ショーの開始時間なども簡単に調べられるので、とても便利!

広い上海ディズニーではこれがあるとないとでは大違い。とても役立ちますよ。

上海ディズニーランドには有料のファストパスも!

上海ディズニーでは通常のファストパス(無料)以外にも、有料のファストパスがあります。それが「ディズニー・プレミア・アクセス」。これさえあれば、いちいちファストパスをとらなくてもOKなんですよ。

プレミア・アクセスの料金は均一ではなく、時期や混雑状況によって異なります。例えば、発売が開始された2017年の3月時には平日価格が1枚120元(約2000円)、7枚セットが480元(約7,900円)でしたが、週末価格は1枚が150元(約2500円)、7枚セットが600元(約9,900円)となっていました。

2018年9月現在、ピーク時のセット料金の最高値が990元(約16,300円)という恐ろしい料金設定でしたが、閑散期には1枚50元(約825円)、セット価格275元(約4,500円)というお手頃価格。なによりせっかく上海まで来たんですから、貴重な時間をお金で買うと思えば、プレミア・アクセスは利用価値大!といえるでしょう。

上海ディズニーランドのファストパスの注意点

効率よくパークを楽しむために必須といえるファストパスですが、利用にはいくつかの注意点も存在します。

  • 1時間の使用期限の間に利用しないと無効
  • 一度ファストパスを発行したら、そのアトラクションを利用しない限り次のファストパスは発券できません。(ただし、有効時間が2時間以上先の場合は、発券から2時間経過後に次の新しいファストパスが発券可能。)
  • アトラクションごとではなく、テーマランドごとに発券機が設置されています。複数のアトラクションの発券時間を一度に確認できるというメリットがありますが、集中するため長蛇の列になることも。
  • 代表者がまとめて予約するのはNGで、一人ずつ予約が必要。
  • 不正防止のため顔認証も導入されています。

上海ディズニーランドのおすすめ【ショー・パレード編】

ディズニーワールドといえば、最先端のアトラクションだけではなく、ショーやパレードを楽しみにしている人も多いでしょう。そこで上海ディズニーおすすめのショー&パレードをご紹介します。

ターザン:コール・オブ・ザ・ジャングル

映画「ターザン」の物語を上海雑技団のパフォーマンスで再現するミュージカルショー。ミュージカルといってもセリフはなく、すべて演技で表現するため言葉がわからなくても問題なく楽しめます。

本場の中国雑技とディズニーの世界観が融合したステージは見事!の一言に尽きます。特にターザンの身体能力をパフォーマンスで表現する演者の力量はさすが。このショーのためだけに入園料を払っても後悔はしないほどのクオリティなんです。

ショーは1日5回上映され、客席も多いのでしっかりと座って鑑賞できます。正面手前の席はすぐに埋まってしまいますが、左右は空いていることが多いです。ショーの迫力を間近で感じるために、正面にこだわって後ろの席をとるよりも、左右の席で鑑賞するのがおすすめです。

イグナイト・ザ・ドリーム:ア・ナイトタイム・スペクタキュラー・オブ・マジック・アンド・ライト

(画像はディズニーランド・パリ)

毎日閉園時間に世界最大のディズニーキャッスルを舞台に上演されるナイトショー。プロジェクション・マッピングと花火、噴水で構成させるショーは豪華絢爛で見る人を圧倒させます。

とにかく世界最大のキャッスルにプロジェクション・マッピングが投影される迫力は、実際に見ないとなかなか伝わりません。約25分の長いショーですが、演出も素晴らしく、途中で飽きることは一切ありません。上海ディズニーに来てこのショーを見逃すわけにはいかないでしょう。

観賞場所はやはりキャッスル正面が一番ですが、開始30分前にはすでに人だかりができてしまい、入場規制もかかります。場所取りはかなり大変なので、有料鑑賞エリア(200元)を利用するのも手。ただし巨大キャッスルを利用したショーなので、離れた場所から眺めてもしっかり楽しめます。

太極拳・ウィズ・キャラクター

老師の指導のもと、ドナルドとチップ&デールが中国風のコスチュームで太極拳を習得するキャラクターショー。短いショータイムですが、面白さとかわいらしさが凝縮されていますよ。

このショーが見られるのはガーデン・オブ・イマジネーションにある小さな広場「音悦圓」。開園時間は一応案内看板に記されているのですが、案内がない日もあったりして、ちょっと不安になることも。キャストに聞いてもはっきりしたことは分からなし、とりあえず記されている時間に広場に来てみるしかありません。

広場で行われるショーなので、場所取りは特に必要ありません。かわいい衣装をまとったキャラクターがドタバタ劇を演じるショーは見ているとホンワカとした気持ちになれます。特にチップ&デール好きは必見!上海ディズニーだけのオリジナルですのでお見逃しなく。

フローズン・シング・アロング・セレブレーション

ファンタジーランドにある大型劇場「エバーグリーン・ハウス」で上映される、映画「アナと雪の女王」をテーマにしたミュージカルショー。

中国でも”アナ雪”は大人気で、このショーにも大勢の観客が詰め掛けます。世界各地のディズニーで上映されている演目ですが、上海ディズニー版の特徴は出演キャストの多さ!通常5名で行われるショーが、上海では倍の10名が参加し、より豪華なショーになっています

セリフは中国語ですが、ミュージカルなのでそれほど大きな問題はなし。おなじみの曲をみんなで歌うノリノリのステージはやっぱり楽しいですね。1時間毎に開催されていますが、時間帯によっては途中でラインカットされることも。時間に余裕をもって並んでくださいね。

上海ディズニーランドのおすすめ【キャラクターグリーティング編】

上海ディズニーランドでは、お気に入りのキャラクターと触れ合えるキャラクターグリーティングも忘れてはいけません。実は上海ディズニーランドはグリーティングに力を入れていて、グリーティング好きにとっては夢のようなパークなんです。

日本では人気のキャラクターには長蛇の列ができていて、色々なキャラクターたちと写真を撮るのは時間的に難しいですが、上海ディズニーではミッキーやミニーはもちろん、ダッフィーやスティッチ、ジャック・スパロウなどなど、1日で主要人気キャラクターとまとめてグリーティングが可能

期間限定グリーティングもあるので、事前のチェックは怠れません。中国の人たちはアトラクション目当てでグリーティングは後回しにする傾向があるため、朝イチでグリーティング・ポイントに向かえばグリーティングし放題の贅沢が味わえることも!

ここではミッキーアベニューなどの定番以外で押さえておくべきポイントをご紹介します。

ダッフィー&ジェラトーニ

ミッキーアベニューから右側に進むと見えてくるメリーゴーラウンド向かいの店、「WHISTLE STOP SHOP」の店頭でグリーティングできます。この店は上海ディズニーで一番多くのダッフィーグッズを取り扱っているショップなんですよ。

上海でもダッフィーは大人気で、以前はガラガラだったこの場所も最近は混み合うようになってきました。混雑時には60分待ちになることも。それでも朝一番に行けばダッフィーを独り占めという夢のような時間を過ごすことも可能です。

ダッフィーと触れ合える時間も東京ディズニーランドの倍くらいはあるでしょうか。最近はサインも解禁になったので、なるべく早い時間に訪れて、思う存分楽しんでくださいね。

ニック&ジュディ

(※画像はイメージです)

アドベンチャー・アイル内の「Happy Circle」で10:00~19:30の間グリーティングを行っています。ハッピーサークルは広場を半分に分けて、それぞれをジュディ&ニッチ、ティモン&ラフィキのグリーティングエリアとしています。

片方がグリーティング中、もう一方はお休み。キャラクターが登場していない間は待っている人もほとんどいませんが、グリーティングが始まると途端に人が集まってラインカットされることもあります。登場時間は看板に記されているので、その時間に合わせて訪れましょう。

プリンセス

上海ディズニーランドのメインキャッスルである「エンチャンテッド・ストリーブック・キャッスル」は全てのディズニープリンセスの象徴。そのため、キャッスル内にあるグリーティング施設に現れるプリンセスは日替わりでの登場となります。

どうも中国の方たちはキャラクターよりも人間のプリンセスとのグリーティングが人気のようで、ここでのウェイティング時間は常に30分程度を見ておいたほうがいいでしょう。

上海ディズニーでのグリーティングは一番人気のダッフィーで60分待ちですから、東京に比べると短いですし、触れ合える時間も長めなので、満足感がとても高いのが特徴。ぜひ上海ディズニーランドでは、お気に入りのキャラクターとのグリーティングも忘れないでくださいね!

海ディズニーランドのおすすめ【グルメ編】

ディズニーワールドのお楽しみといえば、ディズニーテイストに溢れるフード&スイーツも外せないですよね。

上海ディズニーランドはグルメ大国、中国にあるだけに、美味しい食べ物にも事欠きません。そこで当欄では上海ディズニーで味わえる、とっておきのグルメをご紹介します。ここでしか食べられないものも多いので、ぜひしっかりチェックしておいてくださいね。

キャラクターケーキ

Sweethearts Confectionery(スウィートハート・コンフェクショナリー)」はミッキーアベニュー内にある、ミニーマウスのお菓子ショップ。ミッキーとミニーの出会いやカップルになるまでのストーリーが店内に壁画で描かれています。

ショップはミニーの幼少期の家をイーン・アン様式で再現され、キャラメルアップルやカップケーキ、クッキーなどが購入できます。

リンゴにキャラメルをかけただけのキャラメルアップルは29元(約480円)。でもやっぱり一番は看板メニューでもあるドナルドやプーさん、ダッフィーやジェラトーニの顔がデザインされたキャラメルアップル(各49元)。

キャラメルアップルは大きすぎる!という人にはミッキー&ミニーのケーキポップも写真映えするのでおすすめですよ。

キャラメルプディングマン

キャラメルプディングマンは「Fantasy Land」内のカートで購入可能。ミッキーのかわいいマークがスタンプされたこのキャラメルプディングマンは、中に熱々トロトロのプリンがたっぷり入っていて、頬張ると思わず笑みがこぼれます。

2個入り15元(約250円)とお値段もお手ごろなので、ちょっと小腹がすいた時の腹ごなしにもピッタリ。カップルや友達同士でシェアするのも良いですね。

紅焼肉

せっかくなのでパーク内でも上海らしいものを食べたい!という人におすすめなのが、中華レストラン、漫月食府(Wandering Moon Restaurant)で提供される紅焼肉ホンシャオロウ)。紅焼肉は豚バラ肉の甘辛煮のことで、それをご飯に乗せていただきます。

お値段はドリンク付きで80元(約1,300円)。しかし、この店の売りは本場の中華料理だけではなく、豪華な内装インテリアにもあるんです。上海市内のどの高級中華料理店にも劣らないインテリアは必見の価値ありです。部屋によって内装のテーマやテイストが異なるので、店内中をグルグル回って見ても飽きません。

場所はガーデン・オブ・イマジネーションのパレードルートの外側、ガーデン・オブ・12フレンズの端にあるピクニックバスケットの向かい側。大きな中華建築の建物なのですぐにそれと分かるでしょう。本場中華料理に舌鼓を打ちながら、ステキな内装にも目を凝らしてくださいね。

ドナルドのストロベリーワッフル

東京ディズニーランドで食べられるのはミッキーワッフルですが、ここ上海ディズニーではドナルドのワッフルがいただけます。

店名の「イル・パペリーノ」はイタリア語でドナルドのこと。まさにドナルドのドナルドによるドナルドファンのためのお店なんです(もちろんドナルドファン以外も楽しめます)。

一番人気はドナルド・ストロベリー&バニラワッフル(45元)。ドナルドのワッフルにストロベリーとバニラのサンデー、ストロベリーソース&チョコレートチップがトッピングされています。サクサクのワッフルとサンデー、ソースの相性が抜群!店内に座席がないので、パーク内のベンチなどでお召し上がりください。

北京ダックピザ

ある意味、一番上海ディズニーらしいといえるのがこの北京ダックピザ(85元)。「ピノキオ・ビレッジ・キッチン」でいただけます。ミッキーピザは東京ディズニーでも食べられますが、北京ダックテイストというのが中国らしいですよね。

ピザの上にトッピングされている緑色の野菜はどう見てもキュウリ。ピザにキュウリ?と最初はいぶかしがるかもしれませんが、クレープにダックとネギ、そしてキュウリを巻いて食べるのが北京ダックですから、これは至極まっとうな組み合わせなんです。

ミッキー型の生地にチーズ、ダック、甜麺醤ベースのソースが一体となったピザは想像以上の美味しさ!日本にそのまま持ち込んでも人気が出るんじゃないかと思うほどの完成度の高さです。ボリュームもしっかりあるので、ぜひお腹が空いた状態で食べてくださいね。

上海ディズニーランドで人気の【お土産】

上海ディズニーランドでは、ここでしか買えない限定品が盛りだくさん!その中でも特にお土産に人気のアイテムをご紹介します。

上海限定ミッキー&ミニー

ディズニーランドに遊びに来てミッキー&ミニーのアイテムを外すことはできませんよね。ここ上海ディズニーランドでは、上海限定のミッキー&ミニーのぬいぐるみが大人気なんです。

チャイナドレスを可愛らしく着こなすミニー人形だけではなく、民族衣装や春節限定のコスチューム、さらには金色のスパンコールをまとったゴージャスなぬいぐるみまであって、どれにしようか迷ってしまいます。

また上海ディズニーの目玉アトラクションである「トロン」のバイクに跨る凛々しいミッキー、上海限定のマグカップなどなど、上海でしか買えないグッズが盛りだくさんですので、ぜひたっぷり時間をかけて吟味してくださいね。

  • チャイナドレスミニー:189元(約3100円)、トロンミッキー125元(約2000円)

  • 販売場所:ミッキーアベニュー内「アベニュー・エム・アーケード」、トロン・プラザなど

干支ダッフィー

(※画像はイメージです)

干支ダッフィーはその名の通り、干支の動物の着ぐるみを身にまとっているダッフィーなんですが、これが決してキワモノではなく、本当にかわいいんです!干支は元々中国からやってきたものなので、上海らしさが炸裂していますよ。

持ち帰りやすい適度な大きさであることも人気の理由の一つ。自分用にはもちろん自分の干支のものを、お土産用には相手の干支を選ぶととても喜ばれます。出産祝いにも最適なので、絶対にお見逃しのないように!

  • 干支ダッフィ: 139元(約2300円)
  • 販売エリア:ミッキーアベニュー内「アベニュー・エム・アーケード」

チャイナ服アレンジのポップコーン入れ

ポップコーンケースもディズニーランドの定番お土産の一つですよね。上海ディズニーではチャイナ服デザインのポップコーンバケットも販売されています。

ポップコーンは別ケースに入れられて販売されているため、バケットが汚れる心配もありません。お土産にするにはちょっとかさばるのが難点ですが、ポップコーンは食べきって、空いたスペースに小物を詰め込んで持ち帰ると便利ですよ。

  • チャイナ服ポップコーン:65元(約1,000円)
  • 販売エリア:ミッキーアベニュー内「チップ&デールのツリーハウス・トリート」

飲茶ツムツム

大人気のアプリゲーム、ディズニーツムツムを日常的に楽しんでいる人も多いのではないでしょうか?そんなディズニーツムツムをぬいぐるみにしたグッズが販売されていますが、ここ上海ディズニーでは飲茶ツムツムという限定アイテムが人気を集めています。

カスタードまんのベイ幕車、シュウマイのプーさんなど、おなじみのディズニーキャラクターが飲茶の着ぐるみをまとっている姿はなんともいえずキュート。かさばらないのでお土産にもピッタリです。

  • 飲茶ツムツム:46元~(約760円)
  • 販売エリア:ミッキーアベニュー内「アベニュー・エム・アーケード」

月餅

中国では旧暦の8月15日にお世話になった人に月餅を送る習慣がありますが、上海ディズニーランド内でもオリジナルの月餅(ムーンケーキ)が販売されています。

また、ディズニータウン内にあるスターバックスでもオリジナルの月餅が販売されており、クリミーカスタードやラズベリーチーズなど、全部で8種類のフレーバーがラインナップ。セットによって内容が異なるので、どれを買うか悩んでしまいますよ。

  • ディズニームーンケーキ・ギフトボックス(6個入り):159元(約2,600円)、スターバックスムーンケーキ(6個入り):338元(約5,600円)

  • 販売エリア:ミッキーアベニュー内「アベニュー・エム・アーケード」、ディズニータウン内ワールドオブディズニー隣接「スターバックス」

上海ディズニーランドへの【アクセス・行き方】

旅行の際に気を付けたいのが、現地でのアクセス手段ですよね。せっかく夢の国に行くのに途中で迷ってしまったら最悪…。そこでしっかり上海ディズニーまでのアクセスも把握しておきましょう。

タクシーを利用しての行き方

上海浦東国際空港から上海ディズニーランドまでの距離は約20km。タクシーを利用すればおよそ20~30分で到着します。料金は40~50元前後(約660~825円)。羽田空港から上海浦東国際空港までのフライト時間は約3時間ですから、上海ディズニーは日本から一番近い海外ディズニーなんです。

人民広場からは約50分、料金は100元前後(1650円)。

タクシーを利用するメリット
  • 空港から直接上海ディズニーへ向かえる
  • トランクケースなどの大きな荷物を抱えていても苦労しない
タクシーを利用するデメリット
  • 帰りのタクシーを捕まえるのが難しい
  • 英語を喋れるドライバーが少ない
  • タクシーによって料金が異なる

電車を利用しての行き方

上海ディズニーランドに最寄りの駅が開通して、電車を利用する行き方がグッと楽になりました。

最寄駅は地下鉄11号線の南側の終点「迪士尼」駅。「人民広場」駅から出発した場合は8号線に乗って、「東方体育中心」駅で11号線に乗換えます。所要時間は約40分

空港からはリニアモーターカー終点の「龍陽路」駅から地下鉄16号線を利用して、2駅目の「羅山路」で11号線に乗換えです。閉園後は込み合うため、事前に帰りのチケットも購入しておいてくださいね。

電車を利用するメリット
  • 中国語が喋れなくても問題ない
  • 料金が安い(上海市内からは5元、浦東国際空港からは6元)
電車を利用するデメリット
  • 時間がかかる(市内から約1時間半、空港から約2時間)
  • 終電時間が22時30分と早い

シャトルバスを利用しての行き方

浦東国際空港と上海ディズニーのオフィシャルホテルを結ぶのが、EGo Bus(エゴバス)。ディズニー以外にも上海市内各所を結んでいるため、覚えておくとかなり便利ですよ。

料金は一人68元(約1,120円)、340元/台(約5,630円)で貸し切りも可能です。浦東空港T2の到着ロビーにある受付でチケット購入可能。チケット購入後は乗り場までスタッフが案内してくれるため、広い空港内でも迷う心配がないので安心です。

空港から各ホテルまでは約30分ちなみに、空港からはもう一本「快線4号」というシャトルバスがありますが、1日1~2往復しかないため利用価値はあまりありません。

シャトルバスを利用するメリット
  • タクシーのようにボラれる心配がない
  • 電車と比べて早く着ける
シャトルバスを利用するデメリット
  • 場合によっては定員(8~10人)がいっぱいになることも(事前予約可)

上海ディズニーランドの【基本情報(チケット料金など)】

上海ディズニーランドの基本情報をまとめました。時期によって料金や開園時間などが変わってきますので、事前によく確認しておくことが重要です。

上海ディズニーランドの営業時間

上海ディズニーランドの営業時間は時期や日によって異なります。おおよその目安としては、夏期の開園時間は8:00~22:00頃、冬季は8:00~19:00頃。

正確な時間を確認するためには、必ず事前に上海ディズニーの公式HPで確認してください。サイト内のカレンダーマークをクリックすると、営業時間が確認できますよ。

上海ディズニーランドのチケット料金

上海ディズニーランドの1Dayパスポートは2018年の6月に改定(値上げ)されました。

カテゴリー 詳細 レギュラー料金 ピーク料金
価格設定 当日のみ有効 370元(約6,140円) 499元(約8,300円)
 
次のときにはピーク料金が適用されます
・祝日
・週末
・夏休み(7~8月)
 
レギュラー料金が適用される日
・ピーク時以外
カテゴリー 通常料金 370元(約6,140円) 499元(約8,300円)
・身長140㎝~65歳まで
シニア(65歳以上) 280元(約4,650円) 375元(約6,200円)
子ども(身長100㎝~140㎝) 280元(約4,650円) 375元(約6,200円)
障碍者(証明書の提示が必要) 280元(約4,650円) 375元(約6,200円)
幼児(身長100㎝以下) 無料 無料
2Dayチケット 5%OFF 5%OFF

料金は平日(レギュラー)と土日・祝日(ピーク)で異なるのでご注意を。上海ディズニーのチケットは公式HP、ディズニーホテル、上海市内のディズニーストアなどで予約可能です。パーク入り口で当日券も取り扱っていますが、日によっては販売を行っていない場合もあるので、やはり事前購入が安心でしょう。

上海ディズニーランドの【混雑事情】

ネット上では上海ディズニーランドは人でごった返しているとか、逆にガラガラだとか様々な情報が錯綜していますが、実際のところはどうなのでしょうか?

上海ディズニーは混んでいるときと空いているときの差が激しい、というのが実際のところです。夏場は中国国内の旅行シーズンにあたりますので、6月中旬~8月末は慢性的に混み合います。また2月中旬の旧正月(春節)や10月にある建国記念日の時期も同じく混雑が予想されます。

一方、6月上旬や9月ごろは比較的空いていますし、肌寒い時期や雨の日は極端に来園者が少なくなりますので、空模様を眺めながら予定を立てるのもありでしょう。上海ディズニーランド非公式ではありますが、混雑状況を確認できるサイトがありますので、参考になさってみてください。

上海ディズニーランドのおすすめ【ホテル】

旅行で大切なのはやっぱりホテル選び。上海ディズニーを心ゆくまで満喫できるおすすめのホテルをご紹介しましょう。

トイストーリー・ホテル

せっかくならディズニー公式ホテルに泊まりたい!誰でもそう思いますよね。「トイストーリー・ホテル」は公式ホテルでありながら、比較的リーズナブルな価格で宿泊できると人気のホテル。

上海ディズニーランドと同時にオープンした2つのオフィシャルホテルの一つで、トイ・ストーリーをテーマにしたホテルは世界でもここ上海ディズニーだけ。生き生きとしたキャラクターとトイ・ストーリーの世界が凝縮されたホテルはそれだけでもテンションがあがります。

部屋タイプは全部で3つ。違いは部屋からの景観の違いのみで、広さや内装は変わりありません。ちなみに、フロントを挟んで東西に分かれるゲスト棟はウッディ棟とバズ棟がありますが、どちらの棟に宿泊するかは予約時でも選択不可。当日のお楽しみとなっています。

英名 Shanghai Toy Story Hotel
所在地 No.1009 West Shendi Rd. Pudong District Shanghai China
電話番号 +86-21-4001-8000
チェックイン/アウト チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00
公式HP https://www.shanghaidisneyresort.com/en/hotels/toy-story-hotel/
料金 850元~(約14,000円~)

上海ディズニーランド・ホテル

上海ディズニーランド公式ホテルのもう一つが「上海ディズニーランド・ホテル」です。上海ディズニーの名を関している通り、ホテルの隅々から客室内までディズニーの世界そのもの!パークから戻った後も魔法の国の余韻に浸ることができます。

部屋タイプは「デラックス・ルーム」「クラブレベル」「スイートルーム」の3つ。その内、クラブレベル以上の部屋に宿泊すると7階の専用ラウンジの利用とラウンジでのチェックインが可能です。ラウンジでの夕食時には料理を楽しみながら花火を眺めることもできちゃいます。

さらにレアなのが、世界でも珍しいパジャマ姿のミッキーに出会えること!夜景も美しい専用ラウンジでは、21時過ぎにパジャマ姿のミッキーがサプライズで登場します。豪華な内容の割にはリーズナブルな上海ディズニーランド。子どもたちだけではなく、大人にとっても夢のようなひと時を過ごせますよ。

英名 Syanghai Disneyland Hotel
所在地 No.1009 West Shendi Rd. Pudong District Shanghai China
電話番号 +86-21-2099-8002
チェックイン/アウト チェックイン:15:00(最終チェックイン:24:00) チェックアウト:11:00
公式HP https://www.shanghaidisneyresort.com/en/hotels/shanghai-disneyland-hotel/
料金 1,650元~(27,300円~)

ノボテル・上海・クローバー

公式ホテル以外におすすめなのが「ノボテル・上海・クローバー」。このホテルは上海ディズニーランドまで車でわずか5分、浦東国際空港まで車で20分という抜群の立地にも関わらず、リーズナブルな価格で宿泊できるのが最大の魅力です。

もちろん設備もしっかりしていて、全部で322ある客室は全室冷房完備、ミニバー、液晶テレビ、無料Wi-Fiのほか、バスアメニティ、ヘアドライヤー、セーフティボックス、コーヒー/ティーメーカーなどが揃っています。またフィットネスルームや、夏期限定ですが屋外プールなどの利用も可能。

さらに嬉しいのが、上海ディズニーや浦東空港への送迎サービスが利用できるところ。1日たっぷり遊んでクタクタになっても帰りの手段が確保されているのは助かりますよね。空港までのお迎えは1日前までに予約が必要となっていますので、ホテル予約時に一緒に手配するといいでしょう。

英名 Novotel Shanghai Clover
所在地 201315 Building No 1, Lane 3188 Xiupu Road, Pudong Shanghai
電話番号 +86 21 5036 6666
チェックイン/アウト チェックイン:14:00 チェックアウト:12:00
公式HP https://www.accorhotels.com/zh/hotel-3019-novotel-shanghai-atlantis/index.shtml
料金 520元~(約8600円~)

レ・スイートオリエント

最後に紹介する「レ・スイートオリエント」は上海市内の観光中心地「外灘」に位置する人気の五つ星ブティックホテル。最寄駅からは徒歩10分と少し距離がありますが、ディズニーランドだけではなく上海観光も楽しみたいという方におすすめのホテルです。

アールデコとオリエンタルデザインを融合したホテルの内装は、ハイセンスかつゆっくりと落ち着ける空間を演出。さらに窓の外からはこれぞザ・上海!という夜景も楽しめます。アメニティが充実していることは言うまでもありませんが、独立したバスタブがあるのも嬉しいポイントですね。

上海ディズニーランドからは少し離れているため、ここから通うのはちょっと不便ですが、パーク近くのホテルと組み合わせて利用すると、上海旅行を余すところなく楽しむことができるでしょう。何よりも外灘地区に位置しながら、この値段でこのクオリティなら満足いただけること間違いなしですよ。

英名 Les Suites Orient, Bund Shanghai
所在地 1.East Jinling Rord, Shanghai
電話番号 +86-21-6320-0088
チェックイン/アウト チェックイン:14:00 チェックアウト:12:00
公式HP http://www.lessuitesorient.com/
料金 720元~(約12,000円~)

上海ディズニーランドを徹底的に楽しもう!

上海ディズニーランドをとことんまで満喫するために必要な基本情報から、知っておくと差がつくお得情報までまとめてお届けしましたが、いかがでしたか?

上海ディズニーランドは規模の大きさだけではなく、日本のディズニーワールドにはないアトラクションや豪華絢爛なショー、限定グッズなど楽しめる要素が盛り沢山。これからまだまだ拡張を続ける計画もあるので、ますます楽しみが広がりそうですね。

ぜひ上海ディズニーランドに出かけて、世界で一番新しい夢の国を思いっきりエンジョイしてくださいね!

RECOMMEND 上海のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事