" />

上海の移動手段はこれで完璧!タクシー・地下鉄などの乗り方まとめ

航空券・移動
12272views

日本から近い海外といえば、上海!週末旅行の行き先としても人気です。中国最大の都市である上海は、交通網も非常に発達しています。コツさえ掴めば、お得かつ便利に利用できますよ。今回は、より上海観光を効率的に楽しむための、移動手段の攻略術をご紹介します!

上海の交通事情は?

上海市内は地下鉄が発達していて、乗換なども簡単です!さらにタクシーは日本より安く、世界一の速さを誇るリニアも走っています。乗り方さえ事前に知っていれば、旅行者でも簡単に利用でき、実は日本より便利な部分もあるんですよ。

上海の移動手段①「タクシー」

タクシーは日本よりかなり安価なので、荷物が多いときや地下鉄まで遠いときに気軽に利用できて便利です!

上海のタクシーの乗り方

タクシーの運転手との会話は基本的に中国語になりますが、語学力に不安があっても、紙に目的地を書いて見せればOKです!漢字の筆談のほうが、英語で会話するよりハードルは低いかもしれませんね。

  1. タクシーに乗るときは、車の上の緑色のランプ「空車」の文字が見えたら手を挙げて止めます。このとき、歩行者道路の脇の黄色ラインに注意して立ちましょう。
  2. 日本のようにタクシーのドアは自動では開かないので、自分で開ける必要があります。目的地が書いてある紙を見せ、運転手がOKと言ったら乗り込みます。
  3. 発車するときに、メーターを倒したかどうか、念のため確認しておきましょう。
  4. 到着したら、メーターに表示された料金を支払い、レシートももらいます。後になって「料金が高い!」「車内に忘れ物をした!」などと気づいたときに、レシートがあれば問い合わせができます。また、お釣りがない場合があるので、小銭は常に用意しておきましょう。

上海のタクシー料金

日本より断然安価なのが、上海のタクシーの魅力です!料金は車種によって主にセダン型とワゴン型の2つに分かれます。上海市内の初乗りは、3kmまで14〜16元が相場です。それ以降は1kmごとに2.4元加算。23時〜早朝5時までは、30%割増になります。

上海のタクシーの注意点

上海でタクシーに乗るときに重要なのが、大手会社を選ぶことです!トラブルに巻き込まれないためにも、エンジ色のタクシーは避けましょう。以下にまとめた、主なタクシー会社を車体の色あわせてぜひ参考にしてください!

大衆 水色
 強生 黄色・黄緑色 
錦江
海博 濃い青
藍色聯盟
法蘭紅

タクシー乗車時の目的地の伝え方も注意が必要です!建物名では通じない場合が多いので、住所や通りの名前を書くと、スムーズに伝わります。

空港からタクシーで移動するとき、到着ロビーで勧誘をしてくる人は、ほぼ違法タクシーです。相手にせずタクシー乗り場に向かいましょう。

上海の移動手段②「地下鉄」

地下鉄は、安くて旅行者がもっとも使いやすい移動手段です!

上海の地下鉄の乗り方

日本よりシステムは整っており、路線網もわかりやすいので、旅行者でも安心して利用できますよ。きっぷを買って乗車し下車するまでの流れは非常にシンプル!

  1. 自動券売機で、行き先、路線、枚数を選択し購入(英語表示可)
  2. カードを、改札のICとかかれたところにかざす。
  3. 出口改札では「插卡口」にカードを入れる。

基本的に日本と同じような仕組みですよね!乗り換えも日本と同様、別の路線のホームに移動するだけです。

駅名は、中国語の発音がわからないとアナウンスで聞き取れないため、なるべく英語での読み方を覚えておくようにしましょう。

上海の地下鉄の料金

1駅3〜10元と、かなり安いです!お得な1日乗車券18元(約300円)、3日乗車券45元(約720円)もおすすめ。観光のスケジュールと照らし合わせて、検討してみてください!

上海の地下鉄の注意点

朝晩の通勤時間帯などは、ラッシュアワーで非常に混雑します!東京の満員電車に匹敵するくらいの混み具合に驚く旅行者も少なくありません。特に空港と市内の間を移動するときは、時間帯によってかなり苦労します。荷物が多い場合は、バスやリニアの利用もおすすめです。

混雑時はもちろん、常にスリに注意しましょう。貴重品はかばんの中にしまいチャックを閉め、前に抱えておくと安心です。少しの気の緩みが被害に繋がります。危機管理は十分過ぎるくらいがちょうどいいですよ。

また、きっぷの券売機は使えるお札やコインが限られています。お札は5・10・20・50元、コインは5角、1元が使えます。お札はくしゃくしゃだと通らないこともあるので、注意しましょう。

上海の移動手段③「バス」

上海でバスも乗りこなせるようになると、一段と行動範囲が広がりますよ!

上海のバスの乗り方

乗り方自体は日本のバスとさほど変わりません。上海市街地には、徒歩10分間隔でバス停があるので、見つけるのも簡単です。

  1. バス停で、バスの番号と路線を確認。   
  2. 前のドアから乗車
  3. お金を投入orカードタッチ
  4. 車内のモニターを確認
  5. 後方のドアから降りる

日本と違い停車ボタンはなく、全ての停留所で止まります。

上海でバスを利用するときに便利なアプリが、「百度地図」です!中国版Google mapと言われ、Googleが開けない中国では、バス以外にも地図アプリとして大活躍します。ぜひ日本で事前にダウンロードしておきましょう。

「百度地図」って?

「百度地図」は、バス停を探すときはもちろん、始発時間と終バス時間やバス停ごとの最寄りの地下鉄駅もチェックできるんです!上海のバス停には、基本的に時刻表の掲示がないため、「百度地図」があるだけでだいぶ心強いですよ。

上海のバス料金

上海市内は一律2元と非常に安価です!しかも一律なので、乗車時に運賃を聞くことなくスムーズに乗り込めるため、中国語が話せなくても安心です。

上海のバスの注意点

一律2元なので、お釣りのないようにあらかじめ小銭を準備しておきましょう。また、運転はかなり荒いので、転ばないよう手すりにつかまっておくと安全です。渋滞が頻繁に発生するため、時間に余裕を持って利用してください。ひどいときは地下鉄の2〜3倍の移動時間になることがあります。

地下鉄と同じように、朝と夕方の通勤ラッシュの時間帯は、車内がかなり混み合います。荷物は最小限にして利用することと、スリ対策は常に意識しておきましょう。

上海の移動手段④「リニア」

上海のリニアは、浦東国際空港から龍陽路駅までを最大時速431km、最短8分で結ぶ、世界一の速さを誇る鉄道です!

上海のリニアの乗り方

チケットカウンターで「往復(Round Trip)」か「片道(One Way)」、「普通席(Economy)」と「特等席(VIP)」を伝えるだけで購入できます!

改札ゲートの手前で簡単な手荷物チェックを受け、ホームに向かいます。普通席は、シートに青い布のカバーがかかっており、清潔感や座り心地ともに問題ありません。VIP席はシートが革張りで、普通車より少し広々しているのが特徴です。

上海のリニアの料金

片道は普通席で50元(750円)。往復で買うと片道40元に割引されます。VIP席は普通席の倍の運賃です。さらに、当日の航空券の提示や公共交通カードによる支払いで、運賃が20%オフになる特典が受けられますよ。

上海のリニアの注意点

路線は、空港から龍陽路までなので、その後は地下鉄かバス、タクシーに乗り換える必要があります。特に龍陽路で地下鉄に乗り換えるときは、一度リニアの駅を出て、少し歩き地下鉄の駅に向かう必要があります。頭上だけでなく足元のサインも見逃さないように注意して、乗り換えましょう。

リニアは乗車時間間際までホームに入れないので、20分ほど駅で待つこともあります。チケットカウンター付近で時刻表を確認した上で利用すると良いですね。

上海の移動手段⑤「新幹線」

日本よりはシンプルなシステムですが、事前に知っておくべきポイントがあるので、あわせて解説します!

上海の新幹線の乗り方

  1. 駅に入る前にX線による荷物チェック
  2. 窓口で切符購入
  3. 待合室で待機
  4. 出発15分前頃にホームへの自動改札がオープン

当日のきっぷが買いたい場合は、「当天」と表示されたカウンターに行きましょう。「售三天内」は3日先までのきっぷが買える窓口です。乗車日・行き先・時間・人数を事前に紙に買いておけば、見せるだけで簡単に購入できるのでおすすめ!

座席は、何も言わなければ自動的に2等席となりますが、念のため値段と一緒に確認しましょう。

上海の新幹線の料金

上海の新幹線は、杭州行き・南京行き・蘇州行きの3路線で運行しています。さらに、高鉄と動車の2種類の新幹線がそれぞれの路線で走っている仕組みです。高鉄のほうが新しくできた専用のレールを走るため、料金は高くなりますが、所要時間の差はほぼありません。

料金体系は、基本的に一等席と二等席の2種類に分かれます。一等席は料金が高い分、シートが広く車内が比較的静かで落ち着いた雰囲気が特徴です。しかし、二等席も不快な思いをするほど騒がしいことはほとんどなく、清潔感も問題なし、サービスの差もありません。

上海の新幹線の注意点

注意点は5つあります。

  1. パスポートを持参すること。乗車する全員分のパスポートを窓口で提示しないときっぷは購入できないので、注意しましょう。
  2. 外国人は自動券売機が使用できず、窓口もクレジットカード対応していないこと!必ず現金を用意の上、窓口に並んでください。
  3. 複数人できっぷを買うと席がバラバラになること。結構頻繁に発生するので、購入時に「一緒の席にしてほしい」と一言添える必要があります。それでもバラバラになったときは、近くの席が空いていれば誰かが来るまで一緒に座っていて問題ありません。その座席のきっぷの持ち主が来ても、家族だと言うと譲ってくれる場合もあります。
  4. 上海の新幹線で日本と違うのが、発車数分前には改札が終了してしまうところです。列車が発車する約15分前から改札が開くので、きっぷに書いてある待合室で早めに待機しておくと安心ですよ。
  5. いざ新幹線の車内に乗り込むと、指定席に座られていることも。そういったときは、切符を見せて、席を空けてもらいましょう。

上海の移動では「交通カード」が便利!

交通カード(上海公共交通卡)は、日本でいうSUICAやPASMOのようなICカードです。上海の電車・タクシー・バスのどれでも使えて、いちいち現金を出さなくて良いため非常に便利ですよ。もともと上海の交通機関の運賃は安価ですが、さらにお得に利用することもできます。

購入箇所は、空港の地下鉄駅、市内の地下鉄主要駅、郵便局などが一般的です。コンビニでも取り扱っていますが、品切れやチャージの機械の故障が多いため、駅での購入をおすすめします。

交通カードの購入方法

カードを購入するときは、20元のデポジットとチャージしたい金額を窓口で支払います。チャージ金額は10元単位で、上限は1,000元です。カードを返却するときは、残高を10元以内にしておくと良いです。もし10元以上残っていると、5%引かれた額が返却されます。また、購入時に払った20元のデポジットは、返却時に戻ってくる仕組みです。

交通カードをよりお得に利用するための術をご紹介!

地下鉄とバスは、カードを使用し、下車後120分以内に再乗車すると運賃が1元オフになるんです!リニアも交通カードで乗車すれば、片道10元オフになりますよ。便利かつお得な交通カードは、上海観光に必須のアイテムです!

上海の移動手段をマスターして効率的に観光しよう!

上海の移動手段として、タクシー・地下鉄・バス・リニア・新幹線の5つをご紹介しました!乗り方や注意点さえ事前におさえておけば、旅行者でも簡単に利用できますよ。ぜひ上海の移動手段をマスターして、効率的に観光を楽しんでください!

WRITER natsumi
パリ在住、"WORK HARD, TRAVEL HARDER"がモットーのフリーランスライター。旅先ではカフェで人間観察するのが好きです。workhard-travelharder.com 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND 上海のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事