" />

砂糖と水が1対1!?魅惑のベルギースイーツ・キュベルドンの魅力に迫る!

グルメ
9715views

皆さんは、ベルギースイーツと聞いて、何を思い浮かべますか?いちごがトッピングされていたり、クリームがたっぷりかかっていたりするベルギーワッフルや、つやつやでいろいろなフレーバーがあるチョコレートが有名ですよね。ブリュッセルやブルージュの街にも、たくさんのワッフル屋さんやチョコレート屋さんが軒を連ねています。

Chocolate

ゴディバやヴィタメールなど、ベルギー発祥の有名チョコレートブランドは数知れず…

でも、ベルギーのお菓子はこれだけではありません。「キュベルドン(cuberdon)」、というちょっと変わった名前のこのお菓子も、実はベルギーを代表するスイーツの一つ。日本では初耳の方も多いかも知れませんね。食べるのがもったいないほどキュートで、SNSに投稿しても映えること間違いありません。今回は、そんなベルギースイーツの作り方、そして気になるお味についてご紹介したいと思います♪

キュベルドンとは?

syrup2

キュベルドンは、ベルギー東フランダースの伝統菓子。シロップが入った、グミのようなキャンディです。正確なことはわかっていませんが、19世紀後半にゲントで生み出されたと言われ、ベルギーでは国民的に愛されているお菓子なんです。現地の言葉で、「キュベルドン」は「鼻」を意味するそう。なるほど、そう言われてみれば確かに鼻のようにも見えますよね。

colourful

実はこのキュベルドン、その起源が明確にわかっていないためか、その作り方も詳細にはわかっていません。最も伝統的だとされるレシピでは、ラズベリー(フランボワーズ)を使っています。完成品は紫色になるみたいですね。しかし、現在では写真からも分かる通り様々なテイストのものが作られているようです。例えばピスタチオやりんご、メロンやさくらんぼ、そしてコーヒー味など、考えるだけでわくわくしてしまいそうです。

作り方は?

Cooking

そんなキュベルドンのレシピは次の通り。まず、型にスターチを入れ、そこに丁寧に作り込まれたシロップを注ぎます。このシロップには、そのフレーバーの中心になる味や、ゼラチンなどが入っています。その後、温度を慎重に55度に保ちながら7日間保存し、乾燥させます。その後は型から取り出し、キュベルドンの表面を整えて出来上がりです。

Cuberdon

このような行程をとることによって、ハードな外側とソフトな中身のコントラストが出来上がります。この一つの小さなお菓子にこんなに手間暇がかかっているなんて、ちょっと見ただけでは想像できませんよね。ちなみに、外側部分が硬くなりすぎる前に食べるのが習わしなので、あまり国外では見ることが出来ないそうです。

どんな味や食感なの?

Coffee

さて、肝心のお味ですが、キュベルドンは添加物を使わずに作られています。そのため、フランボワーズを始めとする、そのフレーバーのフレッシュな味が楽しめるんです。カラフルな見た目なのに、実はとっても健康的なんですね。人によっては、コーヒーよりもお茶と食べたい、またたくさん頬張るのではなく一つをじっくり楽しみたいなんていう方も多いようです。また、ジェリービーンズに似ているなんて声もあります。中のとろっとした部分が、確かにジェリービーンズを彷彿とさせるかも知れません。

Champagne

さらに、単に食べるだけではなく、冷やしたシャンパンに散らしてみたり、凍らせてウォッカと合わせたり、いろいろおしゃれな楽しみ方もできるようです。

有名なブランドは?

Belgien

さて、キュベルドンの歴史やレシピなどを知ったところで、有名なブランドを一つご紹介したいと思います。それが「キュベルドンズ・レオポルド」。比較的新しいブランドですが、パッケージからは伝統的な雰囲気が漂います。また、ファッションやブティックでも購入できるようにするなど、時代に合わせた形でキュベルドンを提供しているお店でもあります。人気商品のTHE ORIGINAL BOX OF 21 CUBERDONS LEOPOLDには、21個の伝統的なレシピで作られたキュベルドンが可愛らしいパッケージに入っており、24.5ユーロで購入することができます。

その他にも、キュベルドンに使われているシロップ(CUBERDON SYRUP, 200ml, 16.5ユーロ)も売られているので、自分でお菓子作りする際や、アイスクリーム、クレープやカップケーキなどと一緒に味わうこともできます。「キュベルドンズ・レオポルド」は、ベルギー国内にいくつか売り場があるので、ベルギー旅行の際は是非行ってみてくださいね。

Cuberdons Léopold

公式サイト http://www.cuberdonsleopold.com/fr/#

もちろんこの他にも、ブリュッセルやゲントなど街のお菓子屋さんに立ち寄って、買って食べ比べてみるのも面白いですよね。お菓子屋さんでは、量り売りをしているところもあるそうです♪

以上、知られざるベルギー菓子・キュベルドンについてご紹介していきましたが、いかがでしたか?ワッフルやチョコレートだけではない、ベルギースイーツの新たな魅力を感じていただけていれば幸いです♪ちょっと気になる…と思った方は、是非ベルギーで本場のキュベルドンをご堪能ください!

RECOMMEND ベルギーのおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事