" />

シンガポールのコンセント・電圧事情を解説!プラグは必要?

観光
70793views

シンガポールへの渡航が決まったら、コンセント・電圧事情は要チェック!シンガポールは、コンセントタイプも電圧も日本と異なります。「どんな変換プラグや変圧器が必要?」「スマホやドライヤー、ヘアアイロンなどの日本の電化製品は、持っていったら使える?」など、気になる情報をまとめました。これでシンガポール行きの準備は完ぺきです!

シンガポールのコンセントタイプ・形状・電圧は?

海外のコンセントの形状のタイプや電圧は、どこでも日本と同じという訳ではありません。コンセントの形状・タイプ・電圧が異なる場合は、コンセントの変換プラグや変圧器を使用する必要があります。

シンガポールと日本のコンセントは、形状も電圧も違うもの

海外旅行の際に「日本の電化製品を持って行って使いたい」と思う場合はありますよね。例えば、スマートフォンやカメラの充電器、ドライヤー、シェイバーなどの電化製品です。しかし、シンガポール旅行の際は要注意。シンガポールのコンセントの形状・タイプ・電圧は、日本とは異なるからです。

シンガポールのコンセントタイプ・形状は「3つ穴式のBFタイプ」

まずは、コンセントの形状のタイプについて。シンガポールのコンセントタイプは3つ穴式のBFタイプ」です。日本は「2つ穴式のAタイプ」なので、形状もタイプも異なります。ちなみに3つ穴式のBFタイプ」は、シンガポールだけでなく、イギリスや香港、マレーシアでも使用されています。

シンガポールのコンセントの電圧は「230V(周波数は50Hz)」

次に電圧について。シンガポールの電圧は230V(周波数は50Hz)で、日本の電圧は100V(周波数は50〜60Hz)なので、違いがあります。もし変圧器を使用しないと、日本の電化製品は最悪の場合、壊れてしまうこともあります。

シンガポールで日本の電化製品は使える?変圧器は必要?

先ほどもお伝えした通り、シンガポールで日本のドライヤーなどの電化製品を利用するためには、コンセントの変換プラグや変圧器を使用する必要があります。これらを旅行出発前に日本で購入し、準備しなくてはなりません。

基本的には変換プラグ・変圧器が必要

コンセントの変換プラグや変圧器は、旅行用品専門店やホームセンターで購入することができます。また、最近は100均でも取り扱っている場合もあります。

ホテルの客室に備え付けられている、あるいはフロントで借りられる場合もありますが、確実ではありません。

日本の電化製品を使いたい場合は、日本で変換プラグ・変圧器を準備し、日本から持っていくのが安心です。万が一忘れてしまった場合は、ホテルで借りることができるか、シンガポールではどこで購入できるのか、ホテルのスタッフに尋ねましょう。

最近は全世界対応の製品も多数!見分け方は?

とはいえ最近の電化製品は、グローバル対応のものも多く存在します。グローバル対応の場合、変圧器を使用しなくても、そのまま使うことができます。その見分け方は簡単!製品の底や側面にある「INPUT:100~240V」などの文字を確認することです。

「INPUT:100V」と記載されている場合は、「100Vの電圧に対応しています」という意味で、この場合は日本などの100Vの電圧の国でしか使うことができません。そのため海外で使用するには、変圧器が必要です。

しかし「INPUT:100~240V」と記載されている場合は、「100~240Vの電圧に対応しています」という意味で、この場合は100Vの電圧の国でも200Vの電圧の国でも240Vの電圧の国でも使えます。

iPhoneを含むスマホ、パソコン、デジカメの充電器などは特に、グローバル対応になっているものがほとんどです。自分のものはグローバル対応なのかどうか、ぜひ確認してみてください。グローバル対応ではない場合は、変換プラグ・変圧器を用意しましょう。

シンガポールのコンセント・電圧事情まとめ

今回は、シンガポールのコンセント・電圧事情についてまとめました。シンガポールは、日本とは違うコンセントタイプ・形状・電圧のため、日本の電化製品を使いたい場合は、コンセントの変換プラグや変圧器がないと基本的には使用できません。事前に購入、用意し、持って行くことを忘れないようにしましょう。

ただし最近は、変換プラグや変圧器が不要のグローバル対応のものが増えています。自分の電化製品はどうか、ぜひ確かめてみてくださいね。

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事