" />

【ソウル】ロッテワールドの人気アトラクションからチケット料金・アクセスまで徹底紹介!

観光
98190views

人気の旅行先として毎年日本からも多くの人が訪れる、韓国・ソウル。そのソウルにある『ロッテワールド』は韓国を代表する有名なテーマパークです。年中たくさんの人が遊びに訪れるソウルのロッテワールドとは一体どんな遊園地なのでしょうか?

この記事では、ソウルのロッテワールドの楽しみ方や外せないアトラクション、チケット情報、アクセス方法など、ロッテワールドを楽しむために必要な情報をたっぷりご紹介!韓国旅行に行く前にぜひ1度読んでみてください♪

ソウルのロッテワールドとは?

ロッテワールドは、ソウルにある365日楽しめる全天候型遊園地。屋外のアトラクションだけでなくドーム型の屋内遊園地もあるので、雨の日や真夏・真冬の時期でも思いっきり遊ぶことができます♪特にお子さんがいる方は子供と一緒に楽しめるので、家族旅行にもぴったりの遊園地なのです。

ロッテワールドは敷地がとても広いのといつも混み合っているので、事前に下調べをして計画を立てておく必要があります。どのアトラクションに乗りたいか、何をしたいか、をある程度計画しておいてロッテワールドをしっかり楽しみましょう♪

ロッテワールド

住所 ソウル特別市 松坡区 蚕室洞 40-1(서울특별시 송파구 잠실동 40-1)
営業時間 月〜木曜9:30~22:00、金〜日曜9:30~23:00
休業日 年中無休
電話番号 02-411-2000

ロッテワールドのチケット料金は?

ここからはロッテワールドのチケットについて紹介します。ロッテワールドのチケットは種類がいくつかあり、子供は年齢によって料金が分かれています。年齢確認のためにパスポートの提示が必要になるので、ロッテワールドに行く際は持って行きましょう。

チケットの種類

ロッテワールドのチケットは大きく分けて2種類あります。1つはロッテワールドのみのチケットで、もう1つはロッテワールドと民族資料館の両方に入れるチケットです。そして、さらにそれぞれ1日パスとアフター4入場パスがあります。

ロッテワールドのみ・1日パス

0〜12ヵ月未満 無料
12〜36ヵ月未満 14,000ウォン
3〜12歳 43,000ウォン
13〜18歳 46,000ウォン
19歳以上 52,000ウォン

ロッテワールドのみ・アフター4入場パス

0〜12ヵ月未満 無料
12〜36ヵ月未満 14,000ウォン
3〜12歳 33,000ウォン
13〜18歳 36,000ウォン
19歳以上 41,000ウォン

ロッテワールド+民族資料館・1日パス

0〜12ヵ月未満 無料
12〜36ヵ月未満 14,000ウォン
3〜12歳 44,000ウォン
13〜18歳 48,000ウォン
19歳以上 55,000ウォン

ロッテワールド+民族資料館・アフター4入場パス

0〜12ヵ月未満 無料
12〜36ヵ月未満 14,000ウォン
3〜12歳 34,000ウォン
13〜18歳 38,000ウォン
19歳以上 44,000ウォン

チケットの購入方法

チケットの料金がわかったら、今度はチケットの購入方法を説明します。チケットの購入方法は3つあります。まず1つ目は、ロッテワールドに行って現地で購入する方法。ロッテワールドに行く日にちが決まっていない方、急に予定変更して行くことになった方はこの方法が便利です。

2つ目は、ロッテワールドのスマホアプリでチケットを事前購入する方法。ロッテワールドのアプリを使えば、事前にチケットを購入することができ、当日チケットカウンターに並ぶ必要はありません。時間の短縮にもなるので便利です。

3つ目は、インターネットでお得に買うことができるサイトから事前購入する方法。行く日が決まっている方はこの方法が一番おすすめです!具体的にどのサイトから買えばお得かと言うと、「Voyagin(ボヤジン)」と「kkday(ケーケーデイ)」の2つ。

Voyaginでは民族資料館がセットになったチケットがお得に販売されていて、kkdayではロッテワールドのみのチケットがお得に販売されています!定価の約30%OFFで購入できるのでとてもお得です!どちらのサイトもアフター4入場パスは販売していませんが、現地でアフター4のパスを買うよりもこれらのサイトで1日パスを買った方がお得になります。

チケット購入方法まとめ

・ロッテワールドに着いてから現地で購入

・ロッテワールドのアプリで事前購入

・お得なサイト「Voyagin」か「kkday」で事前購入

ロッテワールドのアクセス方法

続いてはロッテワールドへのアクセス方法について説明します。ロッテワールドに行くなら、地下鉄かバスが便利です。宿泊ホテルや旅行の予定に合わせてどちらで行くか考えましょう。

地下鉄

地下鉄は2号線と8号線の蚕室駅が最寄りです。蚕室(チャムシル)駅の4番出口と繋がっているので雨が降っていても大丈夫!地下鉄駅からのアクセス抜群でとても便利ですね♪

バス

ロッテワールドへのアクセスにはバスも便利です。たくさんの路線バスがロッテワールドに停まるので、宿泊ホテルや他の観光スポットの近くにバス停があればバスで行くのも便利でしょう。ロッテワールドに停車するバスの路線は以下です。

・支線 3217番、3313番、3314番、3315番、3317番、3411番、3414番、4319番

・広域 1007-1番、1100番、1700番、2000番、6900番、7007番、8001番

・幹線 301番、341番、360番、362番

・空港 6000番、6006番、6705番、6706A番

ロッテワールドのおすすめアトラクション

ロッテワールドにはなんと58個ものアトラクションがあります!ゲームやショーを除いてこの数なので、本当に遊び尽くせないほどのアトラクションの数です!絶叫系から小さな子供でも楽しめるものまでバリエーション豊かで、どれに乗ろうか迷ってしまうほど。ここからはロッテワールドで絶対乗りたい、おすすめのアトラクションを紹介します。

フレンチレボリューション

まず最初に紹介するのは、フレンチレボリューションというアトラクション。こちらはロッテワールドで人気ナンバー1を誇るジェットコースターです!超高速で室内から室外へと走り抜け、途中でくるっと回ったりひねりが加わったりと絶叫確実な乗り物!

さらにフレンチレボリューションではVR体験もできます。VRのゴーグルを着用して乗ると目の前にスリル満点な世界が広がり、超高速ジェットコースターをより一層楽しむことができます!

このアトラクションは常に行列ができているので朝一番に並ぶか、後から紹介するマジックパスを利用して乗るのがおすすめ。ロッテワールドに行ったら絶対に乗りたいアトラクションです!

ジャイロドロップ

ジャイロドロップは高さ70mのところから時速100kmで急降下する絶叫系アトラクションです。一番高いところからの景色はとても良いのですが、景色を楽しむ余裕もないほどのスピードで急降下していきます!

ジャイロドロップもVR体験ができるので、勇気のある方はゴーグルを着用してさらなるスリルを味わってみてください!フレンチレボリューションと同じく長い列ができる人気のアトラクションなので、朝一番や空いている時間を狙っていくと良いでしょう。

ジャイアントループ

ジャイアントループは円を描くように何度もぐるぐる回転する変わったジェットコースターです。写真の左奥に見えるのがジャイアントループ。珍しい形のジェットコースターなので、絶叫系が好きな方はぜひチャレンジしてみてください!こちらも常に悲鳴が上がっている絶叫必死のアトラクションです。

フロッグホッパー

フロッグホッパーは子供向けのアトラクションで、カエルがジャンプする時のように上がったり下がったりを繰り返します。子供向けなので怖くはなく、安心して乗せることができます。

ジュネーブ遊覧船

ジュネーブ遊覧船は、ボートに乗って湖での遊覧を楽しむゆったりしたアトラクションです。絶叫系に疲れた時に休憩がてら乗るのも良いですね。スリルはありませんが、家族や恋人とのんびりと楽しみたい時にぴったりです♪

マジックパスを活用してアトラクションを楽しもう!

ロッテワールドにはマジックパスというアトラクションを予約できるシステムがあります。ディズニーランドのファストパスのようなシステムで、並ばずにすぐアトラクションに乗ることができます。

マジックパスを使う方法は、園内にある機械で予約する方法とロッテワールドのアプリで予約する方法の2つ。機械は園内のいたるところに設置されていて、入場チケットのバーコードをかざすとアトラクションの予約ができます。1つアトラクションを予約すると、指定された時間までは次の予約ができません。指定された時間がくればまた予約ができるようになります。機械は日本語指定もできるので、使い方もすぐわかって安心ですね♪

人気なアトラクションは長蛇の列になるので、絶対に乗りたいアトラクションはマジックパスを利用するのがおすすめ!1度に2つ以上の予約はできないので、1番乗りたいものから予約しましょう。マジックパスは無料でできます。

ロッテワールドのパレードやショー

ロッテワールドには季節ごとのパレードやショーなど、見ているだけで楽しいイベントがたくさん!それぞれ時間が決まっているので、見たいものがある場合は時間と場所をしっかりチェックしておきましょう。ロッテワールドのパレードとショーについて、それぞれ簡単に紹介します。

パレード

パレードはアドベンチャーというエリア(入り口を入ってすぐのエスカレーターを上がったところ)で毎日2〜3回開催されています。世界の有名なカーニバルを再現したもので、キャラクターやダンサーが登場して盛り上げます。

また、季節ごとの公演もアドベンチャーで行われます。春は「マスクフェスティバル」、夏は「リオ・サンバカーニバル」、秋は「ハッピーハロウィンパーティ」、冬は「クリスマスフェスティバル」など。ロッテワールドに行ったことがある方も違う季節に行くとまた違った楽しみがあっていいですね♪

ショー

ショーは1200もの席があるガーデンステージで毎日数回行われています。さまざまなショーがありますが、ロッテワールドのキャラクター「ロッティー&ローリー」が出てくるショーは子供たちに大人気!大迫力の音楽も合わさってミュージカルのような楽しさがあります♪その他に、幻想的な光が楽しめる「レーザーショー」も人気です。

ロッテワールドのおすすめグッズ

ロッテワールドに行ったら何かグッズも買いたいですよね。ロッテワールドで人気のグッズと言えば、カチューシャです!ディズーランドでつけるようなカチューシャがロッテワールドにもたくさん売られていて、お気に入りのものを買ってつけている人がたくさんいます。

他にもロッテワールドのキャラクターのぬいぐるみやポーチ、文具など、一通りのグッズが揃っています。お土産にぴったりなお菓子もたくさんありますよ♪

グッズ売り場はそこまで混雑していませんが、アトラクションが混雑する昼間の時間に先にグッズを買っておくと効率的です。荷物がかさばる時は園内のロッカーにいれておきましょう。

ロッテワールドのおすすめフード

ロッテワールドにはレストランやフードコート、カフェがいくつもあります。せっかく韓国に来たなら韓国の美味しいものが食べたいですよね!韓国料理や中華のレストランもあるので、いつくかおすすめを紹介します。

アリランカフェテリア

アリランカフェテリアはビビンパや冷麺といった韓国料理からトンカツまで、色々な料理が楽しめる多国籍レストランです。入り口でトレーと箸を取ったら、食べたい料理のエリアに行って注文し、料理を受け取ったらレジに支払いに行く、というセルフサービスになっています。

家族などで行っていてそれぞれ食べたいものが違う時に便利なレストランですね。席の数も多いので、家族で利用するのにぴったりです

上海

上海では美味しい中華料理を食べることができます。中華料理はどこの国でも人気なので必ずありますね。韓国で食べる中華料理はどんな味か試してみるのも面白いでしょう。いつもたくさんの人で賑わっている評判のお店です。

その他

紹介した2つのお店以外にも、カフェや洋食レストラン、ブッフェスタイルのレストラン、スペイン風のショーレストラン、ピザ屋など色々なお店があります。小腹が空いた時には、アイスクリームやクッキーなどを売っているワゴンを利用するのもいいですね♪

ロッテワールドに行く前にチェック!

最後にロッテワールドに行く前にチェックしておきたい情報を紹介します。知っておくときっと役に立つので一度読んでおいてください。

飲食物の持ち込みについて

ロッテワールドではアルコール飲料の持ち込みが禁止されています。荷物検査は特にありませんが、持ち込まないようにしましょう。お弁当に関してはピクニックエリアのみ持ち込み可能です。パーク内のそれ以外のエリアではお弁当は持ち込み禁止なので注意してください。

食事は時間をずらして

食事時はどこのお店もお客さんでごった返しています。お店に行っても席がなかなか空かないこともあるので、食事は少し時間をずらしてするのがおすすめ。少し早めや遅めの時間に行くとスムーズに入れて時間も効率的に使えます。

また、多くの人が食事をしている時間はアトラクションに並ぶ人が減る場合があるので、その時間を狙ってアトラクションに乗るのもいいですね!

ソウルのロッテワールドへ行こう!

ソウルにあるロッテワールドは、365日どんな天気の時でも楽しめるテーマパークです。子供から大人まで1日楽しく遊べるので、子供連れの家族で行くのにぴったりですね!ソウルからのアクセスが良いのも嬉しいポイントです。

大人気のテーマパークとあっていつも混んでいるので、乗りたいアトラクションは事前にチェックして計画的に楽しむと良いでしょう。VR体験ができるアトラクションは珍しいので特におすすめです!ロッテワールドで楽しい旅行の思い出をつくってください♪

RECOMMEND ソウルのおすすめ記事

ソウル南大門はどんな場所?南大門市場のおすすめグルメは?南大門エリアの見どころを一挙ご紹介!

韓国ソウルにある日本のアメ横と称される南大門市場は、なんでもありのカオスな世界。毎日たくさんの地元客や観光客、商売人がごった返しエネルギッシュな賑わいで満ち溢れています。南大門市場を探検気分で歩けばディープなソウルが体験…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事