" />

シンガポールの治安・最新情報!危険エリアやテロ危険性は?

観光
100views

シンガポールの治安・最新情報を総まとめ!シンガポールは治安の良い国ですが、油断は禁物。比較的治安が悪いエリアや、リュックなどの持ち物に関する注意点を解説します。治安が悪い地域は、ホテル選びの際に避けたり、女性は1人歩きを控えたりしましょう。またトラブル事例、主な罰則・罰金、犯罪・テロの危険性、緊急時の連絡先も要チェックです!

シンガポールは治安の良い、安全な国!外務省からの情報は?

シンガポールは、世界でも有数の犯罪率が低い国・治安が良くて美しい国といわれています。日本の外務省からの情報でも「危険情報や感染症危険情報は出ていない」とされており、治安の良い安全な国といえるでしょう。

しかし、日本でも殺人等は少ないものの、引ったくりやスリなどの犯罪があるのと同じように、シンガポールでも窃盗などの犯罪は頻発しています。特に日本人は、旅行者のためお金を多く持っていると思われているので要注意。

また日本の治安の良さから警戒心も弱いため、ターゲットになりやすいのです。

シンガポールで治安の悪いエリアはどこ?女性の1人歩きは注意!

治安が良いシンガポールですが、安全とはいえ油断禁物です。比較的治安の悪い地域は以下のとおりです。

また、以下のエリアはもちろんそれ以外のエリアでも、夜の女性の1人歩きなどは避けましょう。人目のない暗い場所や裏道などは、通らないようにし、できるだけタクシーを使うようにしましょう。

ホテル選びの際、避けたほうがいいエリア

  • リトルインディア
    24時間営業の大型スーパーのムスタファセンターのある、インド系の人々が集まっているエリア・リトルインディア。以前暴動があり、その後殺人事件が起きたことも。
    週末は人が多いため、スリや盗難なども発生しやすいです。観光には楽しいエリアですが、貴重品の管理には気をつけましょう。また、夜間の訪問や、女性だけでの観光はなるべく避けるようにしましょう。
  • ゲイラン地区
    ゲイラン地区は、安く食事を済ませることのできる屋台の多いエリアです。またこのエリアには、安めの宿が多くあります。しかし、この地区は売春街でもあります。そのため、この地域のホテルは風俗の利用目的のお客さんも多いため、あまりおすすめできません。
    女性だけでうろうろすることも避けましょう。シンガポールは基本政府によって風俗店は管理されていますが、中には違法な店もあります。男性1人で訪れるのも違法な客引きに引っかかる可能性なども考え、避けるようにしましょう。
  • ブギス駅周辺
    ブギスビレッジやアラブストリートなど、シンガポール旅行中に訪れたいスポットが多くあるブギス駅周辺ですが、交通事故が多くなっています。シンガポールは日本と比べて車の運転が荒い傾向にあるため、注意が必要です。日本の歩行者優先の文化とは異なり、シンガポールは車優先の文化であることを頭に入れておきましょう。 また、買い物の際や人が多い場所に行く際は、貴重品の管理に気をつけましょう。
  • クラークキー
    クラークキーには、飲食店やクラブが多く集まっています。現地の人も旅行の人もよく訪れる場所の1つです。お酒を楽しむのはいいですが、週末の深夜0時以降などは特に人が多く集まります。そのため注意が必要です。
    中にはお酒を多く飲ませてくる男性などもいます。旅行の際は、つい楽しくなってしまうことも多いと思いますが、女性だけで訪れる際などは、飲みすぎないように注意しましょう。

観光・買い物中に注意したほうがいいエリア

  • ムスタファセンター
    ムスタファセンターは、リトルインディアにあります。24時間営業の大型スーパーで、お土産などの買い物にも大変便利ですが、先ほどの述べたように、リトルインディアは要注意なエリアです。
    また、ムスタファセンターの両替所は、シンガポールの中でも良いレートで有名です。多くの人が訪れますが、両替の際はきちんとレートを確認し、受け取ったお金をカウントすることを忘れないようにしましょう。
  • ラッキープラザ
    ラッキープラザは、フィリピン人街として有名です。雑貨やアクセサリーのお店がいくつかあり、また安いマッサージ店もあります。週末には、フィリピン人家政婦が多く訪れる場所です。人が多く集まる場所のため、貴重品から目を離さないように気をつけましょう。

バックやリュックなどの持ち物に関する注意点を確認!トラブル事例は?

買い物中やレストランなどは、スリや置き引きに注意する必要があります。例えば、買い物中気づいたら周りを囲まれていて財布をすられたケースや、食事中に机の上に携帯を置いていたところ気づいたらなかったケースなどがあります。

また、リュックの場合、ひとごみを歩くときは前に持つなどして注意を払うことをおすすめします。後ろに背負っていると、巧妙な手口により、気づいたら財布がないというケースもあるからです。

自分の目の届く範囲に貴重品は置いておく、すぐに取り出せるところに貴重品を入れない、買い物や食事に夢中になりすぎない、食事のテーブルを離れる際に貴重品を放置しないなど、自分の身は自分で守れるように注意を払いましょう。

シンガポールの罰則・罰金情報!外国人も対象なので要注意

「シンガポールの街が美しい状態を保っているのは、罰金のおかげ」と言っても過言ではないほど、罰則や罰金が多い国です。もちろん外国人も対象のため、注意が必要です。知らなかったでは済まされません。

例えば、喫煙に関しては、特に厳しく取り締まりがあり、駅やホテル、レストランなどでは全面禁煙になっています。禁煙とされている場所で喫煙した場合には、最高1000シンガポールドルの罰金が課されます。

また、シンガポールではガムの製造、販売、輸入が禁止されており、所持しているだけで罰金の対象になります。気をつけましょう。

それから自動車の車内では、助手席はもちろん、後部座席もシートベルトの着用が義務付けられているため、タクシーを含めて違反しないように注意が必要です。

飲酒についても厳しく、22:30から7:00の間は、一部のバーやレストラン、ホテルの客室内を除いて、公共の場所での飲酒は禁止されています。コンビニやスーパーマーケットでも酒類を販売しません。

シンガポールでの犯罪・テロの危険性は?

シンガポールは世界的に見ても、治安が良く、安全な国とされています。シンガポールの近くには、テロが起きているマレーシアやフィリピン、またイスラム教徒が多いインドネシアなどがあり、隣国から危険な人が入ってこないように、取り締まりも行われてきました。

一方でシンガポール政府は国内出身の過激派と外国人テロリストに対して警戒を強めており、2017年には「テロ攻撃の脅威が近年で最高レベルに達している」という発表もなされました。

シンガポールは、金融の中心地にもなっており、カジノなどもあり、お金持ちも集まるため、テロのターゲットになってもおかしくありません。油断は禁物です!

トラブルが発生したら:緊急時の対応と連絡先

どんなに気を付けていても、トラブルが起きることはあります。そんなときの対応の仕方と、緊急連絡先をチェックしておきましょう。

盗難・紛失の対処法

盗難や紛失の際は、なるべく早く、最寄りの警察を訪れ、盗難・紛失届出証明書を作成してもらいましょう。パスポートの再発行や、海外旅行保険の申請の際に必要になります。

  • パスポートの場合
    パスポートが盗まれた場合や、紛失した場合には、警察で盗難・紛失届出証明書を作成してもらった後、日本国大使館で新しいパスポートか、帰国のための渡航書を発行してもらう必要があります。新しいパスポートを作る場合は戸籍謄本が必要なので、日本から取り寄せる必要がある。また、新しいパスポートの場合は4日、帰国のための渡航書の場合は、1、2日間、手続きに時間がかかります。
  • クレジットカードの場合
    不正利用を防ぐために、すぐにカード会社の緊急連絡先へ電話して、カードを止めてもらう必要があります。臨時カードを発行してもらえる会社もあります。

緊急時の連絡先一覧      

緊急の連絡先を以下の表にまとめました。盗難や事件などの際は、以下を参考にしていただければと思います。落ち着いて行動しましょう。

在シンガポール日本国大使館 6235-8855
警察 999
救急・消防 995
ツーリストホットライン 1800-736-2000
Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス 800-4481-293
JCB紛失盗難受付デスク 001-800-00090009
アメリカンエキスプレス 1800-535-2209
master card  800-1100-113

シンガポールの治安・最新情報まとめ

シンガポールは治安の良い国ですが、スリや置き引きなどは起きているため、油断は禁物です。比較的治安が悪いエリアや、リュックなどの持ち物に関する注意点を解説しました。

自分の身は自分で守らなくてはなりません。治安の悪い地域や女性の1人歩きなどを避け、また貴重品の管理を怠らないようにしましょう。盗難や紛失の際は、警察にすぐに届け出て、必要な手続きを取りましょう。

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事