【ベトナムにオペラハウス!?】首都ハノイ・オペラハウスの魅力や楽しみ方を解説

観光
6108views

ベトナムの首都ハノイにオペラハウスがあると聞いて驚かれる方も多いのでは。
旧市街地からもタクシーで8分程度と離れておらず、歴史を感じる建築物なので外観を観るだけでも楽しめます。勿論、オペラハウスでは連日プロによるショーが繰り広げられ、本場さながらの非日常感を味わえるオペラハウスになっています。

首都ハノイ・オペラハウスの魅力とは

ベトナムの首都ハノイのフランス人街でも、際立つ存在感の歴史的な建物。圧倒的な存在感には驚かされますし、外から見るだけでも細部までこだわり抜かれた建築にうっとりします。そんな建物の中でベトナムの一流の歌手やダンサー、音楽家のショーが開催されます。こちらのオペラハウス、ショーのチケットなければ中に入れないのはご存知でしたか?今回はそんな足を運ぶ前に知っておきたい情報と、歴史や見どころをまとめました。

フランス統治時代から続くオペラハウスの歴史

ハノイにはフランス統治時代に建てられた西洋建築が多数存在します。その中でも、ハノイの中心に立つオペラハウスは、5つの主要な都市道路がつながる美しい交差点のダウンタウンに位置。パリのオペラ座「ガルニエ」を模して造られたとされる市民劇場NHÀ HÁT LỚN HÀ NỘI(オペラハウス)は、フランス人建築家が建築しました。なんと10年の建設期間を経て1911年に完成されたそう。100年以上の歴史を持つこちらの建築物ですがベトナム革命時には、政治的に重要な意味を持つ場所にもなり、政治集会が開かれたり、建物の周囲が戦場になったりしたこともあったそうです。ベトナム(National Liberation Front)の国の設立もこちらで祝われ、その際にはオペラハウスの2階のバルコニーに金色の星が付いた赤い旗が設置されました。

ハノイ・オペラハウスの営業時間

演目によって営業時間は異なりますが夕方から始まることが多いです。
また、外観のみでしたらいつでも大丈夫です。

ショーチケットの料金

630,000VND(約3,150円)~1,430,000VND(約7,150円)
チケット価格はタイの物価に比べればやや高めですが、プロのオーケストラやダンサーのショーを観ることが出来る思えばお手頃でしょう。

溢れる非日常感をオペラ座で味わう

10年以上かけて作られた華やかな空間、天井も高く、約600席を有する広々とした豪華な内装の会場です。
ベトナム内外で評価の高い歌手やダンサーのショーが繰り広げられる他、 フランスとイタリアの伝統オペラやベトナムの伝統芸能、バレエやシンフォニー、民族音楽のコンサートなどが連日上演されています。日本人指揮者がこちらのオペラハウスに立ったことも。更に、夜になるとライトアップされるのでよりロマンチックな雰囲気に包まれます。

オペラ座の内装

建物は地上34メートルで、長さ87メートル、幅30メートルの2600平方メートルの総面積で行われました。そのデザインは、19世紀のフランス建築様式の影響を強く受けています。フランスの新古典的なデザインの窓、錬鉄製のバルコニー、タイル張りのフリースが印象的。ハノイオペラのインテリアデザインは、赤いカーペット、クリスタルのシャンデリア、大きな壁の鏡、白い大理石の階段を使用されていて、思わず圧倒されます。

ショー以外の楽しみ方

1995年に政府は約1400万ドルをオペラハウスの修復に費やされ、2011年の100回目の誕生日にはNation Relicとして評価されました。外観もさながら中に入ってみると、優雅な空間が広がり、非日常感を味わうことが出来、ベトナムの雰囲気とはまた違った建物です。オペラ座2Fのミラールーム(鏡の間)では、ヨーロッパ風のお部屋を見ることもできます。そこには、戦争時の銃弾によるヒビ割れた鏡がそのままの姿で残されているので、当時の歴史を生で感じることも。3Fの展示エリアでは劇場のデザイン図、以前に建築を彩った装飾タイルや彫刻の断片などを展示。
また、古い時代のハノイオペラハウスの風景や、ソビエトからの芸術派遣団のバレエ公演の様子など、劇場のこれまでの姿の写真が展示されています。

ハノイ・オペラハウスへの行き方

ハノイの旧市街エリアから1kmほど南へ向かい、ホアンキエム湖の南東部に位置、周辺の観光地からも近いので足を運びやすい立地になっています。ただ、車やバイクで混雑していることや、オペラハウス前のロータリーには信号が無いので反対側に渡る際も気をつける必要があります。

ハノイ・オペラハウスへのアクセス

ノイバイ国際空港からはバスで40分程度。

旧市街地からも徒歩20分程度タクシーでは約8分となっています。
観光名所の一つであるホアンキエム湖からは徒歩5分程度。

名前 NHÀ HÁT LỚN HÀ NỘI
住所 1 Trang Tien, Hoan Kiem,Ha noi
電話番号 04-3933-0113

ハノイ・オペラハウスへの交通手段

ハノイ・ノイバイ空港と市内を結ぶ交通手段はタクシー、ミニバス、市バスなどがあります。鉄道や地下鉄といった交通手段はありません。タクシーはやや料金高め、ミニバスは待ち時間が長いこともあるので、市バスがおすすめです。停車駅にオペラハウスがあるので言葉が通じるか不安な方も安心でしょう。

ハノイ・オペラハウスの所要時間

演目により所要時間は変わってきますが、大体1時間程度です。90分前から入場可能ですので内装の見学は時間をかけてたっぷり楽しむ事ができます。

ハノイ・オペラハウスのチケット購入方法

現地で当日チケットを購入するのは不安と言う方は、日本でもチケットを購入することが可能です。もちろん現地での購入も大丈夫です。

日本からチケットを予約する場合

https://www.luneproduction.com/#!
こちらのサイトから座席を選んで、クレジットカードでチケットを購入することが出来ます。
名前・メールアドレス・電話番号を入力して、国籍を選択し、クレジットカードの情報を入力すれば完了です。 支払いが済むとEチケットが添付されたメールが送られてきます。
※会場変更等もあるそうなのでお気をつけください。

現地でチケットを購入する場合

オペラハウスの正面一階、オペラハウスに向かって右側に”Ticket Center”があります。
こちらでも座席を選んでチケットを購入することは可能です。

オペラハウス公演のおすすめ席

オペラハウスの座席ですが、600席近くあるので臨場感を味わいたい方は真ん中あたり、内装を含めて楽しみたい方は2階席などがおすすめです。2階席は正面から全体が見渡せますし、演奏者それぞれがハッキリと見えます。
団体で行かれる際は、後ろにあるボックス席もあります。どちらのお席も、ゆったりとしたスペースに作られ、視界が遮られないように段差などの工夫が凝らされているので安心してください。座席の細かな選択も可能になっているので、気分に合わせて選ぶことができます。しかし、タイミングによっては2階席が開放されていないこともあるのでご注意ください。

ハノイオペラハウスまとめ

ハノイにある本格的なオペラハウスはいかがでしたでしょうか?周辺には海外のハイブランドショップや、高級ホテル、レストラン、カフェが並び、フランス植民地時代の社交の中心地ならではの空気感を直に感じることが出来ます。カフェも併設されているので疲れてしまった時に立ち寄ってみるのも、1日観光された後の締めくくりとしてもおすすめです。豪華な建築物の中で、プロたちが繰り広げる華麗なショーをお楽しみください。

 

▼ベトナム市内を効率よく回れるおすすめツアーはこちら!

RECOMMEND ベトナムのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事