" />

これで安心★ロンドン・ヒースロー空港情報&市内へのアクセス方法を解説!

航空券・移動
28views

イギリス・ロンドンには6つの国際空港があり、発着数は世界2位となっています。なかでも「ロンドン・ヒースロー空港」は、ヨーロッパのハブ空港として利用されていて、年間利用者数が世界トップ10に入る有名な空港です。

日本人の利用率が最も高いヒースロー空港ですが、空港が大規模であることや常に混雑していることに圧倒され、思いがけず迷ってしまうことも!

この記事では空港内や空港~ロンドン市内間をスムーズに移動できるように、ヒースロー空港の基本情報や市内へのアクセス方法などについて詳しく解説していきます。

ロンドン・ヒースロー空港の基本情報

ヒースロー空港はロンドン市内から西へ約30kmの位置にあり、2017年度の年間利用人数は約7320万人となっています。空港内は非常に広く常に混雑しています。飛行機を降りてからスムーズに立ち回れるように、この項目ではヒースロー空港の基本情報として、「ターミナル」「wi-fi」「両替」について説明します!

ヒースロー空港のターミナルについて

ヒースロー空港には、ターミナル1~5まで5つのターミナルがあります。(※ターミナル1は2015年に閉鎖)

日本~ロンドン間の直行便がある航空会社は全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の3社です。ANAはターミナル2、JALはターミナル3、BAはターミナル5と同じ直行便でもそれぞれ別のターミナルに発着します。

ターミナル間の移動

ターミナルは「ターミナル2&3」「ターミナル4」「ターミナル5」の3駅に分かれています。 ターミナル2と3の間は歩いて移動できますが、ターミナル2・3⇔ターミナル4or5、ターミナル4⇔5へと移動する時は電車(ヒースローエクスプレス)で移動する必要があります。なお、ターミナル間の運賃は無料ですのでご安心を!

乗り継ぎの場合は、乗り継ぎ用の連絡バスが運行しているのでそちらを利用してくださいね。

各ターミナルからヒースローエクスプレスまでの道のりは長く、結構歩きます。ターミナル内に電動カートを走らせている人がいるので、見かけたら遠慮せずに乗せてもらいましょう!

ヒースロー空港内のwi-fi事情

ヒースロー空港では無料のwi-fiが利用できます。利用制限は4時間。3G回線なので速度に期待はできませんが、ちょっとした調べ物やMAPを見るくらいでは問題ありません。

Wi-Fiの設定方法に関しましては、以下をご確認ください。

設定方法
  1. Wi-Fiの設定画面から「Heathrow Wi-Fi」を選択しましょう。
  2. ブラウザを開いたら「Please click here」をタップ!
    (自動で移動する場合もあります。)
  3. 「Sign in for Free Wi-Fi」」のバーを選択。
  4. 必要情報を記入。
    ※名前はローマ字、Flight numberには乗ってきた便名を入力。
  5. コネクティング画面になって「You’re connected」と文字が出れば接続完了です!

ヒースロー空港内の両替所について

ヒースロー空港の到着口付近には24時間稼働の両替所があります。両替には困りませんが、1£あたり約20円の手数料をとられるのでレートが悪くおすすめできません。

どうしても必要な場合を除く空港での両替は控えたほうが賢明です。あらかじめ日本で必要最低限を両替しておき、足りなくなったらロンドン市内の両替所で両替するようにしましょう。

ヒースロー空港からロンドン市内へのアクセス方法

ヒースロー空港からロンドン市内までは様々なアクセス方法があります。複雑なように見えますが、一度理解すれば目的別に選べるので、とっても便利ですよ♪

ここでは主に利用されている6つのアクセス方法を紹介します。これさえ読めば、ヒースロー空港~ロンドン市内間の移動は完璧に!

①地下鉄

とにかく安く行きたい人は地下鉄(Underground・Tube)がおすすめです。Undergroundの目印に沿って行くと地下鉄乗り場に行くことができます。

基本情報
  • 乗り場:ヒースロー空港駅
  • 所要時間:約50分
  • 料金:£6(オイスターカード利用時:£3.1~5.10)
  • 注意点:エレベーター、エスカレーターのない駅もある

地下鉄の利用方法をはじめとする、ロンドン市内の移動手段に関しては、こちらの記事も併せてご覧ください。

旅行の自由度UP!ロンドンの移動手段を徹底解説《電車・バス・タクシー》

②ヒースローエクスプレス

日本でいう成田エクスプレスのような存在である「ヒーローエクスプレス」。地下鉄よりも料金は上がりますが、パディントン駅までノンストップで行けるため、移動時間を短縮したい方におすすめ!チケットは自動券売所や案内カウンターで購入可能です。

基本情報
  • 乗り場:ヒースローセントラル駅またはヒースローターミナル5駅
  • 所要時間:約15分
  • 料金:スタンダードクラス:片道/£23  往復/£34
    ※ファーストクラス:片道/£29  往復/£51
  • 注意点:オイスターカードは利用不可。ターミナル4には停車しません。

③ヒースローコネクト(電車)

料金・時間共に、地下鉄とヒースローエクスプレスの中間となる電車。停車駅が間に5駅あるのでヒースローエクスプレスよりは時間がかかりますがその分運賃も安く設定されています。

一般の方の利用率も高く、混雑している場合があるので注意をしましょう。

基本情報
  • 乗り場:ヒースローセントラル駅またはヒースローターミナル4駅
  • 所要時間:約25分
  • 料金:£10.3(パディントン駅まで)
  • 注意点:オイスターカードは利用不可。ターミナル5には停車しません。

④ナショナル・エクスプレス・エアポート(バス)

空港リムジンバスを利用して市内へ行く方法です。イギリスではバスのことを「コーチ」と呼びます。

ヒースロー空港から徒歩5分~10分程度にコーチターミナルがあり、そこからヴィクトリア駅まで行くことが可能♪レザーシートでエアコン&トイレが完備されおり、車内はとっても快適。 バス内からロンドンの街並みをゆっくり車窓観光できるので、特に急いでいない人は利用してみる価値がありますよ!

基本情報
  • 乗り場:セントラルバスステーション
  • 所要時間:約40分前後(交通状況による)
  • 料金:£6(ヴィクトリア駅まで)
  • 注意点:渋滞する可能性がある。ターミナル4.5からはセントラルへの移動が必要です。

⑤タクシー

荷物が多く重たい、または小さい子供がいるから移動が大変!多少お金がかかってもドアtoドアがいい…。 そんな人にはタクシーがおすすめです。 ロンドン名物のブラックキャブはメーター制、ブラックキャブより割安なミニキャブはメーター制でなくどの辺りにいくかで先に料金が決まっています。なお、ミニキャブを利用するには事前予約が必須です。

基本情報
  • 乗り場:各ターミナルのタクシー乗り場
  • 所要時間:約40分前後(交通状況による)
  • 料金:約£70(ブラックキャブ)約£35~(ミニキャブ)
  • 注意点:渋滞する可能性があるので、到着後の予定にはゆとりを持たすことをおすすめします。空港内の客引きはぼったくりタクシーなので付いて行かないように気を付けましょう。

⑥送迎車

ホテルや各ツアー会社などがオプションとして出している送迎車を利用する方法も一つの手。 大抵の場合、ドライバーが到着ロビーで名前のプレートを持ち、待機してくれているので、安心かつ安全に移動できますよ。

送迎車はプライベート型やミニバン型orシャトルバス型(相乗り)と様々です。

基本情報
  • 乗り場:到着ロビーや各待ち合わせ場所
  • 所要時間:宿泊先ホテルによる
  • 料金:各ホテル・ツアー会社による
  • 注意点:渋滞する可能性がある。事前予約が必須!

深夜や早朝の発着にはヒースロー空港内のホテルを利用しよう!

海外旅行あるあるのひとつ、飛行機の発着時間問題。ヒースロー空港は24時間営業でカフェなどもありますが、異国のターミナルで夜を明かすとなると、少し不安ですよね。

深夜や早朝に発着する飛行機を利用する際は、ヒースロー空港内から直結しているホテルを利用するのがおすすめです!

ターミナル4に直結①「Hilton London Heathrow Airport(ヒルトン ロンドン ヒースロー)」

ターミナル4に直結しているヒルトンホテル。部屋は広めでゆったりとしているのでリラックスして休むことができますよ。ターミナル5からは有料でシャトルバスも運行しているので便利。やや高めですがゆっくりと身体を休めたい時におすすめです。

ターミナル4に直結②「YOTELAIR London Heathrow Airport(ヨーテルエア ロンドン ヒースロー エアポート)」

こちらもターミナル4から直結しているホテル。カプセルホテルのため、各部屋は少しこじんまりとした印象です。しかし、とてもオシャレで、空港内ホテルの中では安いことから非常に人気があるホテルです。

ターミナル5に直結!「Sofitel London Heathrow(ソフィテル ロンドン ヒースロー)」

ターミナル5から屋内トンネルで直結しているホテルで600室を超える大型ラグジュアリーホテル。五ツ星ホテルということもあり設備、広さ、綺麗さに冠しては全てが上質!特にベッドが気持ちいいと定評があり、フライトで疲れた身体を優しく癒やしてくれますよ。

ヒースロー空港の免税店

ヒースロー空港内には、すべてのターミナル内に免税店があります。「World Duty Free」や「Harrods」ではインターネットで商品の予約(取り置き)も可能! あらかじめ欲しいものをチェックしておき、当日に空港内にある免税店やお店で受け取りできるのは嬉しいサービスです。

絶対に喜ばれる♡ロンドン人気のお土産情報はこちらの記事をご覧ください。

ロンドンお土産17選★定番からロンドン限定グッズまで人気のお土産をご紹介!

World Duty Free(ワールド・デューティー・フリー)

世界各国で展開している免税店。全ターミナルに店舗があり、ハイブランドからロンドンの雑貨まで品揃えが豊富なのが特徴です。お土産を買い忘れた時の強い味方になること間違いありません!

Harrods(ハロッズ)

イギリスの老舗百貨店。「ハロッズのオリジナルバッグ」や「くまのパディントン」など人気の雑貨をたくさん扱っています。またイギリスで人気のお菓子や紅茶なども置いてあるのでお土産選びに迷った際にはぜひハロッズへ♪

The Harry Potter Shop(ハリーポッターショップ)

日本でもファンが多い大人気映画(小説)「ハリーポッター」のオリジナルショップ。ターミナル5に店舗があります。衣類や書籍、キーホルダーなど様々な商品があり、ハリポタファンにはたまりません。

ロンドン限定商品もあるのでお見逃しなく!

イギリス発祥のブランドショップ

「BURBERRY(バーバリー)」「Cath Kidston(キャス・キッドソン)」「Paul Smith(ポール・スミス)」など、イギリス発祥のブランド店があります。 日本よりも安く購入できるのはもちろんのこと、日本未発売の商品があったりするので好きなブランドがある人はぜひ覗いておきましょう。

免税手続きで更にお得に!?

イギリスでは、食品や書籍、子供が使用するもの以外には、20%のVAT(付加価値税)がかかっています。イギリスから出国すること、過去3ヶ月以内に購入した品物について未使用であることを条件に、免税手続きを行うことができます。

ヒースロー空港内での免税手続きに関しましては、通常でも待ち時間程度が30分と長いのがネック…。混雑時は更に待ち時間がかかる場合もあるので、免税手続きをしたい人は余裕を持って空港に到着することをおすすめします。

これで完璧!ヒースロー空港での免税手続きの方法をご紹介!

「大変そう」と嫌煙されがちな免税手続きですが、手順さえ知っていれば問題なし!事前にヒースロー空港での免税手続きの方法を知っておくだけで、いざ利用する際にスムーズに手続きを行うことができますよ♪

免税手続きの方法
  1. 購入したショップで、VAT還付申請用紙を発行してもらいレシートと一緒にキープしておく。
    ※還付申請用紙は事前に記入しておくと後々スムーズに!
  2. 還付申請用紙、レシート、購入品を持って税関に行きましょう。
  3. パスポートと還付申請用紙、レシートを税関の職員に提示する
    ※購入商品の提示を求められる場合があるので、商品は出国するまで開封しないようにしましょう。開封すると免税手続きを受けることができない場合もあるので要注意。
  4. 免税書類にスタンプを押してもらう。
  5. 免税書類をもって、VAT Refundカウンターへ!
  6. 払い戻しの方法を決め、終了。

 

払い戻しは現金かクレジットカードか選択できます。現金の場合は手数料がかかるので、特に現金が必要でない場合はクレジットカードでの還付を選ぶ方をおすすめします。還付金は5日~1週間程度で戻ってきます。

ヒースロー空港を満喫しよう!

いかがでしたか?

この記事ではロンドン・ヒースロー空港の概要や整備、ロンドン市内へのアクセス方法、免税手続きなどについて紹介しました。

大規模で一見複雑に見えるヒースロー空港ですが、慣れると免税店やショッピングはもちろん、カフェやレストランも充実しているので飽きることなく長時間過ごすことができますよ。

大規模なヒースロー空港ですが、慣れると免税店やショップはもちろん、カフェやレストランも充実しているので飽きずに長時間過ごすことができます。

また、ターミナル間の移動は電車も無料なので、自身の発着地ではないターミナルまで運んでみるのもおすすめです。困ったことがあったとしても、ヒースロー空港の職員は親切な人が多いので、勇気を持って声をかけてみてくださいね♪

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事