" />

タイ・バンコクの気温やベストシーズンは?チェック必須の服装&持ち物も大公開!

現地情報
104views

食事が美味しく、魅力的な寺院や手軽に楽しめる本格的なマッサージなど、日本人の大好きがぎゅっと詰まったタイの首都バンコク。

1年を通して温かく、過ごしやすいイメージの強いバンコクですが、実際はどうなのでしょうか?この記事ではバンコク観光のベストシーズンや天気の特徴をはじめ、おすすめの服装や持ち物を紹介します。

バンコクの気温・天気の特徴

東南アジアの熱帯の国であるタイの首都バンコクは「1年中暑い」というイメージがありますが、実際には、気温や湿度、そして雨量など、季節によってずいぶんと違いがあります。

バンコクの天候は熱帯モンスーン気候に左右され、季節は主に 3 ~ 6 月の暑期、7~10 月の雨期、11~2 月の乾期の3つに分けられます。バンコクは世界でも最も暑い都市と自称するだけあって、日中の年間平均気温は年なんと30℃!猛暑日には連日40℃を超えることも。11月に入ると気温が徐々に下がっては来ますが、それでも20℃を下回ることは、ほとんどありません。

4~5月と9~10月は最も湿気が多い時期となり、少しじめじめとすることも。南西モンスーンは5~10月にかけて訪れるため、この時期は不安定な曇り空が増えてきます。

バンコクの季節別気候の特徴とおすすめの過ごし方

1年を通して常夏気分を味わうことができるバンコクですが、各季節ごとの気候の特徴とおすすめの過ごし方を紹介します。

バンコク暑期(3月~6月):気候の特徴とおすすめの過ごし方について

バンコクの暑期は1年で最も暑く、時折り暑くなる、どころではなく数日間連続して最高気温が40度にもなることも!日本の夏とは違い湿気が少なく乾燥しているのが特徴で日本よりも過ごしやすいと感じる人もいるようです。

日本よりも日差しが強いため、紫外線対策は必須!日焼け止めを塗る、日傘を差すなど工夫をしましょう。「たかが日焼け」と侮るがなかれ!日焼けが元で起こる肌トラブル(火傷や湿疹)を未然に防ぐためにも、日焼け対策は万全に行いましょう。

平均気温が35℃と非常に暑いため、暑期はボートクルーズやショッピングモールでのお買い物を楽しんだり、ルーフトップバーやプールサイドで休憩したりして、バンコクの厳しい暑さを逃れる過ごし方がおすすめです。

バンコク雨季(7月~10月):気候の特徴とおすすめの過ごし方について

バンコクの雨期はとにかく雨が降る日が多く、ほぼ毎日雨が降ることも!とは言え、日本の梅雨とは違い、長時間に渡り雨が降り続くのでは無く短時間でスコールのような激しい雨が降るのがバンコクの雨期の特徴です。

基本的には1時間程度で止むことが多いのですが、その瞬間は道路に水が溢れるほどの雨量になることもあります。雨が止めばさっきまでの雨が嘘かのように晴れ渡るので、外に出るならこのタイミングが最適。

雨期は雨だけでなく、暑さも健在。平均気温は33℃と高めです。雨期はエンターテイメント施設や水族館などの商業施設でまったりと過ごすのがおすすめです。

バンコク乾期(11月~2月):気候の特徴とおすすめの過ごし方について

1年を通して暑いバンコクの中でも最も過ごしやすい気温になるのがこの季節。降水量が減り、気温も徐々に落ち着いてきます。また、この時期のバンコクの天気は概ね安定していて穏やかで、ほとんど毎日青空が広がります。

日中の平均気温は30℃を超える日もありますが、夜間の気温は20℃前後なので、ナイトマーケットを楽しむのにも最適です。

バンコクの乾期はビーチリゾートや寺院巡りなど、何を楽しむのにもおすすめ!まさにバンコクを丸ごと楽しみ尽くせる季節だと言えるでしょう。

バンコクの雨期と降水量について

では具体的にバンコクで最も雨が降る雨期の降水量やスコールについて、詳しく見ていきましょう。

バンコクの雨「スコール」とは?

スコールとは、雨を伴った風のことであり、熱帯地域にて頻発する自然現象のことを指します。

スコールの前兆としては風の発生が第一に挙がり、まだ雨も降り出していないのに風が強くなりだした時は注意が必要です。雨雲が掛かるのも早く、突然暗くなると共に瞬く間に風と共に激しい雨が降りはじめます。

雨季には特に気を付けて!

雨期に入るとと1日に1回はこのスコールが発生すると思っておいて損はありません。

スコールの特徴としては降る瞬間も突然ながら、止んだ後はまるで何も無かったかのように晴れ渡る瞬間的な切り替え。ゆっくりと天気が晴れに向かう、というよりは雨が上がったと思ったら気付いた時には晴れ渡っているというように、すっきりとした天気へと早変わりします。

基本的には瞬間的に、短時間の間で激しく降るのがスコールですが、稀に1時間以上降り続けることも。雨季に外出する際には必ず雨具を持って行くのを忘れないように気を付けましょう!

バンコクの降水量

1度に降る雨の量が非常に多く、雨期に入ると降水量も倍以上に!

雨期に入る5月までは比較的穏やかで、乾期ともなると雨の量はぐっと少なくなり、平均降水量は30ミリ前後と落ち着いています。しかし雨季に入ると途端に雨の量が増え、平均降水量は300ミリ。年によっては400ミリを超える降水量を記録することも!

特に9月は雨が降る日が多く、9月の降水量は日本の3倍の量だと言われています。

年間を通して暑いバンコクだけど、夏はあるの!?

常に暑く、まさに1年を通して常夏気分を味わえるバンコク。大きく3つの特徴的な季節があるものの、ここに夏という季節はあるのでしょうか。

実はバンコクにも日本同様、夏という季節の概念があり、多くのバンコクの人たちは声を揃えてその時期を3月から5月と答えます。この時期は暑期に当てはまる時期で、バンコクで最も暑いとされている季節。

日本の夏と同じようにここバンコクでも熱中症の心配がされるほどの暑さなので、熱中症対策が必須です。

曖昧なバンコクの夏と旧正月

バンコクの人が夏だと認識しているのは3月から5月。しかしこれはあくまでも認識であり、そう感じている人が多いというだけ。あくまでもバンコクの季節は暑季、雨季、乾季の3つとなっています。

ちなみにこの夏だと認識している1年で最も暑くなる4月はタイの旧正月ソンクラーンとしても知られています。この時期にはバンコクだけでなくタイの全土で大規模なお祭り水掛け祭りが行われます。

暑い夏だからこそ、現地の人と一緒になって思いっきり水を掛け合い、ズブ濡れになるのも旅の良い思い出に♪

バンコク観光のベストシーズン

バンコクの観光ベストシーズンはズバリ乾季である11月から2月の中旬!この時期は雨が少なく、気温も落ち着いてくるので日本人にとっても非常に過ごしやすい季節だと言えるでしょう。日本からの観光だと、年末年始と重なり、大型連休も取得しやすいので、まさに観光にもってこいのタイミングですね♪

過ごしやすいとは言え、日中は30℃を超える日もあり、暑さを感じることも少なくはありません。しかし、20℃以下になることもほとんど無く、日本の夏服で快適に過ごしてをていただけますよ。

日本は冬だけど、常夏でバカンスをしたい!と思った際には、ぜひバンコクを旅行の候補地として入れてみてはいかがでしょうか?冬の大型連休でもバンコクに行けば、そこは常夏!海だって楽しめます!

バンコクでのおすすめの服装

年間気温が30℃を超えるバンコクでの服装は日本の真夏に着るようなものでOK!蒸し暑い日もあるため、通気性のよいものがおすすめです。

デパートやレストラン、ホテル、バスなど車内では、エアコンの効きすぎで寒い場合もあるので、カーデガンやジャケットなど羽織るものを必ず持っていきましょう。

一方乾季、特に12~1月には、朝晩は気温がぐっと下がることも!乾季はバンコクの観光に最も適した時期ですが、防寒着を1枚持っていると朝晩の急な冷え込みの時に安心です。

バンコクで気を付けるべき服装

季節を問わず言えることですが、タイは敬虔な仏教国で、人々は寺院やお釈迦様をとても大切にしています。寺院などではノースリーブや半ズボン、ショートパンツなど肌の露出の大きい服装では入れないことも。観光で寺院や仏像を見る際には、服装に気を配りましょう。

場所によっては、日よけ対策の防止もNGとされていますので、そこは素直に指示に従ってくださいね。

おすすめするのはこんな服装

そこでおすすめするのは、女性ならロングスカート、または長ズボン、男性も同じく長ズボンの着用。上半身は半袖なら問題ありませんが、女性なら肩まで出ている服装は避けましょう。

服装は王室関係や寺院に限らず有名な飲食店でも同じようにNGとされることがあります。事前にドレスコードをチェックしておくことをおすすめしますが、いずれの場合も極端に肌が露出していなければ大きな問題にはなりません。

バンコク:おすすめの持ち物(天候/天気編)

バンコク旅行で持って行くと役立つアイテムをバンコクの天気や気候を踏まえた上でご紹介します!

上から羽織る薄手の洋服

レストランやショッピングセンターといった室内は冷房でよく冷えており、寒いくらいなので薄手の上着やストールがあると重宝します。

特に寒いのが苦手な方や冷え性の方は薄手とは言わず、厚手のパーカーを持って行く方が安心です。

サングラス・日焼け止め

気温が高いということは直射日光も強いということ。サングラスはもちろん、すぐに日焼けしてしまうこともあるので日焼け止めは忘れずに持参してください。特に海へ行ったりと普段より肌を露出させる場所に行くのならなおさらです。

日焼け対策グッズは現地でも購入できますが、日頃から使っているものを日本から持ち込む方が無難です。特に、日焼け止めクリームなど直接肌に触れる製品は、日本人の肌に合うように作られた日本製が安心ですよ。

雨具

雨期に入ると、急な雨に見舞われることも。そんな時に備えて、折りたたみ傘・カッパなど雨具をバッグに入れて持ち歩くと安心です。

サンダルと靴

雨やビーチなど濡れることを考えるとサンダルは必須。スコールの多い時期ではすぐに靴が濡れてしまい、快適な観光どころではなくなってしまいます。

しかしサンダルはリスクもあり、王室関係などの場所では軽装過ぎる場合、サンダルであってもNGとされてしまいます。サンダルを普段履きにしつつ、軽めの靴を鞄に入れておくと、どんな場面でも柔軟に対応できますよ。

着替え

暑いバンコクではすぐに汗もかきます。また、スコールなど濡れる危険性は非常に高いので、濡れた時や汗をかいた時にすぐに着替えられるよう着替えを持っておくと安心です。

濡れたまま室内に入るとエアコンが利き過ぎて風邪をひくことにもなりかねません。より快適に過ごすためにも着替えは必須ですよ。

バンコク旅行をより快適に!

日本とは異なる、バンコク特有の気候について理解が深まりましたか?年間平均気温が30℃と常に温かく、年中常夏気分を味わえるバンコク!意外にも夏季、雨季、乾季に分かれており、「夏」も存在します。

乾季がバンコク観光ベストシーズンだと言わています。この時期に入ると降水量も減り、気温も25℃前後で安定してくるので、寺院やショッピング、海、どこに行っても快適に過ごすことができますよ。

バンコクの気候に合わせた服装や持ち物を事前に準備して、より充実したバンコク観光にしてくださいね。

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事