" />

バハマでイルカと泳ごう!ビミニ諸島で夢のドルフィンスイム

観光
1774views

イルカと泳ぐなんて、なんだか夢のような話に聞こえませんか?でも夢じゃないんです。ビミニ諸島にあるバハマでは今、イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムが、世界中から注目されています。バハマのイルカには不思議な力があるのです。それはイルカを間近にした人だけがわかる、不思議な力なのです。バハマの地で、不思議な力を持ったイルカと一緒にドルフィンスイムを体験してみませんか?

ドルフィンスイムって?

1

ドルフィンスイムとは、イルカと一緒に泳ぐことを意味します。スノーケリングやスキンダイビングでイルカと触れ合い、海で一緒に泳ぐことができます。ドルフィンスイムは底に足がつかないシュノーケリングです。シュノーケリング未経験者はまず、簡単なシュノーケリングの練習から行うことになります。ダイビングよりは気軽に望めますし、スタッフがいるので安心して望むことができます。

ビミニ諸島バハマって?

2

バハマはフロリダ半島から南東へ800キロメートルほど行ったところにあります。そこには723の島と2500近い岩礁でビミニ諸島が構成されています。 ビミニ諸島はバハマの中ではフロリダ寄りにあります。バハマ島は細長く、道の真ん中から両側に海を見ることができます。東側にはマリーナや桟橋が沢山並んでいて、西側にはターコイズブルーの色をした海とビーチがひろがっています。3

島の周辺ではカジキマグロのトローリングが盛んで、マイアミからトローリングにやってくる人々も多いそうです。 ちなにみにあの有名な作家、ヘミングウェイもこの島を愛した一人だと言われています。「海流のなかの島々」の舞台ともなったことでも有名です。日本からの行き方は、日本からサンフランシスコもしくはシカゴ経由でマイアミまで行きます。所要時間は約17時間。そこからビミニへはマイアミ国際空港から車で約20分ほどのところにあるチャークス空港から小型の水上飛行機に乗って行くことになります。4

何故水上飛行機かというと、ビミニの島には空港も滑走路もないからなのです。着陸ではなく着水なんて、なんだか不思議な感覚になりそうですね。ビミニ島はアトランティスが沈んだといわれるエリアでもあり、海底にアトランティスの神殿の石畳が広がっているパワースポットとも言われています。バハマの人たちもとても陽気で楽しげな人が多い地域なので、イルカだけではなく現地の人との交流も一緒に楽しみたいですね。

バハマ・ビミニ諸島に住んでいるイルカ。

5

バハマに住んでいるイルカの種類は、マダライルカというイルカで、世界一フレンドリーと言われています。くるくる回りながら泳ぐ姿は愛嬌があり、なんともかわいらしいです。もちろん野生ですが、その人懐っこさを見ているとまるで本当の友達、というか恋人といるような感覚になります。その素直さとつぶらな瞳に心奪われる観光客が後を絶たないとか。6

バハマは常夏の島ですが、1月から2月にかけては冬シーズンおとなり、イルカも少ない時期になります。ドルフィンスイムに行くなら5月から6月中旬にかけてがおすすめです。この時期は年間の中でもドルフィンスイムのベストシーズンと言われています。かなり高い確率でイルカに会えるのでオススメの時期です。

ひとびとがドルフィンスイムにハマるワケ。

7

イルカはパワーアニマルと言われていて、生きるパワースポットと言っても過言ではありません。わたしたちの人生に、力と豊かさを与えてくれる動物です。イルカと寄り添うだけで、癒しを与えてくれます。不思議なことに、生命のエネルギーを感じ、そのパワーを自分の心にチャージしているような感覚になるのです。8

また、イルカには特別なコミュニケーション能力があると言われています。人間は言葉でコミュニケーションをとるのに対し、イルカはテレパシーでコミュニケーションをとっていうりょうな感覚です。自分の中で目の前にいるイルカの動きを想像すると、その想像と同じようにイルカが同じ動きをしたりします。これはイルカと泳いだことがある人しかわからない不思議な体験だそうです。9

こちらが楽しそうにしていると、その感じを読み取ってイルカから近づいてくるとか。逆に追いかけ回すと逃げてしまうし、イルカに近寄らず水中に浮いているだけだと、イルカから寄ってきたり。まるで恋愛の駆け引きみたいですね。だから私たちはイルカに夢中になってしまうのでしょうか。

いかがでしたか?言葉では言い表すことができない、イルカとのコミュニケーションをバハマの地で是非体験してみてください。また、ドルフィンスイムをして、イルカのパワースピリットを直に感じてみてください!伝説のアトランティスの跡地にあるバハマの地でのイルカとの出会いは、あなたの人生を変えるかもしれません。

 

RECOMMEND 北米のおすすめ記事

ラニカイピルボックスなどハワイのオアフ島に点在する「ピルボックス」を紹介!アクセス方法も!

今、オアフ島を訪れる人たちの間で話題になっている観光スポット、ピルボックス。この記事では、ピルボックスがどういう場所か、そして、なぜ観光スポットとして人気になっているかについて説明するとともに、オアフ島の中でも人気のピル…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事