" />

シンガポールのチャイナタウンを徹底解説!おすすめ観光&お土産&レストラン情報

観光
12501views

シンガポールのチャイナタウンは、中国系のショップ・飲食店がひしめき合う繁華街。屋台が並ぶフードストリートなど、夜遅くまでにぎわっています。そんなシンガポールのチャイナタウンの歴史アクセスおすすめ観光・買い物・食事スポットお土産情報をご紹介します。

シンガポー・チャイナタウンとは?

シンガポールのチャイナタウンは、19世紀初頭、かつてのインド人やアラブ人の居留地に中国系の移民が集まったことから始まりました。そんなチャイナタウン周辺には、中国雑貨のお土産や、中国料理の屋台が並び、常ににぎわっています。

シンガポール・チャイナタウンの行き方

MRTのチャイナタウン駅、タンジョン・バガー駅、テロック・エアー駅、ラッフルズ・プレイス駅などの駅から行くことができますが、MRTチャイナタウン駅出口からすぐ目の前に広がるパゴダ・ストリートから、散策を開始するのがおすすめです!

シンガポール・チャイナタウンのおすすめ観光スポット

チャイナタウン駅付近にはショップやレストランはもちろん、観光スポットも密集しています。人通りが激しいこの場所は、スリが多いので要注意です!今回はそんな観光スポットに焦点をあててご紹介します。

パゴダ・ストリート

チャイナタウン駅から続くメインストリートです。通りには多くの中国雑貨のお土産ショップがひしめきあい、お手頃価格の商品も多く並んでいます。ダメもとで値引き交渉をしてみると、もしかしたら成功するかもしれません!

タンジョン・パガー・ロード

MRTタンジョン・パガー駅からすぐ近くのエリアです。こちらにはショップハウスを利用した、おしゃれなレストランやバーが多く建ち並んでいます。

アン・シアン・ロード&クラブ・ストリート

MRTテロック・エアー駅からすぐの通りです。伝統的なショップハウスを改装した、お洒落なレストランやカフェが連なっています。坂道の両側には、遅くまで営業するクラブやバーが集中しており、地元で人気の夜の社交場にもなっています。

チャイナタウン・コンプレックス

MRTチャイナタウン駅すぐ近くのショッピングセンター2階に広がるホーカー(屋台)・センターです。朝から晩まで、地元の中華系シンガポーリアンが集います。人気メニューは、クレイポットライスという鶏肉や野菜の入った土鍋ご飯です。

ジャマエ・モスク

ペパーミント色のミナレットが特徴のジャマエ・モスク。1826年に、インドから移住したイスラム教徒によって建てられました。塔門は南インド様式で、国の重要文化財に指定されています。モスク内では土足厳禁です!靴を脱いでも良い格好で行きましょう。

施設名

ジャマエ・モスク

住所 218South Bridge Rd.
電話 (+65) 6221-4165
営業時間 10:00~18:00(金曜は、10:00~12:30、14:30~16:30)
入場料 無料
定休日 無休

スリ・マリアマン寺院

1827年に建てられた、シンガポール最古のヒンドゥー教寺院。こちらも国の重要文化財に指定されています。高さ約15メートルにあるカラフルなゴープラム(塔門)の彫像(神様にあたります)は、圧巻です!

寺院内では土足や露出も厳禁ですので、1枚羽織るものを持っていくと便利です◎手持ちでない場合は寺院でローブを借りることも可能です。入場料は無料ですが写真撮影をする場合は3ドル、ビデオ撮影の場合は6ドルを納める必要があります。

施設名

スリ・マリアマン寺院

住所 244South Bridge Rd.
電話 (+65) 6223-4064
営業時間 7:00~12:00、18:00~21:00
入場料 無料(カメラ撮影は別途料金が必要)
定休日 無休

シアン・ホッケン寺院

シンガポール最古の中国寺院。1841年に、中国からの移民が航海の無事を感謝して建てたと言われています。航海の安全を守る神媽祖をお祭りしていて、無病息災商売繫盛などを祈願し寺院を訪れる観光客も多いです。

施設名

シアン・ホッケン寺院

住所 158Telok Ayer St.
電話 (+65)6423-4616
営業時間 7:30~17:30
入場料 無料(カメラ撮影は別途料金が必要)
定休日 無休
HP http://www.thianhockkeng.com.sg/home.html

ブッダ・トゥース・レリック寺院(仏牙寺龍華院)

サウス・ブリッジ・ロードに面している仏教寺院で2007年に建立されたばかりの新しい寺院です。地下3階から4階までの広大なフロアにブッダの歯や遺骨が祀られていたり、博物館やホールも併設されていたりと見所満載のブッダ・トゥース・レリック寺院。ランや南国の植物が咲く静かな空間に萬佛閣が堂々とそびえ立つ屋上庭園もおすすめスポットのひとつです。

こちらもスリ・マリアマン寺院同様、寺院内では土足や露出の激しい服装は厳禁です。羽織を持っていくか寺院でローブを借りて見学しましょう◎

施設名

ブッダ・トゥース・レリック寺院(仏牙寺龍華院)

住所 288South Bridge Rd.
電話 (+65) 6220-0220
営業時間 7:00~19:00、2Fは9:00~19:00、3・4Fは9:00~18:00
入場料 無料
定休日 無休
HP http://www.btrts.org.sg

シンガポール・チャイナタウンの食事・グルメ情報

京華小吃(ジンホア)

チャイナタウンで20年以上続く、小籠包や餃子の有名店です。店内で手作りされる小籠包は肉汁たっぷりの人気メニュー。1番人気はなんと言っても小籠湯包。シーフードと豚肉入りの焼き餃子もいい勝負です。デザートには、バラの香風味の白玉団子など、安くておいしいメニューが目白押しです!

施設名

京華小吃(ジンホア)

住所 21/23Neil Rd.
電話 (+65) 6221-3060
営業時間 11:30~14:45、17:30~21:20
定休日 水曜
HP

http://www.jinghua.sg/m/japanese.php

リャオ・ファン・ホンコン・チキンライス&ヌードル

「ミシュラン・シンガポール」で2年連続1つ星を得ている名店です。人気メニューは、骨付き丸鷄を揚げて、特製の醤油ダレに漬け込んだチキン。これを香港式の細麺、またはご飯にのせたメニューは、世界一リーズナブルな星付きメニューといえるでしょう。

施設名

リャオ・ファン・ホンコン・チキンライス&ヌードル

住所 335Smith St. Chinatown Complex 2F
営業時間 10:30~14:30(売り切れ次第終了)
定休日 無休

ティー・チャプター

エリザベス女王も来店したと言われる有名店。サロンでは、お願いすればティー・マスターが同席して実演・説明をしてくれます。

施設名

ティー・チャプター

住所 9A,11,11A Neil Rd.
電話 (+65) 6226-1175
営業時間 11:00~22:30
定休日 旧正月3日間
HP http://Teachapter.com

東北人家

チャイナタウンで東北料理を堪能するならココ!アットホームな店内の雰囲気は地元でも人気の高いお店です。料理の値段もリーズナブルでチャイナタウンらしく青島ビールを楽しむこともできます。

施設名

東北人家

住所 22 Upper Cross St
電話 (+65) 6224 5258
営業時間 11:00~23:00
定休日 なし

シンガポール・チャイナタウンのおすすめお土産

チャイナタウンでは、ぜひハイセンスな中国雑貨をお土産に買って帰りましょう!刺繍小物、印鑑などの雑貨、陶磁器・茶器、漢方や中国茶などが、いたるところで売られています。

マーライオングッズ

シンガポールのお土産と言えばマーライオングッズ。キーホルダーやTシャツなどマーライオングッズはバラエティが豊富です。文具や小物など、ちょっと緩い感じのマーライオンの箸置きもひそかに人気商品です。

漢方

シンガポールのお土産の中でも漢方は日本では手に入りにくいのでおすすめです。実はシンガポールには漢方の本場中国からの移民も多く、街中でも簡単に漢方ドリンクなどが手に入れることができます。症状を伝えるとその場で調合してくれる漢方ショップもあり、女性にとっては嬉しいお土産となりそうです。

陶磁器・茶器

シンガポールのお土産で特に女性に人気の高いのがプラナカン陶器です。シンガポール発祥の伝統の工芸品で、柄や色味が豊富な点が特徴です。見た目も可愛い食器は女性へのお土産に喜ばれること間違いなし!

マグネット

シンガポールのシンボルでもあるマーライオンや観光名所のマグネットはお土産の定番ですよね。チリクラブやラクサのマグネットなど変わりネタのマグネットも人気が高いお土産のひとつです。子どもや大人数用のお土産としても喜ばれそうですね◎

シンガポール・チャイナタウンの治安は?

シンガポール全体としての治安は比較的良いと言われています。もちろん他の観光地同様、スリや観光客を狙った犯罪の発生がないわけではありません。特に沢山の観光客で賑わうチャイナタウンではスリや代金の確認に注意を払いましょう◎

シンガポール・チャイナタウンで街歩きを楽しもう

シンガポールに行くなら訪れたいチャイナタウンのグルメやお土産情報をご紹介しました。パゴダ・ストリートやスリ・マリアマン寺院などの観光スポットを含めチャイナタウンは見所はたっぷり!チャイナタウンの治安や人気レストランなども是非シンガポール出発前にチェックしてみてくださいね!チャイナタウン観光もシンガポール旅行のプランに組み込んで、独特の雰囲気を満喫してみては?

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事