" />

7頭いるシンガポールのマーライオンを徹底解説!おすすめ土産やアイスも

観光
17351views

シンガポールの象徴であるマーライオン上半身はライオン、下半身は魚の白い像です。最も有名なのは、シンガポール公園のマーライオンですが、実はほかの場所にも、大きさの違う公認マーライオン像があるのをご存知ですか?今回は、全部で7体ある公認マーライオン像場所行き方特徴などを詳しくご紹介します!

シンガポールにいる7体のマーライオンとは?

シンガポール公認のマーライオン像は全部で7体あり、像がある場所は以下の5カ所です。それぞれ、大きさや表情が異なります。

  1. マーライオン公園(大小の2体)
  2. セントーサ島のマーライオンタワー
  3. シンガポール政府観光局の敷地内
  4. マウント・フェーバー
  5. アンモキオ(双子マーライオンの2体)

せっかくシンガポールを訪れたのなら、すべてのマーライオン像を制覇してみる旅行プランも面白いかもしれません。以下でそれぞれのマーライオン像について詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シンガポールの公認マーライオン①②マーライオンパークの大小の像

シンガポールのマーライオンといえば、マーライオン公園にある像が有名です。こちらには大小2体が設置されていて、大きなマーライオンは口から水が噴き出る有名な像ですよ。

大きいほうのマーライオン像

高さは8.6メートル、重さ70トンと巨大。1972年にエスプラネード駅近くのシンガポール川の河口に設置されました。その後、2002年に現在のマーライオン公園に移設され、シンガポールを代表する大人気スポットとなりました。

マリーナ湾に面した場所にあるため、周辺の景色と一緒に眺めることができるスポットとなっています。

夜にはライトアップされるので、昼間とはまた違った表情が楽しめます。記念撮影もぜひ、忘れずに!ちなみに、口から水を噴くのは夜の23時までなので、それまでがシャッターチャンスです。

小さいほうのマーライオン像

巨大で迫力のある大きなマーライオンと、愛らしい小さなマーライオン、どちらも間近で見ることができるのがマーライオン公園です。

小さなマーライオンは大きな像のすぐ後ろにあり、重さ3トン、高さは2メートル程度。近くに立っても全体がカメラに納まるサイズなので、一緒に写真を撮るのにおすすめですよ。ただし、そのかわいさから人気も高いので、場所取りはなかなか大変かもしれません。

行き方

マーライオンパークは、MRTラッフルズ プレイス(Raffles Place)駅、エスプラネード(Esplanade)駅から徒歩10分程の場所にあります。

住所 1 Fullerton Rd, Singapore
最寄り駅 MRT:ラッフルズプレイス駅(Raffles Place Station)、エスプラネード駅(Esplanade station)
電話 なし
定休日 なし
営業時間 24時間
公式HP https://www.visitsingapore.com/ja_jp/see-do-singapore/recreation-leisure/viewpoints/merlion-park/(Visit Singaporeサイト内)

シンガポールの公認マーライオン③セントーサ島のマーライオンタワー

セントーサ島にあるマーライオンタワーは、1996年に設置され、高さが37メートルもある超巨大なマーライオン像です。なんと体の中に入ることもできますよ。

中ではマーライオンの誕生物語のビデオを見たり、口や頭の部分にある展望台に登ったりできます。また、Tシャツやキーホルダーなどのマーライオングッズが販売されているお土産ショップも見逃せません。

さらにパワースポットとしても有名で、多くの人が訪れています。展望台からは、シンガポールの島々や海峡のパノラマビューをお楽しみください。

行き方

セントーサ島のモノレール、セントーサ・エクスプレス(Sentosa EXpress)のインビア(Imbiah)駅下車すぐ。下車するとすぐ目の前にマーライオン像が見えます。

住所 30 Imbiah Road, Sentosa Island, Singapore
最寄り駅 モノレール:セントーサ・エクスプレス(Sentosa Express) インビア駅(Imbiah station)
電話 65-1800-736-8672
定休日 なし
営業時間 10:00~20:00
公式HP https://www.sentosa.com.sg/

シンガポールの公認マーライオン④シンガポール政府観光局の敷地内

シンガポール政府観光局の敷地内にもマーライオン像があります。植物の生い茂る庭に設置されていて、目立たない場所にあるため、7体あるマーライオン像の中でもレアな像となっています。

こちらの像は高さ3メートルでやや細め。1995年に設置されました。

顔立ちはワイルドで、私たちが見慣れたマーライオンのイメージと少し違って見えるかもしれません。

行き方

最寄駅のオーチャード駅からシンガポール政府観光局までは、グレンジ・ロード(Grange Road)を歩いておよそ15分となっています。

住所 Singapore Tourism Board Tourism Court 1 Orchard Spring Lane, Singapore
最寄り駅 MRT:ノースサウスライン(NorthSouth Line) オーチャード駅(Orchard station)
電話 1800-736 2000
定休日 なし
営業時間 月〜金 9:00~18:00
公式HP https://www.visitsingapore.com/ja_jp/

シンガポールの公認マーライオン⑤マウント・フェーバー

マウント・フェーバーは、シンガポール本島南端にあるシンガポールで2番めに高い山です。標高115メートルの山頂には、ひっそりとマーライオン像が佇んでいます。1998年に設置されたこの像は、高さは3メートルとやや小さめ。見物客は比較的少ないため、じっくり眺めたり写真を撮ったりするのにおすすめです。

行き方

MRTのテロック・ブランガー駅が最寄り駅ですが、ハーバーフロント駅からだとトレイルコースを歩きながら到達することもできますよ。こちらは山の上にあるため、登るのが大変という方は、シンガポールケーブルカーでもアクセスが可能です。

住所 Junction of Kampong Bahru Road and, Telok Blangah Road, Singapore
最寄り駅 MRT:サークルライン(Circle Line) テロック・ブランガー駅(Telok Blangah station)
電話 65-1800-471-7300
定休日 なし
営業時間 24時間
公式HP https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/mount-faber-park

シンガポールの公認マーライオン⑥⑦アンモキオ

シンガポールの北部にあるアンモキオ。HDB(公団住宅)が密集しているベッドタウンで、その入り口に並ぶ2体のマーライオン像を見ることができます。

アンモキオ公園の向かいにある駐車場へと続く道にペアで立っていて、その姿はまるで門番のよう。1998に設置されて以来、リーシェンロン首相など多くの有名人が訪れています。

行き方

MRTアンモキオ駅から徒歩約13分。アンモキオは、場所的にもアクセスが困難なところにありますが、すべてのマーライオン像を制覇したいという方はぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

住所 Ang Mo Kio Ave 1, Singapore
最寄り駅 ノースウエストライン(NorthSouth Line) アンモキオ駅(Ang Mo Kio station)
電話 なし
定休日 なし
営業時間 24時間
公式HP なし

マーライオンが工事中なこともあるって本当?

マーライオンパークのマーライオンは年に一度定期清掃が行われており、清掃期間中は周りに足場が組まれ、カバーでおおわれるため、見ることができません。清掃期間中は放水もストップします。
年に一度の定期清掃を行うからこそ、いつも白くピカピカな姿を保てるのですね。

2019年は2/26から5/6にかけて行われました。シンガポール旅行でマーライオンを絶対に見たい!という方は、事前に清掃日程を調べてから旅程を決めましょう。

シンガポール旅行記念におもしろ写真!マーライオンで決めよう

観光客に人気なマーライオン。 遠近法を使うなど、工夫次第で面白い記念写真を撮ることができますよ。 現地に着いてから慌てないように、事前にいくつかポーズを考えておきましょう!インスタグラムにはマーライオンとのおもしろ者人の投稿がたくさん。検索して参考にしてみては?

マーライオンのおすすめお土産グッズ

海外旅行に行ったなら、やっぱり気になるのが現地のお土産。シンガポールにはマーライオンの可愛いお土産がたくさんありますよ。自分用に、友人や家族へのお土産に、いかがですか?

マーライオンクッキー/チョコレート

シンガポールのスーパーやお土産屋さんでは、マーライオンを型取ったクッキーやチョコレートがたくさん売られています。個包装のものを選べば、友人や職場へのばらまき土産にぴったりです。通常のバタークッキーの他、ココナッツ風味、マカダミアナッツ入りなどもあるので、いろいろと比べてみては。

スターバックスコーヒーのぬいぐるみ

スターバックスのくまのぬいぐるみ、「ベアリスタ」は日本のスターバックスでも人気の商品。シンガポールのスタバ限定で、ベアリスタのマーライオンバージョンが販売されています。マーライオンの被り物をしたベアリスタ、とっても可愛いですね。日本では買えない限定ベアリスタを、シンガポールでゲットしちゃいましょう。

マーライオンの雑貨

シンガポールのお土産屋さんにはマーライオンのミニチュア置物や、マーライオンが描かれた雑貨などがたくさんあります。お気に入りを探してみてくださいね。

マーライオンのマグネット

海外旅行土産として定番のマグネット。もちろんシンガポールにも、マーライオンのものがたくさんあります。手軽に買えるマグネット。ぜひひとつ、お気に入りを見つけてみては?

フォトジェニックな「マーライオンアイス」って?

最近シンガポール旅行をする観光客に人気なのがこの、「マーライオンアイス」。マーライオンを型取ったアイスキャンディーです。マーライオンパークのマーライオンの近くのお店で売られているこのアイスがフォトジェニック、インスタ映えだと話題に!。アイスとマーライオンを並べて写真を撮りましょう。炎天下ではアイスはすぐ解け始めるので、写真を撮ったら一休みしてゆっくりアイスを楽しみましょう♪

マーライオンを眺めながらチリクラブが食べれる「パームビーチシーフードレストラン」

マーライオンをゆっくり眺めながら食事ができるレストランをお探しならここ、「パームビーチシーフードレストラン」がおすすめ。店内とテラス席がありますが、マーライオンを見たいならテラス席

このレストランでのおすすめメニューは、シンガポール名物の「チリクラブ(Chili Crab)」。大きなお皿にカニがまるごと一匹載っている姿は迫力があります。ピリ辛のトマトベースのソースでいただきます。

レストラン名 Palm Beach Seafood Restaurant
住所 #01-09, One Fullerton, 1 Fullerton Road Singapore 049213
営業時間 12:00 – 14:30,17:30 – 22:30
公式HP http://www.palmbeachseafood.com/

シンガポールの人気観光スポット「マーライオン」で素敵な思い出を!

シンガポールといえばマーライオン!マーライオンパークのマーライオン像以外にも全部で7体あるなんて、知らなかった方も多いのではないでしょうか。セントーサ島のマーライオンタワーは中に入ることもできるなど、マーライオンもそれぞれ特徴があります。もし時間があればこちらの記事の行き方を参考に、7体のマーライオンを見てみてください。旅行期間が短い方は、観光定番スポットのマーライオンパークを訪れるのがおすすめ。
ぜひ、それぞれのマーライオンを見比べたり、記念撮影をしたりして、シンガポールらしい思い出を作ってくださいね。

RECOMMEND シンガポールのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事