" />

パリ20区を徹底解説!観光・治安情報からホテル選びまで

観光
13205views

誰もが一度は行ってみたいフランスの首都であり憧れの都、パリ。フランスのパリは全部で20区からなる都市です。面積で言うと東京7区分ほどの比較的にコンパクトな街で、端から端までメトロで30分〜1時間で移動することができます。

フランスのパリといえば、有名なルーブルなどの美術館やそのほかにもたくさん有名な観光地がありますが、地区ごとに雰囲気や特徴が異なります。今回はアクセスが便利なホテルや地区ごとの治安情報などを、幅広くお伝えします。

パリの街はエスカルゴ!様々な表情が地区ごとに楽しめる

20の区からなるフランスの首都パリ。パリの街はまるで「エスカルゴ(かたつむり)」。真ん中に1区があり、時計回りにぐるぐると区の番号が大きくなります。パリの中心を横に流れるようにセーヌ川があり、セーヌ川をはさんで左岸・右岸とに別れ、左岸は治安が良いと言われ、右岸は注意が必要と言われています。

それぞれの区ごとに特徴があり、地区によって治安や環境がかなり違いますので、観光する場所やホテルを選ぶ際に参考にしてみてください。

【1区〜2区】ルーブル美術館やオペラ座があるパリの中心エリア

パリの1区・2区まさにパリの中心!ルーブル美術館やチュイルリー公園、オランジュリー美術館、パレ・ロワイヤル、ポン・ヌフなどの主要な観光地が集まり、観光客がいつも多いエリアです。ブランドショップが多いサントノレ通りオペラ通りはこの地区にあります。

1区・2区の治安情報

この辺りのエリアは、ルーブル美術館やその他にも高級ブランド店なども多くいつも観光客で賑わっているため、パリの観光客を狙ったスリが多発しているエリアでもあります。

すられやすいリュックなどは避けて、自分の目の届く所でカバンを持ちましょうスマートフォンにも注意してください。手に持っていたスマートフォンを突然取られて走って逃げられる、ということもあります。

1区・2区のおすすめスポット2選

《ウェスティンホテル・パリ・ヴァンドーム》

パリの中心ルーブルとヴァンドーム広場の間に位置するこちらのホテルは、窓からパリの街並みを見ることができ滞在中も楽しめるおすすめホテル。リヴォリ通り沿いの部屋からはルーブル美術館を見ることもできます。

表記 The Westin Paris Vendome
住所 3 Rue de Castiglione, 75001 Paris
アクセス メトロ1番線      Tuileries 駅
メトロ1・8・12番線 Concorde駅
電話番号 33 1 44 77 11 11
公式サイト http://www.thewestinparis.com/

《ビストロ・ヴィクトワール》

本格的なフレンチを庶民価格で楽しめると評判のお店。格式も高すぎないのでパリで気張らずに入ることのできるレストランでぜひ訪れて欲しいお店のひとつです。ディナーでも3,000円程度で楽しめます。鴨のコンフィが絶品!

表記 Bistrot Victoires
住所 6,Rue de la Vrilliere-75001 Paris
アクセス メトロ3番線   Bourse駅
メトロ1・7番線 Palais Royal-Musee du Louvre駅
電話番号 33 1 42 61 43 78
店休日 なし
営業時間 月~金 8:00~23:30
土・日 10:00~23:30
予算 20ユーロ〜

【3区〜4区】おしゃれな雰囲気やお店が楽しめる地元っ子が認める本当のパリの中心エリア

おしゃれなお店が多いマレ地区がある3区、シテ島ノートルダム寺院などがある4区は地元パリ住民に言わせると「ここが本当のパリの中心地」。おしゃれなカフェや洋服屋さんもたくさんありゆっくり1日かけて楽しみたいエリアです。

観光にショッピングに食事やカフェなど、このエリアでおしゃれな1日を過ごしてみてください。

3区・4区の治安情報

アーティストもたくさん住むこのエリアは、多国籍で同性愛者をよく見かける街です。物価が他のエリアに比べ少し高いため、低所得者が少なくあまり治安が悪いとはされていませんが、近年おしゃれなスポットとして有名に。町歩きをする時には声をかけてくる外国人に注意しましょう。

3区・4区のおすすめのスポット2選

《ビュリー》

創業1803年の老舗。お店に入った瞬間にふわっといい香りに包まれます。フェイスとボディケアのコスメが並ぶカウンターの奥には、老舗のカフェ「グラン・カフェ・トルトーニ」もあるので、コスメを見た後お茶を楽しむのがおすすめ。

女子旅にも女性へのお土産を探している男性にもおすすめしたいお店です。

表記 BULY
住所 45 rue de Saintonge 75003 Paris
アクセス メトロ8番線 Filles du Calvaire駅 徒歩5分
電話番号 33 1 42 72 28 92
店休日 月曜
営業時間 火〜土 11:00 〜19:00
日   11:00〜18:00
公式サイト
(フランス語)
https://www.buly1803.com/fr/

《キリウォッチ》

このおしゃれな地区に来たからには、ぜひ服屋さんもチェックして欲しいところ。こちらはパリのファッション界でも有名な古着屋さん。50年代の古着から取り扱いがあり、モード関係者やパリのおしゃれっ子にも大評判。観光感覚で入ってみるだけでも楽しめるお店です。

ハイセンスなセレクトの古着を扱うお店で、もしかしたら運命の1着に出会えるかも!?

表記 Espace Kiliwatch
住所 64 Rue Tiquetonne 75002 Paris
アクセス メトロ4番線 Les Halles駅 徒歩7分
電話番号
33 1 42 21 17 37
店休日 日曜、祝日
営業時間 月   14:00〜19:45
火〜土 11:00〜19:45
公式サイト
(フランス語)
http://kiliwatch.paris/

【5区〜6区】学生の街カルチェラタンとおしゃれでリラックスできるエリア

ソルボンヌ大学以外にもパリの有名大学が集まり、活気がある学生の街として有名な5区。そしてフランスパリに住むなら誰もが憧れるおしゃれな街6区。

サンジェルマンデプレ教会は観光としても有名でその周辺にはおしゃれなお店がたくさんあり、観光以外にも楽しめます。疲れたらリュクサンブール公園で一休みするのもおすすめです。

5区・6区の治安情報

学生の多い5区と閑静でリラックスできる落ち着いた雰囲気の6区は治安は良いとされますが、若者が多い街でもあるので注意が必要です。パリの大学には色々な国から留学で来ている外国人も多いので生活は様々。

カバンは見える位置で常に警戒しておくなど、最低限のことに注意しておけば特に問題ありません。

5区・6区のおすすめスポット2選

《アンドレ ラタン》

パリのメイン観光スポットは1区〜10区の中にほとんど詰まっているため、このエリア内にホテルを取ると効率よく観光を楽しめますが、中でもおすすめしたいのが5区にあるこちらのホテル。安価なのにホテルからの景色も綺麗でパンテオンを望むことができます。

バスタブもあるので旅行の疲れを取るのにもおすすめです。

表記 Hotel Andre Latin
住所 50 Rue Gay-Lussac, 75005 Paris
アクセス RER B線 Port-Royal 駅 徒歩5分
電話番号 33 1 43 54 76 60
公式サイト http://andre-latin.bestparishotels.net/ja/

《ル・ビストロ・デンリ》

パリのビストロの激戦区でいいお店を見つけるのは難しいことですが、こちらのお店は間違いないフレンチこじんまりとしたお店ですが本格的なフレンチを頂け、少しこってりめの味付けに魅入られたファンがたくさんいます。

足しげく通う地元リピーターもたくさん!カジュアルで入りやすいのも嬉しいポイント。記念日などをお祝いするのにも雰囲気のいいお店です。

表記 Le Bistrot d’Henri
住所 16 rue Princesse 75006, Paris
アクセス メトロ10番線 Mabillon駅 徒歩2分
メトロ5番線 Saint Germain des pres駅 徒歩5分
電話番号 33 1 46 33 51 12
店休日 なし
営業時間 月〜日 12:00~15:00 ランチ
    19:00~23:30 ディナー
予算 20ユーロ〜

【7区〜8区】エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りなど絶対訪れたいエリア

この7区と8区には、フランスのパリで有名な観光名所がたくさん集まっている地区エッフェル塔凱旋門は必ず訪れたいですよね!周りにはシャンゼリゼ通りコンコルド広場マドレーヌ寺院オルセー美術館ロダン美術館などがあり、1日この2地区にいれば、パリを必ず満喫することができます

ぜひ1日使ってゆっくりと回ってみてください。シャンゼリゼ通りをゆっくり端から端まで歩くのもとても気持ちがいいですよ。

7区・8区の治安情報

主に観光客が多いエリアのため、パリに住むパリジャンやパリジェンヌはあまり行かないエリアです。レストランも観光客向けの価格設定で高めのお店が多く夜遅くまで開いているお店が多くあり人通りが多く夜遅い外出でも比較的安心です。

観光客を狙った外国人によるお土産の押し売りが多いので、興味がないなら話を聞かずにスルーしましょう。

7区・8区のおすすめのスポット2選

《ホテル ル ベルシャッス サン ジェルマン》

フランスっぽいおしゃれなお部屋に泊まりたいならここがおすすめ。7区は治安もよく主要なパリの観光スポットへのアクセスもいいためホテルを取るのにおすすめのエリア。クリスチャン・ラクロワ氏が手がけたこのホテルは、おしゃれで宿泊客の満足度も高いホテルです。

表記 Hotel Le Bellechasse Saint Germain
住所 8 Rue de Bellechasse, 75007 Paris
アクセス メトロ12番線 Solférino駅 徒歩8分
電話番号 33 1 45 50 22 31
公式サイト https://www.lebellechasse.com/fr/

《ビストロ ヴォルネイ》

しっかりとしたフレンチを食べたいならパリでおすすめしたいビストロはここ。オペラ座から少し離れたところにポツッと立つこのお店は、パリのビストロ本「LE PETIT LEBEY」でベストビストロに輝いたこともあり美味しさはお墨付きで、地元住民にも人気です。

表記 Bistro Volnay
住所 8 Rue Volney, 75002 Paris
アクセス メトロ3番線 Opera駅 徒歩8分
電話番号 33 1 42 61 06 65
店休日 日曜
営業時間 月〜土 12:00~14:30 ランチ
    19:00~22:30 ディナー
予算 40ユーロ〜

【9区〜10区】オペラ座や高級百貨店ラファイエットが買い物を楽しめてターミナル駅が集まるエリア

 オペラ座やパリで有名な百貨店のギャラリーラファイエットピガール広場などがある地区でお土産を購入したりショッピングを楽しむのにも最適なエリア。ファストファッションのお店もたくさんあり日本未上陸のお店もたくさんあります。

フランス・パリのターミナル駅となる北駅と東駅があり、観光客だけでなく常に多くの人が集まっています。

9区・10区の治安情報

基本的に多くの人が利用するターミナル駅では治安はよくありませんスリも多いので気をつけましょう。ピガール周辺は夜も賑わうネオン街ですが、常に複数人で行動して一人にならないように注意すればトラブルに巻き込まれることも少ないでしょう。

9区・10区のおすすめのスポット2選

《パン デピス パリ》 

パリ9区に位置するおもちゃ屋さん。おもちゃといえば子供のイメージなんですが、こちらは赤ちゃんから大人まで楽しめる夢の広がるおもちゃ屋さんです。子供向けの商品の品揃えはもちろん、自分で組み立てるのを楽しめる大人のためのおもちゃやパーツもたくさん揃っています。

観光感覚でもぜひ一度入ってみて欲しいお店です。

表記 Pain D’epices Paris
住所 29 Passage Jouffroy, 75009 Paris
アクセス メトロ8・9番線 Grands Boulevards駅 徒歩3分
電話番号 33 1 47 70 08 68
店休日 日曜、祝日
営業時間 月    12:30-19:00
火〜土  10:00-19:00

《アントワーヌ・エ・リリ》

おしゃれなカフェやブティックが多いサンマルタン運河沿いにある雑貨屋さんがこちら。お店の外装がカラフルでひときわ目を引きます。お店の外装の色が違い、ピンクが洋服とアクセサリー、黄緑が子供服、黄色が雑貨屋さんとなっていて、女性同士でも家族や異性の友達とでも楽しめるお店です。

表記 Antoine et Lili
住所 95 Quai de Valmy, 75010 Paris
アクセス メトロ4・5・7番線 Gare de l’Est駅
メトロ5番線     Jacques Bonsergent駅
電話番号 33 1 40 37 41 55
店休日 なし
営業時間 月〜日 11:00~20:00

【11区〜12区】落ち着いた雰囲気とこじゃれた雑貨屋さんがあるのんびりしたエリア

フランス映画「アメリ」でも登場するカナル・サンマルタンバスティーユリヨン駅ヴァンセンヌの森があるこのエリアは、こじんまりとした雑貨屋さんなども多くパリの若者にも人気のエリアです。北マレはおしゃれな洋服屋さんもたくさん

夜にはクラブバーなどがたくさんあるので夜どこかへ行きたい、という場合にはこのエリアへ来ることをおすすめします。

11区・12区の治安情報

おしゃれで落ち着いた雰囲気のこのエリアは、子育てをするのに人気の居住区なのでパリの中では治安のいいエリアです。ただし、人通りの少ない通りやメトロの駅では常に警戒するようにしましょう。

11区・12区のおすすめのスポット2選

《マミー・テレーズ》

一口食べればなぜか懐かしい、おばあちゃんの味。出来立てのマドレーヌが食べられるお店で材料にもこだわっていて、ノーマルなマドレーヌから季節感のあるもの、BIOなものまで、たくさんの種類のマドレーヌがあります。

軽食にちょうどいいマドレーヌは、ほおばりながらパリの街を散策するのにもちょうどいいですね。

表記 Mamy Thérèse
住所 19 rue Saint-Antoine 75004 Paris
アクセス メトロ1・5・8番線 Bastille駅
電話番号 33 1 43 48 98 03
店休日 月曜
営業時間 火〜日 8:00〜19:00
公式サイト
(フランス語)
http://www.mamytherese.com/

《セプティム》

パリでオープンからたちまち有名になったのがこちらのお店セプティム。口コミやプロの間で話題になり一躍人気店となりました。おしゃれなレストランやカフェ・バーが集まるこの地区で味に定評があり気取らないスタイルのこのお店は、パリ中の食いしん坊が達が心から楽しむレストランです。

表記 Septime
住所 80 rue de Charonne
アクセス メトロ9番線 Charonne駅 徒歩7分
電話番号 33 1 43 67 38 29
店休日 土曜、日曜、月曜のランチ
営業時間 火〜金 12:30 – 14:00 ランチ
月〜金 20:00- 22:30 ディナー
公式サイト
(フランス語)
http://septime-charonne.fr/

13区〜15区】パリのチャイナタウンと韓国人街、高級住宅街があるエリア

パリで13区といえばイコール、「チャイナタウン」。アジアン食材店もたくさんあり、中国だけでなくタイやベトナムなどのレストランもたくさんあります。14区はモンパルナスと高級住宅街があり、モンパルナスの近くにはクレープ屋さんがたくさんありますよ。

墓地を探検してみたい方はカタコンブへぜひ。15区は治安が良いと評判で韓国人がたくさん住むエリアです。

13区・14区・15区の治安情報

パリなのに中国と韓国にきたかのような感覚になってしまうこのエリア。基本的にアジア人の穏やかな性格もあるのか治安は良いと言われています。住宅街が多い地区のため家族づれが多く安心して出歩けるパリのエリアです。

13区・14区・15区のおすすめスポット2選

《アレジア通り》

このエリアは墓地などの観光地が多いのですが、「墓地はちょっと…」という方におすすめしたいのがアレジア通り。セールなどよりももっと安くて、有名ブランドや人気洋服ブランドのストック品を常に10〜50%OFFで購入することができます。

表記 Rue d’Alésia
住所 Rue d’Alésia, 75014 Paris
アクセス メトロ4番線 Alésia駅
店休日 日曜
営業時間 店舗により異なる

《ミュゼ・ド・ラポスト(郵便博物館)》

フランスの郵便局といえば「ラ・ポスト」というのですが、こちらの郵便博物館ではフランスの郵便の歴史や切手の作り方などを見ることができます。博物館の入り口すぐにある売店で販売しているラポストのグッズはとてもかわいい!

今までにもらったことがないようなフランスパリのお土産を探している方におすすめです。

表記 Musée de La Poste
住所 34 Boulevard de Vaugirard, 75015 Paris
アクセス メトロ4・6・12・13番線 Montparnasse駅
電話番号 33 1 42 79 24 24
店休日 土曜、日曜
営業時間 月〜金 10:00~18:00
公式サイト
(フランス語)
http://www.ladressemuseedelaposte.fr/

【16区〜17区】凱旋門と日本人街がある優雅な雰囲気の漂うエリア

パリの街中にドンとそびえ立つ優雅な凱旋門や日本人が多く住む16区はブローニュの森が近いこともあり優雅で静かなパリを満喫することができるエリアトロカデロ広場の近くにはパリでもレベルの高いレストランがたくさんあります。

16区・17区の治安情報

日本人が多く住む16区と凱旋門のある17区は、観光客狙いの押し売りなどが多少あるものの比較的に治安の良い地区です。ブローニュの森近くは静かでパリでも郊外の雰囲気があり優雅な雰囲気が漂い犯罪も少ないエリアといえます。

16区・17区のおすすめのスポット2選

《ラ・ガール》

パリ市内にある古い駅舎を改築して作られたレストランで、シックでおもむきのある内装は異空間に迷い込んだかのよう。パリ市内にはこういった駅舎を改築した有名なレストランがいくつかありますが、どこもかなり混んでいて他の方と相席になるところが多いです。

1階のバーでアペリティフを楽しんだ後にディナーをゆっくり頂き、フランススタイルののんびりした食事を楽しむのがおすすめ。焼きたてクレープも絶品です!

表記 La Gare 
住所 19 Chaussée de la Muette, 75016 Paris
アクセス メトロ9番線 La Muette駅 すぐ
電話番号 33 1 42 15 15 31
店休日 なし
営業時間 月〜日 12:00~02:00
公式サイト
(フランス語)
http://restaurantlagare.com/

《ハイアット リージェンシー パリ エトワール》

17区に位置し郊外かと思いきや、パリの観光スポットはほとんど中心から左側に多くあるので観光へのアクセスもよく、少しリーズナブルで空港へも近く便利です。夜は周辺も静かなので疲れを癒してぐっすり眠りたい方にはこの地区での滞在をおすすめします。凱旋門からすぐで部屋からの景色も最高です。

表記 Hyatt Regency Paris Etoile
住所 3 Place du Général Kœnig, 75017 Paris
アクセス メトロ1番線 Porte maillot駅 徒歩8分
電話番号 33 1 40 68 12 34
公式サイト https://www.lebellechasse.com/fr/

【18区〜20区】サクレクール寺院やモンマルトルの丘、異国の雰囲気香る独特なエリア

フランス映画「アメリ」で登場する人気の観光スポット、サクレクール寺院や、モンマルトルの丘がある18区や、黒人・ユダヤ系・アラブ系住民の多い19区、エキゾチックな雰囲気があり蚤の市などが楽しめる20区があるエリア。

モンマルトル周辺はおしゃれなカフェや雑貨屋さんも多いので、女子旅ではぜひおすすめしたいパリの観光エリアです。

18区・19区・20区の治安情報

夜のピガール付近は大変賑わいますが、女性の一人歩きは大変危険です。移民の多い19区や20区は観光客があまりこない場所で、地元の住民でもあまり訪れる機会が少ない地区。過剰に警戒する必要はありませんが、移民の多いエリアでは犯罪も多くなりがちなので常に誰かと行動することをおすすめします。

18区・19区・20区のおすすめのスポット2選

《ル・ルレ・ガスコン》

フランス料理はチーズやバターなどがふんだんに使われており美味しいのですが、我々日本人からすると毎日食べるには少しこってり感じるところもあります。こちらのお店でおすすめしたいのはたくさんの具が入った「ジャイアントサラダ」

ヘルシーなランチで軽めに済ませて夜にがっつり食べるというのもおすすめです。パリの下町モンマルトルの雰囲気を味わえるお店です。

表記 Le Relais Gascon
住所 6, rue des Abbesses 750018 Paris
アクセス メトロ12番線 Abbesses駅
電話番号 331 42 58 58 22
店休日 なし
営業時間 月〜日 12:00〜24:00
公式サイト
(フランス語)
http://www.lerelaisgascon.fr/

《ル・パヴロン・ド・カヌー》

今パリの19区で話題のカフェがこちら。お天気がいい日には外のテラス席も気持ちいいのですが、中の内装が変わったお店。まるでお友達のお家にお邪魔したかのような気持ちになります。

旅行でパリの一軒家に入ることもないと思いますので観光スポットのような感覚でコーヒーを楽しむのもいおすすめ。地元のパリジャン・パリジェンヌが席を取り合う人気店です。

表記 Le Pavillon des Canaux
住所 39 Quai de la Loire, 75019 Paris
アクセス メトロ5番線 Laumière駅
電話番号
33 1 73 71 82 90
店休日 なし
営業時間 月〜土 10:00~00:00
日   10:00〜22:00
予算 2.5〜10ユーロ
公式サイト
(フランス語)
http://www.ladressemuseedelaposte.fr/

パリの区の特徴を把握して、より充実したパリ旅行を!

いかがでしたか?今回はフランスパリ20区すべてについて解説しました。パリは様々の表情を見せてくれ歴史がある美しい都市です。旅の拠点ともなるホテル選びでは、まずはパリで訪れたい場所をピックアップし、アクセスや治安の面からエリアを決めて探すのがおすすめ。

みなさんのパリでの滞在が素敵なものになるよう情報を発信し続けます!

WRITER May
学生時代にはオーストラリア・マレーシア・アメリカに在住、その後アメリカの航空会社に就職。通訳に転職し、アジア・ヨーロッパで活躍。海外在住と外資系企業での豊富な経験から、生の海外情報をお伝えします♪ 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND パリのおすすめ記事

【完全攻略】2019最新版★パリ・ディズニーパークガイド〜行き方、チケット、アトラクション情報など〜

ピンク色の「眠れる森の美女の城」がシンボルとなっているフランス・パリのディズニーパークには、2つのパークがあります。本記事では、人気のアトラクションやお土産、グッズ、おすすめのホテルやパリディズニーへの行き方、混雑情報ま…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事