" />

コロッセオだけじゃない?ローマの世界遺産13選♩歴史から行き方まで徹底解説

観光
95views

なぜイタリアは世界遺産が多いの?

イタリアは世界で1番世界遺産の数が多い国です。どのくらい多いのか早速みていきましょう!

イタリア全体の世界遺産の数

イタリアにはいくつの世界遺産があると思いますか?答えは54個です。なんとなく世界遺産が多いイメージがあるとは思いますが、イタリアだけで54個もあると知ると驚くでしょう。

日本の数との比較

イタリアは世界で1番世界遺産の多い国ですが、日本と比べたらどうでしょうか。
日本は世界で12番目に世界遺産が多く、22個です。

日本の世界遺産の数と比べてもイタリアの世界遺産はかなり多いことがわかるでしょう。

世界遺産が多い理由

イタリアの世界遺産が多い理由はなぜでしょうか。イタリアの各地で世界遺産が多い大きな理由は主に2つあり、下の理由だと考えられています。

<1つ目>
ローマ帝国の首都であることから、主にローマに遺跡が残ったため。

<2つ目>
ローマ帝国がキリスト教を認めたことから、どこにキリスト教に関連する世界遺産が多いことが理由と言われているため

ローマの世界遺産の数はいくつあるの?

それでは、ローマの世界遺産の数はいくつあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

ローマ全体で13個!?

まず1980年に、ローマ歴史地区や教皇領、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂など7カ所が世界遺産として登録されました。
その後は、世界最小国家であるバチカン市国、さらに90年には新たに5カ所が追加され、ローマ全体の世界遺産の総数は13カ所にものぼります。

これはイタリアの世界遺産の5分の1以上が、ローマにあるということとなります。またそれぞれには、異なった魅力があるので、どこに行くか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここで紹介する内容を読み終わる頃には、行きたい場所がどこなのか決められるでしょう♪それではまず1番人気のコロッセオ、フォロ・ロマーノからご紹介していきます。

ローマの世界遺産① コロッセオ

ローマで人気の世界遺産といえばコロッセオ。しかし歴史や見どころを知れば、人気の理由も納得できるでしょう。

知っておきたい!コロッセオの歴史とは?

ローマの世界遺産の中で、最も有名なのがコロッセオです。
コロッセオは、古代ローマ時代の約2000年ほど前に造られた円形闘技場でした。
剣闘士と猛獣の闘いや剣闘士同士の闘い、罪人の処刑も行われていました。

皇帝ヴェスパシアヌス帝は、このような場所を造ることで暴動などを抑えられると考え、コロッセオを造ったといわれています。

コロッセオの見どころはココ!

コロッセオを初めてみると、あまりの大きさに驚くことでしょう。
それもそのはずで、コロッセオというのは日本語で「巨大な物」と意味があります。
現代のように優れた機械があるわけではないのにもかかわらず、ここまで巨大な建物を造ったことに感動しますね!

また現在のコロッセオは、アリーナの土台だった部分が壊れてなくなっているため、猛獣や剣闘士の待合室に使用されていた地下も見学できます。

また、コロッセオは夜になるとライトアップもされるんです!他の世界遺産を周った後や観光をした後に訪れてもおすすめです。
またオーディオガイドをつけて、コロッセオを周りながら説明を聞くとより詳しくコロッセオについて知ることができます。

オーディオガイドは、画像を見ながら解説を聞くもの・当時のイメージ映像を見ながら解説を聞くものの2種類あります。
言語は日本語も用意されているので安心ですよ♪オーディオガイドをレンタルの際はパスポートが必要なので忘れずに持っていきましょう。

コロッセオ周辺の観光地

コロッセオの周辺の観光地は、これからご紹介するフォロ・ロマーノパラティーノの丘が近いので1セットとして周るのが王道のコースです。
パラティーノの丘から見た景色は綺麗なので、登ってみるといいでしょう。

コロッセオの基本情報

営業時間

1月2日~2月15日 8時半~16時半 2月16日~3月15日 8時半~17時 3月16日~3月の最後の土曜日 8時半~17時半 3月の最後の日曜日~8月31日 8時半~19時15分 9月1日~9月30日 8時半~19時 10月1日~10月の最後の土曜日 8時半~18時半 10月の最後の日曜日~12月31日 8時半~16時半

※注意1

料金

大人 12€ (インターネットでの予約の場合は14€) 18歳以下は無料 毎月第1日曜日は無料 

※注意2

コロッセオの所要時間の目安 所要時間の目安は、約40分~1時間ほどです。早く周る方は20分ほどで周れてしまいます。
アクセス 地下鉄Colosseo駅出口すぐ
公式サイト https://www.coopculture.it/en/colosseo-e-shop.cfm

※注意1:コロッセオの料金は、フォロ・ロマーノとパラティーノの丘の料金が含まれた価格です(共通チケット)。

※注意2:閉場時間の1時間前が最終受付時間ですので、時間に余裕をもっていきましょう。

では次にフォロ・ロマーノをご紹介します。

ローマの世界遺産② フォロ・ロマーノ

コロッセオに負けないくらい人気の世界遺産がフォロ・ロマーノ。フォロ・ロマーノは、どんなところなのでしょうか。

知っておきたい! フォロ・ロマーノの歴史とは?

フォロ・ロマーノは、紀元前6世紀~3世紀にローマ帝国の経済や政治の主体となった場所です。
しかし、東西にローマ帝国が分裂してしまい衰退しました。

フォロ・ロマーノの見どころはココ!

<見どころ①アントニウス・ピウス帝とファウスティーナの神殿>

141年にアントニウス帝が妻であるファウスティーナのために造った建造物。妻のために建てた神殿とは素敵ですよね♪

<見どころ②セプティミウス・セウェルスの凱旋門>

高さ21mもある白い大理石で造られた凱旋門。パルティア戦争で、セプティミウス・セウェルス帝とその息子たちが勝利した記念に建てられました。
また「ローマの休日」での撮影場所としても使われた場所なのでオードリーヘップバーンになりきって写真を撮っても楽しめるでしょう!

<見どころ③サトゥルヌスの神殿>

紀元前501年に造られました。ローマ神話の農耕の神サトゥルヌスに捧げるために造られたと言われています。
残っている8本の柱から当時の神殿を想像すると立派な建物が想像できますね!

フォロ・ロマーノ周辺の観光地

フォロ・ロマーノ周辺の観光地は、同じく世界遺産のカラカラ浴場が徒歩5分のところにあります。
フォロ・ロマーノと合わせて周るといいでしょう。

フォロ・ロマーノの基本情報

営業時間

1月2日~2月15日 8時半~16時半 2月16日~3月15日 8時半~17時 3月16日~3月の最後の土曜日 8時半~17時半 3月の最後の日曜日~8月31日 8時半~19時15分 9月1日~9月30日 8時半~19時 10月1日~10月の最後の土曜日 8時半~18時半 10月の最後の日曜日~12月31日 8時半~16時半

※注意1

料金

大人 12€ (インターネットでの予約の場合は14€) 18歳以下は無料 毎月第1日曜日は無料

※注意2

フォロ・ロマーノの所要時間の目安 フォロ・ロマーノの所要時間の目安は約45分~1時間です。
アクセス 地下鉄Colosseo駅下車、フォーリ・インペリアル通りを約8分歩き進むと左側にフォロ・ロマーノが見えます。
公式サイト https://www.coopculture.it/en/colosseo-e-shop.cfm

※注意1:閉場時間の1時間前が最終受付時間ですので、時間に余裕をもっていきましょう。

※注意2:フォロ・ロマーノの料金は、コロッセオとパラティーノの丘の料金が含まれた価格です(共通チケット)。

ローマの世界遺産で人気のコロッセオとフォロ・ロマーノは、見どころが多くありチケットを買うために行列に並ばなくてはなりません。
行列に並ばずに効率よく周るにはツアーもおすすめです♩

 

次にコロッセオ、フォロ・ロマーノと合わせて周りたい世界遺産をご紹介します。

ローマの世界遺産③ コンスタンティヌスの凱旋門

コロッセオ、フォロ・ロマーノの間にある世界遺産のコンスタンティヌス凱旋門。3つ合わせて周るのがおすすめです。

知っておきたい!コンスタンティヌスの凱旋門の歴史とは?

315年の古代ローマ時代に建てられた凱旋門であるコンスタンティヌスの凱旋門。
ミルウィウス橋の闘いで、西の副帝であったコンスタンティヌスが正帝マクセンティウスに勝利し、西ローマで無二の皇帝になった記念に建築されました。

コンスタンティヌスの凱旋門の見どころはココ!

コンスタンティヌスの凱旋門の見どころは浮彫です。プロフェクティオの情景や、皇帝が敗者のゲルマン人に対面する場面が描かれています。
またフランスパリにあるカルーゼル凱旋門のモデルになっているものがこのコンスタンティヌス凱旋門です。

コンスタンティヌスの凱旋門周辺の観光地

コンスタンティヌスの凱旋門周辺には、おいしいポルケッタサンドのお店「Pane & Vino」があります。
“ポルケッタ”とは、イタリア語で豚の丸焼きのこと。イタリア料理のひとつでもあります。
せっかくイタリアに訪れたなら本場のおいしいものをいただきましょう!

「Pane & Vino」のポルケッタサンドは、イタリアの伝統的なパンにお肉がたっぷり挟んであります。

ベーシックなポルケッタサンドは6€。結構ボリューミーなのでシェアしてもいいでしょう。
世界遺産をみて少しひと休みするにもおすすめの場所です。時間がないときは持ち帰りにして食べ歩くのもいいですね♪

お店の名前 Pane & Vino
アクセス Via Ostilia 10, 00184 Rome, Italy コンスタンティヌス凱旋門から徒歩約5分
電話番号 +39 06 7720 7177
定休日 なし
営業時間 月曜日~日曜日 10時~18時
サイトURL https://www.facebook.com/colosseopanevino

コンスタンティヌスの凱旋門の基本情報

営業時間 なし
料金 無料
コンスタンティヌス凱旋門の所要時間の目安 コンスタンティヌス凱旋門の所要時間の目安は、早い方で約5分です。じっくり見たい方は、約20分みておくといいでしょう。
アクセス Colosseo駅下車徒歩2分 。コロッセオの隣に位置しているのでわかりやすいです。
公式サイト http://www.romaonline.net/la-guida-turistica-di-rol/itinerari/zona-colosseo/arco-di-costantino/

ローマの世界遺産④ パンテオン

コロッセオに続き人気のパンテオンには、どんな歴史や見どころがあるのでしょうか?

知っておきたい!パンテオンの歴史とは?

パンテオンは、紀元前約25~27年にローマ皇帝アウグストゥスの側近であるマルクス・ウィプサニス・アグリッパにより
ローマ神話の神々を奉る万神殿として造られました。

のちにパンテオンは火事で無くなってしまい、再度造られたものが現在のパンテオンです。

パンテオンの見どころはココ!

パンテオンの見ていただきたいポイントは、天井です!
天井にある大きな穴は、オクルス(ラテン語で目という意味)と呼ばれていて、そこから差し込む光が素敵で異空間にいる感覚に。

パンテオンを訪れる時間によっても差し込む光が変わるので、何度訪れても楽しむことができるでしょう。

パンテオンには、ルネサンス時代の巨匠であったラファエロとイタリア王国の初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世が埋葬されています。
ラファエロは自らパンテオンに埋葬されることを望んだそうで、パンテオンは古くから人を惹きつける場所だったと伺えますね。

あのミケランジェロも天使の設計と褒めたたえたと言われています。

パンテオン周辺の観光地

パンテオン周辺には、ナヴォーナ広場があります。四大河の噴水が有名ですので、ぜひパンテオンとセットでみていただきたいです。
もうひとつの周辺観光地は、パンテオンから徒歩3分ほどの場所にあるサン ルイジデイ フランチェージ教会
カラヴァッジョの作品があり、絵画が好きな方は必見の場所です。

パンテオンの基本情報

営業時間 月曜日~土曜日 8時半~19時半 日曜日 9時~18時 祝日 9時~13時
閉館日 1月1日、5月1日、12月25日
料金 無料
パンテオンの所要時間の目安 外観のみでしたら15分~20分、内部を見るのであれば約30分から45分はみておいた方がいいでしょう。
アクセス Berberini駅から徒歩約15分 コロッセオからの行き方は、考古学博物館の通りをティトゥス凱旋門の方へ進みます。フォロ・ロマーノを突き進み、ヴェネツィア広場へ。ヴェネツィア広場からコルソ通りをまっすぐ進み、コルソのバス停を左に進むとパンテオンに到着します。
公式サイト https://www.rome.net/pantheon

注意:ミサが行われているときは入れないので注意してください。

神聖な場所ですので露出の多い服装は気をつけましょう。

ローマの世界遺産 ⑤マルクス・アウレリウスの記念柱

マルクス・アウレリウスの記念柱は、レリーフが施されている円柱の記念柱です。

知っておきたい!マルクス・アウレリウスの記念柱の歴史とは?

マルクス・アウレリウスの記念柱が建てられた時期は明確ではなく、紀元後180年~193年頃に建てられたと言われています。
皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスの栄光をたたえたことから、記念柱が建てられました。

マルクス・アウレリウスの記念柱の見どころはココ!

マルクス・アウレリウスの記念柱の見どころは、らせん状に彫られた浮彫り
当時の戦闘の様子や住民の日常生活の情景が描かれています。細かいところまで見ると当時の情景が思い浮かび、楽しむことができるでしょう。

マルクス・アウレリウスの記念柱周辺の観光地

マルクス・アウレリウスの記念柱の近くおいしいカプチーノがあるカフェ「La Casa Del Caffe Tazza D’oro」は、ぜひ立ち寄っていただきたいところ。
現地の方風にカウンターで立ち飲みしてもいいですし、持ち帰りや座るスペースもあるので休憩にもいいですね♪

お店の名前 La Casa Del Caffe Tazza D’oro
アクセス マルクス・アウレリウスの記念柱から徒歩約4分。 Via degli Orfani, 84, 00186 Rome
電話番号 +39 06 678 9792
定休日 なし
営業時間 月曜日~土曜日 7時~20時 日曜日 10時半~19時15分
サイトURL http://www.tazzadorocoffeeshop.com/

マルクス・アウレリウスの記念柱の基本情報

コロッセオの所要時間の目安 マルクス・アウレリウスの記念柱の所要時間の目安は、約15分~45分です。
アクセス マルクス・アウレリウスの記念柱までのアクセスは、トラムを使うと便利です。最寄りの駅は、Corso駅でそこから徒歩約2分です。先ほどご紹介したパンテオンと近い場所に位置していますので、セットで行くことをおすすめします。 コロッセオからの行き方は、トラムのColosseo駅から乗車しL.go Chigiで下車したあと徒歩約2分です。

次に世界遺産トラヤヌスの記念柱について見ていきましょう!

ローマの世界遺産⑥ トラヤヌスの記念柱

約38mもの高さのある円柱トラヤヌスの記念柱。この美しい記念柱にはどのような歴史があるのでしょうか?

知っておきたい!トラヤヌスの記念柱の歴史とは?

トラヤヌスの記念柱は、ローマ帝国の皇帝であったトラヤヌス帝のお墓です。
トラヤヌス帝は、最も盛んな時代のローマ帝国を統一した皇帝の一人です。
当時トラヤヌスの記念柱の周辺は、クイリナーレの丘が一部ありました。
しかしトラヤヌス帝のフォーラムを建設の際に丘を取り払ったため、丘の高さの記録を記念柱に残しました。

トラヤヌスの記念柱の見どころはココ!

トラヤヌスの記念の見どころは、らせん状のレリーフ。ダキヌ戦の様子が浮き彫りに描かれています。
帯状の彫刻は、柱の周りを23周まわっていて190mの長さにも及びます。細かく造られたひとつひとつの彫刻を見ると、昔の人が造ったとは思えないと驚くでしょう。
またトラヤヌスの記念柱のレリーフは、映画ローマの休日の冒頭でも出てくるほど有名です。

トラヤヌスの記念柱の凱旋門周辺の観光地

トラヤヌスの記念柱の凱旋門周辺には、ヴィットリーオ・エマヌエーレ2世記念堂があります。トラヤヌスの記念柱から徒歩約5分ですので行ってみるといいでしょう♪

トラヤヌスの記念柱の基本情報

トラヤヌスの記念柱の所要時間の目安 トラヤヌスの記念柱の所要時間の目安は、約1時間~2時間です。
アクセス トラヤヌスの記念柱までは、トラムがおすすめです。最寄駅Veneziaから徒歩4分。 コロッセオからの行き方は、フォリ・インペリアル通りを約15分まっすぐ歩いていくとトラヤヌスの記念柱にたどり着きます。

次にコロッセオと同じく、人気のある世界遺産サンタンジェロ城をご紹介します。

ローマの世界遺産⑦ サンタンジェロ城(ハドリアヌス霊廟)

イタリア語で“聖なる天使の城“という意味のサンタンジェロ城。早速ご紹介していきます!

知っておきたい!サンタンジェロ城(ハドリアヌス霊廟)の歴史とは?

ローマ皇帝の一人であったハドリアヌスは、自らを死後に祭る場所として西暦139年にサンタンジェロ城を建設しました。
のちにサンタンジェロ城は、軍事施設や避難所、牢獄としても使われました。

サンタンジェロ城(ハドリアヌス霊廟)の見どころはココ!

サンタンジェロ城に訪れたらぜひおすすめしたいところがテラスです。テラスに出ると目の前には、サン・ピエトロ大聖堂が!
特におすすめの時間は夕方です。サンタンジェロ城のテラスからサン・ピエトロ大聖堂のライトアップをぜひ眺めてみましょう。

またテラスには、大天使ミカエルの石像があります。

天使の中でも最も神に近いと言われているミカエル。要チェックですよ♪
またサンタンジェロ城の下に流れる川「テヴェレ川」は、映画「ローマの休日」の撮影場所で有名な場所。女性の永遠の憧れであるオードリーが同じ場所にいたと思うとわくわくしますよね。

サンタンジェロ城(ハドリアヌス霊廟)周辺の観光地

サンタンジェロ城の周辺で行っていただきたいところは、サンタンジェロ橋です。
橋の両側には、美しい天使の石像があります。サンタンジェロ橋周辺は雰囲気がいいのでインスタ映えすること間違いないでしょう♩

サンタンジェロ城(ハドリアヌス霊廟)の基本情報

営業時間 火曜日~日曜日 9時~19時半
閉場日 月曜日、1月1日、12月25日
料金 14€ 18歳以下は無料
アクセス トラムRisorgimento/Porta Angelica駅より徒歩約11分。駅を降りてジョバンニ・ヴィテッレスキ通りをまっすぐ進むとサンタンジェロ城に到着します
サンタンジェロ城の所要時間 外観のみでしたら約15分~25分、サンタンジェロ城内に入る場合は50分から2時間ほど見ておくといいでしょう。
公式サイト https://www.castelsantangelo.com/

次にご紹介する世界遺産は、サンタンジェロ城から近いバチカン市国です。では見ていきましょう!

ローマの世界遺産⑧ バチカン市国

バチカン市国とはどのようなところなのでしょうか。歴史や見どころを見ていきましょう!

知っておきたい!バチカン市国の歴史とは?

バチカン市国は、世界最小の独立国として1984年国自体が世界遺産に登録され、古くから“聖なる地”だったと言われています。
テーマパーク程度の大きさですが、バチカン市国にはバチカン宮殿サン・ピエトロ広場バチカン美術館サン・ピエトロ大聖堂などの歴史ある建物があります。

大聖堂の中にあるミケランジェロが手掛けたピエタも必見です!

バチカン市国の見どころはココ!

バチカン市国の見どころはたくさんありますが、特に見ていただきたいところは4つです。

<見どころ①サン・ピエトロ大聖堂>

世界で最も大きいと言われているキリスト教の教会建築です。巨匠ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが17世紀に建てた傑作と言われています。

<見どころ②サン・ピエトロ広場>

サン・ピエトロ広場で有名なのがベルニーニポイントという噴水とオベリスクの真ん中にある石畳のことです。
ベルニーニポイントに立って4本の柱廊を見ると1列に重なります。こんな素晴らしく美しいものを造るだけでなく仕掛けも考慮されているのは驚きです。

<見どころ③システィーナ礼拝堂>

サン・ピエトロ大聖堂の隣にあるシスティーナ礼拝堂。こちらの礼拝堂にはあの有名なミケランジェロの作品である最後の審判が飾られています。美しい絵画に囲まれた空間に、上部の窓から差し込む光はまさに神秘的と言えるでしょう。

<見どころ④バチカン美術館>

美術館が宮殿となっていて上品なイエローが何とも美しいです。どこで写真を撮っても映えますね♪
またバチカン美術館は大変混むため、事前にネット予約をしたほうがいいでしょう。

バチカン市国近くのおいしいジェラート屋さん

バチカン市国で観光した後におすすめなのがこのジェラート屋さん「Old Bridge Gelateria」。イタリアと言えばジェラートですよね♪イタリア人は、ランチをジェラートにする方も少なくないそうです。おすすめのフレーバーはピスタチオ。ぜひ本場のジェラートを堪能してください。

Old Bridge Gelateria Pane & Vino
アクセス バチカン市国の隣に位置してますが、地下鉄Ottaviano駅方向に城壁をぐるっと回ると到着します。バチカン市国の入口から徒歩約10分です。
電話番号 +89 328 411 9478
定休日 なし
営業時間 月曜日~土曜日 10時~2時 日曜日 14時半~2時
サイトURL https://gelateriaoldbridge.com/

バチカン市国までのアクセス

バチカン市国までは、Ottaviano駅下車徒歩約10分です。

見どころがたくさんあるバチカン美術館。効率よく案内してくれるツアーもおすすめです。システィーナ礼拝堂にある、「最後の審判」や壁画の見どころを事前に解説してくれるので感動度が違いますよ♪

次の世界遺産はサンタンジェロ城から近いアウグストゥス廟です!

ローマの世界遺産⑨アウグストゥス廟

アウグストゥス廟は一体どんなところなのでしょうか?早速見ていきましょう!

知っておきたい!アウグストゥス廟の歴史とは?

アウグストゥス廟は、初代ローマ皇帝のアウグストゥスのお墓です。紀元前28年に建てられ、中にはアウグストゥスやユリウス・クラウディウス朝の人々が納められました。

アウグストゥス廟の見どころはココ!

アウグストゥス廟の見どころですが現在は工事中のようです。大きな建造物ですので外観だけでも見ていただきたい場所です。

アウグストゥス廟周辺の観光地

アウグストゥス廟周辺には、サン・ロレンツォ・イン・ルチーナ教会があります。
教会の中はきらびやかで美しいのでぜひ立ち寄ってみてください。

ツアーに参加すると地下で眠っているローマの遺跡を見ることができるので参加しても楽しめるでしょう!

アウグストゥス廟の基本情報

アウグストゥス廟までのアクセス 地下鉄Spagna駅から徒歩約9分。
アウグストゥス廟の所要時間の目安 現在は外観のみの観光なので約15分~20分です。
公式サイト http://www.mausoleodiaugusto.it/en/

続いて、ローマ南部のカラカラ浴場をみていきましょう!

ローマの世界遺産⑩ カラカラ浴場

カラカラ浴場にはどんな歴史があるのでしょうか。

知っておきたい!カラカラ浴場の歴史とは?

お風呂が好きだったローマ人。西暦212年~216年にかけてローマ帝国の22第皇帝カラカラ帝の治世に造られました。
熱浴槽と温浴槽、冷浴槽さらには図書館もありました。

カラカラ浴場の見どころはココ!

カラカラ浴場の見どころは、床のモザイクタイル
あの有名なブルガリがインスピレーションを受けたと言われるほどの美しいタイルは必見です。

カラカラ浴場周辺の観光地

カラカラ浴場から徒歩約13分の場所に市立公園があります。
草木や噴水もあり雰囲気がいいので、ベンチに座って休憩するのにおすすめです。
日によってはジャズコンサートもしているので、音楽を楽しむのもいいでしょう♩

また、ローマ街道の最も有名なアッピア旧街道をご存知ですか?ローマの南東にあり、雰囲気がいいので少し時間をとってこちらを歩いてみるのもおすすめです。

カラカラ浴場の基本情報

営業時間 1月2日~2月15日、10月の最後の日曜日~12月31日 9時~16時半 2月16日~3月15日 9時~17時 3月16日~3月の最後の土曜日 9時~17時半 3月の最後の日~8月31日 9時~19時15分 9月1日~9月30日 9時~19時 10月1日~10月の最後の土曜日 9時~18時半 10月最後の日曜日~12月31日 9時~16時半 ※月曜日は9時~14時
閉館日 1月1日、5月1日、12月25日
料金 大人8€ 18歳以下は無料 毎月日曜日は無料
カラカラ浴場の所要時間の目安 地下鉄チルコマッシモ駅から徒歩約5分 ポルタ・カペーナ広場の横を通っていくと到着します。
アクセス 地下鉄チルコマッシモ駅から徒歩約5分。ポルタ・カペーナ広場の横を通っていくと到着します。
公式サイト https://www.archeoroma.it/siti/terme-di-caracalla/terme-caracalla-roma-veduta-generale/

続いてカラカラ浴場とセットで行きたい世界遺産は3つです。

ローマの世界遺産⑪サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂

古代ローマ様式の教会堂のひとつと言われているサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂。こちらの歴史や見どころはどんなところにあるのでしょうか。

知っておきたい!サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の歴史とは?

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂は、ローマの教会の順位付けで1位で“救世主大聖堂”と呼ばれています。
ローマ帝国時代にはラテラヌス家という一族が住んでいましたが、反乱の容疑で家と財産を奪われてしまいました。
のちにコンスタンティヌス帝により、キリスト教が認められこの場所が寄付されたのです。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の見どころはココ!

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の見どころは、ポルタ・サンタです。
ポルタ・サンタとは「聖なる扉」という意味で、25年に1度のみ開かれます。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂周辺の観光地

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂周辺の観光地は、大聖堂に隣接したララテノ宮殿があります。。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の基本情報

営業時間

7時~18時45分 

回廊 9時~18時

料金

無料

回廊 2€

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の所要時間の目安 サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の所要時間は、約1時間です。
アクセス 地下鉄San Giovanni駅から徒歩約3分。 カラカラ浴場からは、徒歩約20分です。イマーニャ・ディ・カラカッラ通りに出て右に進み、道なりに進めば到着します。
公式サイト http://www.vatican.va/various/basiliche/san_giovanni/index_it.htm

ローマの世界遺産⑫ サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

“偉大なる聖母マリアに捧げられた聖堂”の意味があるサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂。早速詳しく見ていきましょう。

知っておきたい!サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の歴史とは?

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、改修を何度も繰り返し自身にも耐えた唯一のキリスト教の教会建築。一時的に教皇宮殿として使われたこともある大聖堂です。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の見どころはココ!

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の見どころは、美しく高いクーポラです。ゴールドに繊細な絵画が描かれていてゴージャスなので必見ですよ♪

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂周辺の観光地

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂周辺の目と鼻の先には、美しいモザイクがあるサンタ・プラッセーデ教会があります。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の基本情報

営業時間 7時~18時45分
料金

無料

法王の闇などにも見学できるガイド付きツアー 2€

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の所要時間の目安 サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の所要時間は約30分です。
アクセス Termini駅から徒歩10分 カラカラ浴場、サン・ジョバンニイン・ラテラーノ大聖堂とセットで周る場合は、カラカラ浴場、サン・ジョバンニイン・ラテラーノ大聖堂、サンタ・マリア・マッジョーレの順がおすすめです。サン・ジョバンニイン・ラテラーノ大聖堂からは、徒歩約20分でメルラナ通りをまっすぐ歩けば到着します。
公式サイト http://www.vatican.va/various/basiliche/sm_maggiore/index_it.html

 

ローマの世界遺産⑬ サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

城壁外の聖パウロ大聖堂の意味を持つ、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂。

知っておきたい! サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の歴史とは?

聖パウロのお墓を祭るため、西暦386年にサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂は造られました。
のちに大規模に建設されましたが、1823年に大部分を火事で焼失し再建した姿が現在のサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂です。

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の見どころはココ!

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の見どころは、ローマで最も美しい回廊と言われる回廊です。
サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂に行ったらぜひご自身の目で確かめてみてください♪

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂周辺の観光地

※写真はイメージです

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂から徒歩約24分の場所に、ガイウス・ケスティウスのピラミッドがあります。
ローマでピラミッド?と思われるかもしれませんが珍スポットとして人気があります。オスティエンセ通りをまっすぐ行くと着きます。

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の基本情報

営業時間

7時~18時半

回廊 8時~18時

料金

無料

回廊 4€

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の所要時間の目安 サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の所要時間は約1時間です。
アクセス 地下鉄San Paolo駅から徒歩約5分。サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂は、他の世界遺産から比較的遠いので合わせて行くならカラカラ浴場と合わせて行くのがおすすめです。 カラカラ浴場からは、地下鉄チルコ・マッシモ駅で乗り3駅先のBasilica San Paolo下車徒歩4分です。
公式サイト http://www.basilicasanpaolo.org/

ローマ世界遺産巡りに必須?ローマパス

ローマの世界遺産を周るのにローマパスは必要なのでしょうか?詳しく説明していきますのでぜひ参考にしてみてください。

ローマパスって何?

そもそもローマパスとはどんなものなのでしょうか?ローマパスとは、ローマの観光に便利な券のこと。
美術館や世界遺産がお得になったり、交通機関が無料になるんです。たくさん観光したい方は持っておくといいでしょう!

ローマパスの種類

分かりやすく表にまとめたのでぜひ参考にしてくださいね♪

有効期間 金額 無料の美術館・博物館
48時間(2日間) 28€ 1カ所
72時間(3日間) 36€ 2カ所

ローマパスでお得になる世界遺産

ローマパスはコロッセオとフォロ・ロマーノ、パラティーノの丘の3か所1セットで使うと、よりお得に観光ができます。

ローマパス、おすすめの使い方

まずローマパスにはメリットが2つあります。1つ目は3日間パスの場合、はじめの2つの美術館と博物館が無料になること。
2つ目はローマパスには、優先で入れる施設もあるということです。

1つめの無料で入る特典をどこで使うか迷ってしまうと思いますが、
おすすめの使いどころは、コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘(3つでセット)と言えます。

その理由は、世界遺産の中ではコロッセオが最も混むということ、さらにコロッセオに優先入場があるためです。
特に繁忙期のコロッセオは大行列!優先的に入れるローマパスは大変便利ですね。

またローマパスで入れる世界遺産は、他にもカラカラ浴場がありますが6€でそこまで混まないためここで使うことは得策ではないでしょう。

ローマの歴史を学んで、世界遺産を堪能しに行こう

ローマの世界遺産13選をご紹介しました。

歴史を知ることで、ただ見るよりも当時の情景が分かり、より楽しめます。
限られた時間の中で効率的に世界遺産を周るためには、見たい場所を絞って行くと旅行もスムーズになりますね♪

大行列のコロッセオもローマパスやツアーを使いこなし、乗り切りましょう!

RECOMMEND イタリアのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事