" />

カンボジアはビザが必要!取得方法や書き方、料金まで徹底解説!

旅行準備
171856views

アンコールワット遺跡などで世界中の観光客を魅了するカンボジア。日本からも6時間ほどでアクセスできる人気の海外旅行先ですが、実は入国にはビザが必要!「初めてのビザ申請で何から手をつければいいかわからない!」といった人もご安心ください。

今回は、カンボジアのビザの取得方法を徹底解説します!ネットで申請できるe-Visaもあり、事前に情報収集しておけばどなたでも自力で取得できますよ。早速、取得までの流れを見ていきましょう。

カンボジアにはビザが必須!

日本人はビザなしで渡航できる国が世界で一番多いことで有名ですが、カンボジアに入国する場合は観光目的でもビザの取得が必須です!ビザ自体申請・取得するのが初めてという人も多いのではないでしょうか?今回はビザの種類から申請・取得方法まで詳しく解説するので、初めての人もご安心ください!

カンボジアのビザは大きくわけて2種類

カンボジアのビザは大きく「ツーリストビザ」と「ビジネスビザ」の2種類に分かれます。それぞれに共通する点は2つ。

1つ目は有効期限で、ビザ発給日より3ヶ月以内に入国しなければ無効になってしまうので、ビザを申請するタイミングに注意が必要です。2つ目は滞在期限。入国後の滞在期限は最大1ヶ月までなので、1ヶ月以上滞在する場合は追加申請を行いましょう。

カンボジアのビザ①「ツーリストビザ」

カンボジアに観光目的で滞在する人は「ツーリストビザ」が必要です。「ツーリストビザ」はさらにシングルとマルチプルの2種類に分かれており、シングルはビザの有効期間中入国が1回のみ可能。延長は現地で申請が必要です。マルチプルは、有効期間中なら最大1ヶ月の滞在であれば何回でも入国が可能なビザで、1・2・3年から選べます。

カンボジアのビザ②「ビジネスビザ」

カンボジアに観光目的以外で滞在する場合は「ビジネスビザ」が必要です。仕事はもちろん、添乗員・企業視察・セミナー参加・留学・ボランティア活動・長期滞在も当てはまります。ビザの延長も可能ですが、現地で申請が必要です。「ビジネスビザ」も「観光ビザ」のマルチプルと同じように、1・2・3年から選べます。

カンボジアのビザの取得方法

カンボジアのビザの取得までの流れを5種類紹介し、それぞれ解説していきます!尚、「ツーリストビザ」と「ビジネスビザ」の取得方法は同じです。

カンボジアのアライバルビザを空港に着いてから取得する方法

番安くて楽に取得できると言われる人気の方法が、アライバルビザの取得。アライバルビザとは、カンボジアに到着し空港で取得するビザのことです。取得可能なのは、プノンペン空港とシェムリアップ空港。

ただし1点注意したいのが、窓口で並ぶ可能性があるということ。アライバルビザで入国したい場合は、飛行機を降りたらなるべく早めに申請用紙の記入に向かうのがおすすめです!取得までの流れは以下の通り。

  1. 申請用紙を記入
  2. 申請窓口に並ぶ
  3. 申請用紙とパスポート、証明写真を提出
  4. 発行手数料を支払う

証明写真は貼らずに申請用紙と一緒に提出するだけで良いので、のりなどの用意は必要ありません。写真がない場合はパスポートの写真をスキャンして使用するため、手数料2ドルを追加で払う必要があります。ビザはパスポートに貼られますが、受け取ったら念のため自分のパスポートであるか、ビザの記載内容をその場で確認しましょう。

カンボジアのビザを日本の窓口で取得する方法

日本の窓口で取得する際は、カンボジア大使館または領事館へ行く必要があります。申請は本人が来館するほか家族や代理人も可能ですが、代理人申請の場合は申請書に本人のサインが必要です。申請用紙は事前にホームページからダウンロードし必要事項を記入した上で持参するとスムーズですよ。窓口は以下の5箇所です。

  • カンボジア大使館(東京)
  • 在大阪カンボジア王国名誉領事館
  • 在名古屋カンボジア王国名誉領事館
  • 在札幌カンボジア王国名誉領事館
  • 在福岡カンボジア王国名誉領事間

大使館や領事館へのアクセスが容易かつ、事前に日本で取得しておきたい人にはおすすめ。ただ、アライバルビザより高い・発給は申請翌日以降・窓口の受付時間が限られているといったデメリットもあるので注意が必要です。

カンボジアのビザを日本で郵送で取得する方法

カンボジアのビザを郵送で取得する場合は、パスポートの原本と証明写真、ビザ申請書、返送宛先を書いたメモを現金書留で送りましょう。返送用の封筒は大使館側で用意してもらえるので、同封する必要はありません。日本で事前に取得したいけど窓口に行くのは厳しいという人におすすめ。

ただし取得までは約1週間かかり、申請の取り消しもできないので注意しましょう。

カンボジアのe-Visaをネットで取得する方法

カンボジアのビザはネットで取得することも可能です!ネットで申請・取得するビザを、e-Visaと言います。パソコンだけでなくスマートフォンや専用アプリから申請ができるので、渡航前に取得しておきたいけど窓口へ行く時間がない、パスポートを郵送するのは不安という方にはおすすめです。取得までの流れは以下の通り。

  1. パスポート・顔写真のデータ・パスポートの顔写真のページの画像データ・クレジットカードを準備
  2. e-Visa公式サイトへアクセス
  3. ビザの種類を確認・選択
  4. 個人情報・パスポート情報をすべて英語で入力
  5. 入力情報の確認し送信(複数人を同時申請する場合は「追加応募者」から追加)
  6. メールで参照番号を確認
  7. 申請料金を確認し決済情報の入力
  8. 通常3営業日内にビザがメールで届く
  9. ビザが届いたらPDFデータを出入国分2部を印刷

自分の好きな時間に手軽に申請でき便利ですが、取得できるのはシングルのみ手数料が6ドル・1ヶ月以上の延長不可などのデメリットもあります。

カンボジアのビザを国境で取得する方法

カンボジアへは、タイやラオス、ベトナムから陸路で入国することも可能です。国境でもビザは取得できますが、賄賂を要求されることがあるので、基本的におすすめはしません。

現地の旅行代理店で手配したバスに申請を代行してもらうことも可能ですが、バス会社によっては高額な代行申請料を請求されぼったくられる場合もあるので、やはり陸路の国境での取得は避けたほうが賢明です。

カンボジアのビザ申請に必要なもの

  1. 証明写真・・・最近3ヶ月以内に撮影したもの・45mm×35mmのパスポートサイズ
  2. パスポート・・・カンボジア入国(予定)日より起算し、有効期間が6ヶ月以上残っているもの
  3. 申請書・・・日本で事前に取得する場合、申請箇所ごとに用紙が異なるので、提出先のHPからダウンロードするのがおすすめ
  4. 申請料(詳細は後述)

マルチプルビザを取得する場合、パスポートの有効期限の条件が上記とは異なるので注意しましょう。マルチプルビザは、ビザの有効期限分プラス6ヶ月の残存日数が必要になります。
(例)1年マルチプルビザ:1年6ヶ月の残存日数

カンボジアのビザにかかる料金は?

ビザ申請料は方法により異なります。5種類の方法別に料金をまとめました!

カンボジアのアライバルビザの申請料金

カンボジアの空港で取得する場合は、米ドルでの支払いです。

  観光ビザ ビザ
シングル 30ドル 35ドル
マルチプル1年 40ドル 50ドル
マルチプル2年 65ドル 75ドル
 マルチプル3年  90ドル 100ドル

カンボジアのビザを日本の窓口で取得する場合の料金

東京にあるカンボジア大使館で取得する場合は、シングルで観光ビザが3,900円・業務ビザが4,400円です。なお、各名誉領事館で取得する場合は、手数料が別途500円加算されます。現金でおつりのないよう準備しておきましょう。

カンボジアのビザを日本で郵送で取得する場合の料金

観光ビザの申請料金を紹介します。以下の料金は、ビザ申請料・返送料・手数料がすべて含まれたものです。

シングル 6,000円
マルチプル1年  7,500円
マルチプル2年 9,500円
 マルチプル3年  12,500円

カンボジアのe-Visaをネットで取得する場合の料金

e-Visaはシングルのみの申請で、アメリカドルでの支払いとなります。観光ビザの場合の申請料金は、30ドル+6ドル(システム料)=36ドルです。

カンボジアのビザを国境で取得する場合の料金

最も簡単なビザの取得方法である、旅行代理店で手配したバスに申請を代行してもらう場合は、手数料込みで40ドルが相場です。バス会社によっては高額な料金を請求してくることもあるので、事前にしっかり確認しましょう。

カンボジアのビザ申請書の書き方

ビザ申請書の記入項目を順に解説します。基本的にすべて英語で記入しましょう。

  • Family name:姓
  • Given name:名
  • Male(男)/Female(女):該当するほうにチェック
  • Place of birth:出生地
  • Date of birth:生年月日(日/月/年の順で記載)
  • Nationality:国籍
  • Passport No.:パスポート番号
  • Profession:職業
  • Date of Passport issue:パスポート発行日
  • Date of Passport expiry:パスポート失効日
  • Port of Entry:カンボジアで入国する場所(プノンペンなど)
  • From…:日本の出発地
  • Permanent address:自宅の住所
  • Address in Cambodia:滞在先住所(ホテル名など)
  • Purpose of travel(旅行目的):観光ならsightseeing/ビジネスならbusiness
  • Length of Stay:滞在予定日数
  • Signature of the applicant:パスポートと同じ署名(日本語の場合は日本語)

カンボジアのビザに関しての注意点

カンボジアのビザ取得に関する注意点を5つ紹介します。

ビザは申請時と取得時に中身を確認!

まれに、違う種類のビザが貼られるといったケースがあります。申請時にビザの種類を確認、取得したときも今一度自分の名前のスペルやビザの種類など記載内容をしっかり確認しましょう。

ビザ発行までに時間がかかることも

アライバルビザは列に並ぶ可能性があるもののその場で発行されます。一方、窓口申請は早くて翌日以降、郵送は約1週間後、e-Visaは3営業日以内と、取得までに時間がかかるので早めの準備が安心です。

e-Visaが使えない場所も!

現在e-Visaで入国できる箇所は以下の7箇所です。

  1. プノンペン国際空港
  2. シェムリアップ国際空港
  3. シアヌークビル国際空港
  4. ポイペト(タイとの国境)
  5. コッコン(タイとの国境)
  6. バベット(ベトナムとの国境)
  7. トラピアンクリエル(ラオスとの国境)

国際空港はすべて対応していますが、周辺国から陸路で入国する場合は、e-Visaに対応していない国境もあるので注意が必要です。

現金を忘れずに!

日本の窓口と現地での申請は、現金での支払いになります。日本の窓口でもおつりのないよう事前に準備しましょう。アライバルビザはアメリカドルでの支払いになるので、現金を前もって用意しておくのが得策です。

カンボジアのビザ申請はこれで完璧!

慣れないビザ申請も、前もって情報収集をしておけば難しいことではありません!ビザの種類と取得方法は、旅行のスタイルにあわせて事前によく検討しておくのがおすすめ。スムーズにビザを取得し、カンボジア旅行を満喫してくださいね!

WRITER natsumi
パリ在住、"WORK HARD, TRAVEL HARDER"がモットーのフリーランスライター。旅先ではカフェで人間観察するのが好きです。workhard-travelharder.com 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND カンボジアのおすすめ記事

カンボジア、クメール・ルージュによる虐殺の現場プノンペンの「キリングフィールド」を徹底解説!

アンコールワットで有名なカンボジア。現地の人々は親切で穏やかな国民性で接しやすく、有名観光地もあることから近年旅行者に人気の国です。優しそうなカンボジアの人々からは想像しづらいですが、今から40年前、たった数年の間に国民の…

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事