" />

【これぞ楽園】プーケットから行ける離島を完全網羅!

観光
13829views

プーケットは世界中から観光客が押し寄せてくる、世界屈指のリゾート地。プーケットはタイ国内で最大の島なのですが、実はプーケットの周りにも大小さまざまな離島があります。本島よりも離島は人が少なく、穏やかな時間を過ごすことができますので人気の場所。

今回は、プーケットから行ける離島の魅力をたっぷりお伝えしていきます。

プーケットの離島ってどんなところ?

プーケットから行ける離島を一言で表すとすれば「秘境」。プーケットに匹敵する美しさのビーチがありながら、人がプーケットより少なく、落ち着いてバカンスを満喫できます。また、離島でもいろいろなマリンスポーツが楽しめるので、ぜひ澄み切ったコバルトブルーの海で楽しんでみてください!

プーケットから行けるおすすめの離島①ピピ島

ピピ島はプーケットから船に二時間くらい行ったところにある島で、 離島の中でも特に人気がある場所。ピピ島の最大の特徴と言えば石灰岩でできた白い砂とエメラルドグリーンに輝く海ですね。ピピ島の海が青ではなく緑なのには理由があり、石灰岩の粒子を含んだ水は、青色のみを反射させるためエメラルドグリーンのような澄んだ緑色になるのです。

プーケットからの行き方

ピピ島に行きたい場合はまず「ラサダ港」を目指してください。トゥクトゥクやタクシーのドライバーに伝えればわかるはずです。そしてラサダ港に着きましたら、そこからはフェリーで移動します。ピピ島までの船旅は15分ほどです。

プーケットから行けるおすすめの離島②コーラル島

コーラル島の正式名称はヘイ島と言います。なのになぜコーラル島と言われるようになったのでしょうか?

「コーラル」とはサンゴのこと。コーラル島はその名の通り美しいサンゴに囲まれているのですが、海水が透きとおっているためほかの場所に比べても圧倒的にきれいに見ることができるからなのです。コーラル島の海の美しさは地理が関係していて、コーラル島がある場所は一年中波があまり立たず穏やかなため、砂が舞い上がることもありません。その為、透明度を保っていられるのです。

プーケットからの行き方

コーラル島はプーケットからスピードボートでわずか15分。コーラル島行きのフェリーは、プーケットの南端に位置する「チャロン湾」から出ています。プーケットから近いので、あまり時間がない方にもおすすめの場所です。

プーケットから行けるおすすめの離島③カイ島

「カイ」はタイ語で「卵」の意味があり、その名の通り卵のような小さな島々です。島々と書いたのは、実はカイ島は一つではなく、「カイナイ島」「カイヌイ島」「カイノック島」の三つの島々を指しているからです。

カイ島も一年を通して波が穏やかなため、シュノーケリングにぴったり!また、浅瀬でもたくさんの魚がいるため、水泳があまり得意でない方でも海中散歩を十分に楽しむことができちゃいます。

プーケットからの行き方

カイ島はプーケットの東に位置するシレー地区にある港から出ているスピードボートに乗り、15分ほど行ったところにあります。カイ島もプーケットから近いのであまり時間がない方でも、半日で楽しむことができる場所です。

プーケットから行けるおすすめの離島④ラチャ島

ラチャ島は「ラチャヤイ島」とも言い、ラチャはタイ語で「国王」ヤイは「大きい」という意味があります。ラチャ島と言えばダイビング、ダイビングと言えばラチャ島と言えるくらいラチャ島にはダイビングスポットが多数あり、世界中から多くのダイバーたちが美しい海に潜るために訪れています。ダイビングスポットによってはウミガメが見れることも。ラチャ島周辺の海は魚影が濃いので、魚釣りにもぴったりです。

プーケットからの行き方

まず、プーケットの南にある「シャロン湾」に行きます。そこから出ているスピードボートに乗り大体30-40分ほどで到着します。

プーケットから行けるおすすめの離島⑤シミラン諸島

シミランとはマレー語で「9つ」という意味で、9つの小さい島々を合わせて「シミラン諸島」と呼んでいます。シミラン諸島は海が美しいと言われているプーケットの離島の中でも特に「海が美しい島」と言われていて、タイ政府が「国立海洋公園」に指定しているほど。そんなビーチでシュノーケリングやダイビングができたら最高ですよね!

プーケットからの行き方

プーケットの「タブラム港」からスピードボートで90分ほど。タブラム港もプーケットの市街地から車で90分ほどかかるので決して近いとは言えませんが、その分人に汚されていない、圧倒的に透明なビーチがあなたを待っています。

プーケットから行けるおすすめの離島⑥マイトン島

マイトン島は別名ハネムーンアイランドとも呼ばれています。マイトン島はその美しい景観を守るために1日ツアーの人しか入港させないという徹底ぶり。マイトン島の目玉と言えばなんといってもイルカ!島の周辺にイルカが棲んでいて、かなりの確率で遭うことができるのです。

プーケットからの行き方

マイトン島はプーケットの南端にある「ディープシー=マカーム港」からスピードボートで15分ほど行ったところにあります。

プーケット離島で過ごす雨季について

雨季とは?

プーケットはケッペンの気候区分によると「熱帯モンスーン気候」に分類されます。熱帯モンスーン気候は一年中暑く、大量の雨が降る「雨季(5月~11月)」と雨がほとんど降らない「乾季(12月~4月)」があります。

では、雨季になると一日中雨なのかと言うとそういうわけではなく、一日のうちほんの短時間の中で大量の雨が降り、その後は何事もなかったかのようにカラっと晴れるのが特徴です。

雨季はビーチで泳げない?

雨季は偏西風の影響で海が荒れることが多くなるため、状況によっては遊泳禁止になることもあります。しかし、まったくビーチで泳げなくなるかというと必ずしもそうではなく、海が穏やかであれば通常通り泳ぐことが可能です。

では、雨季のプーケットでビーチに泳げる確率を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?それは、波が荒れにくい場所にある島を訪れることです。今回挙げた中ではコーラル島やカイ島の海は比較的穏やかなので、雨季に訪れる際はコーラル島やカイ島に行くことをおすすめします。

雨季はメリットもある!

「雨季は豪雨が降るし波は荒れるしデメリットしかない…。」そう思った方もいるのではないでしょうか?実は雨季に行った方がメリットがある場合があるんです!たとえば、雨季は観光客が少なくなるので美しいビーチを独り占めすることができます。また、ホテルもハイシーズンより安く、時にはハイシーズンの半額くらいになることだってあるのです。

プーケットから行ける離島のおすすめホテル5選

離島にあるおすすめホテルをご紹介します。ここで紹介するものはどれも評価の高い、一流のホテルです。

ザ ラチャ

ザ ラチャはラチャ島にある5つ星ホテルです。部屋からは蒼い海を一望することができます。もちろんサンセットやサンライズも見ることができ、その美しさは忘れられない旅の思い出になるでしょう。特にサンセットはビーチサイドのバーから眺めることができ、サンセットを見ながらワイングラスを揺らせばそこはもうパラダイス。

ただ、離島なので周りにお店はほとんどないため、買い出しが必要な場合は来る前にプーケットで買ってきたほうがいいですね。

住所 42/12-13 Moo 5,
Phuket 83130,Thailand
電話番号 +66 76 383 655
公式サイト https://www.theracha.com/

シックスセンシズ ヤオノイ

シックスセンシズ ヤオノイは、石灰岩でできた変わった形の島々が並ぶヤオノイ島のバンガー湾にあるホテルです。シックスセンシズ ヤオノイも離島にあるため周りに何もありませんが、ホテルの広大な敷地内に必要なものはほとんどあります。外のサンベッドで巨大スクリーンに映し出された映画を鑑賞したり、ヒルトップで景色を眺めながらランチを食べたりと貴族のような休日を楽しんでみては?

住所 56 Moo 5, Tambol Koh Yao Noi,
Amphur Koh Yao Phang Nga 82160,
Thailand
電話番号 +66 7641 8500
公式サイト https://jp.sixsenses.com/resorts/yao-noi

サンティヤ コー ヤオヤイ リゾート アンド スパ

サンティヤ コー ヤオヤイ リゾート アンド スパはヤオノイ島の南に浮かぶ「ヤオヤイ島」にある高級ホテルです。施設内は全体的に華やかで、特に天蓋つきのベッドはゴージャス感満載。テラスと海の間には障害物が一切ないので、一面の海を見渡すことができます。また、サンティヤ コー ヤオヤイ リゾートのスタッフはとてもフレンドリーでホスピタリティも抜群です。

住所 88 Moo 7 | Prunai Subdistrict,
Ko Yao Yai 83000, Thailand

ザ ナカ アイランド

ザ ナカ アイランドはプーケットのすぐ東にある「ナカヤイ島」にある隠れ家的5つ星ホテルです。島はとても小さく、ホテルもザ ナカ アイランドしかありません。なので観光客も少なく、ビーチを独り占めすることができます。ホテルの周辺は大自然に囲まれていて、そこを自転車で探検することもできます。海風を受けながらのサイクリングは気持ち良さそうですね!

ただ、大自然に囲まれている分ホテル内には虫がよく出没します。また、部屋は海が見えるところと見えないところがあるので事前に確認しておきましょう。

住所 32 Moo 5 | Paklok,
Thalang, Phuket 83110,
Thailand

ザ ビレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾート

ザ ビレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾートはプーケットのすぐ隣にある小島「ココナッツアイランド」にある5つ星ホテルです。ザ ビレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾートの従業員はホスピタリティが素晴らしく、万が一ホテルでトラブルがあっても迅速に対処してくれます。

内装は白を基調としていて、明るい雰囲気す。家のような居心地の良さについつい長居したくなってしまいます。離島だけど、プーケットの中心地からさほど離れていないのも嬉しいですね。

住所 51/7 Moo 6,
T.Kohkaew |
A. Muang, Phuket 83000,
Thailand
電話番号 +66 76 352 148
公式サイト https://thevillage-coconutisland.com/

プーケットから行ける離島のおすすめツアー

staffおすすめ【ピピ島&カイ島1日ツアー】

こちらは、プーケットの離島の中でも特に人気のあるピピ島とカイ島を一日で回れてしまうツアーです。ピピ島では、石灰岩がおりなす神秘的なエメラルドグリーンの海を堪能できます。それだけでなく、モンキービーチではサルにも会えちゃうかも!また、カイ島では色とりどりの魚たちを透明な海の中で鑑賞することができます。

パラセーリングにダイビングなど…★マリンスポーツが”お得”に楽しめる!

こちらは、サンゴ礁に囲まれたコーラル島を一日で巡るツアーです。透明度の高い海をビーチチェアから眺めるだけでも癒されますし、思いっきり遊びたい方も、コーラル島なら波が穏やかなので、安全にマリンアクティビティを楽しむことができます。特に美しい海を疾走するバナナボートは爽快感たっぷりです!

ピピ島&カイ島を日帰り満喫する★おすすめツアー!

こちらも、大人気の離島であるピピ島とカイ島を周遊するツアーです。「日本語ガイド」がついていますので、現地スタッフだからこそ知っている情報を色々聞くことができちゃいます。仲良くなれば旅の思い出にもなるでしょう。

プーケットから行ける離島で素敵な思い出を

この記事では、プーケットから船で行ける離島についてお伝えしていきました。石灰岩で海がエメラルドグリーンに輝くピピ島、真っ白なサンゴ礁に囲まれたコーラル島、イルカと出会えるマイトン島など、島々はそれぞれ異なる特徴を持っています。個性豊かな島で、素敵な思い出がつくれますように。

RECOMMEND プーケットのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事