" />

グランドキャニオンは現地ツアーでの観光がおすすめ!その4つの理由とは?

観光
2604views

アメリカ・ラスベガス旅行では、大自然が作り上げた芸術ともいえる世界遺産「グランドキャニオン国立公園」の観光を楽しみにされている方も多いはず。

しかし、広大なアメリカでは、近郊の町ラスベガスと言えどもグランドキャニオンまでの移動にはかなり距離があります。そんな時は、便利で最大限にグランドキャニオンを楽しめるオプショナルツアーの利用をおすすめします。

この記事では、グランドキャニオンはツアーで観光すべき理由をご紹介!最適なグランドキャニオンの現地オプショナルツアーを選ぶポイントについて、分かりやすく解説しましょう。

グランドキャニオンの現地ツアーとは?

初めてラスベガス旅行に訪れる観光客の多くが、グランドキャニオン国立公園を観光していることはご存知ですか?
そして、旅行者の大多数がグランドキャニオン現地まで便利で効率的なラスベガス発のオプショナルツアーを利用してるのです。なぜなら自力で現地まで行くには道のりは決して容易ではなく、英語力やタフさが必要になるため。

では、グランドキャニオン国立公園の観光にオプショナルツアーを利用すべき理由を観光情報と共に解説しましょう!

グランドキャニオンは現地ツアーで観光すべき理由①遠いから

ラスベガスからグランドキャニオン国立公園までの距離は最短で450km。この間電車などの公共交通機関が整備されていないため、アクセス方法はバイクツアーバス飛行機ヘリコプターなどになります。

陸路では、ラスベガス発では片道4時間半〜5時間ほどの距離。休憩の時間も考慮すると、片道5時間半〜6時間ほどの道のりになってしまうのです。これはなかなか遠いですね。

ラスベガスからグランドキャニオン国立公園へのレンタカーで行く選択肢はアリ?

ラスベガスからグランドキャニオン国立公園までの道のりは、フーバーダムや、キングマン、ウィリアムズの街などの田舎町を経由して向かうことができます。

仮にレンタカーを借りて自力で行く場合、交通量はあまり多くないためスイスイと運転することができますが、6時間近くの距離を運転するのは大変ですね。

そしてアメリカは左ハンドル右車線。交通標記は日本と異なり、マニュアル車が多いことから不慣れだと苦労します。また、アメリカ人の運転は荒々しいので事故やトラブルに巻き込まれた際など、かなり面倒なことになるでしょう。自分の運転で向かう行きかたは英語力が必要になるため、よほど慣れていない限りおすすめできません。

ラスベガス発グランドキャニオン国立公園への詳しいアクセス方法は…「グランドキャニオンへ最適な行き方が決められる!飛行機・バス・車…」をご覧ください。

グランドキャニオンは現地ツアーで観光すべき理由②楽だから

自力でレンタカーを利用する大変さに比べると、グランドキャニオンへは現地ツアーでの観光がとっても楽チン!グランドキャニオン国立公園では特殊なコースでない限り、どのツアーを選んでもたいてい満足な観光ができる「サウスリム」を訪れます。

ラスベガス発のツアーで全行程陸路を選択するとサウスリムまで片道約5時間という長旅ですが、グランドキャニオン国立公園のオプショナルツアーは、バスツアー飛行機のツアーヘリのツアー鉄道のツアーなど多種多様。移動手段によってオプショナルツアーを選択してみてはいかがでしょうか?

安くて便利!人気No.1のバスツアー

グランドキャニオン国立公園の観光で、もっとも選ばれる行き方は、バスを利用した日帰りオプショナルツアー。距離があるので時間はかかりますが、料金が安いので気軽に参加できるのが魅力です。

早朝にラスベガスの滞在ホテルを出発して、ハイウェイを片道約5時間ひた走り、グランドキャニオン国立公園では2〜3時間の観光が楽しめます。日が暮れてからラスベガス市街に戻ってくる日帰りのスケジュール。ラスベガスの滞在ホテルまでの送迎付きで日本語ガイドが案内してくれるツアーを選べば、何も気にせず安心してツアーに参加できますね!日帰りで気軽に参加できるのでとても人気のある現地ツアーです。

スケジュール 朝発・夜着
所要時間 15時間程度(1日必要)
ツアー金額相場 $140〜$200

時間を有効活用したいあなたに!最短移動が可能な飛行機ツアー

サクサクと日帰りでグランドキャニオン国立公園観光をしたい方におすすめなのが、飛行機を利用するオプショナルツアーでしょう。ラスベガスからグランドキャニオン空港まで飛行機で移動し、現地ではバスに乗り換えてグランドキャニオン国立公園へと向かいます。

飛行機のツアーは主に2路線が就航しており、シーニック航空を利用するならラスベガス市街から30分ほど南東に位置する「ボルダーシティ空港」から。ビジョン航空を利用するなら市街から15分程度の「ノースラスベガス空港」から離陸することになります。

いずれも現地ツアーの申し込みをすれば滞在ホテルへの送迎サービスが付帯しているので、とても便利な日帰りのオプショナルツアーです。

ツアー料金は全行程がバスのツアーより少し上がるものの、移動の楽チンさは飛行機が一番小さなお子さまが一緒の場合にもおすすめの日帰り現地ツアーです。

所要時間 7-8時間(半日必要)
ツアー金額相場 $300〜$500
シーニック航空
夏期サマータイムフライト AM6:15/AM9:15AM発/PM12:30発
冬期フライト AM6:30/AM9:05AM発/PM12:15発
飛行時間 1時間程度
ビジョン航空
夏期サマータイムフライト AM6:30AM発 /AM11:45発
飛行時間 30分時間程度

空からも地上からも楽しめる!ヘリツアー

グランドキャニオンの大自然を上空から間近で見たい方には、ヘリコプターでの現地ツアーがおすすめ

ラスベガス市街のヘリポートからダイレクトに約1時間半でグランドキャニオンへ

上空からグランドキャニオンの大自然を堪能した後、希望のオプションによって渓谷の谷底へ降り立つことも可能です。あらゆる角度から自然の神秘を感じられるのは、小回りの効くヘリコプターならでは!ラスベガス発でも満足度の高い日帰りオプショナルツアーです。

スケジュール フライトスケジュールにより選択可能
所要時間 4-5時間
ツアー金額相場 $350〜$500

上空から雄大な景色を望める!セスナツアー

グランドキャニオン観光ツアーに費やす時間があまりないけどとにかく行ってみたい!という方はラスベガス発のセスナ機で観光しましょう。

主な行き方は、ラスベガス南東のボルダーシティ空港から発着するシーニック航空のセスナ機を利用する方法です。約1時間でグランドキャニオン上空へ到達し、周辺の大自然を遊覧して地上に降り立つことなくラスベガスへ戻る現地ツアーです。

トータル3〜4時間の日帰りでグランドキャニオン観光が叶うので、ラスベガスの市内観光をメインにしてグランドキャニオンはハイライト的に楽しみたいという弾丸旅行者におすすめ

スケジュール フライトスケジュールにより選択可能
所要時間 3-4時間
ツアー金額相場 $200~

グランドキャニオンは現地ツアーで観光すべき理由③安心だから

グランドキャニオン国立公園に現地ツアーを利用するべき理由の3つ目は、その安心感でしょう

もっとも美しい大自然が見られるという広大な敷地のサウスリムでは、迷ってしまうほど観光に適した絶景ポイントがたくさんあります。季節や時間帯によって変わる絶景のベストポイントは、個人では判断がつかないもの。しかし、オプショナルツアーに参加すれば、現地に詳しいツアーガイドが最適なタイミングで絶景ポイントを案内してくれるのです。

現地を知らない人だけで訪れるよりも、グランドキャニオン国立公園の歴史などを説明してくれる熟知したツアーガイドと一緒に訪れることで旅行の満足度はさらに高くなるはず!英語が苦手という人でも安心して参加することができます。

1人旅・子連れ旅でも安心

何人かでラスベガスに来たけれど、グランドキャニオンに興味があるのは私だけ…という方でもご安心を!お1人から参加可能なオプショナルツアーは多数催行されています。海外からもたくさんの方が1人で参加されているので、新しい友達ができるかもしれません♪

また、お子様連れでもご心配なく。2歳から現地ツアーに参加することができます!トレイルをするなら初心者にもやさしい「ブライトエンジェル・トレイル」で!小さなお子さまでも楽しく散策できるコースに加え、日本語ツアーガイドが一緒だとさらに安心ですね♪

グランドキャニオンは現地ツアーで観光すべき理由④ツアーの種類が豊富だから

グランドキャニオン国立公園へのオプショナルツアーは、行き方の他にアクティビティでも選び放題なほどたくさんの選択肢が用意されています。

人気のハイキング・トレイルのオプショナルツアーだけではなく、ラフティングツアー星空鑑賞のオプショナルツアーなど、大自然グランドキャニオンの絶景のもとでしか味わえない感動体験が待っています。

ここでは、アクティビティを中心としたオプショナルツアーをご紹介していきましょう。

高さ1,200mから見る絶景!ガラス橋スカイウォークツアー

グランドキャニオン国立公園の観光スポットとして有名なグランドキャニオン・ウエストにある高さ1,200メートルに設置された橋「スカイウォーク」を訪れる現地ツアー。

断崖絶壁から20メートル突き出ている橋は、床面がガラスで作られています。谷底に吸い込まれそうな感覚には震え上がること間違いなし!

場所 グランドキャニオン・ウエスト
スケジュール 朝ホテル発・夕方ホテル着
所要時間 12時間(1日必要)
ツアー金額相場 $190~

言葉を失う美しさ!朝日・夕日・星空が見られるツアー

グランドキャニオン国立公園では、その雄大な大自然に昇る朝日、沈む夕日、そして星空鑑賞もどうぞお楽しみに。サウスリム内日の出鑑賞のベストビューポイント「マーサポイント(Mather Point)」、サンセットには「ヤバパイポイント(Yavapai Point)」が現地ツアーの定番として大人気。

グランドキャニオン国立公園は、標高が高く空気が澄んでいるため、星空を見る絶好のポイントなのです。宿泊ツアーでの星空鑑賞は言葉を失う美しさ!ラスベガスで眼下に広がる宝石箱を見た後は、グランドキャニオンで天然の美しい光を見上げてみませんか?

場所 グランドキャニオン国立公園内
所要時間 10時間〜1泊2日
ツアー金額相場 $250~

見渡す限りの絶景が続く!トレイルツアー

実際にグランドキャニオンを歩いてみたい方は、渓谷内でハイキング・トレイルを体験しましょう!

ハイキング・トレイルツアーは、見渡す限りの絶景が続く最高の体験!さまざまなトレイルポイントがあるので、レベルに合わせたコースが選択可能です。ガイド付きのコースもあるので安心ですよ。

場所 グランドキャニオン国立公園・サウスリム内
スケジュール トレイルコースにより異なる
所要時間 トレイルコースにより異なる
ツアー金額相場 $500~

アドレナリンが吹き出す絶景体験!ラフティングツアー

探検気分で観光がしたいなら、ラフティングが体験できるオプショナルツアーがおすすめ!谷底に流れるコロラド川を下りながら、頭上に広がる雄大な渓谷を仰ぎます。

場所 グランドキャニオン国立公園・サウスリム内
スケジュール トレイルコースにより異なる
所要時間 トレイルコースにより異なる
ツアー金額相場 $300~(ガイド付き)

グランドキャニオンだけじゃ物足りない!大自然周遊ツアー

アメリカ西部にはグランドキャニオン国立公園の他にも、たくさんの国立自然公園が環境保護区として存在しています。グランドキャニオンの景色とはまた異なる壮大な景観は圧倒的!グランドキャニオン国立公園の観光と一緒に周遊できる現地ツアーも多数催行されているので、その一部をご紹介しましょう。

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオンは、流れる水が長い年月をかけて地肌を削ったことで現れた小さな渓谷。訪れる度に姿を変える地層の重なりは、美しい自然のアート作品のようで見る者の心を魅了して止みません。

アッパーロウワー、アンテロープキャニオンの観光エリア2カ所は、どちらも人気の高い写真撮影スポットですその幻想的な岩層を写真に収めましょう!

アメリカ先住民ナバホ族領内のアンテロープキャニオンは、個人で行く場合にも入場許可証が必要なため、ペイジの町から定期的に催行される見学ツアーに参加する必要があります

場所 先住民ナバホ族領内
グランドキャニオンからの移動 230km/3時間ほど
入場料 アッパー|ナバホ族へ$8+13歳以上$50/ 0〜12歳 $28
ロウワー|ナバホ族へ$8+ 13歳以上$40 / 8〜12歳 $20
営業時間 アッパー:AM8:00〜PM5:00
ロウワー:夏期|AM8:00~PM4:00
     冬期|AM9:00~PM2:00
ツアー金額相場 $250~
ホースシューベンド

コロラド川がぐるっと半円状に流れる絶景スポットの「ホースシューベンド」は、その形状が馬の蹄鉄に似ていることから名付けられました

深い碧色のコロラド川と赤茶色の大地のコントラストが美しい人気のスポット!場所はアンテロープキャニオンから車で10分ほど、ペイジの町近くです。

ホースシューベントはグランドキャニオンとアンテロープキャニオンと併せて訪れるのがおすすめです。この地域は公共交通機関も少ないことを考えるとツアーに参加するのが効率もよく便利でしょう。

場所 ペイジの町近く・アンテロープキャニオンから10分
グランドキャニオンからの移動 230km/3時間ほど
入場料 無料
営業時間 いつでも見学可(ただし午前中〜昼間がおすすめ)
モニュメントバレー

数々の映画に登場し、アメリカ西部を象徴する景色が見どころのモニュメントバレーを周遊するオプショナルツアーも人気です。

グランドキャニオンとはまた異なり、大地が隆起したように見える不思議な光景には思わず息をのみます。モニュメント(記念碑)が大地に点在しているように見えることから、名前が付けられました。

場所 ユタ州南部からアリゾナ州北部
グランドキャニオンからの移動 254km/2時間半ほど
入場料 $20
営業時間 4/1 – 9/30:AM6:00〜PM8:00 10/1 – 3/30:AM8:00〜PM5:00
セドナ

世界有数のパワースポット「セドナ」は、地球の磁力が集中して噴出する場所が多いことから、大地の力を感じて幸せになれる場所として大人気です。

ボルテックスと呼ばれる名所は、癒しとパワーを求めて多くの人が訪れています。グランドキャニオンとセドナを周遊するツアーで、大地の力を肌で感じましょう!

場所 アリゾナ州北部
グランドキャニオンからの移動 173km/2時間ほど
入場料 無料
営業時間 いつでも見学可
ヨセミテ国立公園

そびえたつ岩、雪解け水が流れる滝、そこで暮らす野生動物たち…自然の美しさを感じられるヨセミテ国立公園もグランドキャニオンに並び、ラスベガスからのオプショナルツアーで大人気の観光スポットです。

世界的にも珍しい岩山や渓流を見るならヨセミテ国立公園も併せて訪れましょう!

場所 カリフォルニア州中央部
グランドキャニオンからの移動 1079km/10時間ほど
入場料 歩行者・自転車$15/オートバイ$25/自家用車$30
営業時間 いつでも見学可
ルート66(セリグマン)

シカゴとカリフォルニア州のサンタモニカを結ぶ旧国道のルート66は、ディズニー映画「カーズ」をはじめ、数々の名画の舞台としても有名な観光名所です。

グランドキャニオン観光と併せて立ち寄るのであれば、情緒ある雰囲気の「セリグマン」にぜひ。

セリグマンには、古き時代のアメリカの街並みやお土産屋さんなどが立ち並びます。ぜひ、ドライブの途中に足を運んでみてくださいね。

場所 アリゾナ州・ラスベガスとグランドキャニオンの中間
グランドキャニオンからの移動 54km/1時間半ほど
入場料 無料
営業時間 店により異なる

グランドキャニオン現地ツアーの注意点・必需品

大自然の中心に位置するグランドキャニオンは、ラスベガス市街の観光とは異なる注意点がいくつかあります。ここでは、旅の必需品や、気になる現地のトイレ事情などをまとめました!

ラスベガスより寒いグランドキャニオンでは服装に注意!

グランドキャニオン国立公園は高原に位置しています。広大な大地が延々と続くので山を登っている感覚はありませんが、観光スポットとして定番のサウスリムの高度は2,134m!実は富士山の五合目程度の標高があるのです。

ラスベガスの天気とは少し状況が異なり、平均気温はラスベガスより10度前後低くなります。夏場でもパーカーやジャケットを持参しておくと安心です。さらに朝晩の寒暖差も大きいため、宿泊する場合や夕陽・朝陽を見る方は、セーターや厚手のパーカーの準備をお忘れなく。冬場はダウンやコートで防寒対策を!

注目ポイント

冬場でも昼間の日差しは強烈なので、どの季節でも帽子やサングラス、日焼け止めを忘れずに持っていきましょう

アンテロープキャニオンなどの一部エリアでは、カメラや貴重品以外の荷物の持ち込みが禁止されている場所もあります。その場合、肩にかけられる小さなポシェットがあると便利です。

グランドキャニオンの天気についてより詳しく知りたい方は、「寒暖差が激しいグランドキャニオンの天気&最適な服装チェックポイント!」をご覧ください。

グランドキャニオン「サウスリム」はトイレ完備!バスツアーもトイレ休憩あり

グランドキャニオン・サウスリムなどの主要観光ポイントには、施設内にトイレがあるのでご安心ください

気になるバスでのオプショナルツアーの場合のトイレについては、ほとんどのツアーバスはトイレが付いていない車両になります。しかし、道中では給油ついでに途中でトイレ休憩があるのでご安心を。休憩場所もルート66の町であったり、楽しめる観光スポットが多いのでお楽しみくださいね!

グランドキャニオンはオプショナルツアーで観光しよう!

世界中の観光客が絶え間なく訪れる超人気スポット・グランドキャニオン国立公園は、ラスベガス旅行に訪れる際などにぜひとも訪れたい観光地です。

オプショナルツアーを利用することで限られた日程の中でも最大限に楽しむことができるので、ぜひツアーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

WRITER May
学生時代にはオーストラリア・マレーシア・アメリカに在住、その後アメリカの航空会社に就職。通訳に転職し、アジア・ヨーロッパで活躍。海外在住と外資系企業での豊富な経験から、生の海外情報をお伝えします♪ 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事