" />

ローマと一緒に訪れたい!人気イタリアの都市10選

観光
4819views

イタリアを旅するなら♩高速鉄道について知っておこう

お勧めする都市紹介の前に、ローマを拠点にしたイタリア観光に欠かせない高速鉄道について少しご紹介しておきます。

イタリアの主な鉄道は2種類

イタリアでは主に2つの高速鉄道が運営されています。一つ目はトレニタリア (Trenitaria)が運営するフレッチャ(Freccia)。
ランクに分かれた列車で、もともとイタリアの国鉄でした。中でも一番走りが早い列車は、フレッチャ・ロッサ(Freccia Rossa)という列車です。

もう一つの鉄道は、イタロ(Itaro)です。日本でも車で有名なフェラーリ社が運営しています。
イタロは、フレッチャ列車のようにランク分けはされていませんが、フレッチャ列車の中で一番速いフレッチャ・ロッサと同等の速さです。
イタロに乗ることをイタリア旅行の一つの目的にしている世界のフェラーリ愛好家も多いようです。

拠点となるローマの2つの駅

高速鉄道に乗車できるローマの駅は、ローマ・テルミニ(Roma Termini)駅、またはローマ・ティブルティーナ(Roma Tiburtina)駅のどちらかです。ローマ発でイタリアを鉄道で廻りたい方は、どちらの駅を拠点にするかを決めておくと移動プランが組みやすいですよ。

ローマ・ティブルティーナ駅の中では迷子になる観光客も少なくないので、「駅の中で迷ってしまいそう」と思った時は、駅に着いてから一番にインフォメーションで利用したいホームへの行き方を訪ねておくと安心です◎

チケットの購入方法

高速鉄道のチケット購入については、それぞれの鉄道会社のホームページから事前予約しておくと安心です。価格は変動制なので、チケット購入の際にはお値段を要チェックです◎
※フレッチャは、運営会社であるトレニタリアのホームページから日本語で購入できます〇
イタロのサイトは日本語対応がなされていませんのでご注意を。

それでは、フィレンツェ、ピサ、ミラノ、トリノ、ヴェネツィア、マルタ、その他の日帰り可能なエリアの順番でイタリアの人気観光スポットをご紹介していきます。

人気イタリア都市①フィレンツェで楽しむ芸術文化

フィレンツェはイタリア中部にある都市で、ルネサンス時代の芸術作品や建築を堪能できる街として知られています。
美術館に大聖堂、ちょっと変わった薬局にショッピングやグルメも楽しめる贅沢な街、フィレンツェのお勧めスポットをまとめてみました◎

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

ウフィッツィ美術館は、ルネサンス期に栄えたフィレンツェの芸術を堪能できることで有名な美術館です。イタリア最大の美術館としても知られており、フィレンツェ歴史地区の一部として世界遺産にも登録されています。
フィレンツェカードと呼ばれるフィレンツェの美術館・教会巡りに役立つカードを購入しておくと、ウフィッツィ美術館に並ばずに入館できます。

サンタ・マリア・デル・フォーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)

フィレンツェのドゥオーモ(大聖堂)として有名な、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。この大聖堂は、175年以上の長い年月をかけて完成されたフィレンツェの歴史を象徴する歴史的建築物でもあります。大聖堂のクーポラと呼ばれる半球形の天井部分の見学は完全予約制なので、見学したい場合はネットからの早めの予約が必要です◎

メディチ家礼拝堂(Cappelle medicee)

17世紀にメディチ家が自分たちの見栄のために建てた君主の礼拝堂と、ミケランジェロが設計を手がけた新聖具室が見どころのメディチ家礼拝堂。新聖具室ではミケランジェロの作品として有名な4体の像を見ることもできます。メディチ家礼拝堂の入り口は、サン・ロレンツォ教会(Basilica Di San Lorenzo)の裏手にあります。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局(Officina Profumo farmaceutica di Santa Maria Novella)

世界最古の薬局として知られる、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。今は女性を中心に人気のショッピングスポットになっています。
元々は修道院だったこの薬局はとっても豪華な店構えで、日本の「薬局」のイメージとはまったく違う出でたちです。
何世紀にも渡り受け継がれるオリジナル製法で作られた自然派コスメの宝庫でもあり、観光客で賑わいます。
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局で購入できる石鹸などの美容アイテムをお土産にするのも喜ばれそうですね◎

イタリアの革製品

フィレンツェには革製品の専門店がたくさんあります。お手頃のものなら露店でも購入できますが、専門店もフィレンツェの至る所に点在しています。
本格的な革製品を手に入れたい方は、他の目的地に合わせて革製品専門店をピックアップしておくと時間を有効に使えますよ◎

イタリアの伝統技法で作られるマーブル紙

イタリアの伝統工芸であるマーブル紙。このマーブル紙を生かした文房具もお土産にはぴったりです。職人さんの手で一つ一つ作られるマーブル紙の模様は同じものがないと言われています。誰とも被ることのないお土産を探す方には、最適の逸品ではないでしょうか。

トスカーナ料理

フィレンツェが州都のトスカーナ州を代表するトスカーナの食材と言えば、オリーブオイル、生ハムにサラミなどなど。本場フィレンツェのレストランで味わうと、より一層イタリアの魅力を味わえます♩

Tボーンステーキ

肉好きさんにお勧めなのは、ビステッカ(Bistecca)と呼ばれる大きなTボーンステーキ。こちらもフィレンツェのレストランで食べられる名物料理です。

ローマからフィレンツェに行こう!

ローマからフィレンツェへの主な移動手段は、高速鉄道、飛行機、長距離バスです。初心者の方には、時間も短縮できて移動が簡単な高速鉄道がお勧めです。

フィレンツェってどこにあるの?

フィレンツェはイタリア中部のトスカーナ州の州都で、イタリアの北に位置します。地図上のローマから見ても北の方角に見えますね。綴りはFirenzeです。

高速鉄道でフィレンツェに行く方法

ローマからフィレンツェに高速鉄道で行く場合、ローマからの出発駅はローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅のどちらかとなります。どちらの駅から出発しても、フィレンツェでの到着駅は同じSMN駅(Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ))になります。フィレンツェ中央駅(Stazione Centrale)と呼ぶこともありますので、覚えておくと混乱を避けられるかもしれません。列車は、冒頭にもご紹介したフレッチャイタロ どちらでも利用できます。

飛行機でフィレンツェに行く方法

日本からローマに到着したその足でフィレンツェに向かう場合は、ローマのフィウミチーノ(Fiumicino)空港からアリタリア(Alitalia)航空の国内線に乗り換えれば、約1時間ほどでフィレンツェのペレトラ(Peretola)空港に到着します。アリタリア航空のチケットについては、アリタリア航空の公式予約サイトから日本語で予約できます◎

長距離バスでフィレンツェに行く方法

「時間には余裕があるけど、あまりお金をかけたくない…」という方は、長距離バスで向かう方法もあります。いくつか運行されているローマとフィレンツェ間のバスの中でも、現在特に料金の安さが際立つのはメガバス(Megabus)です。ローマからフィレンツェまでは約4時間ほどかかりますが、他の移動方法に比べると交通費は断然お得です。さらに格安でチケットが手に入るタイミングもあるので、公式サイトをチェックしておくとお得になるかもしれません♩

<フィレンツェについて、こちらの記事でも詳しくご紹介しています>

芸術の都「フィレンツェ」を堪能できるおすすめ観光地10選!

人気イタリア都市②ピサで、有名な「ピサの斜塔」を観に行こう!

フィレンツェに行く方にさらにお勧めしたい観光地がピサです。ピサと言えば、あの傾いた斜塔があるピサのドゥオーモ広場が有名ですね。実は、フィレンツェからピサには1時間ほどで行けちゃうんです!

ピサってどこにあるの?

ピサ(Pisa)はフィレンツェと同じトスカーナ州の都市で、フィレンツェから少し西に位置します。ローマから行く場合、フィレンツェを経由してもすぐに廻ることができます。

ピサに行くために、まずはフィレンツェに行こう!

ローマからピサに向かう方法としてよく知られているのは、高速鉄道と普通列車を乗り継ぐ方法です。まずはローマからフィレンツェへ向かうのと同様に、フレッチャかイタロの列車を使って、ローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅からフィレンツェのSMN駅へ向かいます。SMN駅に到着したら、下車して列車を乗り換えるとピサに向かえます。

フィレンツェからピサに行く方法

SMN駅で下車すると、今度はピサ・セントラル駅(Pisa Central Station)を目指し、リヴォルノ(LIVORNO)方面行き、またはピサ(Pisa)方面行きの列車を選びます。フィレンツェからピサまでの高速鉄道はないため、ここからは普通列車 – レッジョナーレ(Regionale)か、停車駅の少ない快速列車 – レッジョナーレ・ヴェローチェ(Regionale Veloce(RV))のどちらかで移動します。普通列車なら約1時間20分、快速列車なら約1時間ほどで目的地のピサ・セントラル駅に到着します。どちらのチケットも当日または前日購入が可能です。

ピサ・セントラル駅を降りたら、バス(10分)徒歩(20分)でピサのドゥオーモ広場へ向かいます。同じ駅からピサの斜塔に向けて歩く観光客も多いので、歩いて行っても迷子にはなりにくく安心です◎フィレンツェから列車一本で到着する有名な観光名所なので、ぜひフィレンツェと一緒に廻ってみてください♩

<ピサについて、こちらの記事でも詳しくご紹介しています>

ローマから日帰り!「ピサの斜塔」の行き方から見所まで徹底解説

イタリア人気都市③ミラノでファッションを堪能しよう!

ミラノは、ローマに次ぐイタリア第二の大都市で、工業地帯としても有名な街です。ブレラ地区やデザイン雑貨など、イタリアファッションの発信地としても有名なミラノは、おしゃれ好きには外せない観光スポットです◎

ブレラ地区の絵画とデザイン雑貨

ミラノの観光地としてよく知られるブレラ地区。この地区はとてもクラシックな街並みで、イタリア絵画の名作が集まるブレラ絵画館(Pinacoteca di Brera)がある人気エリアです。ブレラ絵画館は1階が国立美術学校になっているので、現役の学生さんたちの様子も直接見られるかもしれません。また、ユニークでおしゃれな小物が手に入るデザイン雑貨のお店も、ブレラ地区の魅力です。

魅力溢れる文化遺産

ミラノには、ルネサンス様式の代表的建築とされるスフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)や、最後の晩餐で有名なサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chesa di Santa Maria delle Grazie)、また、ミラノの象徴でありイタリア最大のゴシック教会とも言われるミラノ大聖堂(Duomo di Milano)など、見応えのある貴重な文化遺産が点在しています。美術館を多く廻る場合は、フィレンツェのウフィッツィ美術館と同様、フィレンツェカードを事前購入しておくと見学がスムースです◎

ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)は、大きな手荷物での入場はできません。また、神聖な場所なのでノースリーブや丈が短く露出の多い服装もNGです。
見学時間帯についても規制があり、団体以外の観光客は入場禁止の時間帯があるので、入場条件を事前にチェックしておくことをお勧めします。
また、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会で最後の晩餐を見る際には、ネットでの事前予約が必要なのでお忘れなく◎

ローマからミラノに行こう!

ミラノはロンバルディア州の州都で、ローマから見るとフィレンツェよりさらに北西に位置します。
主な交通手段は、高速鉄道、または飛行機です。

高速鉄道でミラノに行く方法

出発駅は、お馴染みのローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅です。乗車する列車もお馴染み、フレッチャかイタロのどちらかを自分の目的地に合わせて選びます。

到着駅は、ミラノでの目的地に合わせて、ミラノ・ロゴレッド(Milano Rogorede)駅ミラノ・ポルタ・ガリバルディ(Milano Porta Garibaldi)駅ミラノ中央(Milano Centrale / Milano C.LE)駅のどれかを選びます。移動時間は、速いもので約3時間ほどです。発着駅の組み合わせや利用する列車によっては本数が少ないものもあるので、余裕をもってチケットの購入をしておくことをお勧めします◎

飛行機でミラノに行く方法

日本からイタリアに到着したその足でミラノへ向かう場合は、ローマのフィウミチーノ空港で乗り換えて、ミラノ・リナーテ(Milano-Linate)空港、またはミラノ・マルペンサ(Milano-Malpensa)空港を目指します。ローマとミラノ間の直行便を運営している航空会社はいくつかあり、タイミングによってはチケットをお得な値段で買えることもあるので、購入の際にチケット料金を比べて見ましょう。また、飛行機によっては現地の利用者も多いため予約は早めがお勧めです。日本への直行便もあるので、ミラノをイタリア旅行の最後のスポットにするのも良いかもしれません◎

イタリア人気都市④トリノは宮殿好きにはたまらない!歴史を建築と学べる街

トリノは、ミラノに次ぐイタリアの工業地帯として有名な都市です。王宮群や博物館以外にも、自動車工業地としても有名。
自動車博物館など、トリノならではの面白い観光スポットがあります。都市の位置関係で見ると、ミラノとセットで観光しやすい都市でもあります♩

サヴォイア王宮群(Residences of the Royal House of Savoy)

トリノには、世界遺産にも登録されているマダマ宮殿(Palazzo Madama)などを含むサヴォイア王宮群。イタリアの有名な建築物で、迫力のある人気の観光地です。
優雅にレアリ庭園を歩いてみるのも贅沢ですね。

トリノのグルメ

トリノの名物として知られるチョコレート、ジャンドゥイオット(Gianduiotto)
ボートを裏返したようにも見える形が可愛らしく有名なお菓子です。イタリアのトリノならではのお土産にはぴったりですね。

ローマからトリノに行こう!

トリノはイタリア北部にあるピエモンテ州の州都で、ミラノから少し西に位置します。ローマから見てもミラノとほぼ変わらない場所にあるので、ミラノ観光の前後にトリノを訪れるのはお勧めです♩ローマからトリノに行く方法としては、飛行機、または高速鉄道が主流です。ミラノからは鉄道を一本使えば約1時間ほどで到着します。

飛行機でトリノに行く方法

ローマからトリノへは直行便があるので、飛行機で行く場合はフィウミチーノ空港からトリノ(Torino)空港約1時間15分ほどで移動が可能です。

高速鉄道でトリノに行く方法

高速鉄道で行く場合、約4時間30分ほどかけてローマからトリノに向かいます。トリノでの到着駅に合わせてフレッチャ、またはイタロの列車を選び、ローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅から出発します。到着駅は、トリノ・ポルタ・ヌオーヴァ(Torino Porta Nuova)駅、またはトリノ・ポルタ・スーザ(Torino Porta Susa)駅のどちらかとなります。
列車によっては乗り継ぎが必要な便もあるので、予約の際には注意が必要です◎

ミラノからトリノに行く方法

ミラノからトリノへ行く場合は、1時間ほどで移動できる高速鉄道をお勧めします。列車はフレッチャとイタロのどちらかで、出発駅はミラノ中央駅をお勧めします。要注意なのは、列車によって到着駅がトリノ・ポルタ・ヌオーヴァ駅になるか、トリノ・ポルタスーザ駅になるかが違ってくるので、行き先をしっかりチェックしてチケットを購入しましょう◎

イタリア人気都市⑤水の都、ヴェネツィアで素敵な迷路を体験!

ヴェネツィアは、「ベニス」、「水の都」とも呼ばれるイタリアの有名な観光地の一つです。ゴンドラの上から見渡せる美しい街並みが有名ですね。
ヴェネツィアの街は世界遺産にも登録されていて、ゴシック風の建物があることや迷路のように入り組んだ路地の街としても知られています。冬のアクア・アルタと呼ばれる満潮の時期は水没などの恐れもあるので、その時期の観光は避ける方が良さそうです◎

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)

 

ゴシック風の建物に囲まれる美しいサン・マルコ広場の周辺にはリアルト橋(Ponte di Rialto)サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)ドゥカーレ宮殿(Pallazo Ducale)などの観光名所が集まっています。また、ヴァポレット(Vaporetto)と呼ばれる水上バスを無料で利用できたりとお得なヴェネツィアウニカ(Venezia Unica)と呼ばれるカードを持っておくと、当日の動きがスムースかもしれません。

ゴンドラ乗り

ヴェネツィアの目玉とも言えるゴンドラ。ゴンドラに乗って「水の都」と呼ばれるヴェネツィアの街を見て廻るのは、まさに現地ならではの貴重な体験です。ゴンドラの料金は、乗り場や時間で変動するので、ツアーに含まれていない場合は現地のゴンドラ乗り場で違いを見比べてみるのをお勧めします◎

迷路のような路地の世界

ヴェネツィアの街には迷路のような路地裏や脇道がたくさんあります。一見、「目印がない所だと迷ってしまいそう」とも思いますが、歩く人が多い場所なら現地の方に尋ねてみたり、サン・マルコ広場などの目印になる場所を意識して歩くと、ひどい迷子は避けられそうです。路地で迷うこともヴェネツィアでの一つの観光体験と言われていますので、自由時間をつくって街の中を思うがままに歩き廻るのも贅沢な旅の思い出になるはずです♩

ヴェネチアングラス

イタリアの長い歴史の中で貴族たちに愛されてきたヴェネチアングラスは、職人たちが一つ一つ手作りで作り上げています。
鮮やかな色合いのグラスを自分へのお土産に買うのもいいですね。

ヴェネツィアの仮面

仮面舞踏会を思わせるきらびやかな仮面も、ヴェネツィアならではのアイテムと言えます。目の部分だけが覆われているアイマスクや、手で持って使う柄の付いた仮面、豪華な飾りが付いた大きなものまでヴェネツィアのお店で売られています。

ヴェネツィアンレース

ヴェネツィアは、生地を使わずに糸のみで作られるニードルレース発祥の地として知られています。アンティークな小物が好きな方へのお土産にとても喜ばれそうなアイテムです◎

ヴェネツィアのグルメ

ヴェネツィアでの旅のお供には、シーフードパスタがお勧めです。街の水路を見渡せるレストランでいただくと素敵な時間を過ごせそうですね。

<合わせて読みたい>

水の都「ヴェネチア」を堪能できるおすすめ観光地10選!

ローマからヴェネツィアに行こう!

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリアの北東部に位置する都市で、ヴェネスト州の州都です。ローマから見ても北西に位置します。
ローマからは、高速鉄道か飛行機での移動がお勧めです。

高速鉄道でヴェネツィアに行く方法

ローマからの出発駅は、ローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅となります。また、車両もフレッチャとイタロのどちらでもヴェネツィアへ行くことができます。ヴェネツィアでの到着駅はヴェネツィア・サンタ・ルチーア(Venezia Santa Lucia)駅で、速い列車を利用すれば、移動時間は3時間半ほどです。

飛行機でヴェネツィアに行く方法

ローマのフィウミチーノ空港に到着して、そのままヴェネツィアへ行きたい方には、国内線に乗り換えるだけの飛行機での移動がお勧めです。行き先は、ヴェネツィアのマルコ・ポーロ空港(Malco Polo International Airport)です。ローマからヴェネツィアへの直行便を運行しているアリタリア航空では、ローマからの移動時間は約70分ほどです。マルコ・ポーロ空港の正式名はヴェネツィア・テッセラ(Venezia-Tessera)空港なので、こちらの呼び名も覚えておくと安心です◎

ローマの人気都市⑥イタリア南部の離島、マルタでファンタジーの世界を体験!

マルタは、世界遺産であるバレッタを首都にもつ小さな島国です。ファンタジーの世界に入り込んだような可愛らしい風景の村や、美しい歴史的建造物が人気のエリアです。

マルタの見どころ

美しい海に浮かぶ歴史とファンタジーに溢れた島国、マルタ島。とっても個性的なこの島国も、イタリアの観光名所として人気のエリアです。

マルタの首都バレッタ(Valletta)

世界遺産であるマルタの首都バレッタでは、聖ヨハネ大聖堂(St Jhon’s Co-Cathedral)や、ヨーロッパで3番目に古い劇場とされるマヌエル劇場(The Manoel Theatre)など、歴史ある建築を楽しむことができます。また、16世紀に建てられたお屋敷のカーサ・ロッカ・ピッコラ(Casa Rocca Piccola)で英語のガイド付きツアーも体験できます。
聖ヨハネ大聖堂の見学の際は、ヒールのある靴や露出の多い服装は避けないと入場できませんのでご注意を◎

マルタの古都イムディーナ(L-Imdina)

イムディーナは「静寂の町」という異名をもつバレッタの古都。中世の趣が漂うイムディーナの町は長い時間をかけて磨かれてきた歴史の美しさに溢れています。

ポパイ村(Popeye Village)

ポパイ村という名前の通り、この村は映画ポパイの撮影地となった村です。村の中を歩くだけでもおとぎ話の中に入ったような気分になれます。楽しい写真がたくさん撮れること間違いなしのスポットです♩

ローマからマルタに行こう!

マルタ(Malta)は、マルタ共和国と言って、南ヨーロッパの共和制国家の島国です。イタリア南部に位置していて、地図で見てもローマからずっと南の方角に位置します。
ローマからは、飛行機での移動をお勧めします。

飛行機でマルタ(島)に行く方法

ローマからマルタへ行くためには、フィウミチーノ空港を出発し、マルタ国際空港(ルア空港)へ向かいます。移動時間は約1時間半です。
マルタ国際空港の正式名はマルタ語になるのですが、英語での表記は、”Malta International Airport”です。到着後の空港からの移動を含めると日帰りで行くことはお勧めしませんので、時間の余裕をもってプランを立てることをお勧めします◎

続いて、ローマから日帰りで楽しめる都市をご紹介します。

イタリア人気都市⑦ピッツァ発祥の地、ナポリ

ローマからの日帰りでも楽しめる、ナポリ、ナポリ近郊のポンペイカプリ島をご紹介します♩

イタリア第三の都市、ナポリ

ナポリはイタリア南部の街で、カンパニア州の州都です。ローマ、ミラノに次ぐ、第三の都市として、また日本の食卓にも馴染みのあるピッツァの発祥地として知られています。

サンタ・キアラ教会(Complesso Monumentale di Santa Chiara in Napoli)

ナポリは、鮮やかなタイルが美しいサンタキアラ教会や、イタリアを代表する博物館の一つとして知られる国立考古学博物館などの観光名所がある街です。

ローマからナポリに行こう!

ナポリ(Napoli)はイタリア南部の街で、カンパニア州の州都です。ローマから見ても南の方角に位置します。ローマから行く場合、お勧めするのは高速鉄道です。

ローマからナポリへ高速鉄道で行く場合、列車はイタリア観光に大活躍の列車フレッチャ、またはイタロのどちらかを利用します。出発駅はローマ・テルミニ駅ローマ・ティブルティーナ駅のどちらでも構いません。あとはナポリ中央駅を目指せば、約1時間ほどでナポリに到着します。また、インターシティという特急列車を使って約2時間かけてナポリへ向かうことも可能です。

ローマの人気都市⑧ポンペイで遺跡発掘!

ポンペイは、かつてナポリ近郊にあったとされる古代都市です。ヴェスヴィオ火山噴火によって埋もれてしまい、現在はポンペイ遺跡として世界遺産に登録されたことで知られています。

ポンペイ遺跡を散策する際は歩きやすいスニーカーで行くことをお勧めします◎

ローマからポンペイに行こう!

ローマからポンペイに行くためには、まずローマからナポリへ向かいます。
ナポリ中央駅からポンペイまでは、チルクムベスビア(Circumvesuviana)周遊鉄道と、FS線トレニタリア (Trenitalia)線のどちらかの路線に乗り換えて向かいます

次にポンペイに向かう列車に乗り込めば良いのですが、肝心なのはポンペイの到着駅が3つあるということです。
その中でお勧めするのは、チルクムベスビア周遊鉄道を利用してポンペイ・スカビ(Pompei Scavi)駅で降りる行き方です。
下車したあとは、徒歩1分ほどで有名なマリーナ門を入り口にしてポンペイ遺跡を訪れることができます。下車する駅によってはポンペイ遺跡の入り口が変わってしまうので要注意です◎

カプリ島の青の洞窟で神秘体験!

カプリはイタリア南部の美しい島として知られています。コバルトブルーの海が広がり、新鮮な海の幸を堪能できます。観光地としては、青の洞窟が有名です。

特産品のレモンの香味を生かしたお酒やお食事も楽しめます♩

ローマからカプリ島に行こう!

ローマからカプリに行くには、まずナポリを経由します。ローマからナポリまでの移動方法は、先ほど紹介したように高速鉄道を利用します。高速鉄道でナポリ中央駅に到着したら、今度は高速船に乗り換えます。ローマからナポリまでの移動の約1時間と、ナポリからカプリへの高速船での移動の45分を考えると、ローマからカプリへのトータルの移動時間は約2時間以上かかります。

ナポリ中央駅から利用するモロ・べヴェレッロ(Molo Beverello)港まではタクシーで行くと迷わずに済みそうです。タクシーの乗車時間は約10〜15分ほどです。

港に着いたら、アリスカーフォ (Aliscafo)など、利用する高速船に乗って、約50分ほどでカプリに到着します。料金には変動があるので、事前にチケットの値段をチェックしておくと安心です。また、観光シーズンは船のチケットを事前予約しておくと移動がスムースです。青の洞窟に行く場合は、午前中にはカプリ島に到着できるようにプランを組んでおくと時間に余裕をもって楽しめます♩

「イタリアに行くからには、初めてでも効率よく観光地を廻りたい!」という方は、ツアーを利用してみるのはいかがでしょうか?
ランチ、ディナー付のこちらのツアーは、日本語でガイドしてもらえるので安心です。

ローマの人気都市⑨憧れの街、アマルフィ

カンパニア州サレルノ県にあり、世界遺産にも登録されているアマルフィ海岸。この海岸はカラフルな家々が並ぶ情緒ある風景が人気のエリアです。この海岸線に点在する小さくて魅力的な街の中でも、特に初心者の方にお勧めのアマルフィポジターノを少しご紹介します。

ローマの人気都市⑨海沿いのアマルフィ

アマルフィの歴史を感じるアマルフィ大聖堂(Duomo di Amalfi)や、海底から差し込む日光が魅力的なエメラルドの洞窟(Grotta dello Smeraldo)など、神秘的な観光スポットが有名なアマルフィの街。カプリ島と同じく、レモンリキュールなどのレモンを使ったアイテムがお土産として人気です。

ローマからアマルフィに行こう!

アマルフィは、ローマから見るとナポリの街よりも少し南に位置します。

ローマからアマルフィに行くためには、ローマ ・テルミニ駅か、ローマ ・ティブルティーナ駅発のフレッチャまたはイタロに乗り込み、サレルノ(Salerno)駅へ向かいます。ローマからサレルノまでの移動時間は約2時間です。サレルノ駅についた後は、アマルフィ行きのバス(約1時間)か、フェリー(約30)に乗り換えればアマルフィに到着します。フェリーは当日休航になったり運行時間が変更になる場合もあるので、事前に交通状況を確認しておくことをお勧めします◎

ローマの人気都市⑩アマルフィ海岸の街 – ポジターノ

ポジターノは、アマルフィから少し西に位置するパステルカラーの街並みや美味しいシーフードが有名な街です。

ローマからポシターノへ行く方法

ローマからポジターノ(Positano)に行くためには、アマルフィへ行くのと同様に、フレッチャイタロの列車でローマ・テルミニ駅、またはローマ・ティブルティーナ駅を出発してサレルノ駅に向かいます。その後、バスで向かう場合はアマルフィを経由して向かうポジターノ行きのバス(1時間40分)を利用します。また、サレルノ港からフェリー(約1時間10分)に乗り換えてもポジターノに到着します。こちらのフェリーも運行スケジュールが当日急に変更する場合があるので、事前確認をお勧めします◎

まとめ

街同士の位置関係をよく見れば、ローマから簡単に行けるイタリアの観光地はたくさんありますよね。その中でも、行きたいスポットを絞って効率的な廻り方ができたら、きっと初心者の方でもイタリアを楽しむことができるはずです。イタリアをより満喫するために、自分に合ったツアーを組み込んで観光を楽しんでみるのもいいですね♩

RECOMMEND ローマのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事