" />

バンコク・スワンナプーム国際空港を徹底攻略!市内行き方3通り・ターミナル情報

現地情報
3488views

タイ・バンコクの玄関口は、「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の2つの主要空港。

日本からアクセスする場合、LCCを利用するとドンムアン空港に発着しますが、その他の航空会社では、基本的にはスワンナプーム国際空港を利用することになるでしょう。

この記事では、日本人の利用率が高いスワンナプーム国際空港の基本情報から市内への移動方法、Wi-Fi事情、お得な両替所やマッサージなど、旅行前に知っておきたい情報をまとめました!

空港からアクセスの良いホテルや空港ラウンジについても解説しているので、トランジットで空港を利用する方も必見ですよ。

タビナカ限定

バンコク「スワンナプーム国際空港」の基本情報

バンコクの中心部から東に約32km離れた場所にある「スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)」

アジアを代表するハブ空港として毎年数多くの人に利用されている空港です。

2006年に開港したスワンナプーム国際空港は、それまでのドンムアン空港に対して新国際空港とも呼ばれています。設計にはドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが携わっています。

屋根や壁の大部分にガラスが使われており、空港内は開放感も抜群!明るく居心地の良い空港なので、快適に過ごすことができますよ。

スワンナプーム国際空港のターミナルはひとつ!

とても大きな空港ですが、意外にもターミナルは1つだけ!こちらは、国内線・国際線共有のターミナルとなっています。

コンコースはA~Gの7ヶ所あり、国際線ではコンコースC~Gを利用します。

  • コンコースAB (タイ国内線)
  • コンコースCD (タイ国際航空、スターアライアンス加盟各社)
  • コンコースEFG (ワンワールド・スカイチーム加盟の航空連合、タイ国際航空)

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ3つのアクセス方法

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動手段は全部で3つの行き方があります。

ここでは、それぞれの移動手段の特徴や利用方法について解説しましょう!

それぞれの行き方にはメリット・デメリットがあるので、自分の旅のスタイルにあった行き方を選んでくださいね。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内の行き方①タクシー

一番簡単で楽でメジャーな市内への移動手段と言えば、やっぱりタクシー!荷物を持って公共交通機関に乗るのはきつい、子供がいるからできれば市内までパッと移動したい…という方には特におすすめの移動手段です。

タクシーには一般タクシーリムジンタクシーの2種類があるので、上手に使いわけましょう。

とにかく旅費を抑えたい場合は一般タクシー

スワンナプーム国際空港の到着ロビーから一つ下の階に降り、7番出口を出ると一般タクシーの乗り場があります。案内表示に沿うだけでいいので、行き方で迷うこともありません。

乗り場に着いたら、まずは発券機でチケットを購入しましょう。普通車かワゴン車かを選び、出てきた紙に書いてあるレーン番号に従って並びます。あとは自分の番が来たらタクシーに乗り込むだけ!英語が通じないことも多いので、あらかじめホテルの住所やホテルまでの行き方が印刷された紙があると便利です!

バンコク市内までの移動ならだいたい300~400THB程度。降車時に空港使用料50THBが必要です。市内へのアクセスにかかる時間は1~1時間半。渋滞していれば市内まで2時間かかることもあるので、到着後の旅程にはゆとりを持って移動しましょう。

環境重視!のリムジンタクシー

リムジンタクシーはAOT( Airports of Thailand)と言われ、価格は一般タクシーの2~3倍に設定されています。
空港の税関エリアを抜けた出口の直ぐ先に専用カウンターがあるので、利用したい方はここを目指しましょう。

リムジンタクシーは車両がベンツやBMWなどの高級車なので乗り心地が抜群!旅行気分を高めてくれる市内までのアクセス手段ですね。渋滞に巻き込まれても価格が一律料金であるため、メーターを気にする必要がないのは、この移動手段の大きなメリットです。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内の行き方②電車(エアポートレールリンク)

移動にかかる料金を抑えたいのであれば電車が一番おすすめの行き方!終点まで乗車しても45THBと安く、旅費を節約したい方におすすめの市内までの行き方です。

空港到着フロア(2F)から地下1階に移動し、「City Line」と書かれた看板を目印に進んでください。改札の前に券売機があるので、目的地までのチケットを購入して電車に乗り込みましょう!

注意点

市内のホテルが集まるエリアにアクセスする場合、電車から途中でBTMまたは地下鉄に乗り換える必要があります。事前にどの駅で乗り換えをするのかを調べておくと安心です。

バンコクの移動手段について、詳しくは「電車・バス・タクシーなど…バンコクの移動手段を解説!配車アプリ「Grab」の利用方法も紹介」をご覧ください!

スワンナプーム国際空港からバンコク市内の行き方③バス

バンコク市内のアクセス手段で、便利さよりも価格を重視する方には、バスを利用する行き方がおすすめです。基本的には現地の人や空港職員用に運行しているので、ホテルや観光スポットのある市内エリアではなく、ローカルな場所や工業地帯へ向かう便が大半を占めています。

バンコクで「バックパッカーの聖地」と呼ばれるカオサン通りへは路線バス「SI」が運行しているため、よりローカル感を味わいたい方は利用してみてはいかがでしょうか?運賃は片道60THBと電車よりも少し料金がお高めの移動手段です。

「1階エントランス8」「2階5、6番エントランス」「4階エントランス5」を出た場所から、バスターミナルへの無料シャトルバスが出ていますので、それに乗りバスターミナルへ!窓口で目的地までのチケットを購入しましょう。

タビナカ限定

スワンナプーム国際空港からアクセスの良いホテル3選

スワンナプーム国際空港は24時間営業しており、安い便を利用すると到着時間や出発時間が深夜・早朝になることも。そんな時に利用したい、スワンナプーム国際空港からアクセスの良いホテルを紹介します。

空港からの移動時間が少なく、気軽に利用できるホテルばかりなので、「トランジットタイムにちょっと休憩」といった使い方にも最適です。

①ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport hotel)

「ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート」は、スワンナプーム国際空港から徒歩10分というアクセスの良さを誇るホテル空港直結のトランジットホテルにも関わらず、屋外プール、フィットネスセンター完備のリゾートホテル仕様となっています。エアポートリンク直結ですので行き方に迷わないのも嬉しいポイントです。

チェックイン&チェックアウトは24時間OK!wifiも全館完備!空港からの無料シャトルバスが15分間隔で24時間運行しているので、荷物が多い方でも安心してホテルまで移動できます。

英名 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport
住所 999 Suvarnabhumi Nongprue, Bang Phli, Samut Prakan 10540
URL http://www.novotelairportbkk.com
料金 スーペリアキング2万円前後

②ボクステル@スワンナプーム国際空港(Boxtel @ Suvarnabhumi Airport)

エアポートリンク駅構内にある休憩&宿泊ホテル「ボクステル@スワンナプーム国際空港」。ホテル予約サイトからは4時間単位当日受付だと2時間以上1時間単位で予約可能なのでトランジットタイムのショートステイにも最適なホテルです。

エアポートリンク駅構内にあるので、駅の案内に沿って行けば、行き方に迷うこともありません。

英名 Boxtel @ Suvarnabhumi Airport
住所 B Floor, (Airport rail link Suvarnabhumi Station), Latkrabang, Bangkok, Thailand, 10540
URL https://www.boxtelthailand.com/en-gb
料金 2時間利用で約2200円

③ミラクル トランジット ホテル(Miracle Transit Hotel)

ミラクル トランジット ホテル」は、その名の通り、トランジットタイムを快適に過ごすためにつくられたホテル。国際線出発ホール4階のコンコースG内にあり、入国管理ゲートを通過せずに利用できるホテルです。

6~12時間の間で2時間刻みで予約が可能。乗り継ぎ時間に合わせてプランが選べます。スパ、サウナ完備で、24時間チェックイン可能。ホテルの館内全域で無料wifiが利用できます。

24時間営業のレストランも併設されているので、トランジットついでに本格的なタイ料理を楽しむといった過ごし方も人気です。

英名 Miracle Transit Hotel
住所 4th Floor International Departure Hall, Suvarnabhumi Airport,Bangkok,Thailand, 10540
URL https://ja.miracletransithotel.com
料金 8000円前後~

スワンナプーム国際空港のwifi事情

空港に到着したら、宿泊するホテルまでの行き方を調べたいという人もいると思います。スワンナプーム国際空港ではフリーwifiの提供があるので安心!パケ代節約、ポケットwifiの容量節約に是非活用してくださいね♪

利用は1日2時間と少し短めですが、フリーwifiは2種類飛んでいるので、各2時間づつ合計4時間使える・・・と考えると案外十分かもしれません。

スワンナプーム国際空港でフリーwifiに接続するには?

  1. 空港内で、スマホのwifi機能をオンにしてください。
  2. 飛んでいるwifiの一覧が見られるページで、「AirportAISFreeWiFi」「AirportTrueFreeWiFi」の名前を探しましょう。
  3. wifiを選択した後ブラウザーを開くと、いくつかの言語で「こんにちは」というメッセージが表示されるので、日本語の「こんにちは」を選択します。
  4. 名前や国籍、メールアドレス、パスポートNoなどを入力するページが日本語で表示されます。空欄を全て埋め、利用規約の同意にチェックを入れたら、無料登録のボタンをクリック!
  5. ユーザー名とパスワードが入力された状態で開きますが、これは自動で付与されたユーザー名とパスワードです。登録したメールアドレスにも詳細が届きますので、次回利用時にはこちらを使うと簡単に接続できます。
  6. ログインすると広告が開きますが、無視して検索すればそのまま接続できます。

場所により繋がりやすいwifiが異なります。速度が落ちている、繋がりにくいと感じたら、一度接続先を変えてみましょう。

スワンナプーム国際空港でのwifiレンタル方法

バンコクの空港やホテルではwifiが完備していますが、市内ではフリーwifiを提供している場所は意外に少ないのをご存知ですか?観光スポットの口コミや移動手段、レストランへの行き方、おすすめのお土産など、外でもチェックしたい情報はたくさんありますよね。

日本でポケットwifiをレンタルしてもいいですが、荷物になるしレンタル期間も現地で借りるよりも日数がかかるため、レンタル料金も上がります。

そこでおすすめなのが、スワンナプーム国際空港で受け取り返却ができる「ポケットwifi」。日本で事前予約可能なことはもちろん、空港の到着ロビーやエアポートリンクの構内などで当日にレンタルできるブースもあります。平均価格はデーター量無制限で1日250THBほど。お財布に優しい価格でレンタルできるのも魅力です!

バンコクのwifiについて、詳しくは「バンコクのWiFi環境は大丈夫?フリーWiFiやSIM事情も詳しく紹介!」をご覧ください!

スワンナプーム国際空港でおすすめのレストラン・カフェ3

スワンナプーム国際空港は、レストランやカフェも充実しています。

レストランの場所は、3階1階地下1階の大きく3ヶ所。3階は有名なレストラン街、1階はフードコード、地下1階は地元の人に人気のレストランが集まる場所となっています。

ここでは、特におすすめのレストラン・カフェを3店舗紹介しますね。

おすすめレストラン・カフェ① マジック・フード・ポイント

空港内にあるレストランは、バンコク市内のレストランと比べると割高なのが残念なポイント。なんとか空港内で値段の安いレストランを探したいという人におすすめなのが、マジック・フード・ポイントです。

こちらは、街のレストランと変わらない価格で楽しめるフードコート。もともと職員用の食堂として使われていた場所で、椅子やテーブルは簡素なものが置かれていますが、カオマンガイやガパオライスなどの本格的なタイ料理をはじめ、色々な料理が選べます。

受付でクーポン券を買ってから、好きな料理を取ってお会計をしましょう。

大きな荷物を持っている場合は利用できないので注意してください!空港ターミナルビルの1階、8番出口近くにあります。

おすすめレストラン・カフェ② チャイナタウン

チャイナタウンは、スワンナプーム国際空港の3階のレストラン街にあるレストラン。中華系のタイ料理が食べられるレストランです。

中華系のタイ料理は普通のタイ料理と比べて辛さ控えめ。タイ風チヂミのオースワンや日本でも人気のシーフードカレー、プーパッポンカリーなど、辛い料理が苦手な人でも食べやすい料理を提供しています。

24時間営業なので、早朝や深夜におなかが空いたときも利用できるのが嬉しいポイントですね。

おすすめレストラン・カフェ③ S&P AIRPORT CAFE 1

S&Pはタイの全土に店舗を持つチェーン店。スワンナプーム国際空港の2階に、AIRPORT CAFE 1とAIRPORT CAFE 2の2店舗があります。

ドリンクや軽食のほかに、トムヤムクンヌードルなどがっつりしたメニューも揃っていて、レストランとしても利用可能。

特にAIRPORT CAFE 1の方は店内が広くて清潔感があるので、ゆっくりくつろぎたいときにおすすめです。

スワンナプーム国際空港の施設情報《マッサージ・両替・ラウンジ》

規模の大きなスワンナプーム国際空港は、施設も充実!到着後にも、帰国前の待ち時間にも使える便利な施設がたくさん揃います。

ここでは、スワンナプーム国際空港のマッサージ施設両替所ラウンジについて紹介。トランジットで利用する人もぜひ参考にしてみてくださいね!

スワンナプーム国際空港の施設情報①マッサージ

スワンナプーム国際空港には全部で4店舗のマッサージがあり、全て24時間営業となっています。誰もがアクセス可能なパブリックエリアに2店舗、飛行機を利用する人だけが入れるエアサイドに2店舗という内訳です。

バンコク市内のマッサージ施設と比べると料金は割高になってしまいますが、フライト前にスッキリしたいという人はリフレッシュできること間違いなし。4店舗中3店舗を占める「エクスプレススパ」ではクレジットカードでの支払いも可能です。

パブリックエリア地下1階のルアンラック(Ruan Rak)

スワンナプーム国際空港にあるマッサージの中で最も安いお店。ただし、支払いは現金のみです。

パブリックエリア3階のエクスプレス スパ (EXPRESS SPA)

ベットの用意はなくタイマッサージやオイルマッサージといったメニューはなし。クレジットカードでの支払いが可能です。

エアサイド4階コンコースAエクスプレス スパ (EXPRESS SPA)

メニューや料金はパブリックエリアにあるエクスプレススパと同じです。

エアサイド4階コンコースGエクスプレス スパ (EXPRESS SPA)

スワンナプーム国際空港にあるマッサージの中で、唯一個室のある店舗。部屋によりますが、シャワーも併設されています。

スワンナプーム国際空港の施設情報②両替所

スワンナプーム国際空港に到着すると、すぐに銀行系の両替所が並んでいます。もちろんここでも問題なく両替ができますが、あまりレートはよくありません。

クレジットカードでのキャッシングの方法もありますが、空港内にもお得に利用できる両替所があるので、こちらを利用するのが一番お得です!

注目

空港の地下1Fエアポートレイルリンク駅近くの両替所がレートが良いと評判です!到着フロアの両替所が手数料8%に対し、こちらは1%前後。特に、まとまった金額を両替する場合はこちらの利用をおすすめします!

ハッピーリッチ、スパーリッチ、バリュープラスなど何軒か両替所が並んでいますが、レート自体に大きな差はありません。

ハッピーリッチが他よりも若干レートが良いという情報もありますが、レートは毎日変わるので気になる方は色々なお店を回って比較してみるのが一番確実です。

スワンナプーム国際空港の施設情報③ラウンジ

乗り継ぎでの利用者が多いスワンナプーム国際空港には、至るところにラウンジがあります。こちらの記事を参考にご自身が利用できるラウンジをあらかじめピックアップしておくと、空港に到着してからがよりスムーズになりますよ!

移動で疲れたときは、ラウンジでゆっくり体を休めましょう。

ビジネスクラス以上の座席・上級会員用ラウンジ

スワンナプーム国際空港には、航空会社のラウンジが15ヶ所存在します。タイ航空のラウンジが最も多く全部で7ヶ所。スターアライアンスのものが9ヶ所、ワンワールドはJALとキャセイ、スカイチームが2ヶ所となっています。

プライオリティーパスで入れる航空会社系ラウンジ

チャイナエアライン、オマーン・エア(ファースト&ビジネスクラス)のラウンジ2ヶ所がプライオリティーパスで入場できるラウンジです。

プライオリティーパス・カードラウンジ

全部で9ヶ所あり、ほとんどのラウンジがダイナースカード保持者でも利用することが可能です。一部対象外のラウンジがあるので、事前に確認しておきましょう。

タビナカ限定

スワンナプーム国際空港でお買い物!免税手続きの手引き

街中でのお買い物を楽しんだ後は、空港での免税店巡りはいかがでしょうか?スワンナプーム国際空港4F出発フロアには約60店舗にも及ぶ免税店が軒を連ねています!お土産を買い忘れた…という時にもとても助かりますね!

タイで人気のシルクブランド「ジムトンプソン」や高級スパブランド「HARNN」などの定番商品をはじめ、ばら撒き用のお菓子、ブルーエレファントの料理キットなど、本格的なお土産選びから余ってしまったバーツの消費にも最適です。

せっかくなら空港に早めについて、免税店でショッピングを楽しんでみましょう!もちろん、自分へのお土産もお忘れなく!

免税手続きの方法

タイでのお買い物を更にお得にする「免税手続き」について紹介します。

還付条件
  • VAT REFUND FOR TOURISTSと書かれたお店で買い物をする
  • 1店舗での買い物が(VAT込)2,000THB以上の買い物であること
  • 購入した全ての商品総額(VAT込)が5,000THB以上であること
  • 買った日から60日以内にその品物を持って航空機でタイを出国すること
  • 還付対象の購入品は未開封であること
  • タイ滞在が年間180日未満の人
申請時に必要な物
  • 購入した商品
  • 領収書
  • パスポート
  • 商品購入時に作成してもらった書類

条件はこれだけ!商品代金の約7%が返ってくるので、出国前の免税手続きは必ず行いましょう。

    大事なのは購入時に作成してもらった書類です。書類がないと手続きができないため、購入したお店で発行してもらうことをお忘れなく。

    お店側から「作成しますか?」とはなかなか聞いてくれないので、自分から申告してください。その際にパスポートが必要になるので、お買い物の際には必ずパスポートを持参するようにしましょう。

    免税申請手順
    1. 出発ロビーにある【Custom Inspection for VAT REFUND】カウンターへ行く
    2. カウンターで、お店で受け取った書類「VAT払戻し申請書」「税金請求書」と購入品、パスポートを提示する
    3. 税関の職員にスタンプを押してもらう
    4. 出国手続きを行い中へ入る
    5. 出国エリアにあるVAT払戻しのカウンター(VAT Refund Office Revenue Dept.)へ行く
    6. スタンプ付きの書類「VAT払戻し申請書」「税金請求書」とパスポートを再度提出する
    7. その場で現金にて払い戻しを行い、免税手続きは完了!

    バンコクの玄関口「スワンナプーム国際空港」から市内観光へ、いざ!

    日本とタイを結ぶ重要な玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」。こちらの記事では、そんなスワンナプーム国際空港の基本情報をはじめ、空港から市内への行き方など、旅行前に知っておくと得する情報をまとめてみました。

    スワンナプーム国際空港はアジアのハブ空港にもなっているので、空港の設備面はピカイチ!トランジットでも快適に過ごせる空港です。

    タビナカ限定
    タビナカ限定

    RECOMMEND バンコクのおすすめ記事

    RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事