" />

バンコク人気のナイトマーケット5選!タイ土産選び&夜遊びまで満喫!

ショッピング
81477views

寺院巡りやショッピングも良いけれど、タイと言えば「ナイトマーケット」も楽しみの一つ!タイならではのお土産や一点物のオリジナル商品に出会えるのもナイトマーケットならではです。あいさつや値段交渉などを通して、現地の人との交流を楽しむのもおすすめですよ。

こちらの記事では、タイ定番のナイトマーケットからインスタ映えするお洒落なナイトマーケットまで5つを厳選して紹介します。各マーケットの特徴やアクセス方法、営業時間、ナイトマーケットを楽しむ上での注意点なども解説しているので、バンコク旅行を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね!

タビナカ限定

ナイトマーケットとは?

ナイトマーケットとは、いわゆる「夜市」のこと。タイのナイトマーケットは日本のお祭りと似ていて、主に中華圏や東南アジアを中心に存在する「屋台の集合体」のことを指します。

夕方頃から大きな通りが歩行者天国に変身し、屋台がずらっと並ぶ光景はアジアならでは!海外旅行の気分をより盛り上げてくれるでしょう。

ナイトマーケットではショッピングとグルメ両方を楽しめるので、夕食がてらにふらっと立ち寄るのにもぴったり。特に、日中気温の高いバンコクも夜は気温が下がるため、快適に過ごすことができるでしょう。

地元の人はもちろん、海外から訪れる観光客にも大人気のスポットです。ほとんどのローカル屋台では英語が通じませんが、ジェスチャーを交えれば意思の疎通は十分に可能です。食べたいものがあれば、自分から積極的にコミュニケーションをとってみましょう!

ナイトマーケットが盛り上がるのは20時以降!

夕方ごろから営業をしているナイトマーケットですが、人が増えて盛り上がってくるのは夜の20時以降!辺りが暗くなり、ライトアップした姿はまさにお祭りのよう!人で賑やかになったナイトマーケットに気分も益々盛り上がることでしょう。

テンションを思いっきり上げたら、バンコクの夜を心行くまで楽しみましょう♪

1: アジアティーク・リバー・フロント(Asiatique The River Front)

バンコク定番のナイトマーケットと言えば「アジアティーク・リバー・フロント(Asiatique The River Front)日本のガイドブックにも掲載されている定番スポットで、バンコクに来たからにはぜひ訪れていただきたいスポットです。

「ウォーターフロント地区」「ファクトリー地区」「タウン・スクエア地区」「チャルン・クルン地区」の4つのエリアから成り、店舗の数はなんと1500以上!これだけお店があると、どのお店を見るか迷ってしまうかも!お土産選びはもちろんのこと、観覧車やニューハーフショーで有名な「カリプソキャバレー」などエンターテインメントにも事欠きません。

買い物、食事、エンターテインメントと幅広く楽しめるので、バンコク旅行初心者の人や女子旅にもおすすめです。

英名 Asiatique The River Front
住所 2194 Charoen Krung Rd, Khwaeng Wat Phraya Krai, Khet Bang Kho Laem, Krung Thep Maha Nakhon 10120
営業時間 16:00~24:00
アクセス BTS(スカイトレイン)「サバーンタクシン駅」2番出口からすぐのところに船着き場(サートーン船着き場)があり、無料のシャトルボートが出ています。
タビナカ限定

バンコクと言えば!ドリアンシャックサイアム(Durian Shack Siam)で珍しいスイーツを!

こちらは、フルーツの王様・ドリアンを心行くまで堪能できるドリアン専門の屋台です。パンケーキやアイスなどさまざまな商品があるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

好みの分れるフルーツではありますが、一度食べると案外ハマってしまうかも!

宝探し感覚で楽しみたい!ハーハンズ・コレクション(HerHands Collection)

ハンドメイドアクセサリーの専門店である「ハーハンズ・コレクション(HerHands Collection)」。ストーンやビーズを使ったアクセサリーが手軽な価格で買えると人気を集めています。

お値段は1つ500円程度。どんな服装にも合わせやすいデザインの商品が多くお土産にもぴったりです。どれも1点物なので、欲しいと思ったタイミングでGETしておくことがおすすめです♡

2: タラート・ロットファイ・ラチャダー(Talat rotfai ratchada)

タイの最先端を行くおしゃれなナイトマーケットとして有名な「タラート・ロットファイ・ラチャダー(Talat rotfai ratchada)」。このテントの写真をインスタなどSNSで見たことがある人も多いのでは?バンコク屈指の規模を誇り、「鉄の市場」の愛称で親しまれている人気のナイトマーケットです。約1000軒ものカラフルなテントがぎっしりと並ぶ様子を見るだけでも訪れる価値のあるスポットです!

タラートロットファイ・ラチャダーは、タイ昔ながらのマーケットとは異なり、海外からの旅行者や若者に人気の洗練されたスポットとなっています。テント以外にも常設店舗も多く、ファッションや雑貨、フォトジェニックなおしゃれグルメなど気になるものがたくさん!若いスタッフの中には英語が話せる人も多いので、気軽に話しかけてみましょう。

フードエリアではもちろん、定番のタイフードも楽しむことができますよ!駅近&テントで雨の日でも楽しめるスポットです。

タラートロットファイ・ラチャダーの絶景写真を撮影したいなら、マーケット近くの「エスプラネード(Esplanade)」がおすすめ!ショッピングモールの駐車場4階から撮影することが可能です。

英名 Talat rotfai ratchada
住所 Ratchadaphisek Rd, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400 
営業時間 17:00〜24:00
アクセス MRT タイランド・カルチュラルセンター駅の3番出口出て左へ50mほど進むと、「エスプラネード(Esplanade)」という大きなショッピングモールが見えます。そのショッピングモールの手前を左折するとマーケットの入口が見えます。
タビナカ限定

物欲が止まらない?!タイならではのお土産はここで!

タラートロットファイ・ラチャダーでは、タイならではの雑貨やTシャツは見逃し厳禁!ほとんどの商品がローカル価格で購入できるので、お買い物がぐっとお得に。お洒落なTシャツも200THBも出せば高品質な物が買えるので、いろいろと見て回りお気に入りの一着を見つけましょう。家族やお友達にペアでの購入も人気ですよ!

タイ本場のグルメを楽しみたい!安くでアルコールを楽しみたい!という人にもナイトマーケットがうってつけ♪特に、タラートロットファイ・ラチャダーのバーエリアは必見で、バスやトラックを改装して造られたバーはとってもお洒落でSNS映えも抜群!雰囲気あるお店に足を運べば、一気にテンションUPまちがいなしです!カップルや女子旅にもおすすめです。

人気の屋台街やバンコクに行ったら、絶対に食べたい絶品屋台グルメについてはこちらの記事で紹介しています。

バンコクの屋台街へ行こう!人気の屋台街3選&おすすめ屋台・グルメを紹介!

3: パッポンナイトマーケット(Patpong Night Market)

バンコクの夜と言えば「パッポンナイトマーケット(Patpong Night Market)」を連想される方も多いのでは?夜のお店のイメージが強いパッポン通りですが、意外にも通り中央の露天は家族連れの観光客でにぎわいます。

繁華街のど真ん中にあるためアクセスも抜群!近くにはレストランやマッサージ店もあるため、一か所でいろいろと楽しみたい人にもおすすめです。バンコクならではの雰囲気を思いっきり体感し、よりディープな夜をお楽しみください。

英名 Patpong Night Market
住所 1 Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
営業時間 17:00~25:00
アクセス BTS サラデーン(Sala Daeng)駅から約250m(徒歩3分)

4: タラート・ロットファイ・シーナカリン(Talat Rotfai Srinakarin)

ローカルな雰囲気が満載で現地っ子になった気分で楽しめる「タラート・ロットファイ・シーナカリン(Talat Rotfai Srinakarin)」。ちょっと郊外になりますがマーケットの規模は大きく、食事エリア、バーエリア、屋台エリア、雑貨エリア、古着、アンティークエリアに分れています。クラシックカーなどの展示販売もあり、ノスタルジックでワクワクする雰囲気が大人気!アンティークが好きな人であれば見るだけでも十分楽しめますよ。

都心のマーケットより1つの店の面積が広く、1つ1つの商品をゆっくりと見れるのも嬉しいポイントです。人混みを避けてのんびりとお買い物を楽しみたい方にも最適です。

英名 Talat Rotfai Srinakarin
住所 Thailand, Srinagarindra Rd – Soi Srinagarindra 51, Nong Bon, Prawet, Bangkok 10250
営業時間 木〜日 17:00〜25:00
アクセス BTSオンヌット駅近くのスーパー「ビックC」からタクシーがおすすめ。タクシーで約30分で到着します。

アンティーク商品の宝庫!掘り出し物探しを楽しんで!

数あるお店の中でも見逃せないのが、古着・アンティークエリア!古着はアメカジ系のファッションが中心となっています。アンティークはヨーロッパや80年代アメリカといった感じのラインナップで、日本ではなかなかお目にかかれないレアアイテムに出会えることも!

グルメもとても豊富で、ここで世界各国の料理が食べられるのでは?と思うほどの品揃えを誇ります。何を食べるか迷ってしまうかと思いますが、ここはやっぱり海鮮BBQが屋台っぽくておすすめです♪焼き立てほやほやの新鮮な海鮮でお腹を満足させましょう!

5: アートボックス(ART BOX)

トレンドに敏感な人にこそ行っていただきたいのが「アートボックス(ART BOX)」。開催は週末限定です!さらに、毎回開催場所が異なるという珍しいマーケット。コンテナを利用した店内には、実力派若手アーティストが手掛けるハンドメイド商品が所狭しと並びます。どの商品も基本的には1点物。個性的なアイテムも多数あるので、人とは違うアクセサリーや雑貨、お土産をお探しの人にもおすすめです。

フードの屋台もお洒落な雰囲気満載で、ハンバーガーやピザ、日本食まで楽しめます。イメージはまさに日本のフェス会場の屋台といった感じ!ライブが楽しめる特設ステージやファミリーには嬉しい子どもの遊び場などもあるので、幅広い世代の人にお楽しみいただけますよ。

注意点

開催場所は公式サイトで公開していますので、気になる人はチェックしてくださいね♪

英名 ART BOX
住所 アクセス方法は毎回開催場所が変わりますので、公式サイト(Facebook)でチェックしてください。
営業時間 夕方から深夜。開催場所により異なります。
HP https://www.facebook.com/Artboxthailand

ナイトマーケットを楽しむ上での注意点

ナイトマーケットは人が多く、賑やかな分犯罪に巻き込まれる可能性も高まります。どんなことに気を付ければより快適に過ごせるのでしょうか?!

バンコクの治安についてはこちらの記事も併せてご覧ください。

【2019年】タイ/バンコク治安情報を完全網羅!気を付けたい7つのポイントとは?

①スリに注意!人が集まる場所ほど気を引き締めて。

人込みになればなるほどスリ被害に遭いやすい傾向にあります。リュックに入っている財布やスマホはそのまま入れておくだけでは少し心配…。リュックは前に抱え、ショルダーバックでも手に抱えるように前に持つようにしましょう。財布は首からかけるタイプが安心です。

②水だけじゃない?!氷にも注意を

飲み水はペットボトルを購入して飲みますが、意外と油断するのが屋台などで買う飲み物に入っている氷。氷は水道水で作られていることもあり、現地の人は慣れていても旅行者だとお腹を壊すことも…。せっかくなので現地のグルメやドリンクを楽しみたいですが、大量に氷の入った飲み物は注意してくださいね。

③お得に見える偽ブランドに騙されないように!

偽物のブランド商品が並ぶのも露天ならでは。ブランド物が欲しい場合は、必ずデパート内の正規店もしくは免税店を利用するようにしましょう

一見本物のように見える安いブランド品ですが、偽物のブランド品は買うことはもちろんのこと、偽物と分かって日本国内に持ち込むと犯罪になります。安くて素敵だな…と思ってもここはぐっと堪えてくださいね。

④値段交渉を楽しんで!現地の人との交流は新鮮♩

ナイトマーケットは値段の書いていない物も多く、店員さんとのコミュニケーションがモノを言います!値段があっても交渉すればもっと安くなることもあるので、思い切って値切ってみてください。商品もお買い得になり、さらに現地の人との交流も楽しめるので、まさに一石二鳥です!英語が通じなくてもジェスチャーを駆使すれば大丈夫!

⑤閲覧注意の虫グルメ!勇気がある方は…旅の思い出にどうぞ。

屋台では虫の素揚げグルメが人気です!苦手な人はびっくりしないように!足つきや幼虫など種類も豊富なので、勇気がある方は旅行の思い出に試してみてはいかがですか?

ナイトマーケットでバンコクの夜を楽しもう!

いかがでしたか?この記事ではおすすめのナイトマーケット5つの特徴やアクセス方法、営業時間などをご紹介しました。日々進化を遂げるタイ・バンコクのナイトマーケット。毎年新しいナイトマーケットが増えているため、都度チェックをおすすめします♪

最近ではSNS映えするナイトマーケットや若いアーティストが主体となった個性豊かなお店もあり、益々見逃せません。日中とは異なるバンコクの夜ならではの幻想的な雰囲気を楽しみたい人、タイならではのお土産をお探しの人は、ぜひナイトマーケットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

タビナカ限定
タビナカ限定

RECOMMEND バンコクのおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事

ハワイ『ワイケレ・プレミアム・アウトレット』を徹底解説!行き方や取り扱いブランドなど必見情報

ハワイのオアフ島にある「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」。こちらは、オアフ島でショッピングを満喫したい方には欠かせない、おすすめのアウトレットモールです。オアフ島の西部に位置しているため、主要観光エリアのワイキキからは…