" />

ローマで絶対食べたいグルメ10選と人気レストラン!絶品カルボナーラも♩

グルメ
55076views

ローマには、カルボナーラやピザ、ジェラートなど絶品イタリア料理がたくさん。せっかくローマへ行くなら、美味しいものをいっぱい味わいたいですよね!今回は、初めてローマに行く方も、悩まずレストランへ入れるようになる!ローマで食べたい絶品イタリア料理10選をご紹介します。本場の絶品カルボナーラや今話題のジェラート店情報もありますのでお楽しみに♪

リストランテにトラットリア・・ローマのレストランの特徴は?

ローマのレストランを見てみると、多くのお店で店名の最初にリストランテやピッツェリアなどと書かれています。リストランテやピッツェリアなどは、レストランの提供する食事の種類やランクを示しているのですが、初めてのローマ旅で、予想と違うの価格帯のレストランに入ってしまったら、びっくりしますよね。

今回は、ローマの旅先でレストランを見分けることのできるよう、事前にイタリア料理のレストラン4種類を紹介したいと思います。

①リストランテ( Ristorante )

リストランテとは、一般に高級レストランのことで、コースで食事が出てきます。最近は、カジュアルダウンしているお店もありますが、服装などもきっちり準備していった方が無難かと思います!

②トラットリア( Trattoria )

トラットリアとは、リストランテに比べカジュアルなイタリア料理屋さんで、高級ではないですが、リストランテ同様、前菜からメインにいたるまで一通りコースを揃えているところが多いです

③オステリア( Osteria )

オステリアとは、気軽に飲食を楽しめるイタリアの「居酒屋」といったイメージで、ワインも豊富に品ぞろえており、お酒好きの方へは、旅中に一度は訪れてほしいレストランです◎

ピッツェリア(Pizzeria)

ピッツェリアとは、基本的にピッツァ専門店のことで、ピッツェリアリストランテと表記されている場合には、ピッツァ以外にはパスタ料理なども提供されます。お子さんが一緒の場合はとても入りやすい、日本のファミリーレストランにも近いレストランと言えます。

4種類ご紹介しましたが、現在は、昔に比べて区別も少なくなってきていますので、そこまで気を張らずにもレストランに入れそうですね!

気になるローマ(イタリア)レストランのマナーやあれこれを徹底解説!

①チップは必要?

結論として、イタリアのレストランではチップが必要です。

トラットリアやピッツェリアなどカジュアルなお店であれば1人あたり1〜2ユーロ程度をお会計の後、テーブルにそっと残して帰りましょう。

リストランテなど、少しかしこまったレストランの場合は、サービス料(チップ)は請求金額に含まれてることもありますが、含まれていない場合には、会計金額の10%程度を目安に支払うのがマナーです。そのほか、切りがいい金額で払うことも良いとされていますので、例えば、46ユーロが請求額であれば50ユーロを支払い「お釣りはいらない」とする方法もスマートと言えます。

クレジットカードで支払う場合にも、決済後のサイン時に伝票の合計金額が空欄になっていれば、チップを加算した金額を記入しても良いですし、席を離れる際に直接テーブル現金を残すのもスマートな方法でしょう。

②営業時間は日本とちがう?

ローマのレストランでは、営業時間が全体的に遅めと言えます。ランチは12〜13時、ディナーは20時頃からのスタートが一般的です。ランチとディナーの間は営業していないところも多く、日本のようにティータイムがあるレストランは少ないので、営業時間には注意して旅の予定を立てましょう!

ローマには美味しいカフェもたくさんありますので、ティータイムのデザートやコーヒーはカフェをおすすめします◎

③どんな服装で行けばいい?

リストランテを含めた、ほとんどのローマのレストランでは、ドレスコードがありません。ドレスコードを意識しなくてはならないのは、ミシュランガイドに掲載されるクラスのレストランだけと言っていいでしょう。それ以外のレストランでは、フォーマルでなくて大丈夫です。しかし、リストランテなど少し高級感のあるレストランでは、ダメージジーンズなどは断られる可能性がありますので、いくつかビジネスカジュアルくらいの服装も持っていくと良いかもしれません◎

④お水は有料って本当?

これは、日本の常識とは大きく異なる点かと思います!特にヨーロッパでは、普通のミネラルウォーターでも有料で、注文しなくてはならないので注意です。ローマでは、注文の際に何も言わないと炭酸水を出されるお店が多く、注文時にガス抜き、ありを選べますので、ガス抜きのお水を注文する際は、「Non gas(ノンギャス)」と言えば通じます。

⑤ローマで日本語は通じる?

基本的に日本語は通じません。しかし英語は、イタリア国内でもローマであればほとんどのお店で通じますので、必要になりそうな言葉は多少確認してから行くと便利です!

ローマのレストランでは、日本人観光客用に日本語メニューを用意しているところもありますが、それほど対応できるレストラン数はないので、あまり期待しない方が良いです…

レストランのメニューには写真がないことも多いので、馴染みがない名前の料理はお店の人に聞いてみることをおすすめします◎カフェやトラットリアなどカジュアルな雰囲気のお店では、周りの人が食べているものと同じものを注文してみるのも良いかもしれませんね!

⑥ローマで聞くアペリティーヴォってなんのこと

アペリティーヴォとは、イタリアのハッピーアワーのサービスのことです!

イタリアでは、夕飯時間が21時くらいからと少し遅めなので、仕事終わりから夕飯まで食前酒とおつまみを楽しむアペリティーヴォという習慣があります。ローマのBARやレストランでは、アペリティーヴォを楽しむ人のため、おつまみとして軽食を用意しているところが多いです。ドリンク代だけで前菜やおつまみがいただけるとってもお得な時間です。

食事の前でも、お酒を楽しみたい!というお酒好きの方や、観光を終えて食事前に少しゆっくりと時間を過ごしたい方へおすすめです!◎

Tribeca Café

レストランなども多く並ぶ繁華街の近くにあるカフェで、アペリティーヴォの時間帯は地元の人たちで賑わいます。ローマのアペリティーヴォらしい空間や飲み方を楽しみたい方へおすすめです!モーニング、ランチタイムも営業していて、近隣のホテルの宿泊であれば、リピートしてしまいそうですね!

営業時間:日 18:30 – 23:30、月〜土 7:00 – 23:30

住所:Via Messina, 29, Roma, Italy

HP:http://www.tribecacafe.net/

Freni e Frizioni

トラステヴェレ地区にあり、フランクにアペリティーヴォを楽しめるお店です。

野菜の大皿料理も充実していて、健康趣向の方や飲み過ぎ食べ過ぎが気になってきた旅の終わりにもおすすめ◎イス席も少なく、立ち飲みもありですが、その分安価に楽しめるのも地元感が出て魅力的です。

営業時間:月〜日 18:30 – 2:00

Via del Politeama 4 – 6, 00153 Rome, Italy

HP:http://www.freniefrizioni.com/

Vin Allegro

トラステヴェレ地区にあり、イタリア産ワインをお手頃にいただけるワインバーです。アペリティーヴォの時間帯は、10ユーロ程で絶品の前菜ビュッフェが楽しめるので、お得に楽しむならVin Allegroがおすすめです◎

営業時間:月〜日 12:00 – 2:00

住所:Piazza Giuditta Tavani Arquati, 114 00153 Roma Italia

HP:http://www.vinallegro.com/

それでは、ローマのレストランで食べたいイタリア料理をみていきましょう!まずはメイン料理です。

1.カルボナーラ

実は、ローマはカルボナーラ発祥の地、ローマで絶対食べてほしいイタリア料理の1つです!

カルボナーラの歴史は70年程で、第2次世界大戦末期、ローマに滞在していたアメリカ人将校がアメリカ家庭でよく使われていた卵とベーコンを使って料理を作ってほしいと、イタリア人コックに頼んでできたのがカルボナーラであると言われています。もともと、ローマには、チーズと黒コショウをパスタに混ぜる地方料理があったことから、アメリカとローマが生んだ国際的な料理と言えますね!

同じ理由で、アメリカを経由し、日本にもカルボナーラが広がったと言われていますが、やはり本場ローマのカルボナーラは日本のものとひと味もふた味も違います!では、いったい本場で食べるカルボナーラは何が違うのでしょうか?

ローマのカルボナーラはココが違う!

日本で食べるカルボナーラには、生クリームが使われていることが一般的ですが、ローマのカルボナーラには、生クリームを使用しません!ペコリーノ・ロマーノという羊乳のチーズを使用するのでとても濃厚な味で、表面がザラザラの太麺パスタと相性が抜群です!

本場ローマでカルボナーラを食べるなら「ラ・カルボナーラ(La Carbonara)」へ!

発祥の地ローマで食べるカルボナーラは、「La Carbonara」がおすすめ◎店名にもなるほどの「絶品カルボナーラ」が有名で、いつもお客さんで込み合う人気店です。お肉料理もありますので、ディナーを予約して、アペリティーヴォの後にしっかりと夕食を楽しむのも素敵ですね!様々なパスタメニューがありますが、まずはスタンダードに絶品カルボナーラをどうぞ!

 

営業時間:月 – 土 (ランチ)12:30 – 14:30、(ディナー)19:00 – 23:00

Via Panisperna, 214, 00184 Roma Italy

HP:https://www.lacarbonara.it/

2.カルボナーラ以外にもたくさん!ローマゆかりのパスタをご堪能あれ♪

アマトリチャーナ

アマストリチャーナは、カルボナーラに並ぶローマのご当地パスタで、グアンチャーレやロマーノ、唐辛子、ラードなどを使った少しピリ辛のパスタです。 トマトが入っていないものは、グリーチャと呼ばれます。

カチョ・エ・ぺぺ

このパスタの名前はとってもシンプル。Cacio(カチョ)はチーズ、Pepe(ペペ)はコショウで、カチョ・エ・ぺぺもローマの伝統的なパスタの1つです。チーズには、羊のミルクで作られたペコリーノとコショウもたっぷり使用したカチョ・エ・ぺぺはチーズ好きにはたまらないパスタです。

パリアータ

パヤータとも呼ばれ、ローマ郷土料理のなかでも異端児と言われるほど、変わり種の絶品パスタです。イタリアでは、牛の内臓を食べることが禁止されていたため、長い間、食べることのできなかったパスタでもあります。完熟トマトと肉を長時間煮込んでできたパリアータは下町が生んだパスタです。

ローマでおすすめレストラン「カラバシオ( Calabascio )」

ローマでシーフードを食べるならココ!と言っても過言ではないほど、絶品シーフード料理が味わえるレストランです。海老や魚の魚介類メニューの他、自家製パスタや種類が豊富なピッツァもおすすめです◎日本語メニューもあり、なかなか日本語を使えないローマではとっても献身的!バチカン美術館から歩いて15分程で、それほど混んでいないので、バチカン帰りの食事にもおすすめです!

 

営業時間:月〜日 11:30 – 0:00

Via Properzio, 20/22/24, 00193 Rome, Italy

HP:http://www.calabascio.it/ja/

 

3.本場ローマで食べてほしい絶品ピッツァ

ローマとナポリに見るピッツァのちがい

ナポリ風ピッツァは発祥がナポリで、厚めでの生地でもちもちしていることが特徴です。日本でよく見る形の「マルゲリータ」はナポリピッツァの代表的なものです。比べて、ローマ風ピッツァは、生地が薄くのばしてあり、カリッと焼かれパリパリ食感を楽しめることが特徴です。

ローマでおすすめのピッツァ3選!

カプリチョーザ

ハムや野菜や卵など具沢山のピッツァで、どこのピッツェリアにもある定番メニューです。ローマでは、本場のカプリチョーザが700~800円くらいとお手頃価格で食べられますので、是非一度お試しあれ◎

マルゲリータ

ナポリピッツァの代表格とも言える「マルゲリータ」ですが、トマト、モッツァレラ、バジル、パルメザン、オリーブオイルなど、とってもシンプルな材料でできていて、実は、カリッカリに焼かれたローマ風も絶品なんです。

ロマーナ

アンチョビを使ったピッツァのことで、日本ではあまりなじみのないピッツァの種類ですね。トマトソースにアンチョビとモッツァレラチーズの組み合わせは絶品◎名前は「ロマーナ」ですが、ローマピッツァでもナポリピッツァでも食べることができます!

ローマでは、量り売りピッツァランチが大人気!

日本でピッツァと言えば、みんなでわいわい1カットずつ食べるイメージですよね。しかしイタリアではピッツァはひとりで食べるもので、フォークとナイフで食べやすくカットして食べます。そこで、なかなかひとりで1枚食べきれない…という方や、女性の一人旅、食べ歩きしたい人にもおすすめなのが、ピッツァの量り売りです!専門店では、四角いオーブン板の上に沢山の種類のピッツァが並んでいて、ついつい必要以上に頼んでしまいそうです…

ローマで量り売りピッツァを食べるなら?「ボンチ ( Pizzarium Bonci ) 」

人気店で、店内もあまり広くないので込み合っていますが、好きな味を好みの大きさにカットしてくれます。量り売りなので、自分好みで、食べ比べができちゃうことも嬉しいです!魚介のピッツァなどバリエーションも多く、ライスコロッケなどもサイドメニューもあります◎

営業時間:日 (ランチ)12:00 – 16:00、(ディナー)18:00 – 22:00

月 – 土 11:00 – 22:00

Via della Meloria 43, 00136 Rome, Italy

HP:http://www.bonci.it/

ローマのピッツェリアと言えばココ「ジャコメッリ( pizzeria giacomelli )」

ローマで一番歴史のあるピッツェリアと言われるほど、伝統あるピッツァがいただけるお店。地下鉄A線オッタヴィアーノ駅から程近く、ヴァチカンからも目と鼻の先です。イタリアでは珍しく、大きさを 小(Piccole)、中(Medie)、大(Grandi)の3種類から選べることも特徴で、お子さん連れの家族旅行にもぴったりです◎絶品マルゲリータが有名ですが、お店の名前のついたジャコメッリを試してみるのも良いかもしれませんね!

営業時間:火〜日 (ランチ)12:30 – 14:45、(ディナー)19:30 – 23:45

Via Emilio Faa’ di Bruno 25, 00195 Rome, Italy

Facebook:https://m.facebook.com/pages/Pizzeria-Da-Giacomelli/

4.パスタ・ピッツァだけじゃない!ローマは「リゾット」も絶品

ローマでは、ピッツァ、パスタに加えてリゾットもとっても美味しくいただけます!長い旅の間、お米が恋しくなった頃に本場のイタリアンリゾットも是非、楽しんでみてはいかがでしょうか?

魚介類

イタリアでは、お魚や貝なども捕れることから、魚介類も美味しくいただけます。特に魚介リゾットは有名で、特にリストランテテーマで出される、手長海老のクリームリゾットは食べた人を次々虜に◎下でご紹介↓

ポルチーニ茸

イタリアのポルチーニ茸は、日本の松茸やフランスのトリゥフと並ぶ世界三大茸のひとつで、本場イタリアでは、パスタやリゾットにかけたり混ぜていただきます。ローマのリストランテなどで出されるポルチーニ茸のリゾットは、是非一度食べてほしい料理です!

ゴルゴンゾーラ

ゴルゴンゾーラのチーズ削りは日本にもありますが、やっぱり本場で一度は味わいたいですよね。「ゴルゴンゾーラのリゾット」は日本でも有名な料理のひとつになりましたが、起源は北イタリアのゴルゴンゾーラ村にあると言われています。イタリア全土で食べられる料理ではありませんが、ローマでも絶品リゾットがいただけるお店がありますので、是非足を運んでみてください♪

絶品リゾットがおすすめのレストラン①Il bar sotto il mare

ヴァチカン近くで絶対的支持を受けているシーフードレストランです。何と言っても、エビクリームのリゾットが一番のおすすめ◎海鮮盛り合わせやシーフードリゾット、甲殻類のパスタなどもあり、ローマでシーフードが食べたい!を叶えてくれるレストランです!

 

営業時間:ランチ 火〜日 12:30 – 14:30、ディナー月〜日 19:30 – 23:00

Via Tunisi 27, 00192 Rome, Italy

Fcebook:https://www.facebook.com/pages/Il-Bar-Sotto-Il-Mare-2/156283841059931

 

絶品リゾットがおすすめのレストラン②リストランテ・テーマ (Ristorante TEMA)

サンタ・マリア・マッジョーレ教会から徒歩3分の場所にあるレストランで、日曜定休ですが平日でも込み合うほどの人気店です!中でも、トマトとスカンピの相性が絶妙な手長海老のクリームリゾットがおすすめで、日本人の舌にも合う料理ですので、ローマで一度は絶対に食べてほしいイタリアリゾットの1つです!

営業時間:ランチ 月〜金 12:30~15:00、月〜土 ディナー18:00~24:00

Via Panisperna, 96-98, 00184 Roma, Italy

HP:http://www.ristorantetema.com/en/

5.ローマでお肉を食べるなら!

ローマの肉料理といえばアバッキオ!

アバッキオとは、草を食べ始める前の生後3~6週間の乳だけで育った子羊の肉です。シンプルに炭火焼きでいただくのがスタンダードです。柔らかくて、臭みも少ないので、炭火焼でもとっても美味しくいただけます◎

アバッキオが食べられるレストランAntica Trattoria Al Gallinaccio

地下鉄A線バルベリーニ駅から近く、ベルベリーニ広場の近くのトレビの泉からもすぐのトラットリアです。パスタや肉料理、アルコールも美味しくいただけるレストランで、観光で歩き疲れた後に美味しいお料理で癒されるなんていうコースも素敵ですね◎

 

営業時間:火 〜日 12:00 – 23:00

Vicolo del Gallinaccio 6, 00187 Rome, Italy

HP:http://antica-trattoria-al-gallinaccio.thefork.rest/

 

お待たせしました!このあとは、ローマで食べたいおすすめデザートです!!

6.ローマのデザートと言えばジェラート!

ローマに来たら必ず食べたいジェラート。そもそもなぜ、ジェラートはローマで有名になってのでしょうか?

1953年に公開された映画「ローマの休日」で、アン王女役のオードリー・ヘプバーンがスペイン階段をバックにジェラートを食べるシーンがあります。世の女性にとって、ローマへ行ったら、再現したいシーンの1つでよよね。実は、、、ローマでは文化財保護のためスペイン階段でジェラートを食べることは法律で禁止されており、再現は叶わないのですが、映画に出てきたパラッツォ・デル・フレッド(Il Palazzo del Freddo)のジェラートは現在でも食べることができます!

ローマのジェラートの種類

日本で、ジェラートというと、フルーツ味のイメージが強いかと思いますが、イタリアでジェラートとはアイスクリームのことで、本当にたくさんの種類があります。イチゴやオレンジなどの一般的なフルーツフレーバーもありますが、ブルーベリーやパイナップル、スイカなどのフレーバーには驚きました!食後にぴったりのコーヒーなどもありますし、なかなか日本では見ないフレーバーだとチョコレートヘーゼルナッツや、イタリアらしいティラミスなどがおすすめです◎

店頭でのジェラートの頼み方は?

容器は2種類から選べます。カップは「コッパ」、カップに盛り付けて食べやすいようスプーンを添えてくれます。コーンは「コーノ」といい、どちらも2種〜4種ほどフレーバーを選ぶことができます!先にレジでお支払いするお店と、ジェラートができてから金額を確認するお店とがありますので、周囲のお客さんの様子を確認しながら、購入してみてください。もちろん試食もできますので、レジで「ポッソ・アッサジャーレ・◯◯?」とフレーバーの名前を言ってみてください。英語が通じるお店もありますし、お店の方は観光客慣れしているので、ジェスチャーでも最後に笑顔で「グラッツェ!」と言えれば何の問題もありません!◎

おすすめジェラート屋さん①ジョリッティ( Gelateria Giolitti )

ローマのジェラート屋といえばココ!店内も広く、店外のテラスでもジェラートなどのドルチェをいただくことができます。イタリアの老舗らしい外観で、ジェラートの並びなどの内装もインスタ映え間違いなしのジェラテリアです!

 

営業時間:月〜日 7:00 – 2:00

Via Degli Uffici del Vicario 40 | A pochi passi dal Pantheon, 00144 Rome, Italy

HP:http://www.giolitti.it/

おすすめジェラート屋さん②ジェラテリアデッラパルマ( Gelateria della Palma )

イタリアのジェラテリアには珍しく、40年ほどの歴史と最近のお店です。店内もモダンな作りで、デパ地下などの素敵なショップといったイメージです。こちらもインスタ映えが期待できそうですが、なにより綺麗な有料トイレとフリーWifi もあり、旅の途中の休憩にぴったりです◎

 

営業時間:月 〜木 8:00 – 0:30、金 〜日 8:00 – 1:30

Via della Maddalena 19/23, 00186 Rome, Italy

Facebook:https://www.facebook.com/gelateriadellapalma/

7.ティラミス

イタリアのドルチェの王道「ティラミス」

ティラミスとは、「私を元気づけて」という意味。ローマのレストランに行けば、デザートに置いてあるところが多いですが、専門店で食べるのがおすすめです◎

おすすめティラミスの専門店「pompi」

マスカルポーネなど、材料にとことんこだわったティラミス専門店が出す絶品ティラミスは、ローマでも長年大人気で、ローマに数店舗お店を出していますが、中でも観光で寄りやすい中心地の2店舗をご紹介します!

HP:https://barpompi.it/

①トレビ近くの新オープン店舗

Via Santa Maria in Via, 17 00187 Roma RM

②バチカン近くのテイクアウト専門店舗

営業時間:日〜木 10:00~0:00、金〜土 10:00~1:00

Via Cola di Rienzo, 313, 00192 Roma RM

8.コルネット

そもそもコルネットってなに?クロワッサンとは違うの?

コルネットとは、「小さな角」という意味で、いわゆる、三日月の形をしたフランスでいうクロワッサンに近いものですが、クロワッサンとの明確な違いは中身にあります!周りはサクサクですが、中が少ししっとりしていて、クリームが入っているものもあります。日本でいうコロネがクロワッサン生地で作られたようなイメージです。ローマでは、コルネット、ミラノではブリオッシュとも呼びます。ローマ地元の人の朝食の定番です◎

コルネットが有名なお店:Il Baretto

スペイン広場近くに位置し、チョコ味のコルネットが絶品◎エスプレッソとも相性が抜群です。朝からオープンしているので、お好みの飲み物と一緒に朝食を楽しむのもおすすめです!

営業時間:月 – 金 7:00 – 21:30、土 7:00 – 22:30、日 8:00 – 21:00

Via del Babuino, 120, Rome, Italy

Facebook:https://www.facebook.com/ilbaretto120/

9.マリトッツォ

マリトッツォってなに?朝食で食べるべき?

ローマに古くから伝わるお菓子でもあるマリトッツォは、ローマ風のブリオッシュにホイップクリームがしっかりと挟まれたパンで、こちらもローマの朝食の定番です!

マリトッツォが有名なお店「ロショーリ・カフェ」

カルボナーラが有名な「ロショーリ」のカフェ店で、カルボナーラもいただけますが、クリームたっぷりで満足感が得られるマリトッツォがおすすめ◎ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂から徒歩10分程の場所にあり、普段は地元の人が多くいます。おすすめの食べ方は、冷たいコーヒーと一緒にいただく「カフェ・フレッド」です!

営業時間:月〜土 7:00-23:00、日 8:00-18:00

Piazza Benedetto Cairoli 16, 00186 Rome, Italy

HP:http://www.rosciolicaffe.com/

 

続いて、ローマへ行ったら是非飲んでほしいローマ本場の飲み物を2つ紹介していきたいと思います!

10.イタリアの大人な味を言えば「エスプレッソ」ですよね!

本場イタリアのエスプレッソ

日本ではあまり飲まない人も、ローマへ行ったら是非飲んでみてほしい飲み物の1つです。

どこで飲めるの?

エスプレッソは、レストランやカフェ、バールでも飲むことができます!

イタリアでは、スタイルによって呼び方を変えていて、テーブル席があって、落ち着けるCAFFE(カフェ)、焼き菓子を提供し、コーヒーも楽しめるのは、PASTICCERIA(パスティチェリア)、カウンターで立ち飲みができるのがBAR(バール)です。。バールでは、カウンターとテーブル席で、ドリンクの価格が異なることもあるので注意が必要です!

①カフェ・グレコ

ローマ最古のカフェで、老舗なだけあり、カプチーノはカフェ・グレコが発祥とされています。おすすめは、カフェ・グレコの定番はやはりエスプレッソをパニーニと一緒にいただくローマスタイルです◎

営業時間:月〜土 9:00~21:00(日・祝日は定休)

Via dei Condotti, 86, 00187 Roma, Italy

HP:http://www.anticocaffegreco.eu/

 

ラ カーサ デル タッツァ ドーロ(La Casa del Caffe Tazza d’Oro )

ナヴォーナ広場から徒歩3分程と街中にあり、観光客にも人気のローマの老舗バールで、エスプレッソのほか甘いドルチェもいただけます。レストランがオープンする夕食前の間に、お酒はちょっと…という方に是非おすすめしたいバールでもあります!

 

営業時間:月 – 土 7:00 – 20:00、日 10:30 – 19:30

Via Degli Orfani 84, 00186 Rome, Italy

HP:http://www.tazzadorocoffeeshop.com/azienda/?lang=en

 

11.やっぱりイタリアへ行ったら楽しみたい「ワイン」

イタリア・ローマのワインの歴史とは?

イタリアでは、青銅器時代からワインの醸造がはじまったと言われています。

飲酒制限の時代なども経て、現在は、食事の際にワインを楽しむイメージで、ワインだけをひたすら飲むものではありません。昔よりもアルコール度数も下がっていることから、あくまでも食事のお供といった飲み方をするイタリア人が多いです!

イタリアワインはどこで飲めるの?

ローマでは、レストランやカフェ、バールでもいただけるほか、スーパーで購入してホテルの部屋で飲んだり、お土産にして楽しむのも素敵ですね◎

ローマでワインが楽しめるおすすめレストラン「エノテカ」

スペイン階段が近く、メニューも英語表記など観光客もなじみやすいレストラン。ワインにあう前菜なども豊富で、落ち着いてワインを楽しむのに持って来いのワインバーで、お酒好きにおすすめです◎

 

営業時間: 月、水〜日 12:00 – 0:00

Via della Croce 76/b | 76b – 00187, 00187 Rome, Italy

Facebook:https://www.facebook.com/AnticaEnoteca/

次に、ローマでおすすめのワインに合う前菜・おつまみを紹介します!おつまみが美味しいとアペリティーヴォがさらに楽しくなりそうですね♪

12.「チーズ」シンプルですがやっぱりこれが一番!

モッツァレラやブルーチーズ、日本ではあまりメジャーでないカチョカバロなど、様々な種類が楽しめるのが特徴で、日本で買うよりもリーズナブルなチーズもあります!スーパーで購入しお土産にしても喜ばれそうです◎

パルミジャーノレッジャーノ

ハードタイプのチーズで、イタリアが発祥。パルメザンの親のような存在で、しっとりとした食感とコクが特徴です。赤白どちらのワインにも合うので、日本のお土産にも喜ばれるのでは?

モッツァレラ

ミルクを凝固させた熟成させていないチーズで、水分が多いペースト状や粒状のものが多い。あっさりしていているので、チーズが苦手な人でも食べられるフレッシュ系チーズと呼ばれるものの一種です。

ペコリーノ

ローマ帝国の時代から食べられてきたハードタイプのチーズで、保存目的で作られたこともあり、塩分が強めなのが特徴。ローマ発祥のパスタ「カルボナーラ」とも相性が抜群です。

カチョカバロ

チーズを加圧することで水分を落として、3〜6カ月ほど熟成させたチーズ。水分が少なめで、見た目が少し硬そうなのも印象的。セミハード系と呼ばれ、日本ではあまり聞き慣れない種類のため、お土産にもおすすめです◎

チーズのお土産ならここ!「メルカート・チェントラーレ・ローマ」

テルミニ駅構内にある、とっても広いフードコートのようなイメージで、アクセスも抜群です!ただ行くだけでも楽しいですが、サッと食べられる窯焼きされたピッツァなどが並び、食べずにはいられません。

メルカートでチーズをお土産にするなら、パルミジャーノレッジャーノやカチョカバロなどのハード系チーズがおすすめ◎チーズはラップで巻かれた状態で、売られていることが通常ですが、日本への持ち帰り用には真空してもらうことをおすすめします!長時間にも安心のこの制度は、だいたいのお店でやってくれます。

 

営業時間:月〜日 8:00 – 0:00

Via Giovanni Giolitti 36 | Stazione Roma Termini, 00185 Rome, Italy

HP:http://www.mercatocentrale.it/roma/

13.ブルスケッタってなに?

ブルスケッタは、イタリアの軽食の1つで、レストランなどではおつまみの他、前菜としても出されます。もともとは、ローマの方言「ブルスカーレ」に由来し、「炭火であぶる」という意味を持つイタリア中部の郷土料理です。

ブルスケッタが美味しいレストラン「CASA & BOTTEGA」

日替わりのブルスケッタランチをいただけるレストランです。ナヴォ―ナ広場へ向かう途中にあるコロナーリ通りに面した場所にありますが、とても閑静で落ち着いた雰囲気のあるお店です。ゆったりとした時の流れを楽しみたい時にもおすすめです◎

 

営業時間:火 – 日 10:00 〜2:00

Via di Tor Millina 34/a, Rome, Italy

HP:https://www.casabottega.eu/en

14.フリット

フリットと聞くと、ポテトや白身魚のイメージが強いかもしれませんが、ローマのフリットといえば、ズッキーニ。少し変わった形をしていて、レストランでもサイドメニューとして置いています。

ローマで人気のフリット

お魚などのシーフード系フリットもありますが、やはりズッキーニのフリットが一番人気◎小麦粉や卵だけでなく、チーズが衣に混ざっているのもイタリアらしいですね。

ローマでフリットが美味しいレストラン「 Naumachia」

ローマでフリットやアパタイザーを楽しむならココ!もちろんコースのご用意もありますが、アパタイザーとパスタ、お肉などの組み合わせでも十分満足できます◎イタリア式のローカルな食事を是非ご堪能ください!

 

営業時間:月〜日 11:00 – 0:00

Via Celimontana 7, 00184 Rome, Italy

HP:https://www.naumachiaroma.com/en-gb/home

 

15.アーティチョーク

日本ではあまり馴染みがないですが、ローマではよく食べられているアーティーチョーク。地中海沿岸原産で、花の花托と萼の肉厚な部分をを茹でたり、素揚げにしていただきます。ローマでは、カルチョーフィと呼ばれ、昔から薬用効果があるとされています。

ローマの有名店「ダ・フェリーチェ テスタッチョ」

予約必須とも言われるほどの有名店、ここなら間違いなく絶品アーティチョークがいただけます。街外れにはありますが、いつ行っても混んでいるくらいの大人気店です。アーティーチョーク以外にも、ローマを代表する食材を使った料理がたくさんありますので、グルメにはたまらないレストランかと思います◎

営業時間:月〜日 (ランチ)12:30 – 15:00、(ディナー)19:15 – 22:15

Via Mastro Giorgio 29, 00153 Rome, Italy

HP:http://feliceatestaccio.it/en/

パスタやピッツァだけでなく、幅広くこんなにも手軽に色んなイタリア料理を楽しめるローマ!

美味しそうなイタリア料理がたくさんありすぎて、何を食べようか迷ってしまいますよね!初のローマ旅で、どこへ行けば良いかお悩み中の皆さまへ、最後に、手軽にいろんなイタリア料理を楽しめる場所を紹介します♪

テルミニ駅にあるローマの美味しいが詰まった「メルカート・チェントラーレ・ローマ

きっとここなら、あなた好みの絶品料理に出会えると思います◎移動の合間や、美味しいものをたくさんの種類食べたい方へは是非わざわざ訪れてほしい駅です!

イタリア・ローマには美味しいものが本当にたくさんあります。ローマで食べたいものを絞って、観光場所と合わせて事前に行きたいお店を決めておくとスムーズかもしれませんね!レストラン選びもこれからのローマ旅をさらに楽しくしてくれそうです!!

是非、楽しんで!良い旅を〜♪

RECOMMEND ローマのおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事