" />

【お役立ち】台湾の空港を使いつくそう!桃園・松山空港を徹底解説〜アクセスから免税まで〜

現地情報
17366views

日本からは約3.5~4時間で行くことができる台湾には、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄など各地から直行便も多く就航しています。「台北行き」には、桃園空港と松山空港が該当するため、到着空港は要確認です。台北にある桃園空港と松山空港について、台北市中心部までのアクセス方法や空港情報などを徹底解説します。

タビナカ限定

台北の空港に関する基本情報

台北には、桃園空港と松山空港があります。
桃園空港は台湾最大の国際空港で、ハブ空港としてチャイナエアライン、エバー航空、タイガーエア台湾が就航しています。
松山空港に乗り入れている国際線は、主に日本と中国の航空会社です。

台北にある2つの空港

日本から台北へは、成田空港発の便は全て桃園空港に就航し、羽田空港発の中華航空、エバー航空、日本航空、全日空の一部が松山空港を就航しています。

上の4つの航空会社(中華航空、エバー航空、日本航空、全日空)を予約する時、トランジットなどがある場合は、台北のどちらの空港なのか確認することが必要です。

台湾の空港税はいくら?どこで払うの?

台湾の空港税は、以前は300元だったんですが、値上げされて、現在は桃園空港・松山空港、共に500元(約1750円)です。
2歳未満の子供やトランジット(セキュリティエリア内のみの移動)は対象外です。

空港税は、航空券を購入した際に含まれていることが多いですが、別途支払いの場合があります。
確認方法は、e-チケットなどに「PSFC」と書かれているか確認してみてください。
含まれていない場合は出国時に支払います(現金でもクレジットカードでもOK)。

台湾の入国・出国審査、手続きについて

台湾は、90日以内の観光旅行ならビザ無しでOKです。

入国カードは、ツアーなら予め送られて来くるので早めに記入しておくと便利です。
個人で行く方は、機内でキャビンアテンダントが配ってくれるので貰って機内で書きます。
もし、貰うのを忘れても、入国審査にあるデスクにあるので、そこで記入することも出来ます。

出・入国審査は、日本人は外国人用のカウンターに並びます。
ほとんどの場合、パスポートと航空券と入国カードを出すだけで何も聞かれずに、スタンプを押されて、(入国時は)指紋登録をして終わりです。
指紋認証は、指に古傷などがある場合は何度も撮られる事もあります。

出国は、遅くても出発時刻の30分前には搭乗口にいきましょう。
LCCの場合は、時間にはかなり厳しいので、時間に余裕を持って行く必要があります。

桃園空港(TPE)

桃園空港からは世界中の航空会社が就航している空港で、日本からは約3.5~4時間で行けるので、連休には台湾旅行に行く日本人が多く、日本を訪れる台湾人も増えました。

桃園空港線MRT開通後、ますます便利な空港になった桃園空港

2017年に桃園空港線MRTが開通してからは、台北市内までは30分ほどで行けるようになり、ますます便利な空港になりました。
桃園空港は、免税店やカフェなども充実しているので、帰国の日は早めに空港に行って空港散策も楽しいでしょう。

日本から直行便が就航している航空会社

日本からは、毎日多くの桃園空港行きの便が就航しています。
「()」は、共同運航便です。
時刻や就航日については、各航空会社・空港でご確認ください。

  • 東京: バニラエア、スクート、ジェットスター・ジャパン、タイガーエアー、ピーチ、(日本航空、アメリカン航空、チャイナエアライン、デルタ航空、マレーシア航空、ハワイ航空)、(全日空、エバー航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、エア・カナダ)、キャセイパシフィック
  • 大阪: ジェットスター・ジャパン、(全日空、エバー航空、タイ国際航空、)、バニラエア、ピーチ、(日本航空、チャイナエアライン、ハワイ航空)、タイガーエアー、フィリピン航空、キャセイパシフィック
  • 沖縄: ピーチ、タイガーエア、(エバー航空、タイ国際航空、全日空)、(日本航空、チャイナエアライン、 ア、(日本航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空)、タイガーエアー、(エバー航空、全日空、タイ国際航空)
  • 広島: (日本航空、チャイナエアライン)
  • 名古屋: ジェットスター・ジャパン、スターフライヤー、(日本航空、ハワイ航空、チャイナエアライン、デルタ航空)、キャセイパシフィック、
  • 鹿児島: (チャイナエアライン、日本航空)、キャセイパシフィック
  • 佐賀: タイガーエアー
  • 富山: (日本航空、チャイナエアライン)、タイガーエアー
  • 函館: タイガーエアー、(全日空、エバー航空、タイ国際航空、ニュージーランド航空)
  • 札幌: (全日空、タイ国際航空、エバー航空)、(日本航空、チャイナエアライン)、(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)
  • 茨城: タイガーエアー
  • 北九州: スターフライヤー
  • 岡山: タイガーエアー
  • 小松: タイガーエアー、(全日空、エバー航空、タイ国際航空)
  • 仙台: (全日空、エバー航空、タイ国際航空)、ピーチ、タイガーエアー
  • 高松: (日本航空、KLMオランダ航空、チャイナエアライン)
  • 静岡: (日本航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空)
  • 新潟: 遠東航空
  • 福岡:タイガーエアー、バニラエア、(日本航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空)、(全日空、エバー航空、タイ国際航空、ニュージーランド航空)
  • 山形: チャイナエアライン
  • 宮崎: (日本航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空)
  • 花巻: タイガーエアー
  • 旭川: タイガーエアー

台北市内へのアクセス方法、一番速くて便利なのは?

桃園空港から台北市内までのアクセス方法は、電車、バス、タクシーがあります。
以前はバスが一番便利と言われていましたが、桃園空港線MRTが開通してからは電車が一番早く便利な交通機関になりました。

桃園空港から台北市内までのアクセス方法、電車、バス、タクシーについて詳しく解説します。

◆ 電車(桃園空港線MRT)

  • 時間: 台北駅から空港第一ターミナル駅・空港第二ターミナル駅まで、約30分
  • 金額: 160元

台北まで30分!桃園空港に直結の「桃園空港線MRT」
到着するのは、空港第一ターミナル駅か空港第二ターミナル駅で、どちらもターミナルビルと直結しているので移動時間もそれほどかからず迷うことはありません。
早朝は5時台から、深夜は23時台まで運行しています。

「台北駅」で乗り換えがある場合は、他の路線まで距離があるため、乗り換えに10分以上歩くことになりますので、荷物が多かったり夜遅い場合はタクシーに乗るか、一番近いMRT北門駅まで歩いて行って乗り換えたほうが分かりやすいです。

台北→桃園空港なら、桃園空港線MRT「台北駅」は至れりつくせりです。
桃園空港線MRTの台北駅には航空会社のチェックインカウンターがあり、チェックインと荷物の預け入れができます。
現在は、チャイナエアライン・エバー航空・マンダリンエア・ユニーエアのみですが、今後増えることを期待したいです。
税関カウンターもあるので、TAXもここで済ませられます。

桃園空港線MRTのチケットは必要ありません。
トークン、悠遊卡、一卡通で乗れます。
台北駅→新北産業園区駅→第一ターミナル駅→第二ターミナル駅→第三ターミナル駅

◆ バス

  • 時間: 空港第一ターミナル駅・空港第二ターミナル駅から台北駅まで、約60分(国光客運の場合)
    通勤時間は、もっと時間がかかることもあります。
  • 金額: 125元 

桃園空港から台北駅までは、15~20分間隔でバスが走ってます。
バスチケットは、空港の到着ロビーから「巴士乘車處(Bus Station)」を目指して行くと、チケット売り場があります。

台北市内まで行くバスは、こちらの5社です。

・國光客運
・長榮巴士
・大有巴士
・建明客運
・葛瑪蘭客運

台北駅以外で降りたい場合は、紙に行きたい場所(ホテル名など)を書いてチケット売り場の人に見せると最寄りのバス停を教えてくれます。

台北駅までなら、国光客運が一番早く着くので、初めての方は国光客運に乗ると良いでしょう。

◆ タクシー

  • 金額: 約1,200元(交渉すると安くなるかも)

荷物が多い時や、ホテルがバス停や地下鉄駅から遠い場合はタクシーが便利です。
桃園空港の到着ロビーに出たら「計程車」と書かれているのがタクシー乗り場です
この時に気をつけるのは、呼び込みをしている白タクには乗らないことです。

帰国時は、ホテルの前にタクシーが待機している場合もありますし、事前にフロントに頼んで呼んでもらえます。

台湾のタクシードライバーは真面目な人が多く、ボッタクリなどはあまり聞きませんが、タクシーメーターは必ず確認しましょう。
注意点として、台湾のタクシードライバーは結構運転が荒いので、車に酔いやすい方は要注意!

◆ 送迎車

電車やバスに乗るのが不安な方は、オプションツアーの送迎サービスを利用すると良いでしょう。
日本語ができるスタッフが空港⇔ホテルの送迎をしてくれて、ホテルのチェックインも手伝ってくれるので、言葉の壁に悩まされずに済みます。

ホテルのサービス(別料金の場合もあり)で、空港⇔ホテルの送迎をしている事もあります。
ホテル予約の時点で申し込んで、当日はタクシードライバーが到着ロビーで名前を書いたプラカードを持って待っていてくれます。

桃園空港のフードコートには美食グルメ店があります

桃園空港のフードコートには、台湾の有名レストランも出店しています。
旅行中に行けなかったレストランもあったりするので、早めに桃園空港に行って旅の終わりを楽しんでくださいね。

◆ 桃園空港第一ターミナルのおすすめレストラン

LCCを利用する場合は、第一ターミナルになります。
桃園機場第一ターミナルのB1にある「美食廣場」がフードコートになります。
機内食がない場合にご利用ください。

一之軒

台湾市内でチェーン店も多いパン屋さん。
パンだけじゃなく、マカロンやラスクなども美味しくて手頃な価格なので、お土産に購入する人も多いです。

異饗屋

海南鶏飯が食べれるお店で、シンガポールチキンライスが絶品と評判です。
ガッツリ食べたい方にオススメです。

漢堡王!バーガーキング

全国チェーンのバーガーキングですが、台湾にしかないメニューがあるので、バーガーキングのファンなら一度食べてみる価値ありです。

◆ 桃園空港第二ターミナルのおすすめレストラン

桃園国際空港第2ターミナル地下2階のフードコートは現在改装中です。
2018年12月に改装の為に全店閉店していますが、2019年5月にリニューアルオープンの予定です。
今までの人気店を紹介します。

度小月

擔仔麺の有名店で、ガイドブックにも載ってる人気のお店で台北市内に2店舗あります。
「最後に擔仔麺を食べたい」と思ったら、ここで台湾旅行の締めくくりに擔仔麺を食べてみてはどうでしょうか。

鬍鬚張魯肉飯

八角入りルーローハンのお店で台北でも有名店です。
八角は好き嫌いはあるかもしれませんが、好きな人にとっては空港で食べれるのは嬉しいはず。

春水堂

お馴染み、タピオカミルクティー発祥のお店です。
日本にも店舗があるけど、やっぱり台湾で飲むタピオカミルクティーはより美味しく感じるのは何故でしょう。

桃園空港の免税店

桃園空港では、高級ブランド品が台北市内よりも安く購入できます。
その品揃えも豊富で、クレジットカードはもちろん、ドルや日本円でも購入できます。
日本円で購入する時の注意点として、紙幣のみしか使えず、お釣りは台湾元になるので、台湾元を増やしたくないなら1,000円札で払うと良いでしょう。

免税店は、第1ターミナル・第2ターミナルにあります。

EverRich Dutyfree Shop

桃園空港でブランドの化粧品をどこよりも安く買うなら「EverRich Dutyfree Shop」です。 安いだけじゃなく品揃えが豊富で、日本語を話せるスタッフ(ネームに日本のマークが入っている人)も居るので、困った時は相談してみましょう。

采盟免税店(Duty Free Shop)

時計やお酒などの商品を購入したいのなら「采盟免税店(Duty Free Shop)」です。
ここは、流行に関係なく同じ商品が売ってるので、いつ行ってもほしいものが購入できます。

海外の高級ブランド店のブティック

桃園空港には、フェンディ、コーチ、グッチ、ロエベ、ブルガリ、バーバリーなど有名ブランド店のブティックもあります。
台湾の市内で買うよりもかなり安く、更に円高の時は狙い目です。

松山空港(TSA)

松山空港は桃園空港から比べると規模は小さいですが、その分こじんまりとして分かりやすい空港です。
空港を出てすぐの場所に地下鉄MRTやバス乗り場があり、台北市内まで10分ほどで行けるので、桃園空港よりもアクセスが便利です。

羽田空港発の松山空港行きは地方から行く人にはとても便利なフライトです。

日本からは、羽田空港から台北の松山空港まで直行便が就航しており、約4時間のフライトで行けます。

街の真ん中にある台北の松山空港は空港を出てすぐMRT駅やバス停があり、台北の中心部に行くのにもとても便利な空港です。
桃園空港行きのバスも頻繁に走っていて空港間のアクセスも便利です。

台湾空軍松山空軍基地が併設されているため、着陸時に空港の撮影は禁止されているのでご注意ください。

日本から直行便のある航空会社

日本から松山空港まで直行便は、羽田空港から就航しています
就航している航空会社はこちらの4社です。

  • エバー航空
  • 全日空
  • 中華航空
  • 日本航空

台北市内へのアクセス

松山空港から台北市内までのアクセスはとても便利です。
空港を出てすぐMRTの駅があり、そのすぐ側にバス停があり、タクシーも常に待機していて桃園空港のような混雑もありません。

電車(MRT文湖線)

松山空港(松山機場)から電車で行くなら、MRT文湖線で「南京復興」「忠孝復興」「大安」のいずれかで乗り換えて台北中心部まで行けます。

  • 時間: 「松山空港(松山機場)」から「台北駅」まで約10分
  • 金額: 20元

松山空港を出るとすぐMRT「松山機場」駅があるので、迷うことはありません。
早朝から深夜まで頻繁に運行しています。

台北駅まで行くなら、「忠孝復興」で「板南線」に乗り換えて行くのが一番最短コースです。

バス

台北市内のホテルなど各所を回る4つのバス会社のリムジンバスが走っていて、それぞれルートが異なります。
桃園国際空港と松山空港を結ぶ路線バスもあります。

  • 時間: 国際線到着ロビーを出た正面中州の乗り場1もしくは2から乗って、市内台北中心部まで15~30分(降りるバス停によって違います)
  • 金額: 15~30元 

松山空港から乗る場合は、桃園空港のようなチケット売り場も無く、当然ですが案内も停留所も中国語なので、中国語が分からないと間違いやすいです
初めての方は、電車かタクシーの方をお勧めします。

タクシー

  • 時間: 松山空港から台北市内まで(目的地により異なります)、約15分
  • 金額:約100元 

荷物が多かったり、小さな子どもを連れていたり、早朝や深夜の場合は、タクシーを利用するのをお勧めします。
台北は治安は良いとは言え、荷物や子供に気を取られているとスリなどに狙われる可能性も捨てきれません。
タクシーと言っても、台北中心部までは100元前後ですから日本円で400円くらいと思えば安いですよね。

送迎車

電車やバスを利用するのが不安な方、子供連れの方、また早朝・深夜に到着・出発の方は、現地ツアーの送迎をお勧めします。
日本語を話せるスタッフが空港で出迎えてくれて、ホテル⇔空港の送迎をしてくれて、ホテルのチェックインもしてくれるので、言葉の不安などは一切ありません。

レストラン情報

松山空港は、桃園空港ほど広くはないですが、有名なレストランもちゃんと出店していますよ。
可愛いお土産屋さんもあるので、買い忘れた台湾土産はここで買いましょう

麦記正宗港式焼臘

本場の香港式焼臘を忠実に再現した創業30年以上の老舗「新東陽」のレストランです。 本場の味と変わらず、台北松山空港でも食べれるのは嬉しいですね。
第一ターミナル国際線出発ロビーにあります。

大心

タイの天然香料でタイの味を再現したタイヌードル専門レストランです。
その味は、まるでタイの屋台を思い出すB級グルメ!
街なかでは行列のできるお店ですが、松山空港は並ばずに入れるので穴場かも。

老董牛肉細粉麺店

台湾の牛肉麺コンテストで金賞を取ったお店です。
日本人の口にも合うスープで、最後の締めくくりにふさわしい台湾グルメでしょう。

トランジット・深夜の過ごし方

桃園空港と松山空港のトランジット時に利用できる施設や、ラウンジなどを紹介します。

松山空港は、長時間のトランジットはないかと思いますが、桃園空港は長距離路線があるため、タイムテーブルによっては長時間のトランジットもあります。
長時間のトランジットする際に、時間を上手く利用できる方法なども紹介します。

空港内のラウンジを利用してみよう

空港には、無料で利用できるラウンジや、クレジットカードのラウンジ、航空会社のラウンジがあります。
ラウンジによってサービスは違いますが、ドリンクサービスや軽食サービス、シャワーが利用できたりします。

JCBやVISAなどのゴールドカードのラウンジはありません(桃園空港・松山空港)。
あるのは、プライオリティ・パス、または楽天カード(プライオリティ・パス付きのゴールドカード、またはブラックカード)のみです。

◆ 桃園空港のラウンジ

桃園空港には、無料で利用できるソファーやシャワールームなどが充実していて、快適にトランジットが出来ます
また、プライオリティパスのラウンジや航空会社のラウンジは食事も充実していて、ちょっとしたレストランのようになってます。

無料のラウンジ

桃園空港ターミナル1には、2階の入国エリアにトランジットゾーンがあり、ゆっくり休めるソファや長椅子があります。
また、24時間利用できる無料のシャワーが6箇所もあって、長時間のトランジットでも快適に過ごせます。

ターミナル2の3階出国エリアのレストエリアには、リクライニングチェアが10脚ほど仕切らてて設置されています。

条件を満たしていると利用できるラウンジ(第一ターミナル)

  • キャセイパシフィック​航空ラウンジ
    キャセイパシフィックの上級会員、ビジネスクラス以上の人が入れるラウンジです。
  • 中華航空​のラウンジ
    中華航空の上級会員、ビジネスクラス以上の人が入れるラウンジです。
  • PLAZA PREMIUM
    プライオリティパス所持者が入れます

条件を満たしていると利用できるラウンジ(第二ターミナル)

  • The MORE
    プライオリティパスと楽天ブラックカード所持者が利用できるラウンジです。
  • PLAZA PREMIUM
    プライオリティパス所持者が入れます
  • JALラウンジ
    JALの上級会員、ビジネスクラス以上の人が入れるラウンジです。

◆ 松山空港のラウンジ

松山空港のラウンジは航空会社のラウンジのみで、各航空会社の上級会員やビジネスクラス以上と、その同伴者しか利用できません。
そして、残念ながら、松山空港にはプライオリティパスのラウンジはありません。

また、ラウンジにシャワー施設なども無いので、あまり快適なトランジットは期待できません。

トランジット・深夜利用におすすめホテル

台北でトランジットをする場合や、深夜に到着した場合に便利なホテルを紹介します。
空港に近い人気のホテルや、空港近くの格安ホテルなど、ホテル選びの際の参考にしてください。

◆ 桃園空港近辺のトランジットに便利なホテル

桃園空港近くのホテルでは、空港内にあるホテルや、シャトルバスのあるホテルが人気です。
LCCなどで早朝便で発つ方は、空港から20分以内の場所にあるホテルに宿泊するのがオススメです。
ここで紹介するのは、全て20分以内(タクシー含む)で桃園空港まで行けるホテルです。

プラザ プレミアム ラウンジ

桃園空港のターミナル2のエリア内にある一番空港に近い(というか空港の中)ホテルです。ここなら、早朝に出発の便でも、深夜に到着の便にも便利です。ただ、便利過ぎる立地故に値段がちょっと高めです。

  • 料金目安:17,000円~

ノボテル台北桃園国際空港

空港行きのシャトルバスが、朝5時半からあります。
台北の中心部までも「空港ホテル駅」に直結なので、地下鉄で30分ほどでいけます。
桃園空港近辺のホテルでは、日本人に一番人気です。

セントラル ホテル(Central Hotel)

桃園空港近くの格安ホテルです。
値段も安く、部屋はとても清潔で、スタッフのサービスも良く人気のホテルです。
空港からタクシーで25~30分ほどの距離で、近いです。

料金目安:3,000円~

◆ 松山空港近辺のトランジットに便利なホテル

松山空港は街の中にあるので、10分ほど移動すればホテルがたくさんあるので、ホテル選びに困ることは無いでしょう。
その中から、特に便利と思えるホテルをピックアップしてみました。

兄弟大飯店(ブラザーホテル

「松山機場駅」からMRT文湖線で2駅の「南京復興駅」降りて目の前にあるホテルです。
どこに行くにもアクセスも良く、ホテルの近くは繁華街で、レストランやマッサージ店もたくさんあるので、トランジットにはとても便利なホテルです。

タイペイ フラートン ホテル メゾン ノース

2016年に新装開店した5つ星のホテルなので、とても綺麗です。「松山機場駅」から1つ目の「中山国中駅」から徒歩2分という立地で、一番松山空港に近く便利なホテルです。

ホステル ジーズー

「松山機場駅」から4駅目のMRT「南京三民駅」から徒歩4分の場所にあり、台北駅まで地下鉄で6駅という便利な立地ながら格安ホテルです。
空港シャトルバスの提供もしているので、希望の方は申し込むと良いでしょう。

時間がある方は送迎付きの観光ツアーを利用しよう!

トランジットが7時間以上ある方は、現地発の観光ツアーに参加してみてはどうでしょうか?
タビナカでは、台北市内の観光名所を半日でサクッと観光するツアーがあります。
もちろん、桃園空港・松山空港までの送迎もいたします。

タビナカ限定

空港で両替をするには?

日本円から台湾元への両替は、日本ではなく台湾に入国してからしたほうがレートがいいです
桃園空港・松山空港共に、手荷物を受け取って到着ロビーに出る前に台湾銀行と兆豊国際商業銀行があるので、そこで両替すると良いでしょう。
そこが混んでいたら、到着ロビーに出てからでも銀行はあって、レートも同じなので、どちらで両替しても問題ありません。

「24H SERVICE」という看板のある所なら24時間両替が出来るので、早朝や深夜に到着しても両替が出来ないと言うことはありません。

両替の仕方は簡単です。
両替したいだけ日本円を窓口の人に渡せば、両替できる台湾元を書いてくれるので、それで納得できればサインをしてOKです。
中国語も、英語も全く必要ありませんしボッタクリや詐欺などの心配もありません。

台北でWifiを借りられる?Simカードは?

今や、海外旅行にはSimカードやWifiは必需品とも言えますよね。
wifiルーターは、その会社によって条件は異なってますが、台湾に行く場合はその日のうちに到着するので、日本からレンタルして日本で返却する方が便利です

深夜便などで日をまたぐ場合は、台北の空港でレンタルした方が1日分安くレンタル出来ます。
「iVideo」と「FAN wifi」なら、桃園空港、松山空港で受け取り・返却が可能です。

Simカードは、出発前に(日本にいる間に)amazonなどで買っておくと良いでしょう
台北で購入する場合は、wifiルーターを受け取る空港のコンビニで購入できます。

日本からwifiをレンタルして行く場合

◆ 「イモトのwifi」の場合

[3G大容量]台湾 (3G大容量) 680円→420円

[4G大容量]台湾 (4G大容量) 880円

◆ 成田の受け取り場所の営業時間「イモトのwifi」の場合

成田国際空港第1ターミナル4F出発ロビー南ウィング:7:00~21:00
成田国際空港第1ターミナル4F出発ロビー北ウィング:7:30~21:00

◆ 羽田の受け取り場所の営業時間「イモトのwifi」の場合

羽田空港国際線ターミナル3F出発ロビー:4:00~26:00

桃園空港でwifi受け取る場合

桃園空港で受け渡しができるwifiは、「iVideo」と「FAN wifi」です。

[iVideo]台湾 :1日168円(手数料540円~)

[FAN wifi]台湾 :1日480円(手数料0円)

◆ 桃園空港の受け取り場所の営業時間

【iVideo】

・ 第1ターミナル 到着・出発ロビー1F 宅配通カウンター:0:00~24:00
・ 第2ターミナル 到着・出発ロビー1F 宅配通カウンター:00:00〜24:00
・ 第1ターミナル地下1階「ハイライフ(Hi-Life・萊爾富)」:03:00〜00:00
・ 第2ターミナル地下2階「セブンイレブン」:08:00〜00:00
・ 第1ターミナル 到着・出発ロビー1F ①番カウンター:00:00〜24:00
・ 第2ターミナル 到着ロビー1F ②番カウンター:06:00〜24:00

【FAN wifi】

・ 第1ターミナル 到着・出発ロビー1F ②番カウンター:6:00~24:00

松山空港のwifi受け取り

桃園空港で受け渡しができるwifiは、「iVideo」と「グローバル wifi」です。

◆ 松山空港の受け取り場所の営業時間

【iVideo】【グローバルwifi】

・ 「ヤマト運輸」宅急便カウンター:06:00〜22:00

台北のwifi事情

台北は、無料Wifiが街なかの4500ヵ所以上の公共スペースにあるので、スマホやiPadがあれば、道に迷った時はもちろん、レストランを探したりするのにもとっても便利です。

台北で無料wifiを使うには、「Taipei Free」に登録しなければなりません。
台北で登録すると、PINコード認証時に通信料がかかってしまいます。

これは事前に登録可能なので、旅行前に日本から「Taipei Free(台北無料公衆無線LAN)」に登録しておけば、台北に到着後すぐに使えます。

台湾の空港を使いたおして、旅行をもっと楽しもう♪

楽しかった台北旅行も終わり。
でも、帰国したらまたすぐ行きたくなってしまうほど、台湾好きな日本人が多いんです。
安くて美味しい物がたくさんあって、親切な人が多い台湾は、魅力いっぱいですよね。

さぁ、台湾旅行の計画を始めませんか!
まずは空港、あなたは桃園空港?それとも松山空港?
そして、旅の楽しみはなんと言っても食事にマッサージ、台湾旅行を満喫しましょう。

タビナカ限定
タビナカ限定

RECOMMEND 台湾のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事