" />

【ラスベガス発セドナ観光ツアー】参加しなきゃ損する3つの魅力を紹介

観光
6253views

アメリカ旅行で、近年特に話題の観光地「セドナ」。パワースポットのセドナは聖地の呼び名の通り、アクセスがちょっと大変です。しかし、アメリカ西部エリアで人気の街「ラスベガス」から便利なオプショナルツアーが催行しているので、一人旅でも安心して訪れることができるでしょう。

世界遺産の「グランドキャニオン国立公園」や「アンテロープキャニオン」など、有名な観光スポットと周遊できる現地ツアーでは、アメリカ西部の大自然を一挙に堪能することができますよ。

今回は話題の「セドナ」について、現地オプショナルツアーの情報を重点的に解説します。ツアーの魅力や価格比較などまとめましたので、ラスベガス旅行でセドナ観光をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ラスベガスからもセドナ観光ができる!

アメリカ旅行で人気の都市ラスベガスからは、「グランドキャニオン国立公園」や「アンテロープキャニオン」、「ヨセミテ国立公園」など、大自然を感じられる観光スポットへの現地ツアーを催行しています。

誰もが憧れ、圧倒されるアメリカの壮大なスケールの自然観光スポットの中でも、セドナは近年特に人気上昇中の観光地。ラスベガスからの自然観光ではグランドキャニオン国立公園の日帰りツアーが最も一般的ですが、より大地のスピリチュアルなパワーを体感したければ、セドナ観光がおすすめです!

「セドナ」ってどんなところ?

セドナはアメリカ西部のアリゾナ州にある、ラスベガスの南東に位置する砂漠の町です。

赤土の大地が特徴で、切り立った赤い砂岩に囲まれていることから「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれています。また、温暖な気候で、渓谷や松の森などが群生する自然も豊かな美しい町でもあります。2003年のUSA Weekend magazineでは、「全米で最も美しい町」に選ばれました。

自然が美しいセドナでは、ハイキングや乗馬、ジープツアーなどのアクティビティが楽しめる現地ツアーが催行されています。また、町にはグルメなレストランやショッピングスポットなどもあるので、誰もが旅行を楽しめる要素がギュッと詰まった観光地になっています。

セドナが癒しの「パワースポット」と呼ばれている理由とは?

セドナは、ネイティブアメリカンたちの時代から地球のパワーが宿る聖なる地であり、儀式の場として大切にされてきました。

セドナの転機は1980年代。超能力者のペイジ・ブライアントによってセドナの4つのパワースポットが「ボルテックス(意味:渦)」と定義されると、世界中からヒーラー(超能力者)や癒しを求める人たちが集まるようになったのです。

セドナは街全体にエネルギーが充満しているという聖地ですが、中でも「ボルテックス」は特に強いエネルギーが渦巻いているパワースポットだとされています。科学的な根拠はありませんが、この地で実際に何かを感じたり力を得たと言う人が数多くいるのは事実であり、セドナを有名にした証拠でもあります。

不思議な魅力で人々を惹きつけるセドナ。半信半疑の方は、一度その目で確かめてみてはいかがでしょうか。次章では、ラスベガスからセドナへの現地ツアーの魅力についてご紹介しましょう。

セドナの詳しい解説は…「【最強パワースポット】セドナ観光を満喫するポイント徹底解説」をご覧ください!

ラスベガス発セドナ観光ツアーの魅力1:世界遺産を周遊できる

アメリカ西部の都市ラスベガスからセドナ観光に行くなら、現地オプショナルツアーに参加するのがおすすめです!その理由のひとつがお得感でしょう。

セドナだけではなく、近郊の世界遺産を巡る周遊コースに参加すれば、旅行の限りある時間で効率的にアメリカの大自然を満喫することが可能です。「グランドキャニオン国立公園」や「アンテロープキャニオン」など、観光先を迷って選べない方にはぴったりのプランですね!

セドナまでオプショナルツアーに参加する以外には、ラスベガスで個人でレンタカーを手配してロードトリップをする行き方があります。しかし、こちらはレンタカーの手続きや想像以上に過酷な長距離運転(片道約4時間半)をしなければならず、移動で体力を温存できるオプショナルツアーの方が断然おすすめです。

セドナ現地オプショナルツアーで周遊できるアメリカの大自然

グランドキャニオン

アメリカ・アリゾナ州に位置する「グランドキャニオン」は、コロラド川が何千万年もの月日をかけ侵食してできた赤土の大渓谷です。谷の長さは446kmで、なんと東京〜琵琶湖間の距離に匹敵するんです!この渓谷一帯は、1919年に「グランドキャニオン国立公園」に指定され、1979年にはユネスコ世界遺産に登録されました。

朝日や夕日など時間帯によって表情を変え、その荒々しくも美しい大自然に地球の歴史を感じずにはいられません。毎日たくさんの観光客が訪れる人気スポットでぜひ感動体験を!

グランドキャニオンのオプショナルツアーについてより詳しく知りたい方は、「グランドキャニオンはツアーでの観光がおすすめ!その4つの理由とは?」をご覧ください。
アンテロープキャニオン

「アンテロープキャニオン」は、近年SNSでも話題になっている観光スポット。アメリカ西部で「グランドキャニオン国立公園」に並ぶ人気の観光地です。

アンテロープキャニオンは、大地の芸術作品と呼ばれる峡谷で、滑らかな曲線を描く奇岩、大地の歴史を物語る幾重もの地層に差し込む太陽光がなんとも神々しく、その美しさに心を奪われます。観光エリアはアッパー、ロウワー、エックスと3カ所ありますが、洞窟のようなアンテロープキャニオン内部を探検するように観光ができる迫力満点のエリア「ロウワーアンテロープキャニオン」が中でも人気

いずれも先住民ナバホ族のガイドが案内してくれます。

アンテロープキャニオンのオプショナルツアーについてより詳しく知りたい方は、「アンテロープキャニオンは現地ツアーで観光すべき!その4つの理由とは?」をご覧ください。

セドナ現地ツアーのモデルプランを見てみよう!

ラスベガス発、セドナを中心にその周辺を巡るツアーは、上記で紹介した「グランドキャニオン」や「アンテロープキャニオン」のほか、ナバホ族による案内のもと「モニュメントバレー」で朝日を鑑賞したり、コロラド川が馬蹄形に蛇行する絶景「ホースシューベンド」を、断崖から見渡すこともできたりと盛りだくさんのツアー!

さらには、赤い岩山と青く静かな水面が美しい人工貯水湖の「パウエル湖」や、ルート66で有名なフォトジェニックな街「セリグマン」にも立ち寄ります。ポイントを抑えた見どころを、1泊2日で周遊してくれる素晴らしいツアーです。

03:45 指定ホテルを出発(Bellagio or Circus Circus Hotel)

06:45 ルート66の街「キングマン」と「セリグマン」へ

10:30 セドナに到着

12:30 セドナ観光の拠点「アップタウン」にてランチ&フリータイム

16:00 グランドキャニオン「デザートビュー」にてサンセット

18:00 宿泊先のホテルへ到着

06:00 ホテルで朝食

08:30 モニュメントバレーでジープツアー

12:20 アンテロープキャニオンへ(アッパー or ロウワー or エックス)

14:40 ホースシューベンドへ

15:45 パウエル湖を展望台から一望

19:00 ラスベガスの指定ホテルに到着

セドナのお天気情報についてより詳しく知りたい方は、「セドナのベストシーズンは?天気・おすすめの服装紹介」をご覧ください。

ラスベガス発セドナ観光ツアーの魅力2:何と言っても楽!安い!

セドナ観光でバスでの現地ツアーに参加すれば、行き帰りはバスに乗っているだけ。何と言っても楽チンなことがツアーをおすすめする一番の理由です。バスツアーなら明け方の出発でもぐっすり車内で眠ることができます。そして、アメリカの雄大な景色を見ながら友達や恋人・家族と話している間に目的地に到着できるので、体力を温存しながらセドナで思いっきり観光を楽しめるのです!

さて、一方ラスベガスからセドナまで現地オプショナルツアーに参加する以外のアクセス方法は、自力でレンタカーでのドライブか飛行機を使った行き方になります。

▶️レンタカー

ラスベガスからセドナまでは約450km、休みなしで運転した場合に車では片道4時間半の距離になります。アメリカは左ハンドル、右車線。日本とは異なるアメリカの交通ルールに従い慣れない土地を運転するのは思ったより神経を使うので、休憩は必須です。

すると移動時間はさらにかかってしまい、到着時にはヘトヘト…という場合も考えられます。しかし、時間を気にせずのんびり行こう!という時間的余裕のある方には、最高のロードトリップでしょう。

▶️飛行機

ラスベガスから飛行機でセドナに向かう場合、マッカラン国際空港から近郊の町「フェニックス」の「フェニックススカイハーバー国際空港」を利用します。距離は飛行機で1時間15分程度。フェニックスからセドナまでは、レンタカーで2時間弱の道のりです。

ラスベガス滞在ホテルからマッカラン国際空港までの時間(タクシーで約15分、10ドル程度)や搭乗手続き諸々の時間を考えると、レンタカーでの運転時間は減りますが、トータルで陸路を使った方が実質早く着くことができます。

個人手配とオプショナルツアー比較<お得なのはどっち?>

セドナ観光は現地オプショナルツアーが楽な行き方だとわかったところで、旅行にかかるお金にどれくらい差があるかコスパが気になりますよね?

それでは、実際にタビナカが提供しているセドナ周遊ツアーの同じ行程と、自力でレンタカーを手配した場合ではどれくらいの費用がかかるのか、1名で参加した場合の相場を比較してみましょう。

内容は前述したオプショナルツアーの通り、ラスベガス発で「セドナ」、「グランドキャニオン」、「アンテロープキャニオン」、「ホースシューベンド」など、有名な観光スポットを訪れるコースです。金額だけではなく、ガイドの有無など様々な点を比べてみてください。コスパが良くて最適な行き方ができるのがベストです。

《セドナ+周辺観光コスト概算》

個人レンタカーロードトリップ オプショナルツアー
レンタカー料金 約120〜200ドル(12,480〜20,800円)/ 2日間(※保険料込みで比較サイトを利用した場合)
宿泊費用 約100ドル(10,400円)/ 1泊(一般的なランクのホテル)
ガソリン代 100ドル前後(走行中に補給する分と返却時分)
入園料 ・グランドキャニオン 35ドル(3,640円※車1台につき)
・アンテロープキャニオン(アッパーの場合) 80ドル(8,320円※税金とナバホ居留区への入場許可証含む)
・ホースシューベンド 無料
・モニュメントバレー 20ドル(2,080円※車1台につき)
・セドナ 無料
・パウエル湖 無料
駐車場 ・ホースシューベンド 10ドル(1,040円)
・セドナ 5ドル(520円)/ Daily Red Rock Pass(駐車場1日パス)
・セドナ(Red Rock Crossing) 10ドル(1,040円)
・パウエル湖 10ドル(1,040円)
食事代 10ドル〜(1,040円〜)/ 1食あたり 朝食1回・昼食2回分込
ガイド料 アンテロープキャニオンは込(チップは別途必要) 込(チップは別途必要)
合計 約520〜600ドル(約54,080〜62,400円 ※2020年12月現在 / 1ドル104円換算) 76,670円(+システム手数料10%)

このように、必要最低限の費用で計算すると、個人で向かう場合1人550ドル程度のコストになるので、現地ツアーと比較して圧倒的に安いわけではありません。2名以上で参加するとなると、個人、ツアー共に価格が下がり、特に個人の場合、入場料もアンテロープキャニオン以外は車1台の価格、ホテルも1室の価格であるため差はでてきます。

ただし、忘れてはならないことが、交通ルールの違いや長時間の運転の疲労・事故の心配など、リスクが大きいこと。このスケジュールは、現地に詳しく運転にも慣れたツアー会社だからこそクリアできるスケジュールです。正直なところ、個人ですとツアーのようにポイントを抑えて見て回ったとしても、最低でもプラス1日は必要です。

以上を踏まえると、アンテロープキャニオン以外のガイドなども含まれ、リスクを考えなくてよい現地オプショナルツアーのほうが、断然「お得」で「楽」なのは明快!そう考えると、現地ツアーの代金は格安だと言えるでしょう!

注目ポイント

国際免許証を持っていない方は、日本で事前に発行手続きの必要があります。料金は東京都で2,350円(地域によって異なる)、場所によっては発行まで2週間程度の時間が必要です。(免許センター・試験場で申請する場合は即日発行が可能です。)

とはいえ、個人でレンタカーを手配してのロードトリップはやはり魅力的です。国際免許を持っている方が3名以上いて、運転を交代しながらスポットを巡ることができれば体力的にも問題ないですし、先述したとおり価格の面でも、入園料やホテルは車1台や部屋1室の値段であるため、グランドサークルを数日かけて巡ることのできる時間がある方には本当におすすめ!

道順のスケジュールを組んだり、ホテルやレンタカーの手配まで、個人で旅行をアレンジすることが好きな方にとっても最高のプランとなるでしょう。ただし、個人でのロードトリップは、事故以外の安全面なども含めて、男性女性問わず1人旅の方にはあまりおすすめできません。少なくとも2名以上で、1つ1つのスポットにゆっくり滞在しながら楽しんできてくださいね。

ラスベガス発セドナ観光ツアーの魅力3:ガイド付きなので安心・解説付き

現地オプショナルツアーがおすすめの理由3つ目は、何と言っても日本語ガイドがつくところ!

アメリカはもちろん英語圏なので、英語でのコミュニケーションが必要になってきます。日常会話程度の英語ができたとしても、各観光スポットでの歴史背景などは、現地ではなかなか理解し難いところ。しかし日本語ガイドによる解説があれば、大自然の景観がどのように形成されたか、アメリカの歴史を交えたその土地についての話など豆知識に理解が深まります。

ガイドブックやネットでは見つけられない生の情報を、現地を知り尽くしたガイドから聞くことができる!これが何よりオプショナルツアーのとても大きな魅力です。日本語しか話せないけど大丈夫だろうか…と心配する必要はありません!

日本語ガイドの案内で<効率の良い観光>が可能に!

セドナをはじめ、ラスベガスから行くアメリカの広大な自然観光スポットはその規模が桁外れです。日本のスケールでは想像できない大きさの自然公園になるので、見どころがありすぎることが問題…。

しかし、個人ではどこに行ったら良いのかわからないような心配も、ガイドの案内であれば必要なし!プロが絶景スポットをベストな時間に見せてくれるのです。個人旅行では出会えない風景に感動することができるでしょう。

また、セドナの「ボルテックス」や、パワースポットがなぜこれほどまでに人々の注目を集めるのか、ポイントを押さえて効率よく案内してくれるため満足度の高い旅行になるでしょう。余計な心配をせず、プロのガイドに任せて観光だけに集中できる、というのが現地ツアー参加をおすすめする大きなポイントです!

セドナはオプショナルツアーでいいとこ取りの観光をお楽しみください!

ラスベガスからアクセス可能なパワースポット「セドナ」ですが、その道のりは直行直帰だと思ったより遠く、移動の思い出の方が色濃く残るかもしれません。世界遺産の「グランドキャニオン」や、「アンテロープキャニオン」と周遊してゆっくりじっくり効率よく現地ツアーで巡ってみてはいかかでしょうか?

セドナは訪れる人々を不思議と癒し、大地のエネルギーを授けてくれるスピリチュアルなパワーを秘めています。アメリカ旅行がさらに素敵なものになるよう、この記事を参考にしていただければ嬉しいです。現地オプショナルツアーでぎゅっと濃い旅を体験することができますよ!

タビナカ限定
WRITER May
学生時代にはオーストラリア・マレーシア・アメリカに在住、その後アメリカの航空会社に就職。通訳に転職し、アジア・ヨーロッパで活躍。海外在住と外資系企業での豊富な経験から、生の海外情報をお伝えします♪ 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND ラスベガスのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事