" />

「可愛い」がぎっしりつまってる♪ドイツ・ロマンチック街道の魅力

観光
3559views

ロマンチック街道(Romantische Straße)とは、ドイツのヴュルツブルクからフュッセンまでの366キロの街道ルートのこと。いくつもある街道ルートの中でも、趣のある中世都市ローテンブルクやノイシュバンシュタイン城などの美しいお城を有することから絶大な人気を誇るルートです。今回は絶対に行きたくなるその魅力をたっぷりご紹介します!

romantic_01

①ヴュルツブルク

romantic_02

ロマンティック街道の最北端の古都、ヴュルツブルク。マイン河畔のヴュルツブルクには、世界遺産のレジデンツ宮殿があり、「ヨーロッパで最も重要なバロック宮殿」と呼ばれるにふさわしい美しさで人々を魅了しています。

romantic_20

【名称】レジデンツ宮殿

【独名】Würzburger Residenz

【アクセス】フランクフルト中央駅からヴュルツブルク中央駅(Würzburg Hauptbahnhof)まで電車で約1時間。徒歩約20分。

②ローテンブルク

romantic_03

ローテンブルクは、中世の街並みや面影が残る可愛らしい街。タウバー川を見下ろす丘の上にあり、城壁に囲まれたその街は「中世の宝石箱」とも称えられます。その街並みの可愛らしさに大人気の観光スポットとなっています。

romantic_04

ただでさえ可愛い街ですが、さらにきらめきを放つのがクリスマスシーズン。11月末から開催されるクリスマスマーケットには大勢の人々が押し寄せます。中世スタイルのクリスマスは国内からも人気で、街には一年中クリスマスの雰囲気が味わえるクリスマスミュージアムもあるんだとか。可愛いものが大好きな女子旅にはぴったりの街です。

romantic_03

③ディンケルスピュール

romantic_05

第二次世界大戦の被害を免れたディンケルスピュールは、今なお中世の面影を色濃く残す街として人気があります。旧市街の建物はそのほとんどが15世紀頃からそのままの形でのこされており、中でも切妻屋根の木組みが美しいドイチェハウスは中世にタイムスリップしたかのような感覚にさせてくれます。

romantic_06

その可愛らしい街で7月に開催される「子ども祭り(Die Kinderzeche)」は、ドイツの民族衣装を来た町中の子ども達がパレードしたり、踊ったりととにかく可愛さ満載のお祭り!訪れるタイミングを合わせてみても素敵ですね♩

④ネルトリンゲン

romantic_07

出典<http://media-cache-ak0.pinimg.com/736x/f8/d1/40/f8d140cab0a43e11ffd71e1ef67b97a9.jpg>

中世の面影を色濃く残す街、ネルトリンゲン。その特徴は何と言っても円形に城壁で囲まれた街であるということ。そもそも隕石が落ちて出来た穴につくられた街といわれており、1327年に造られた歴史ある城壁がぐるりと街を取り囲んでいるのです。街の建物のほとんどは朱色の屋根に統一されていて、上空からの眺めもなかなか印象的です。

romantic_08

実はこの街、アニメ「進撃の巨人」のモデルになった街としても近年注目をあびているのをご存知ですか?アニメに出てくる世界が広がる!と日本人観光客が急増しているようです。アニメ好きの方にもおすすめ◎

⑤アウクスブルク

romantic_09

起源は紀元前15世紀にまでさかのぼる、ドイツで最も古い街のひとつ。歴史ある街には、ルネサンス建築で豪華な黄金の広間のある市庁舎や、モーツァルトの生家、ノスタルジックな雰囲気が魅力のアウクスブルガー・プッペンキステ(人形劇団の博物館)、世界最初の社会福祉住宅フッゲライ(博物館)などがあり、見どころはたっぷりです。

romantic_10

中世には商業が栄え自由都市となり、今でも職人の多い街として知られます。ルネッサンス期の二大豪商フッガー家とヴェルザー家、ディーゼルモーター開発者のルドルフ・ディーゼルらのゆかりの地でもあり、その長い歴史を伺えます。

romantic_21

【名称】アウクスブルク市庁舎

【独名】 Rathaus 

【アクセス】アウクスブルク中央駅(Augsburg Hauptbahnhof)から徒歩 15分。

 

⑥ヴィース巡礼教会

romantic_11

アルプスの山々を背景に緑の牧草地に佇むヴィース巡礼教会。その素朴な外観に反して内装は壮麗なロココ様式となっており、ドイツ・ロココ様式の最高傑作との評価もあるほど。世界遺産にも登録されています。

romantic_12

世界各地から年間100万人もの巡礼者が訪れ、その天井や祭壇の華麗な美しさに驚嘆し、心を奪われています。

【名称】ヴィースの巡礼教会

【独名】Wieskirche

【アクセス】ミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)からOberau駅下車。路線バスでヴィース教会(Wieskirche)まで約40分。

⑦ノイシュバンシュタイン城

romantic_13

ドイツで最も美しい城と讃えられるノイシュバンシュタイン城はロマンチック街道でもナンバーワンの人気スポット。19世紀に建てられたメルヘンチックな白亜の城は、その美しさからディズニーのシンデレラ城のモデルになったとも言われています。

romantic_14

当時バイエルン王国の国王だったルートヴィッヒ二世が17年もの歳月を費やして建てたそのお城は、自然豊かな山の頂に建ち、四季折々の美しい姿に思わずため息がこぼれます。ルートヴィッヒ二世の美的センスが随所に散りばめられ、贅沢で美しいお城として他を寄せ付けない圧倒的存在感を醸し出しています。

romantic_22

【名称】ノイシュバンシュタイン城

【独名】Schloss Neuschwanstein

【アクセス】フュッセンからホーエンシュヴァンガウまでバス利用約10分。麓からお城のエントランスまでは馬車で約15分。

 

⑧ホーエンシュバンガウ城

romantic_15

ホーエンシュバンガウ城は、ノイシュバンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世の父、マクシミリアン2世が建てた城です。ルートヴィヒ2世が幼少期を過ごし、ワーグナーと接見した城としても知られます。

romantic_16

ノイシュバンシュタイン城ほどの豪華さはないものの、緑がいっぱいの山の上に立つ、温かみのある淡い黄色の外壁が印象的です。夜はライトアップされ、昼間とはまた違った雰囲気を楽しめるとしても人気です。

romantic_23

【名称】ホーエンシュバンガウ城

【独名】Schloß Hohenschwangau

【アクセス】フュッセン(Fussen)駅から5km、バス利用でチケットセンターへ。チケットセンターから徒歩20分。

⑨フュッセン

romantic_17

ロマンティック街道の最南端、アルペン街道と交わる街です。アルプス山麓の森と湖に囲まれた美しい街で、世界的に知られるリュート、バイオリンの製造地としても知られます。

romantic_18

ドイツアルプスの標高800mほどのところにあるドイツで最も高地にあり、古くから保養地としても馴染みがあるんだとか。ロマンチック街道を振り返りながら癒しの空気に触れてみてはいかがですか?

romantic_19

北から南まで、街道沿いはどのスポットも中世の面影を残す、歴史と趣のある街ばかり。可愛らしい街や古城をめぐり、まるでおとぎ話の絵本をめくっているかのような旅を体験したいなら、ロマンチック街道はぴったり。決して好アクセスとは言えないスポットもありますが、訪れる人が絶えないその魅力を味わいに行ってみてはいかがでしょうか♩

WRITER 葉田 萌
1990年生まれ。高知県出身。高校・大学時代に2度のイギリス留学を経験する。留学中は相棒のぬいぐるみとイギリス国内、ヨーロッパ各地を小さなリュックサック一つで旅行。帰国後は大学在学中に結婚、出産し、オーストラリア育ちの夫と共に長女のバイリンガル育児に奮闘中!

RECOMMEND ドイツのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事