" />

バンコクの屋台へ行こう!人気の屋台街3選&おすすめ屋台・グルメを紹介!

グルメ
57442views

バンコクに行ったら、ぜひ屋台街でタイ料理を召し上がれ!大人気の屋台街と有名屋台、それから絶対に食べたいタイ料理をご紹介します。

夜の屋台(ナイトマーケット)は夜景が美しく、朝はおいしい朝ごはんが食べられるとあって、朝も夜も屋台は大人気。ぜひ本場のB級グルメを堪能してください。

タビナカ限定

バンコクのグルメとは?

タイの首都・バンコクでは、さまざまな国の人の好みや食習慣に対応した、バラエティー豊かなグルメを楽しめます!

レストランの種類も豊富で、一流の味を提供する高級店から安くて美味しい料理を堪能できる屋台まで、ありとあらゆる選択肢が揃っています。

タイのグルメについては、別記事「バンコクのおすすめグルメ&レストランを厳選!絶品タイ料理を本場で満喫!」で、詳しくご紹介します!

バンコクで屋台が人気の理由

バンコクといえば、屋台グルメ!バンコクの屋台グルメは「安い」「おいしい」「手軽」の三拍子が揃っており、学生から会社員、主婦まで、多くのタイ人が日常的に屋台を利用します。

高級グルメも良いけれど、せっかくのバンコク観光、地元タイっ子が愛するローカル屋台フードを楽しむのもおすすめです!

レストランよりも遥かに安く、美味しいタイ料理が食べられるのも、屋台ならではの魅力。ちょっと珍しいタイグルメも、屋台であれば気軽にトライできますよ。

バンコクで人気の屋台街3選

近年、バンコクの屋台街には撤去命令が発令されており、タイの風物詩ともいえる昔ながらの屋台街が次々と姿を消しています。

そのような状況でも根強い人気を誇り、客足の絶えないバンコクの屋台エリアを3つ厳選しご紹介します。

バンコクで人気の屋台1:ルンピニ公園北側・サラシン通り

バンコク市内の緑地公園として知られるルンピニ公園。バンコク市民の憩いの場として、ランニングやサイクリングをはじめ、屋台で朝ごはんを買う多くのタイ人で賑わいます。

西側で営業していたチムチュム屋台群はすでに撤去されてしまいましたが、北側・サラシン通りの屋台エリアは今も健在です。東西に伸びるサラシン通りの東側には野菜や果物、衣類などの屋台が多く、西側には飲食店が集まっています。

タイでは通勤や通学途中に朝ごはんを買う人も多く、早朝からお粥やクイッティアオの屋台がずらりと並びます。屋台といえば、夜のイメージが強い日本とは対照的ですね。朝のお散歩途中や観光前のエネルギーチャージに、屋台の朝ごはんを試してみるのもおすすめです。

ルンピニ公園は、夜景が綺麗なスポットとしても知られています。ただし、夜の一人歩きは危険なので、複数人で訪れると良いでしょう。

アクセス方法

スカイトレインBTSのシーロム駅から徒歩訳5分。地下鉄MRTのルンピニ駅から徒歩約10分。

バンコクの人気屋台2:タニヤ通りの屋台街

バンコクのオフィス街が立ち並ぶシーロム通りと、スリウォン通りを結ぶタニヤ通り。日本人のビジネスマンや観光客が多く、日本人向けのレストランやクラブが立ち並ぶこのエリアにも、老舗の屋台街があります。

朝から夕方にかけて、タニヤ通りの中央部には多くの屋台が集まり、バンコク市民や近隣で働く人たちで賑わいます。

特にタイのお粥「ジューク」やタイのラーメン「バミー」など、昔からタイ人に親しまれてきた大衆料理のお店がたくさん!タイのローカルグルメを楽しみたい方にもおすすめです。

夜になると雰囲気は一変し、シーロム・エリアはバンコク有数の繁華街・歓楽街に。なかには違法な客引きなどもいるので、夜はシーロムエリアを1人で歩くのは避けたほうが無難です。

アクセス方法

BTSサラデーン駅から徒歩ですぐ。駅から直結のタニヤプラザを抜け、一階へ降りるとタニヤ通りが目の前にあります。

バンコクの人気屋台3:バンコク中華街「ヤワラート」の屋台街

タイ最大にして、世界最古の中華街の1つとされるヤワラ―ト。ヤワラート周辺にもバンコク有数の屋台街が存在します。特に中華街の中心となるヤワラ―ト通りには、朝から晩まで屋台が並び、連日多くの人で賑わいます。

数ある屋台店のなかでもT&Kシーフードは大人気。混み合う時間帯には空席を待つ客が歩道にも並びます。

他にもスイーツやドリンク、中華風デザートの屋台があります。バンコク観光の合間のエネルギー補給にも最適です。

アクセス方法

地下鉄MRTフアランポーン駅から徒歩で10分弱。

ヤワラートについては、別記事「バンコクの中華街「ヤワラート」を徹底解剖!見所・グルメ・お土産情報を総まとめ」で、詳しくご紹介します!

バンコクのおすすめ屋台グルメ5選

バンコクの屋台には非常に多くの種類のグルメが並ぶため、迷ってしまう方も多いのでは?バンコクの屋台を訪れたらぜひ試したい、一押しの絶品タイグルメをご紹介します。

バンコクのおすすめ屋台グルメ1:カオマンガイ

カオマンガイは、鶏ガラスープで炊いたご飯に鶏肉を乗せただけのシンプルな料理ですが、お店ごとに鶏肉の茹で方やタレの味が異なります。お店によっては鶏のダシが効いたスープが付く場合もあり、とにかく鶏三昧!

バンコク市内だけでもかなりの数の専門店があり、どこで食べるか迷ってしまうかもしれません。時間とお腹のスペースに余裕があれば、何軒か食べ比べて、自分の好みに合ったお店を見つけましょう!

カオマンガイについては、別記事「バンコクの絶品カオマンガイ8選!絶対おすすめの人気店を厳選」で、詳しくご紹介します!

バンコクのおすすめ屋台グルメ2:トムヤンクン

日本でも人気を集めるトムヤンクンは「世界三大スープ」の1つ!エビやハーブ、スパイスをふんだんに使用したスープはとにかく絶品。辛み・酸味・甘味が複雑に絡み合ったスープの虜になること間違いなし!

実はトムヤンクンの種類は2つあり、透明なスープのナムサイとココナツミルクや牛乳でやや濁ったスープのナムコンに分かれます。

もともとは、ナムサイのほうがメジャーでしたが、近年ナムコンが人気を博しており、バンコクの屋台街でも提供するお店が増えてきています。

こってりした味わい深いスープが特徴なので、お腹が空いた時やガッツリ食べたいときにおすすめです!

トムヤムクンについては、別記事「バンコクの絶品トムヤムクン8選!激ウマのおすすめ店だけをご紹介」で、詳しくご紹介します!

バンコクのおすすめ屋台グルメ3:パッタイ

パッタイとは、簡単に説明すると「タイ風焼きそば」ですが、コシのある太めの米麺を使っている点が日本の焼きそばとは大きく異なるポイントです。干しエビ、卵、もやし、ニラ、ナッツなど、とにかく具材が盛りだくさん!

唐辛子など強い香辛料も使われていないので、辛い料理が苦手な人でも大丈夫!観光客からの人気も高く、バンコク市内では屋台を中心にいたるところで食べられる、定番タイグルメです。

バンコクのおすすめ屋台グルメ4:お粥

タイのお粥は「カオトム」と「ジョーク」の2種類。カオトムはカオ(ご飯)をトム(煮込み)したもので、日本の雑炊に似た料理です。シーフードや肉類を加えて味付けをしており、日本のお粥よりは少しこってりしているのが特徴です。

一方、ジョークは砕いたお米をとろとろになるまで煮込んであり、具は肉団子や細切りのショウガが乗っているのが一般的。この上に生卵を加えて食べる場合もあります。消化が良く、辛いもの続きで疲れた胃にも優しい一品です。

どちらのお粥も、テーブルに常備されている調味料を加えて、自分好みに味付けて食べるのがローカル流!別売りの”パートンコ―”という中華風揚げパンと一緒に食べるのもおすすめです!

タイ人はお粥を朝食として食べることが多く、早朝から営業しています。無くなり次第終了になる屋台がほとんどなので、絶対に食べたい場合は朝早めの時間帯に行くことをおすすめします。

バンコクのおすすめ屋台グルメ5:クイッティアオ(米麺)

クイッティアオは、タイで最もポピュラーな汁麺のひとつ。タイでは小麦粉や緑豆からできた麺を使うこともありますが、このクイッティアオは米からできた麺を使用します。

日本のラーメンと同様にバリエーション豊富で、スープの味やトッピングの具材が店舗によって大きく変わります。

「麺の種類」→「スープの種類」→「具の種類」の順番で注文するのが一般的ですが、スープを入れないという選択肢も!サイズも普通または大盛りから選べるので、たくさん食べたい方は大盛りがおすすめです。

メニューが無い屋台で注文をするのは、少々難易度高めに感じることもありますよね。特にこだわりが無い方であれば、お店の方にお任せでお願いするのもおすすめですよ。

バンコクの人気屋台3選

バンコクで特に人気が高い屋台とおすすめの屋台メニューを紹介します。

バンコクの人気屋台1:ヘンヘンカオマンガイ

バンコク随一のおしゃれエリア・プロンポン地区にある、創業13年の人気屋台「ヘンヘンカオマンガイ」がおすすめ。ショッピングモール「エンポリアム」横の歩道の一角の路上にテーブルを出し、親子3代で営業しています。

屋台は開店直後から人だかりができ、ピーク時には歩道まで長蛇の列が続くほどの人気ぶり!弾力のある鶏肉と辛すぎないタレ(チム)がおいしいと、タイ人にも大人気!

大盛りでも1つ40THBと良心的な価格も魅力です。

電話番号

(+66) 89-888-0282

営業時間

17:00-21:00(無くなり次第終了)

住所

Sukhumvit Rd, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110

アクセス

BTSプロンポン駅を出てすぐ

予算

カオマンガイ:35THB~

バンコクの人気屋台2:ラーン・クンジム

バックパッカ―の聖地・カオサン通りの北、バンランブーというエリアにある屋台「ラーン・クンジム」。一見何の変哲もなく、どこにでもありそうな屋台ですが、お昼の12時近くになると長蛇の列ができる超人気店!

店頭には新鮮な魚介や野菜などの食材が並び、管理がしっかり行き届いていることがうかがえます。

新鮮な海老をふんだんに使ったスープは、ハーブやライム、唐辛子などの香辛料のおかげで酸味や辛みもしっかり感じられ、濃厚でありながらスッキリとした味わいです。

他にも、あさりの辛み炒め「ホイラーイパップリック」や海老のニンニク炒め「クントートガティアム」も人気です。

電話番号

(+66) 89-883-7676

営業時間

9:30-19:30くらい ※月曜定休

住所

Soi Kraisi, Chakrabongse Rd., Bangkok

アクセス

最寄りのMRTファランポーン駅からタクシーがおすすめ

予算

トムヤムクン/150THB、ホイラーイパップリック/100THB、クントートガティアム/150THB

カオサン通りについては、別記事「カオサン通りはバンコクNO.1のディープなスポット!バックパッカーの聖地を楽しむコツ」で、詳しくご紹介します!

バンコクの人気屋台3:ムーパラー

「ムーピン」とはタイ風のブタの炭火串焼きで、独特のやや甘い風味のタレ味が付いています。食べ歩きできる手軽さに加え、1本10THB前後という安さもあり、屋台の定番メニューとなっています。

「ムーパラー」は、カオサン地区の近くで約10年営業を続けている、人気のムーピン屋台。ピーク時は50人以上の行列ができ、2~3時間待つのも当たり前。

深夜3時までという営業時間もですが、待ち時間の長さも驚きです。並ぶ価値は十分にあるので、小腹が空いて時間に余裕のあるときには、ぜひ足を運んでみてくださいね。

電話番号

(+66) 89-225-5811/9010

営業時間

20:00~03:00

住所

77 Ratchadamnoen Avenue, Khwaeng Wat Bowon Niwet, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200

アクセス

最寄りのMRTファランポーン駅からタクシー利用が便利

バンコクの美味しい屋台の見分け方

「バンコクは屋台が多すぎて、何をどこで食べたらいいのか迷ってしまう」という人のために、バンコクで屋台を選ぶ際に役立つ5つのヒントを紹介します。

1. 政府認定の印は美味しいのサイン!

バンコクの屋台では、店舗の前に赤地に白文字の看板が出ていれば、政府によって料理の質も衛生面も保証されているという証拠です。

衛生面などでハズレを引くのは怖いという方は、まずは政府認定の屋台からチャレンジしましょう。

2. 行列ができる店は並んででも食べる価値あり

並ぶことが苦手と言われるタイ人が行列を作っていれば、間違いなくおいしいお店と判断できます

タイ人お墨付きのローカルフードは、多少並んででも食べる価値があり!時間が許す限り、ぜひトライしてみましょう。

3. 食材や料理がたくさん並ぶ店

タイのバンコクの屋台で食材や料理がたくさん並んでいる場合は、客数が多く回転が早い人気店ということ!

人気の屋台では食材が売れ残る可能性が低く、常に新鮮な食材を使って料理を提供しているため、安心して利用できます。

4. 清潔感のある店

バンコクの屋台では、ショーケースの陳列状態やテーブル・椅子、調味料セットなどの清潔さも、屋台選びの重要な基準になります。

細かい部分ではありますが、客への配慮が行き届いた店かどうかを判断する材料の1つとして、注目しておくと良いでしょう。

5. おいしいお店は地元タイっ子に聞こう!

バンコクの屋台情報は、タクシーの運転手やホテルの従業員など、バンコクを知り尽くした地元のタイ人におすすめを聞くのが一番!

運が良ければ、地元の人しか知らない隠れた名店情報をゲットできることも。基本的にタイ人一押しのお店にハズレはないので、ぜひ思い切って聞いてみましょう。

バンコクの屋台を楽しむ上での注意点

バンコクの屋台は、リーズナブルな価格で美味しい料理を楽しめると人気ですが、屋台ならではの注意点もあります。

バンコクの屋台を利用する際に気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

1. 水道水に要注意!

タイの水道水は、ほぼ100%飲めません。それを知っていて飲み水にはミネラルウォーターを買うようにしている人も多いでしょう。しかし、それだけでは不十分な場合もあるので注意が必要です。

例えば、未開封の水やジュースを買ったとしても、グラスに入っている氷が水道水で作られていたため、おなかを壊すというケースもよくあります。

また、水道水が使えない店では、食事の後の食器も十分に洗えていない場合があり、野菜や魚介などの下処理にも差が出ます。

バンコクで屋台を訪れる際には、水道水を使っている屋台を選び、飲み物は氷なしで頼むと安全です。

2. 非加熱の料理は控えるが吉!

バンコクの屋台では、火が通った料理を選ぶことが基本中の基本です。ただ、加熱されている料理でも、絶対に安心というわけではありません。

バンコクの気候の特性を考えると、屋台のシーフードは控えておいたほうが無難です。

バンコクの天気については、別記事「バンコク旅行の前にチェック!タイの天気・おすすめの服装とは」で、詳しくご紹介します!

3. 営業日・時間は事前チェックがマスト

バンコクでは、月曜日が屋台の定休日となっています。しかし、実際には不定期営業の屋台も多いほか、同じ屋台でも営業時間が日によって変わる可能性があります。

最近は規制によって撤去に追い込まれる屋台街も出て来ているので、訪問前に必ずお目当ての屋台が現在営業しているかを確認しましょう。

バンコクで屋台グルメが不安な方におすすめのスポット

バンコクの屋台での食事に不安を感じる方には、ショッピングモール内にある「フードコート」がおすすめ!

雰囲気こそ違いますが、屋台と同様に安くて美味しいタイ料理が楽しめます。フードコートはショッピングのついでに気軽に立ち寄れるのも、嬉しいポイントです。

ショッピングモールについては、別記事「タイ好き女子が厳選!バンコクの買い物エリア&ショッピングモール11選」で、詳しくご紹介します!

本場の屋台グルメでバンコクを満喫!

バンコクを訪れたらぜひ足を運びたい、おすすめの屋台街と屋台、屋台グルメを紹介しました。バンコクで屋台を楽しむ際の注意点は、事前にしっかりチェックしておきましょう。

バンコクの屋台は、地元タイっ子の食生活を支える大切な役割を担っています。せっかくのバンコク観光、タイ人に混ざって本場のタイグルメを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?

タビナカ限定

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事