" />

上海から香港に行くには?移動手段&注意点をご紹介!

観光
67views

上海と香港と言えば中国を代表する観光スポットの宝庫ですが、この二つの都市はどのくらい離れているのかご存知でしょうか? 上海と香港はおよそ1220km離れており、飛行機は2時間半、寝台列車では19時間を要します。

今回は上海と香港の移動方法を詳しくまとめたので、ぜひ参考にして、楽しい中国の旅を満喫してください。

上海から香港は意外と近い?

中国は多くの観光地やグルメのスポットが点在した魅力的な国ですが、その中でも上海と香港は特に人気の高い観光都市でもあります。大陸側の上海と香港間は約1220km離れた位置関係にあり、決して近いとはいえる距離ではありません。

ちなみに上海から日本の大阪までの距離が約1400kmなので、如何に中国が広大な面積を有した国であるかが実感できるかと思います。以前では飛行機での移動が最もポピュラーな交通手段でしたが、現在では中国高速鉄道の存在により長距離間の移動の選択肢も増え便利になりました。

それでは上海から香港の様々な移動方法について詳しく見ていきましょう。

上海から香港へ【飛行機】を使って行く方法

上海~香港間の路線は多くの航空会社が直行便を就航しています。まずは早くて便利な航空機の情報からご紹介します。

飛行機のおすすめポイント

上海から香港に移動する場合には、航空機を利用するのが最も速くて快適でしょう。 香港では1国2制度の原則を基に海外という扱いになり、上海から香港に行く際は国際線のターミナルから搭乗することになります。

上海から香港間の移動では、パスポートは必須なのでお忘れのないように注意して下さいね。

就航している航空会社

続いては上海と香港の直行便を就航している航空会社をご紹介します。

  • キャセイパシフィック航空
英名 Cathay Pacific Airlines
本社地 香港
設立年 1946年
会社情報 香港に拠点を置く航空会社としては最大規模の航空会社。安全性の評価も高く日本語対応なので日本人にも優しい航空会社とも言えるでしょう。
HP http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
  • キャセイドラゴン航空
英名 Cathay Dragon Airlines
本社地 香港
設立年 1985年
会社情報 キャセイドラゴン航空は香港に拠点を置くキャセイパシフィック航空の子会社であり、香港と世界の44都市を結ぶ路線を就航しています。
HP http://www.dragonair.com/ka/ja_JP.html
  • 香港航空
英名 Hong Kong Airlines
本社地 香港
設立年 2006年
会社情報 香港航空は2006年に設立したまだ歴史の浅い航空会社ですが、定時運航率が優秀なことでも知られる評価の高い航空会社です。
HP http://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage/
  • 中国東方航空
英名 China Eastern Airlines
本社地 上海
設立年 1988年
会社情報

中国東方航空は上海航空と中国貨運航空を傘下に持つ大手の航空会社で、上海を拠点として世界の165都市との路線を結んでいます。

HP http://www.chinaeastern-air.co.jp/
  • 上海航空
英名 Shanghai Airlines
本社地 上海
設立年 1985年
会社情報 2010年に中国東方航空の子会社となり、上海を拠点とした国内便を中心に運航しています。
HP http://www.chinaeastern-air.co.jp/
  • 吉祥航空
英名 Juneyao Airlines
本社地 上海
設立年 2005年
会社情報 吉祥航空は大手企業の均瑶集団が設立した航空会社で、世界の80都市と路線を結び低価格を武器に今後も期待できそうな航空会社です。
HP http://www.juneyaoair.com/jp/home.html
  • 春秋航空
英名 Spring Airlines
本社地 上海
設立年 2004年
会社情報 中国初となる格安航空会社として上海春秋国際旅行社によって設立。アジアの主要都市との路線を中心に営業拡大を続ける航空会社です。
HP http://www.ch.com/en

所要時間&料金

上海は、上海浦東(プードン)国際空港と上海虹橋(ホンチャオ)国際空港の2つの国際空港を擁しています。其々の空港の情報と香港までの所要時間と料金をご紹介します。

上海浦東国際空港

1999年に開港した上海浦東国際空港は、2つのターミナルを持つハブ空港。 空港にはリニアモーターカーの上海トランスラピッドと上海地下鉄2号線の2つの路線が乗り入れています。

  • 上海トランスラピッド

終点の龍陽路駅まで30kmの距離を約8分で到着しますが、上海の中心部に行くには乗り換えが必要になるのがネック。 料金は龍陽路駅まで往復で50元(約800円)

  • 上海地下鉄2号線

上海の中心部まで乗り換えなしで行くなら、こちらに乗ったほうが無難です。 市内の中心部の駅まで片道7元(約112円)で1時間程で到着します。

  • 所要時間

上海浦東国際空港発 = 香港国際空港着 約2時間5分〜3時間25分

  • 料金

約16,170円〜

上海虹橋国際空港

上海市内の中心部からも近くアクセスには良好な立地。上海虹橋国際空港は国内便を中心とした空港で香港に行く場合には便利な空港です。

  • 地下鉄10号線

上海虹橋国際空港から市内の中心部にある人民広場駅に行くには第一ターミナルに乗り入れている地下鉄10号線を利用すると便利でしょう。 途中の駅には、豫園や新天地など人気の観光スポットにも停車します。人民広場駅までは約30分~40分程で料金は4~5元(約70円~80円)です。

  • 所要時間

上海虹橋国際空港ー香港国際空港発 約2時間40分~3時間05分

  • 料金

約20,960円〜

上海から香港へ【高速鉄道】を使って行く方法

続いては現在でも路線の拡張を続けている中国高速鉄道について見ていきましょう。

高速鉄道のおすすめポイント

中国の大都市間を結ぶ高速鉄道は2007年から運行が始まり、大幅な時間短縮と快適な環境で移動できる交通手段として人気です。現在でも着々と路線が拡大しており、益々便利になることは間違いないでしょう。

2018年の9月23日からは上海ー香港(香港西九龍)間を結ぶ運行サービスが開始され、約8時間で移動が可能になりました。高速鉄道の車内ではWi-Fiのサービスも提供しているのも嬉しいポイントです♪

所要時間&料金

それでは上海から香港間の高速鉄道の情報をご紹介します。

駅名 上海虹橋駅ー香港西九龍駅
所要時間 約8時間20分
料金 二等席 16,414円 一等席 26,811円 ビジネス席 51,090円
時刻表HP https://jp.trip.com/trains/ScheduleResult/Index

高速鉄道は、ほぼ定時通りに到着するためおすすめの交通手段です。

上海から香港へ【寝台列車】を使って行く方法

上海と香港をゆったりと電車に揺られながら、移動したいなら中国大陸を駆け抜ける寝台列車がおすすめです。

寝台列車のおすすめポイント

広大な大陸を駆け抜ける寝台列車は、刻々と移り変わる街並みや自然の車窓の風景を眺めながら快適にゆったりと目的地まで移動可能。 高速鉄道に比べ料金も安いことが大きなメリットであり寝台列車の旅は良い思い出になることでしょう。

寝台列車の客室の紹介

寝台列車は様々なタイプの客室が用意されていますが、上海から香港のような長時間の旅では、客室の選択はとても重要です。 席の種類は大きく分けて硬座、軟座、硬臥、軟臥、高包の5つあり距離や人数などによってどのタイプを選ぶのか変わってくるでしょう。

硬座

通路を挟み3列と3列の計6列シートの座席の配置で、スペースが狭い上に清潔感という点でもやや問題があるため長時間の移動には不向きでしょう。

軟座

通路を挟み2列と2列の計4列シートの座席の配置で、硬座に比べ座席のスペースは広く快適性は上ですが、こちらも長時間の移動ではあまりおすすめ出来ません。

硬臥

三段式のベッドが2つ設置された客室タイプで、下段のベッドから料金は高くなっていきます。 快適性を求めるなら下段のベッドが一番でしょう。上段のベッドはプライバシーの面では良いかもしれませんが長時間の移動では窮屈で空調を直に当たるため冷え性の方は避けたほうが無難。
共同の和式タイプのトイレ(トイレットペーパーなし)と洗面台も設置されており、軟臥に比べ料金もリーズナブルで若者やバックパッカーに人気の客室です。

軟臥

二段式のベッドが2つ設置され、硬臥よりもスペースも広く取られている快適性の高い客室タイプ。料金は硬臥の倍ですが、液晶テレビや部屋によってはソファーもあるので寛ぎながら列車の旅を過ごせるでしょう。共同トイレは洋式と和式の2つのタイプが用意され洗面台も利用可能です。

高包

完全個室の高包は、二段式のベッドが1つ配置され窓側に置かれたソファーとテーブルでお茶を飲みながら優雅な列車の旅を過ごせます。 専用のトイレも付いておりトイレットペーパーも用意されているので、他のコンパートメントに比べて格段に快適な環境といえるでしょう。

所要時間&料金

上海から香港への所要時間は約19時間となります。

料金

高包・790元(約12800円) 軟臥・624元(約10100円) 硬臥・383元(約6200円)

https://www.arachina.com/train/china-trains/search/

上海から香港へ【列車】を利用して行く場合の切符の購入方法

中国での鉄道のチケット購入では、身分証明書の提示が求められるなど日本と違う点もあるため、初めての方は戸惑うかもしれません。 鉄道の乗車チケットの購入方法を詳しく見ていきましょう。

駅での切符の購入方法

中国の列車で乗車券を購入する場合には、パスポートが必要。 2012年から本格的に始まった実名制度に基づいて、乗車チケットを購入する場合には必ずパスポートを提示が求められます。

鉄道会社が乗客の名前と身分のデータを登録して管理する制度で、1つの身分証明書により同じ列車では1枚のチケットしか購入できないため注意が必要です。

自動販売機での切符の購入方法

日本の鉄道では、切符を購入する場合に自動販売機を利用しますが、中国のID番号を持った人でないと利用は不可。 外国人は、駅構内の窓口か駅の外にある代理售票処で購入することになります。上海虹橋駅のチケット窓口の場所は、地下一階と出発コンコースにあり5:30~21:45まで利用可能。

チケットを購入する時は現金かキャッシュカードが利用可能で、キャッシュカードで支払う場合には乗車する列車番号を選択して、金額とカードのパスワードを入力して支払います。現金の場合は紙幣を入れるだけで購入完了で簡単です。

自動販売機での乗車チケットの購入手順

①希望する乗車時刻を選択

②出発する駅を選択

③目的地の駅を選択

④チケットの枚数を入力して身分証明書をスキャナーにかざす

⑤現金をいれて購入しチケットを受け取り完了

代理售票処での切符の購入方法

代理售票処とは、駅構内の窓口以外の列車のチケットを販売している売り場のことを指しホテルや街の至る所にあります。

代理售票処のメリットとしては、駅にまで行かなくても手軽にチケットを購入できる点。 デメリットはチケット一枚につき5元の手数料が発生し、営業時間も8:00-17:00くらいまでなので夜間の購入が出来ない点です。

更に代理售票処では基本的に中国語しか通じないため、利用する場合にはあらかじめ列車番号・乗車日・乗車時間・座席の種類などを中国語で紙に書きとめておき、代理售票処のスタッフに紙を手渡せばスムーズに購入できます。

事前予約で切符を購入する方法

2016年からインターネット及び電話からのチケット購入は、乗車日の30日前から、駅や代理售票処でチケットを購入する場合では乗車日の28日前から予約できるように変更され、これにより混みあう時期でも比較的簡単にチケットの購入が取りやすくなりました。

大半の中国人は中国人はインターネットを利用してチケットを予約しており、春節や国慶節などの時期には特に便利。インターネット予約は毎日7:00~23:00まで利用可能です。

ただし、インターネット予約の利用には中国の銀行口座を所持していることが条件なので、ご注意ください。 事前予約を利用するには事前にアカウントの作成が必要となり、氏名や身分証明書の番号を記入します。

ネット予約の手順

①希望の列車を選択し氏名や身分証明書の情報を入力して予約を行いましょう

②予約をしてその後、30分以内に入金がない場合には自動的に予約は取り消されます。

③支払い方法は、中国のキャッシュカードおよびクレジットカードで行います。

④予約完了後に、チケットの詳細な情報をうけとるのでよく確認しときましょう。

⑤あとは駅構内の窓口及び代理售票処などでチケットを受領しますが、パスポートが必須なためお忘れなく。

乗車券のキャンセルと変更

予約後のキャンセルはネットからでも可能で、キャンセル費用は予約した列車からの時間により大きく変わってきます。 乗車チケットのキャンセル費用

2日以上前の場合・乗車チケットの5%

1日~2日以内の場合・乗車チケットの10%

1日以内の場合・乗車チケットの20%

2時間以内の場合・乗車チケットの100% ※その他に手数料もかかるのでご注意ください。

7月上旬から9月上旬までの期間内では予約のキャンセルはネットからはできないため変更とキャンセルが生じた場合には、駅構内の窓口で手続きが必要になる場合もあります。

上海から香港に行く際の注意点

パスポートは必須!

香港は1国2制度により海外という扱いになり、上海~香港間の往復の場合には必ずパスポートの提示が求められます。更に列車内でもパスポートの提示を求められるためいつでも見せることができるようにしておきましょう。

時間には余裕を持って

窓口で乗車券を購入する場合、乗りたい時刻の30分前に駅に到着したとしてもほぼ乗車は不可能です。できることなら1時間30分前から~2時間前までに駅で待機できるように余裕をもって行動しましょう。

セキュリティチェックがある!

中国の鉄道では、乗車の前にセキュリティチェックが行われます。検査場には、X線検査機と金属探知機を設置され乗客はX線検査機に自分の荷物を置いた後に金属探知機を通り抜けて検査は完了です。旅行カバンの中身のチェックなどはなく、空港の様な厳重なセキュリティチェックとは異なります。

事前予約しておくのがGood

中国では鉄道を利用して移動する場合には事前予約をしておきチケットを購入すると時間の節約になり乗りたい列車に確実の乗車できるメリットがあります。 当日の乗車券を購入する場合は最低でも希望する列車の発車時刻の1時間前には窓口に行きましょう。

覇座にはご注意を!

いま中国の鉄道で深刻な問題でもある覇座とは、他人の座席に無断で座り込み間違いを指摘しても全く聞き入れないマナーの悪い乗客の行為を指しています。 仮に自分の座席が覇座された場合には、速やかに列車の乗務員を呼び対応してもらいましょう。日本ではあり得ないことですがくれぐれもご注意ください。

上海から香港に行く交通手段は主に3つ!

人気の都市の上海と香港を一度の旅行で楽しみたい方には、移動のための交通手段はとても重要ですよね。決められた日程の中で観光を思う存分満喫したいなら、飛行機で行くのがおすすめ。しかし鉄道の旅の良さは、天候条件に左右されることなく飛行機より運賃も安いこと。

車窓の景色をのんびりと眺めながら移動できる鉄道の旅で、楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND 上海のおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事