" />

格安なセブ島留学が大人気!フィリピンでおすすめの学校&エージェントとは?

現地情報
548views

フィリピンで人気の観光地「セブ島」は、お休みの日に訪れるリゾート地だけではありません!近年はセブ島に語学留学で訪れる日本人が急増中なのを知っていましたか?

今回は「費用を抑えて手軽に語学留学に行きたい!」「セブ島留学に行きたいけど、学校やエージェントはどこを選べばいいの?」という疑問を解決!

ここでは、フィリピン・セブ島留学が人気を集める理由から授業料や滞在費を含む留学費用おすすめの学校エージェントについてお届けします。

今人気急上昇中!フィリピンのセブ島留学が人気の理由

語学を備えてスキルアップをしたいという方におすすめな海外での語学留学。留学でおなじみのアメリカやオーストラリアだけでなく、近年はフィリピンのセブ島へ語学留学に行く方が増えてきています。

東南アジアに語学留学?と疑問を持たれるかもしれませんが、実はセブ島留学にはさまざまな魅力が隠されているんです!

ここでは、なぜ語学留学にフィリピンのセブ島が選ばれるのか?人気を集める理由を3つご紹介します。

セブ島留学が人気の理由①セブ島には英語が学べる環境がある!

語学留学でフィリピンのセブ島が人気を集める理由は、フィリピンで英語を学べる環境があるからです。

フィリピンはセブ島を含む7,000以上の島国で形成された珍しい国。タガログ語を含む110以上の言語がある国です。

長年に渡ってバラバラな言語が使用されてきたフィリピンですが、アメリカ統治時代を経て英語での語学教育が推進されるようになりました。

現在では、フィリピンやセブ島の学校のほとんどで英語の授業が行われています。現地のホテルや施設で働くスタッフの多くが英語を話せる理由は、フィリピンやセブ島の歴史や授業が関係しているのです。

セブ島留学が人気の理由②セブ島は留学費用が安い!

語学留学にフィリピン・セブ島が選ばれる理由の1つに、留学費用の安さがあります!海外の語学留学は費用面が心配で踏みとどまっているという方も多いはず。

しかし、フィリピンのセブ島で語学留学でかかる費用は、食事・宿泊・授業料を含めて1ヶ月約20~30万円と格安!観光地として人気を集める一方でフィリピンは発展途上国で物価が低く留学費用を最低限に抑えることが可能です。

さらにフィリピンやセブ島には日本人向けの語学留学用の施設も用意されていますし、マンツーマンでの語学費用も他国に比べて格安で行えるのも魅力的です!

セブ島留学が人気の理由③リゾート地で楽しみながら勉強できる!

根気よく語学の勉強を続けるには、勉強で溜まったフラストレーションを発散することも大切です。

近年は語学留学で訪れる方が多いフィリピン・セブ島ですが、日本人観光客に大人気のリゾート地であることもお忘れなく!

フィリピン・セブ島には透明度の高い綺麗な海自然あふれる観光スポットアクティビティがたくさんあり、語学勉強の疲れを手軽にリフレッシュできます。

また語学留学に行きたい!と思わせるような魅力的な土地だからこそ、フィリピン・セブ島の語学留学が人気を集めているのです。

フィリピン・セブ島の格安短期留学でかかる費用とは?

英語の授業が推進されており魅力的な観光スポットも多い、フィリピンのセブ島で行う語学留学。1ヶ月約20~30万円の格安費用で語学留学が出来るのも人気を集める理由です。

ここでは、フィリピンのセブ島に格安で行ける短期留学でかかる費用についてご紹介!語学留学ではどのような費用がかかるのか、また留学費用の相場はどれくらいなのかをお教えします。

セブ島の格安留学費用①授業料

フィリピン・セブ島に格安短期留学をする際に一番大切なのが授業料の費用。実際には授業のコマ数語学コースによって費用の差があるので、一概にこれくらいの授業料とは言えません。

セブ島で短期留学を行う時には、語学学校の入学金+授業料が費用としてかかります。また短期で英語習得をしたい方向けには、朝から夜まで1日中で行うマンツーマンレッスンコースもありますよ。

フィリピンセブ島で行う短期留学は、授業料のみというシンプルなものから宿泊費や食事を含めたセット費用がかかる学校やエージェントがあります。

語学留学の本分は語学取得ですから、授業料は留学費用の中でもあまり削りたくはないですよね。留学前には現在の英語のレベル授業内容かかる費用を総合して、自分に合った授業を選ぶのをおすすめします。

セブ島の格安留学費用②宿泊費

フィリピン・セブ島の格安短期留学では授業料だけでなく、留学期間中の宿泊費用がかかります。留学中の主な宿泊場所は、ホテル・学校の寮・ドミトリー(格安施設)の3つ!

ホテルはゆったりとリゾート気分が味わえる寮は学校に併設しているためアクセスが楽チンドミトリーは宿泊費用が格安とさまざまな利点があります。

また、宿泊費用は1部屋あたりの使用人数施設の設備(共有スペースか個人用かなど)によって変動しますので、滞在のしやすさを取るか宿泊費用を取るかが費用を抑える鍵になります。

セブ島の格安留学費用③食費

フィリピン・セブ島の格安留学費用には、授業料や宿泊費用の他に食事を行うための費用もかかります。セブ島の語学学校では食事付きの授業料を設けている場所が多く、施設探しや食費をかける必要はありません。

また学校の中にはオプションで食事の有無を選べるところもありますので、現地の食事が合わない方や味が不安…という方は、自分の好きな場所で食事を行うことも可能です。

ただし、セブ島はフィリピンの人気リゾート地のため、観光客向けに割高な価格を提供しているレストランやカフェが多いので注意。格安留学を考えているのであれば、食事付きプランがおすすめです。

セブ島の格安留学費用④通学費用

フィリピン・セブ島の語学留学でホテルやドミトリーを利用する場合、授業がある日には別に通学費用がかかるのかが心配ですよね。

しかし、セブ島の語学留学では学校専用のスクールバスを無料で利用できます。セブ島に留学する際は特殊な場合を除いて、通学費用がかかるという心配はほぼありません。

セブ島の格安留学費用⑤観光ビザ

フィリピン・セブ島で格安留学を行う際、必要なのが「入国許可証(ビザ)」の存在です。フィリピンでは30日間の滞在までは観光ビザの申請は不要です。

フィリピンやセブ島へ語学留学をする方は、特別就学許可証も別途必要となります。この他の手続きは後程詳しくご紹介しますが、観光ビザの手配などは一般的に学校側が代理で行います

セブ島の格安留学費用⑥保険

日本から飛行機で5~6時間とアクセスのしやすさも人気を集める、フィリピン・セブ島で行う語学留学。観光よりも長期間滞在をするため、海外旅行保険には必ず加入しておくことをおすすめします。

海外旅行保険にはクレジットカードの海外旅行保険制度を利用するか保険会社の海外旅行保険プランに加入するかの2種類の方法があります。

クレジットカード会社の海外旅行保険は保険料が安いのがメリットですが、保障期間が短い&保証金額が少額なのがデメリットです。

対して保険会社の海外旅行保険は補償内容が細かく設定できるのがメリットですが、保険料が高くなりがちなのがデメリットです。

もちろん留学期間が長ければ長いほど保険料も高額になります。海外では高額な医療費を請求されるケースがあるため、自身の留学期間や治安の良しあしを判断して自分に適した保険を契約してください。

セブ島の格安留学費用⑦航空券

フィリピン・セブ島へ短期格安留学をしたいなら、航空券の相場を把握しておくのも必要ですね。世界中から多くの旅行客が訪れるセブ島は、長期休暇や年末年始の時期に航空券の価格が高騰します。

航空会社によっても異なりますが、1年を通した航空券の相場は5~7万円程度。価格が安くなるオフシーズンの留学や格安航空会社の利用でさらに費用を抑えることもできます。

セブ島の格安留学費用⑧エージェント費用

フィリピン・セブ島に語学留学に行く前には、あらかじめ日本で入学手続きを行います

日本人が運営する語学学校では直接学校側と入学の手続きを行いますが、中には留学者の希望する勉強方法などに合わせてセブ島現地の語学学校を手配するエージェントという存在がいます。

エージェントを利用して語学留学を行うという方は、別途エージェントの手配費用が留学費用にプラスされるのでご注意下さいね。

フィリピン・セブ島の留学期間の目安は?

格安な費用で留学できると人気のフィリピン・セブ島。日本からセブ島へ留学をする方は果たしてどれくらいの期間の留学生活を送っているのでしょうか?

ここでは一般的な留学期間をはじめ、セブ島での留学期間に関する情報をお教えします。

セブ島の留学期間は1~2ヶ月が一般的!

南の島を彷彿とさせる、海に囲まれたフィリピンの離島セブ島。世界第3位の英語圏であるフィリピンでは、日本人留学生の姿も見かけるようになりました。

フィリピンのセブ島留学では、平均的に1ヶ月~2ヶ月の留学期間を設けている方が多数!中には最短で1週間という留学期間の方もいれば、半年間留学しているという方もいます。

日本人留学生の年代や職種もさまざまですし、語学学校のコースも多様ですので、期間についての決まりは特にありません。

セブ島の環境を知ることも大事!

フィリピン・セブ島に留学をする際に大事なのが、自身と島の環境が適応するか否かです。

日本は衛生環境が徹底しているため、日常生活で環境被害を受けることはないですよね。しかし、フィリピンやセブ島の衛生面は決して良いとは言えません。

初めてセブ島へ語学留学を考えている方は、現地の暮らしが自分に合うかどうかを見定めるのも留学期間を決める1つの手です。

学校では留学期間の延長も受け付けていますので、体調面で不安のある方は短い留学期間を申し込んでから後に延長という形で留学を続けてみてください。

フィリピン・セブ島留学におすすめの語学学校!

自然に囲まれた環境や格安な留学費用で、毎年多くの方が留学に訪れるフィリピン・セブ島。セブ島内にはいくつもの語学学校が運営されていますが、初心者でも安心に通える語学学校についてお教えします!

フィリピン・セブ島のおすすめ語学学校①QQEnglish

日本人がオーナーを務める、2012年に開校したフィリピン・セブ島の語学学校です。セブシティにあるITパーク校とセブ島の周辺にあるマクタン島にあるシーサイド校の2校があります。

ITパーク校の宿泊場所は周辺のホテル・寮・ドミトリーから選択可能、シーサイド校は施設内に併設されている宿泊施設で滞在できます。食事は学校内で提供されますが、食費は別料金です。

教師全員が正規雇用の正社員で、英語を教える国際資格を保持しているのも特徴的。日本人留学生だけでなく、世界10ヶ国以上から多くの外国人が集まり授業を受けていますよ。

QQEnglish ITパーク校

施設名 QQEnglish
住所 8th Floor Skyrise4, Cebu IT Park, Apas Cebu City, Philippines 6000
電話番号 050-5539-2531
開校時間 AM7:00~PM6:00
休校日 土曜日・日曜日・祝日
サイトURL https://qqenglish.jp/

フィリピン・セブ島のおすすめ語学学校②IDEAアカデミア

日本人がオーナーを務める、2015年開校のフィリピン・セブ島の語学学校です。セブシティのITパーク内にある16階建てビルの最上階に学校があり、開放的なオープンスペースで授業を受けられます。

宿泊場所は寮・ホテル・ドミトリーから選択可能。食事は学校内で提供されますが、食費は別料金です。語学力に合わせた複数のコースが魅力的で、自分に合った勉強法を選択できます。

TOEICなどの資格取得を目指すコースに加えヨガやダンスを受けられる授業があり、楽しみながら語学留学を行い方にもおすすめです。

IDEAアカデミア

施設名 IDEA ACADEMIA
住所 16F GAGFA IT TOWER, Panagdait, Mabolo, Cebu City, CEBU 6000
電話番号 不明
開校時間 AM8:00~PM6:00
休校日 土曜日・日曜日・祝日
サイトURL http://www.idea-academia.com/

フィリピン・セブ島の留学手続きにおすすめのエージェントは?

フィリピンのセブ島で留学する際、学校と直接入学手続きを取るのは難しいと考えている方には、エージェントの手配をおすすめします。

希望に合った語学学校の紹介滞在期間や宿泊先の手配必要な書類の手続きなどを代行してくれるのがセブ島留学のエージェントです。ここではセブ島留学で役立つ、おすすめのエージェントをご紹介します。

セブ島留学のおすすめエージェント①留学JP

東京・名古屋・大阪に支社を構える留学エージェント会社です。手続き代行や相談料が無料ですので格安費用で留学したい方におすすめです。

フィリピンのセブ島にも支社があり、ビザの申請サポートにも対応。現地で困ったときにも気軽に相談ができます。

セブ島留学のおすすめエージェント②留学情報館

東京や大阪に支社を構える留学エージェント会社です。留学手続きの代行費用は無料ですが、航空券の手配や学校内のサービスの変更にはノータッチ

過去にも海外留学やセブ島留学を行っているという方向けで、初心者には手続きが難しく感じる部分もあるのでご注意ください。

セブ島留学のおすすめエージェント③フィリピン留学ドットコム

東京・大阪・福岡に支社を構える留学エージェント会社です。留学手続きの代行費用や送金手数料が無料で行えます。

フィリピンのセブ島に2つの支社を構え、日本人常駐で365日24時間のバックアップ体制を設けています。航空券や海外旅行保険がセットのプランもあり、初心者でも安心して利用しやすいところが特徴です。

フィリピン・セブ島の留学は社会人にもおすすめ?

格安費用で行けてマンツーマンの環境で英語を勉強できる、フィリピンのセブ島留学。格安留学といえば学生が利用する印象を与えますが、実際には社会人でも多くの方がセブ島へ留学しています。

約5~6時間の移動時間の短さに加え、日本と1時間しか変わらない時差の短さなどが短期間留学の多い社会人留学生に人気を集めています。

会社内でのキャリアアップを目指し、短期間でもきっちり学べるセブ島留学に訪れる方が多数。格安費用で抑えられたので、その後オーストラリアやアメリカでワーキングホリデーを行う方もいます。

英語力に自信がないという社会人の方は、まずフィリピンのセブ島留学で英語の基礎や話すことに自信を身に着けてみるのもおすすめです。

フィリピン・セブ島留学で持っていきたい持ち物まとめ

魅力あふれるフィリピン・セブ島の語学留学。エージェントや学校側との交渉が進み、後は現地に行くのみ!という時に今一度、持ち物を確認してみてください。

日本と現地では異なる環境のため、留学では予期せぬトラブルが発生することも少なくありません。しっかりと事前準備を行って、万全な体制でフィリピン・セブ島留学に出かけましょう。

セブ島留学の持ち物①常備薬

セブ島留学だけでなく海外旅行の必需品としても知られるのが「薬」です。普段は健康体で薬いらずという方でも、長い移動時間現地の気温環境が体に合わず、体調を崩してしまう恐れも十分にあります。

セブ島留学の前には風邪薬・痛み止め(頭痛薬)・酔い止め・胃腸薬などの常備薬を多めに準備しておいてください。

ちなみに現地のフィリピンでも薬を購入することは可能です。しかし、日本の薬事法と異なるため強い副作用を引き起こす危険性がありますので、万が一のためにも薬の用意が必要です。

セブ島留学の持ち物②日焼け止め

四季のある日本とは異なり、フィリピンのセブ島の1年の平均気温は27~30℃!日照時間は日本と変わりませんが、赤道に近いので日本の約4倍もの紫外線が強く降り注いでいます。

夏場はすぐに肌が赤くなってしまう肌がヒリヒリしてしまうという方は、日焼け止めの携帯がおすすめです。海外の日焼け止めは含有物質により肌に合わないこともあるので、できるだけ日本で事前購入してください。

また、フィリピンやセブ島の一部のビーチでは、環境保全目的で日焼け止めの使用が禁止されていることもありますのでご注意を!

セブ島留学の持ち物③羽織りものの衣類

上記でもご説明した通り、フィリピンのセブ島は1年中温暖な気候の地域です。日焼け止めは何度も塗りなおす必要がありますので、念のために長袖の羽織りなどを用意して日焼け対策をしてください。

また、気候によっては現地の最低気温が25℃以下になります。夜間は肌寒さを感じないように羽織れる衣類が1~2枚あると便利ですよ。

セブ島留学の持ち物④海外旅行保険の誓約書

フィリピン・セブ島留学では旅行時よりも長い滞在期間になるため、急な体調の変化やトラブルに遭うことも予想されます。海外の医療機関を受診した際は、保険の誓約書があると支払いの手続きで役立ちます

また誓約書だけでなく保険会社の電話番号などの連絡先もしっかりと控えておいてください。いざという時に保険会社が間に入ってくれるので、トラブルが大きくなる事態を防いでくれます。

セブ島留学の持ち物⑤化粧品

フィリピン・セブ島への留学に行く際、女性は特に化粧品を持参しておくと安心です。フィリピン現地の化粧品は肌に強い成分が含まれている可能性が高く、日本人では肌が荒れる恐れがあります。

女性だけでなく男性も日焼け後のケアに化粧水などのスキンケア用品を持っていくと安心です。特に肌が敏感な方はスキンケアにご注意ください。

フィリピン・セブ島留学で必要な手続きとは?

英語をしっかり勉強できる環境と人気の観光地が満喫できて人気を集める、フィリピン・セブ島への留学。留学前には入国や滞在に関するさまざまな手続きが必要になります。

先ほど留学費用についてまとめた記事にも一部紹介しましたが、ここで留学時に必要な手続きについて詳しくご紹介します。

セブ島留学で必要な手続き①観光ビザの発行

フィリピン・セブ島留学で1カ月以上滞在する場合、観光ビザの延長手続きが必要です。基本的にフィリピンは滞在30日間までは観光ビザの手続きなしでも滞在可能なので、短期間の観光客は対象外。

ちなみにプラス1ヶ月間は無料でビザ延長が出来ますが、その後は延長期間によって異なる手続き費用が発生します。

観光ビザの手続き条件!

①往復航空券の所持

②滞在終了日プラス6ヶ月間以上の有効期限があるパスポートの所持

③証明写真(5cm四方)

以上の条件をクリアするためにも、滞在前によく確認しておきましょう。

セブ島留学で必要な手続き②SSPの取得

フィリピン・セブ島の留学時に必ず必要になるのがSSP(特別就学許可証)発行の手続きです。SSPは留学の滞在期間に関係なく必ず取得しないといけません。

セブ島留学では必須のため、留学先の学校側が手続きを代行してくれることがほとんどです。ちなみにSSPの有効期限は半年間、費用は日本円で1万円ほどかかります。

セブ島留学で必要な手続き③ACR-Iカード

フィリピン・セブ島留学で60日間以上滞在する場合にACR-Iカード(外国人登録証)の発行手続きが必要です。海外での身分証明書の代わりになるもので、有効期限は半年間、費用は日本円で5,000円ほどかかります。

カードは出国時に空港で返却義務がありますので、紛失しないようにしっかり保管しましょう。

セブ島留学で必要な手続き④ECC

フィリピン・セブ島留学で半年以上滞在する場合にECC(移民通関証明書)の発行手続きが必要です。こちらは出国時に必要なビザで、出国時に有効期限内のACR-Iカードがあれば手続きは不要です。

もしもACR-Iカードの有効期限が切れていてECCを発行していない場合は、出国拒否となってしまいます。ECCの有効期限は1ヶ月費用は日本円で2,000円ほどかかります。

留学を終えて帰国する日を逆算して、出国の2週間前には準備しておくと安心ですね。発行には手続き費用・パスポート・証明写真(5cm四方)3枚が必要です。

フィリピン・セブ島の留学情報まとめ

フィリピンの人気観光地セブ島への留学について、費用や主な留学方法、各種手続きなどの情報をまとめてお伝えしました。

人気観光地として有名な一方、現地では英語が頻繁に使用されているフィリピンのセブ島。格安な費用で英語を学べるため、日本や各国から英語を習得しようと留学生が集まります。

今回紹介したおすすめの語学学校やエージェントを参考にしながら、ぜひフィリピンのセブ島で楽しい留学生活を送ってみてくださいね!

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回私が紹介したいのは定番の海なんかじゃありません。旅行好きの男性の皆さん!セブ島の夜遊び事情は気になりませんか!?セブ島の夜は、ちょっぴり大人な世界が広がっているんです…

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事