" />

フィリピン・セブ島で美味しいご飯を食べよう!人気の料理を紹介!

観光
755views

美しいビーチが広がる南国リゾートとして人気のフィリピン・セブ島。毎年、日本からもたくさんの観光客が訪れます。この記事ではセブ島のご飯事情について紹介。セブ島旅行に行ったらぜひとも食べたい、おすすめのフィリピン料理も紹介しています。

フィリピン・セブ島のご飯っておいしいの?特徴は?

海外旅行をするときは、そこでのご飯がおいしいか気になる人も多いと思います。

フィリピン・セブ島は世界中から観光客が訪れるリゾート地ということで、美味しいご飯を食べられるレストランがたくさんあります。地元フィリピンの料理を提供するレストランはもちろんのこと、世界各国の料理を提供するレストランがあるので、数日間滞在しても飽きることはありません。

セブ島で提供される料理の特徴は、南国風で味が濃いめのものが多いということです。また南国の料理というとスパイスの効いた辛い料理をイメージしてしまいますが、フィリピンの人は甘い味が大好きなので、甘めの味付けの料理も多くなっています。子供づれでセブ島旅行をするときも、ご飯は安心ですね。

どんな場所で食べるかや誰と一緒に食べるかも、おいしいご飯の重要な要素。セブ島には南国リゾートの雰囲気が溢れるオープンエアーのおしゃれなレストランがたくさんありますし、家族や恋人と一緒に素敵な時間を過ごせること間違いなしです。

フィリピン料理を堪能!セブ島の美味しいおすすめご飯9選!

せっかくセブ島を訪れたなら、地元フィリピンの料理を堪能したいですよね。フィリピン料理には、日本人の口に合う美味しいご飯がいっぱい。セブ島で是非とも味わって欲しいおすすめの料理を紹介していきます。

インパクト大な定番料理「レチョン」

フィリピン料理を代表するのがレチョン。地元の人たちにフィリピンのおすすめ料理を聞いても必ず名前があがるほどで、セブ島で食べられるレチョンはフィリピンNo.1との呼び声も高いです。

レチョンとは丸焼きを意味する言葉ですが、通常レチョンといえば豚の丸焼きを指します。豚を丸ごと炭火で焼いた豪快な料理で、強烈な見た目はとてもインパクトがあります。

脂の乗ったジューシーなお肉とカリカリの食感が楽しめる皮とのコラボレーションが抜群の料理。美味しい店のレチョンは脂身にしつこさがなく、どんどん食べてしまいます。

味がしっかり付けられたレチョンもあるので、食べ比べるのもおすすめ。また、鳥を丸焼きにしたレチョン・マノックという料理もあり、こちらも美味しいですよ。

日本人に大人気「シシグ」

シシグは日本人にも人気の高いフィリピン料理。味の濃い料理が食べたい時におすすめの料理です。

豚の耳や内臓、頭などの肉とタマネギなどをみじん切りにして炒め、唐辛子などで味付けした一品。南国風の濃い味付けでご飯が進みますし、ビールのおつまみにもぴったりです。

レストランなどでは、お皿にご飯と一緒に盛り付けられて上に卵が乗って出てくることが多いです。卵は目玉焼きになっているものもありますが、半熟ならぐちゃぐちゃと混ぜ合わすのがおすすめです。

さらに最近では街でパンにシシグがサンドされて売られているのも見かけます。ちょっと小腹が空いた時の軽い食事にぴったりですよ。

カリッとジューシーな「ポークベリー」

ポークベリーはフィリピン語で豚バラ肉のこと。ポークベリーを使った料理はさまざまありますが、グリルやバーベキューにしたものがよく見かけるメニューです。

カリカリになるまでしっかり焼いて甘辛のタレで味付けするのが定番。味が濃くてビールのつまみにぴったりです。もちろんご飯のお供にも最適♪ カリカリに焼いたポークベリー は脂が落ちているので、意外とヘルシーなんですよ。

フィリピン風の焼きそば「パンシットカントン」

パンシットカントンはフィリピンの焼きそばのこと。パンシットは麺のことで、カントンは中国の広東省から来ているみたいです。

野菜がふんだんに使われていて味わいも中華風ということで日本人の口にもあう料理。南国風の味つけに飽きたときの食事にもってこいです。

またセブ島のスーパーではインスタントのパンシットカントンもたくさん売られています。いろんな味付けのものを選べますし、現地での食費を節約したい人におすすめです。

伝統的なフィリピンの家庭料理「カレカレ」

カレカレはピーナッツのソースをベースにしたフィリピン版のシチュー料理。野菜と一緒に牛テールを煮込んでいるのが特徴です。

スペインや中国からの影響のない伝統的なフィリピン料理なので、これぞフィリピンの料理というご飯を食べたい人におすすめです。

名前はカレーみたいですが、素材の味をそのまま活かした素朴な味。好き嫌いが別れるかもしれませんが、日本にはない味を楽しめます。家庭料理として有名ですが、セブ島にはカレカレを食べられるカフェやレストランもあるので、ぜひ探してみてください。

お酒のつまみに最適「ベイクドスカラップ」

ベイクドスカラップはセブ島を訪れたら是非とも食べたいシーフード料理。ホタテを焼いたもので、ご飯として楽しめるのはもちろんのこと、お酒のおつまみとしても最適です。

バターが効いた甘めのテイストで、一度食べたらクセになること間違いなし。チーズが上に乗せられて焼かれているものもあり、日本では出会えないホタテの美味しさを楽しめます。

フィリピンの代表的な家庭の味「シニガンスープ」

フィリピンのおふくろの味といえば、間違いなくシニガンスープが挙がるでしょう。もちろんセブ島のレストランでも楽しめる料理です。

野菜や肉がふんだんに入っており栄養満点。旅行中に栄養不足だなと感じたら探して食べてみてください。

味は家庭やレストランによって様々ですが、基本的にはトマトとタマリンドが入っています。タマリンドというのは東南アジアでよく食べられる豆でとても酸味が効いています。セブ島の暑さにバテてしまったという人は、ぜひ疲労回復のためにご飯として食べてみてください。

さっぱりと食べられる「キニラウ」

セブ島の料理は肉を中心とした脂っこいものが多いですが、ちょっと疲れてしまったなという人におすすめなのがキニラウです。

キニラウとはフィリピン風マリネのこと。野菜と生魚を使ったマリネで、お酢や香辛料で酸っぱ辛く味付けされているものが一般的です。

サラダのようにさっぱり食べられるものから、クリーミーな味付にしてお酒のつまみに最適なものまで、味は様々。ぜひお気に入りのキニラウを見つけてみてください。

野菜が欲しくなった時に食べたい「アドボカンコン」

セブ島に滞在中、野菜が不足しているから食べておきたいなと感じることも多いでしょう。そんな人におすすめなのがアドボカンコンです。

アドボカンコンとはずばり、空芯菜のこと。中華料理の定番として日本でも人気の高い料理で、基本的に味付けは変わらないので、食べ慣れた味のご飯を食べたいと思ったときにおすすめですね。ニンニクが効いていて白ご飯が進みますよ。

セブ島で食べておきたいご飯まとめ

セブ島は世界中から観光客が集まるリゾート地なので、各国のいろんな料理が揃っていて、どれも美味しいので、基本的にご飯に困ることはないと思います。

でもせっかくならセブ島らしい料理を食べたいと思う人には、今回紹介したフィリピン料理をぜひトライしてほしいと思います。美味しいからと言って、食べ過ぎて太ってしまわないように気をつけてくださいね♪

RECOMMEND セブ島のおすすめ記事

【セブ島で夜遊び】男性が喜ぶセブのナイトスポットを満喫!キャバクラからビキニバーまで…料金や場所もご紹介!

リゾート観光地として人気を集めているセブ島ですが、今回私が紹介したいのは定番の海なんかじゃありません。旅行好きの男性の皆さん!セブ島の夜遊び事情は気になりませんか!?セブ島の夜は、ちょっぴり大人な世界が広がっているんです…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事