" />

バンコクからパタヤへ!行き方・観光スポットをまとめて解説!

観光
20862views

バンコクから日帰りでアクセスできるビーチリゾート・パタヤバンコクからは車で約2時間と訪れやすい距離にあるため、ローカルにも観光客にも大人気です!

今回は、バンコクからパタヤへの行き方(タクシー、バス、鉄道)や、絶対に訪れるべき観光スポットや見所、おすすめのレストランやホテル情報をまとめてご紹介します。

タビナカ限定

パタヤってどんなところ?

バンコク市内から車で2時間程度でアクセス可能!娯楽施設が充実したお手軽リゾート、それがパタヤです!タイ屈指のリゾート地として毎年数多くの観光客が訪れます。

4㎞に及ぶパタヤビーチを中心にさまざまなビーチがあり、各所でマリンスポーツなどが楽しめます。高級ホテルが立ち並び、夜にはネオン輝く歓楽街が広がります。

朝から夜まで楽しめるので、1日中パタヤに居ても飽きることはありません!

バンコクとパタヤの位置関係

バンコクから南東へ約160km。タイ東部チョンブリー県の西海岸に位置する「パタヤ」。バンコクからは車で約2時間。

スワンナプーム国際空港からは約1時間半程度とアクセス良好です!

スワンナプーム国際空港については、別記事「バンコク・スワンナプーム国際空港を徹底ガイド!市内へのアクセス情報も紹介」で、詳しくご紹介します!

バンコクからパタヤへの行き方・アクセス方法

バンコクからパタヤへ、公共の交通機関を使ってアクセスする方法をご紹介します。

タイの交通事情については、別記事「タイ・バンコクの交通事情・乗り方まとめ!タクシー・電車・バス・レンタカーなど」で、詳しくご紹介します!

方法1:バス(スワンナプーム国際空港発)

スワンナプーム国際空港1階8番ゲート前にパタヤ行きのチケットカウンターがあります。

パタヤまでは120THB(約410円)。始発が7時で1時間おきに22時まで運行しています。所要時間は2時間30分程度。渋滞に巻き込まれるともう少し時間が伸びてしまう可能性があるので、旅程にはゆとりを持って、出発しましょう!

方法2:バス(バンコク市内発)

バンコク市内からパタヤにアクセスする場合はBTS「エマカイ駅」の2番出口を出た先にある「エマカイ・バスターミナル」から出るバスを利用しましょう。料金は108THB(約370円)

始発が5時で、その後はだいたい40分おきに1本、23時まで運行をしています。

パタヤでの到着場所「ノースパタヤ・バスターミナル」。到着後、パタヤ中心地まではソンテウでの移動となります。

方法3:タクシー

一番簡単な移動手段は、やっぱりタクシー!“Door to Door”でアクセスできるため、好きな場所に好きな時間に向かえます!

料金は空港発で1,500THB(高速代込)、市内発で1,800THB(高速代込)が目安です。

高速料金は降りる時になって「別だ!」と言われることもあるので、乗車前に必ず確認をしておきましょう。

方法4:ロットゥー(ミニバス)

料金は1人100THB前後(約340円)とバスよりも安くアクセスできる方法です。バンコク市内から出発するのは「エカマイ・バスターミナル」「モーチット・バスターミナル」「サイターイ・バスターミナル」の3ヶ所。

空港から出ている場合もあるので、利用時はパタヤバンのHPをチェックしましょう!

注意点

大きな荷物がある場合は追加料金がかかります。この場合、バスの方が安くなる場合がほとんどなので、利用前に「どちらが安いのか」をチェックしておくことをおすすめします。

方法5:鉄道

バンコクからパタヤへは鉄道で行くことも可能です。その場合は「フアランポーン駅」から1日1便だけ運行している列車に乗って行きましょう。

所要時間は約3時間30分で運賃はおよそ40THB(約140円)です。

タイの国鉄については、別記事「タイ国鉄の乗り方ガイド!チケット予約・購入方法や料金を簡単まとめ」で、詳しくご紹介します!

パタヤの人気観光地10選!

ビーチリゾートとして有名なパタヤですが、パタヤの素敵な観光地は海だけではありません。

ここではビーチをはじめ、展望台や植物園、水族館など……パタヤに行ったら訪れたい観光スポットを10カ所、厳選して紹介します。

バンコクのビーチについては、別記事「バンコクから近いビーチリゾート・離島7選!定番から穴場まで!」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地1:パタヤビーチ

「東洋のリビエラ」と称された美しいビーチとして有名になったパタヤビーチ。一時期汚れが目立ち客離れも進みましたが、今ではクリーン作戦が進み、綺麗なビーチを保っています。

4㎞続くビーチにはビーチチェアがすらっと並び、ビーチでゆったりとした時間を過ごすことも!パラセーリングやジェットスキーなど、マリンスポーツが充実しているので、アクティブに活動したい方にも最適です。

夜になると、バーもオープンします!パタヤビーチの心地よい風を感じながら、一杯いかがですか?

英名 Pattaya Beach
住所  Pattaya, Cholburi
営業時間 24時間
定休日 なし
HP https://www.thailandtravel.or.jp/pattaya-beach/

パタヤの観光地2:パタヤパーク

パタヤビーチから車で10分の距離にあるテーマパーク。遊園地ウォーターパーク、展望台があり、大人も子供も1日楽しめる施設となっています!特にウォーターパークの規模は非常に大きく、爽快感抜群のスライダーも!

さらに、展望 台では高さ170mから一気に落下するタワージャンプが楽しめます。園内の遊園地や敷地内を走るモノレールもあり、子供たちも大興奮間違いなし!家族旅行にもおすすめです♪

展望台には回転レストランもあり、美しい景色と共に本格的なタイ料理をいただけます。その場で作ってくれるクイティアオに欧米風のパスタ、お肉料理など、種類豊富なお料理を心行くまでお楽しみください!

英名 Pattaya Park
住所  345 Jomtien Beach, Pattaya City, Chonburi
営業時間 各施設により異なります。
休日 各施設により異なります。
HP http://www.pattayapark.com/

子連れ観光スポットについては、別記事「バンコクの子連れ観光スポット&おすすめホテルを厳選まとめ!」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地3:アンダーウォーター・ワールド・パタヤ

南パタヤにある「アンダーウォーター・ワールド・パタヤ」。水族館自体は中規模ですが、ショッピングセンター「テスコ・ロータス」から200mと近く、お買い物ついでに楽しめるのが嬉しいポイント!

タイ近海はもちろん、海外からも集められたさまざまな魚、海洋生物、植物を約4,500種類も見ることができ、100mもある水中トンネルアシカショーも楽しめますよ!

館内は空調が効いており、とっても快適。お買い物や観光合間のちょっと一息に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

英名 Underwater World Pattaya
住所  22/22 Moo 11, Sukhumvit Road, Nongprue, Banglamung
営業時間 9:00~18:00
休日 なし
料金 500B(身長90cm-130cmは300THB・90㎝以下は無料)
HP http://underwaterworldpattaya.com/

水族館&動物園については、別記事「タイ・バンコクで人気の動物園・水族館4選!家族旅行にもおすすめ!」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地4:パタヤ水上マーケット

2008年にオープンした「パタヤ水上マーケット」。観光地としてオープンした施設なので、昔ながらの生活の様子…といった感じではないものの、タイの生活様式を忠実に再現したテーマパークとなっています。

タイ全土を4つの地域に区分し、それぞれの生活様式で、その地方の民家や料理、お土産などを販売しているため、見ていて飽きることがありません!

パーク内の物価は安く、入場も無料!もちろん、水路には小船を浮かべて商売をする水上マーケットならではの光景を見ることができますし、船に乗船することも可能です。

午後は観光客が増え、少し混雑することも。ゆったりと見て回るのであれば、午前中がおすすめです!

英名 Pattaya Floating Market
住所 451 /304 Mool 2,Sukhumvi-Road Pattaya Nongprue,Banglamung,Chonburi
営業時間 10:00~21:00
休日 なし
料金 無料
HP   https://www.thailandtravel.or.jp/pattaya-floating-market/

水上マーケットについては、別記事「タイのおすすめ水上マーケット5選!行き方・楽しみ方や付近の観光地をご紹介」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地5:アランカーン

「アランカーン」とは、美しく壮観なショーを見ながらタイの歴史を学ぶことができる、文化的なスポットです。劇場は非常に大きく、客席数は約2,000席。アジア最大規模を誇る劇場だと言われています。

舞台では本物の象や水牛が踊り闘う姿。ムエタイのショーやレーザー、花火、水など、仕掛けある派手な演出が豊富!ショーの最後まで目が離せません!

ショー終了後には、演者の方たちとの記念撮影も楽しめるので、素敵なショーの思い出に1枚どうぞ!

英名 Alangkarn
住所   K.M 155, Jomtien,Chonburi
営業時間 17:00-19:00
休日 なし
料金 ショーのみ1000THB(食事付き1200THB)

パタヤの観光地6:ジョムティエン・ビーチ

静かな時間を過ごしたいと言う方におすすめなのが、こちらの「ジョムティエン・ビーチ」。市街地から車で10分程度。美しいサンドビーチが広がります!

6kmあるビーチではウィンドサーフィン、バナナボート、シーカヌーなどマリンスポーツが楽しめますが、浜辺では家族連れや年配のご夫婦がのんびりと過ごしている姿が目立ちます。

かといって周りに何もないかといったらそんなことはなく、ホテルやレストラン、コンビニなど便利なもは一通りそろっていますので、快適に過ごしていただけますよ。

英名 Jomtien Beach
住所 Nong Prue, Bang Lamung, Chon Buri
営業時間 24時間
休日 なし

タイのアクティビティについては、別記事「タイ・バンコクのおすすめアクティビティ12選!子供も大人も大満足!」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地7:ノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン

パタヤ市街地から車で約30~40分ほどの場所にある「ノン・ヌッ・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」。非常に広大な公園で、椰子の木やパイナップルなどの南国らしい木々が園内に広がります。

他にも、ラン園、サボテン園、動物園、鳥園、美術館などさまざまな施設があります。

約30頭ものゾウが登場するゾウのショーは迫力満点!ゾウが絵を描いたり、サッカーをしたりと、とても可愛く、観客が参加できるショーもあるので、一体感を持って楽しめます。

参加したい方は前の方の席が狙い目!ちょっぴり当てられやすくなるかも?別料金でゾウの餌やり体験に参加することも可能です。

英名  Nong Nooch Tropical Botanical Garden
住所  34/1 Moo7 Na Jomtien Sattahip Chonburi 20250, Pattaya
営業時間 8:00~18:00
休日 なし
料金 500THB
HP  http://www.nongnoochtropicalgarden.com/th/

パタヤの観光地8:ワット・プラヤイ

地元の人に「ビッグ・ブッダ」の名前で親しまれている「ワット・プラヤイ」。その名の通り、巨大な仏陀像があるお寺です。パタヤ観光のために造られたお寺で、少しテーマパーク要素もあります。

仏陀像に辿り着くまでには、ナーガの守る階段を上り、途中にある鐘を鳴らし、煩悩を払います。

辿り着いた際には、ビッグ・ブッダの他にもさまざまな仏像が置かれていて、生まれた曜日を司る守護仏も祀られています。タイでは生まれた曜日が重要視されているので、ぜひ出発前に自分の生まれた曜日を調べて行ってくださいね!

ワット・プライヤは丘の上にあるので、頂上からはパタヤの街が一望できます。パタヤ観光の思い出に!パタヤの美しい景色と共に記念に1枚どうぞ!

英名  Wat Phra Yai
住所  Sataranaprayot road,Na Kluea, Pattaya
営業時間 24時間
休日 なし
料金 無料

タイの寺院については、別記事「バンコクのおすすめ寺院12選!三大寺院だけじゃない、穴場寺院も見逃せない!」で、詳しくご紹介します!

パタヤの観光地9:サンクチュアリ―・オブ・トゥルース

東洋のサグラダファミリアとの異名を持つ「サンクチュアリー オブ トゥルース」1981年から建設を始め、現在も建設途中です。

17世紀から伝わるタイの木造建築技術を後世に伝えることを目的としており、金属の釘は一切使わずに建築しているとのこと。

ガイドツアーでは建築途中の内部まで見学可能!ヘルメットを被っての見学になりますが、建築過程を見れるのは今だけ!非常に貴重なツアーとなっています。

敷地内では、タイ伝統の剣術ショーや木製ボードに乗って寺院を見学する体験も人気がありおすすめですよ!

英名  The Sanctuary of Truth
住所  206/2 Moo 5, Soi Naklua 12 , Naklua, Banglamung, Chonburi
営業時間 8:00-17:00
休日 なし
料金 450THB
HP   http://www.sanctuaryoftruth.com/

パタヤの観光地10:ラン島

パタヤから約8㎞。ボードに乗り約30分でアクセスできる「ラン島」。パタヤよりも、もっとキレイなビーチを楽しめると人気を集めています。島内はサンゴ礁に囲まれており、緑豊かな楽園!

メインのターウェンビーチは人の出入りが多いものの、周囲にはお店が多く、マリンアクティビティも充実。とにかくビーチリゾートを楽しみたい方におすすめです!

少し離れた静かなビーチに行くと、海の透明度を活かしたシュノーケリングが楽しめます。浅瀬でもカラフルな魚たちを見ることができるので、小さなお子様がいる方でも安心。ゆったりとした時間を過ごしていただけますよ。

ラン島については、別記事「タイのラン島を徹底ガイド!行き方&人気マリンスポーツをご紹介」で、詳しくご紹介します!

パタヤでの移動手段

気になるパタヤ市内の移動手段とは?バンコクとの大きな違いは、パタヤ市内はタクシーの運行が禁止されています。

では、どうやって移動するの?そんな疑問にお答えします。

市民の足ソンテウ

基本的にパタヤ市内の移動には「ソンテウ」を利用します。トラックの荷台に屋根が付いた乗り物で、パタヤ市内をぐるりと巡回しています。

事前に市内の地図と巡回ルートを覚えておくと使い勝手が良く便利なのですが、なかなか難しいので、乗る時に運転手に行先を伝え、目的地に行くかを確認しましょう。

料金は1回10THB(約35円)。長距離の場合は20THB(約70円)です。

ちょっと高いけどバイクタクシー

タクシーのように目的地に直行するのであれば、「バイクタクシー」が一押し!料金は1回100THB(約345円)程度と少々お高めではありますが、その分途中で寄り道したりはしないので、スムーズに目的地へと到達できます。

パタヤのおすすめレストラン事情

パタヤと言えば海、海と言えばシーフード!ということで、パタヤでは美味しいシーフード料理店がいっぱいあります。

リーズナブルなお店から高級志向なお店まで、さまざまなお店があり、選ぶの困ってしまうほど!中でもおすすめのレストランをご紹介します!

パタヤおすすめのレストラン1:キング・シーフード

海を見ながら食事ができる素敵なレストランです。特に夜の時間帯の夜景は美しく、海からの潮風も心地よく感じるでしょう。

ロブスターやワタリガニ、トムヤムクンやグリーンカレー、プーパッポンカレーなど、種類豊富なタイ料理がいただけるのも嬉しいポイント!

メニュー表には写真付きの料理も多く、頼みやすいと好評。また、水槽内から自分の好きな魚介類を選ぶこともできますよ!店内には日本語が話せるスタッフもいるので、言葉の面でも安心です。

英名  King Seafood
住所  Walking Street, Pattaya 20150, Thailand
電話 +66 38 429 459
営業時間 11:30~25:00
予算目安 3000円/1名
HP  https://kingseafood-seafoodrestaurant.business.site

パタヤおすすめのレストラン2:インフィニティ―

インターコンチネンタル内にある「インフィニティ」。とってもラグジュアリーな空間なので、新婚旅行やカップルでの利用にも最適。さらには、子供メニューが充実しているので、家族旅行での利用にも喜ばれています!

高台から眺める海はさらに遠くまで見渡すことができて素敵!サンセットが美しいと定評があるので、少し早めのディナー利用もおすすめです。人が少ない時間帯なので、いつもより、ゆったりとした時間を過ごせるかも。

英名  Infinity
住所  437 Phra Tamnak Road | InterContinental Pattaya Resort, Pattaya 20150, Thailand
電話 +66 38 259 888
営業時間 12:00~22:00
予算目安 ランチ:4000円 ディナー:1万円/1名
HP  https://pattaya.intercontinental.com/

パタヤおすすめのレストラン3:パタヤビアガーデン

地元の人にも大人気!安くて穴場の海上レストラン「パタヤビアガーデン」。トムヤンクンが1品150THB程度(約515円)と非常にリーズナブルな価格にも関わらず、ボリューム満点!何人かでシェアして食べるのにもおすすめです。

パタヤビーチからも近く、アクセス良好!但し、立地的にはバービアと呼ばれる「夜のお店」が立ち並ぶエリアなので、少々訪れにくく感じることも……。

パタヤビアガーデンは家族連れのお客さんも多く、あまり気にしなくても大丈夫だと思いますが、気になる方は明るい時間帯に訪れましょう。

英名  Pattaya Beer Garden
住所  Beach Road, Pattaya 20260, Thailand
電話 +66 38 197 040
営業時間 10:00〜26:00
予算目安 1000円~/1人
HP  http://www.pattayabeergarden.com/

タイのシーフード料理については、別記事「バンコクの厳選シーフード料理を総まとめ!おすすめ店リスト・ホテルビュッフェ」で、詳しくご紹介します!

パタヤで人気のリゾートホテル

パタヤには南国感漂う、素敵なリゾートホテルがいっぱい!リーズナブルな価格のホテルから、リッチな憧れのホテルまで、パタヤに行ったら泊まりたい!リゾートホテルを紹介します。

ヒルトン・パタヤ・タイランド

パタヤビーチから徒歩7分!抜群のロケーションでショッピング複合施設の高層階に位置するラグジュアリーなリゾートホテルです。白を基調とした客室は全室オーシャンビューのバルコニー付きで開放感も抜群!Wi-Fiや冷蔵庫、テレビも完備!

ホテル内にはインフィニティプールをはじめ、スパやフィットネスも併設されてるので、パタヤの街とホテルライフの両方をお楽しみいただけます!日本語スタッフが駐在しているのも嬉しいポイントです!

英名 Hilton Pattaya
住所  333/101 Bang Lamung District, Chon Buri 20260 タイ
電話 +66 38 253 000
予算目安 2万3000円前後/1室
HP  https://hiltonhotels.jp/hotel/pattaya/hilton-pattaya

デュシタニ・パタヤ

パタヤ湾の北側に位置する静かなリゾートホテル。パタヤビーチまでは徒歩約20分。華やかなエリアからは少し離れているので、ホテルステイは静かに過ごしたいという方にもおすすめです。

また、全室バルコニー付き!海沿いのお部屋からはパタヤ湾を一望することも可能です。

ホテルにはレストラン、プール、フィットネス、スパ、テニスコート、バスケットコート、キッズクラブなど併設施設が充実!何泊が長めに滞在したくなる素敵なホテルです。

英名  Dusit Thani Pattaya
住所  240/2 Pattaya Beach Road,Pattaya City,Chonburi 20150
電話 038-425-611
予算目安 1万8000円/1室
HP   https://www.dusit.com/dusitthani/pattaya/ja/

ケイプ・ダラ・リゾート

ノースパタヤの静かなエリアにある26階建てのリゾートホテルです。人気のパタヤビーチまでは車で約15分と近く、ビーチリゾートを楽しみたい方にも最適です。

ホテル内にはプライベートビーチもあり、敷地内でもビーチリゾートを楽しめるのが魅力!緑豊かな自然に囲まれたビーチなので、リラックス効果も抜群です!客室には海を一望できるバルコニーが付いているので、バルコニーで軽く一杯、だなんて過ごし方も素敵ですね。

車で10分の距離にセントラルフェスティバル・パタヤショッピングセンターもあるため、お買い物にも困りません!

英名  Cape Dara Resort
住所  256 Dara Beach, Soi 20,Pattaya-Naklua Road, Pattaya,20150,Thailand
電話 +66 (0) 38 933 888
予算目安 1万5000前後/1室
HP  https://www.capedarapattaya.com/#5-Star-Hotel

エーワン・パタヤ・ビーチ・リゾート

船の形をした個性的なホテルです。ダークブラウンを基調とした客室ではゆったりとくつろぐことができますよ!

館内にはプールにサウナ、レストラン、客室内にも冷蔵庫、スリッパ、コーヒーメーカー、Wi-Fi、ドライヤーと必要なものは全てが揃っています。

価格もリーズナブルなので、旅費を節約したい方にもおすすめです!

英名  A-One Pattaya Beach Resort
住所  115/9 Beach Rd, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ
電話 +66 38 259 555
予算目安 8000円前後
HP  http://www.aone-pattaya-resort.com/beachresort/

ホテルについては、別記事「バンコクのおすすめホテル15選!立地もプールも最高の人気ホテルを厳選」で、詳しくご紹介します!

パタヤへは日帰り?宿泊?どちらがおすすめ?

バンコク市内からパタヤには片道2~3時間程度でアクセスできるため、日帰りでも十分楽しめます!バンコクで宿泊先を手配して、パタヤをちょっと見に行く!というのでも問題ありません。

夜22時までバスが運行しているので、パタヤ屈指の人気を誇るパタヤビーチのサンセットも日帰りで楽しめますよ!

忙しないのが苦手な方や夜のパタヤを楽しみたい方には宿泊もおすすめ!一日ゆっくり過ごして翌日は更に足を伸ばして、ラン島に行く……といった過ごし方も人気です。

タビナカ限定

バンコクから気軽に行けるリゾート地パタヤに行ってみよう!

いかがでしたか?この記事では、バンコク市内から手軽にアクセスできる楽園「パタヤ」についてご紹介しました。

パタヤにはバンコクとは異なる魅力や観光スポットが盛りだくさん!シーフードを中心としたタイ料理も魅力的ですよね。

日帰りはもちろん、旅程にゆとりがある方であれば、パタヤとラン島の両方を満喫していただければと思います!バンコク旅行楽しんで来てくださいね!

タビナカ限定
タビナカ限定
sachiko
WRITER sachiko
海外に旅行に行くのが大好きな主婦です 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。

RECOMMEND タイのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事