" />

マドリードの王宮はスペイン旅行必見スポット!見どころ・アクセスまで徹底解説

観光
7960views

マドリードのおすすめ観光スポットとして、マドリード王宮は外せませんよね。見どころは豪華絢爛な内部で、当時のスペイン王族のセレブな生活を垣間見れます。オーディオガイドを聞きながら見学すれば、深く理解できてより楽しめます。この記事では、マドリード王宮の営業時間、休館日、無料の日と時間、チケットの予約方法や、当日チケットの買い方などを解説しています。上手くスケジュールに合わせて、効率よくお得に旅行を楽しんでくださいね。

マドリード王宮「Palacio Real de Madrid」の概要

マドリード王宮「Palacio Real de Madrid」は、スペイン国王が1931年まで住んでいた西ヨーロッパで最大規模を誇る宮殿です。スペインに旅行に行く人達も必ず訪れるほどの人気の観光地です。

見どころは、ネオ・クラシック様式の外観と、豪華絢爛な部屋と絵画の数々と素晴らしい天井画のある内部です。あまりの素晴らしさに、訪れた観光客は圧倒されるほど。マドリード王宮は、当時のセレブたちの暮らしを垣間見れるおすすめの観光スポットです。

マドリード王宮を観光する場合は、オーディオガイドがあればより理解が深まります。日本語音声もあるので、せっかくならレンタルしてマドリード王宮を堪能してくださいね。繁忙期は混雑が予想されますので、事前予約をして行くのがおすすめです。

今のスペイン国王はマドリード王宮には住んでいないため、王宮は国の行事などで利用されています。そのため、行事がある日は残念ながら観光客は中には入れません。内部は撮影禁止ですが、外観や兵隊の姿を見るために訪れる人も多く、外観は写真撮影の人気スポットでもあります。

マドリード王宮のチケット情報

マドリード王宮は、マドリードの観光地でも人気のスポットのため、混雑することがあります。事前に入場チケットを購入して行くほうが間違いなく入れますよ。また、無料で見学出来る日もあるので、旅行スケジュールに合わせて上手く利用してくださいね。

チケットの種類とお得な料金

マドリード王宮のチケットは、時期によって値段が違ったり、無料の日や時間もあります。
事前に公式ホームページなどで確認してくださいね。

チケット種類 一般 5歳~16歳 子ども(5歳以下)EU在住者 ガイド オーディオガイド
料金

基本入場料
~3/31:11€

4月1日~9/1:13€

9/2~:12€

5月18日、国際博物館の日は無料

6€(14〜16歳は身分証明書が必要) 無料 4€ 3€

嬉しい無料入場の日

マドリード王宮には入場無料の日があります。旅行のスケジュールが合えばラッキーですね!でも、当然ですが、多くの観光客がその日や時間に押し寄せて来るので、かなりの混雑が予想されます。ゆっくりと見たいのなら、有料の時間に行くほうがじっくり見学できますよ。

国際博物館の日

5月18日はスペインの国際博物館の日。スペインの美術館などが無料開放される日のため、マドリード王宮も無料で入館出来ます。終日無料ですが、かなりの混雑が予想されます。

閉館2時間前から閉館まで

開館日の閉館2時間前から、入館が無料になります。冬時間と夏時間で時間が違うので、ご注意くださいね。

  • 冬時間(10月~3月):月曜日~木曜日の16時~18時間
  • 夏時間(4月~9月):月曜日~木曜日の18から20時間

無料入館時間に関しては、変更になることもありますので、事前に各自で公式サイトの方でご確認願います。

公式サイト http://www.patrimonionacional.es/

マドリード王宮のチケットの買い方

マドリード王宮のチケットの購入は、ウェブで予約する方法と、当日現地で購入する方法があります。日本語には対応していませんが、webは翻訳しながら進めば意外と簡単に出来ますし、当日窓口でも片言の英語で通じます。それでも言葉の壁に不安を感じる方は、日本語ガイドの現地ツアーがおすすめです。

ウェブでチケット予約をする方法

マドリード王宮の入場チケットは、webで購入することが出来ます。事前に購入しておけば、当日は混んでいてもその時間に優先的に入場出来るので便利です。特に、夏休みや年末年始などの繁忙期は予約して行くことをおすすめします。

  1. 左のカレンダーから希望の日を選び、希望の時間を選ぶと、更に入場時刻が15分間隔で出てくるので、希望の時刻を選択します。
  2. チケットの種類を選んで人数を選び(日本人の大人なら1番上の「11.00€ Básica+Expo」)オーディオガイドも必要なら1番下の「3.00€ Audioguía」を必要分選び、「Add to cart」をクリックします。
  3. 「Continuar」をクリック
  4. 内容を確認して「Pay visit」をクリックして必要事項を記入して購入ページに行きます。
チケット予約の公式URL https://entradas.patrimonionacional.es/en-GB/venta-entradas/6/palacio-real-de-madrid/2019-03-06/10/publico-general

当日現地でチケットを購入する方法

マドリード王宮のチケットは当日買うことも出来ます。日本語は通じないので、スペイン語が分からなければ英語で購入することになりますが、簡単な英語でも通じます。

チケット購入時にオーディオガイドも借りる場合は、クレジットカードを確認されます。デジポットなので、壊したりしなければ引き落とされる事はありませんが、壊したりした場合は保証金が引き落とされる仕組みになっています。

空いてる時間に行きたいなら、朝一か夕方が狙い目ですが、繁忙期はチケット売り場も長蛇の列になることがあります。

日本語ツアーを予約して行く

web予約はスペイン語のみで、当日購入もスペイン語と英語なので、言葉に不安を感じる方は、日本語ガイドの現地ツアーを利用して観光するのをおすすめします。こちらのツアーでは、マドリード王宮のチケット予約はもちろん、人気スポットプラド美術館にも行きます。

マドリード王宮の営業時間

マドリード王宮の営業時間は、夏季と冬季で閉館時間が変わりますので注意が必要です。また、イベントがある時は、内部の見学は出来ないので、内部の見学をしたい方は、公式サイト等で休館日を確認してから旅行計画を立てましょう。

夏季と冬季の営業時間に注意

マドリード王宮の営業時間は時期によって違いますので、行く場合は公式サイトで確認が必要です。冬時間は夏時間よりも2時間早く閉館します

  • 冬時間(10月~3月):10:00〜18:00
  • 夏の時間(4月~9月):10:00〜20:00

宮殿への最終入場は1時間前になります。

公式サイト https://entradas.patrimonionacional.es/en-GB/informacion-recinto/6/palacio-real-de-madrid

マドリード王宮の休館日

マドリード王宮は、国の行事がある日は入れません。旅行日に重複してしまったとしても、美しい外観はいつも見れますし、兵隊の姿は見ることが出来ます。

マドリード王宮の年間を通して分かっている休館日です。

  • 1月1日:終日休業
  • 1月6日:終日休業
  • 5月1日:終日休業
  • 10月12日:17:30まで休業
  • 12月24日:15時から休業
  • 12月25日:終日休業
  • 12月31日:15:00から休業

この他にも月ごとの休館日もあるので、公式サイトにてご確認ください。

公式サイト(休館日情報) https://entradas.patrimonionacional.es/en-GB/informacion-recinto/6/palacio-real-de-madrid

マドリード王宮へのアクセス

マドリード王宮はマドリード市内の中心にあり、どこからもアクセスしやすく、周辺にも人気の観光スポットがあります。ちょっと足を延ばして一緒に行ってみてはいかがでしょうか?

マドリード王宮の最寄りの駅と、駅からのアクセス

マドリード王宮の最寄り駅は地下鉄2番・5番の「オペラ(opera)駅」です。「オペラ(opera)駅」の「Plaza de Espana」から出るとスペイン広場があり、そのまま5分ほど歩いていくとマドリード王宮が見えてきます。天気の良い日は、のんびり散歩をして歩くのも良いですね。

一緒に観光したい近隣スポット

マドリード王宮と是非一緒に観光して欲しい人気スポットを紹介します。マドリード王宮から徒歩5分以内のスポットや、芸術を堪能する日として美術館を巡るのも良いでしょう。

サバティーニ庭園(Jardines de Sabatini)

建築家のフランシスコ ・ サバティーニ設計の、マドリード王宮の前にある豪華な庭園です。西洋の木々がきれいに整えられて迷路のようになっています。庭園から王宮が眺められる撮影ポイントです!ベンチもあるので、ゆっくりと座って庭園からマドリード王宮を眺めるのも至極贅沢な時間です。

名前 Jardines de Sabatini(サバティーニ庭園)
住所 Calle de Bailén, 2, 28013 Madrid
王宮からのアクセス 徒歩6~7分
ウェブサイト https://www.madrid.es

アルムデナ大聖堂

マドリード王宮の側には全長100mの「アルムデナ大聖堂」があります。この教会は、マドリードのカテドラルで、国王の挙式も行われた由緒ある教会です。アルムデーナ大聖堂の建設には110年もの年数がかかり1993年に完成したため、地下、外部、内部はそれぞれ違った様式で造られていています。入場無料なので、マドリード王宮に行ったら是非こちらにも行ってみてくださいね。

名前 Catedral de Santa María la Real de la Almudena(アルムデナ大聖堂)
住所 Calle de Bailén, 10, 28013 Madrid
王宮からのアクセス 徒歩2分
ウェブサイト http://www.catedraldelaalmudena.es/

プラド美術館

プラド美術館は、スペイン王家のコレクションを展示している美術館で、世界の世界三大美術館の一つです。巨匠ベラスケス、エルグレコ 、ゴヤなど3万5000点の作品を収蔵しています。プラド美術館は、年間250万人の観光客がが訪れるマドリードの人気観光スポットです。

名前 Jardines de Sabatini(プラド美術館)
住所 Paseo del Prado, s/n, 28014 Madrid
王宮からのアクセス ・地下鉄で「opera駅」から「2番」で「Banco de España」まで行き、そこから徒歩で約9分
・車で約10分
・徒歩で約26分
ウェブサイト https://www.museodelprado.es/

スペイン広場

マドリード王宮の北にあるスペイン広場には、セルバンテス没後300年を記念して建てられたモニュメントや「 ドンキホーテとサンチョ・パンサの像」があり、観光客が写真を撮る人気の観光スポットになっています。

名前 Plaza de España(スペイン広場)
住所 Plaza de España, 28008 Madrid
王宮からのアクセス 徒歩で約8分

ソフィア王妃芸術センター

20世紀現代アートを所蔵している「ソフィア王妃芸術センター」は、1992年のバルセロナ・オリンピックが開催された年に現代アート美術館として開館しました。数ある所蔵作品の中には、ピカソ、ミロ、ダリの名画もあり、ピカソの「ゲルニカ」にはいつも人だかりになっています。世界中から三大巨匠の名画を見るために多くの観光客が「ソフィア王妃芸術センター」を訪れています。

名前 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía(ソフィア王妃芸術センター)
住所 Calle de Santa Isabel, 52, 28012 Madrid
王宮からのアクセス ・地下鉄で「Callao駅」から「3番」で「Lavapies」まで行き、そこから徒歩8分
・車で約11分
・徒歩で約26分
ウェブサイト https://www.museoreinasofia.es/

マドリード王宮の見どころ

マドリード王宮の見どころは、なんと言っても豪華な内部です。特に、「王座の間」「大階段」「音楽の間」は必見です!そして、豪華なインテリアも素晴らしく、当時の王族のセレブな生活が垣間見れます。見学の際は、オーディオガイドがあると、より理解できますよ。

時間があれば、マドリード王宮のチケットで入れる「武器博物館」で当時の武器などをごらんください。

玉座の間

マドリード宮殿の1番の見どころ「王座の間」に描かれているティエポロが1764年に描いた天井画、そして豪華なシャンデリアのある部屋は、ベルサイユ宮殿をイメージして造られたと言われています。他にもカラバッジョ作の「サロメとバウディスタの頭」など有名絵画が飾られています。

大階段

マドリード王宮に入ってまず感動するのが、大階段です!イタリアの建築家Francesco Sabatini設計の70段の大階段は、まるでオペラ座のような豪華さです。その豪華な階段を上がり、天井を見上げるとCorrado Giaquintoの天井画があり、その素晴らしさに誰もが息を飲みます。

豪華なインテリアの部屋

マドリード王宮の中は、どこも息を飲むほどの豪華さです。そして、有名画家の作品の数々に贅沢な内装、当時の王家の贅沢ぶりを垣間見ることが出来ます。部屋は、それぞれ内装も違い、見ていて飽きることがありません。写真撮影は残念ながら禁止です。

音楽の間

マドリード王宮の「音楽の間」での見どころは、7台の最上級のストラディバリウスでしょう!その価値は、1台20億円はするであろう代物ばかりです。展示だけではなく、プロのバイオリニストに美しい音色を奏でて欲しいですね。

アルメニア広場と武器博物館

アルメニア広場の王宮の別棟「武器博物館」には、当時の王族が着ていた鎧や武具などが展示されています。マドリード王宮に入場チケットで見学が出来るので、時間があれば是非行ってみてください。

王宮庭園(カンポ・デル・モーロ)

マドリード王宮の英国式庭園「カンポ・デル・モーロ」。1844年から建造が始まり完成したのは19世紀末、国家遺産の庭園です。四季折々の花や高い樹が植えられ、孔雀が住んでいます。結婚式を終えた幸せなカップルが写真撮影をするスポットでもあります。

オーディオガイド

マドリード王宮を見学するなら、オーディオガイドを聞きながら廻ったほうが、より理解も深まって楽しめます。オーディオガイドは日本語もあり、3€で借りられますが借りる時にデポジットでクレジットカードを確認されます。

他に公式アプリ「palacio real de madrid」から、200円でスマホにダンロードすることも出来ます。

名前 Palacio Real de Madrid(マドリード王宮)
住所 Calle de Bailén, s/n, 28071 Madrid
ウェブサイト http://www.patrimonionacional.es/

マドリード王宮に行くなら、休館日と営業時間に注意

マドリード王宮の見どころは、スペイン国王が生活をしていた絢爛豪華な内部。その豪華さには、誰もが息をのみ感動するほどです。しかし、イベント時には内部には入れないので、マドリード王宮に行くときは、休館日や営業時間は要確認です

チケットも、webで予め予約をしておいた方が待たずに入れますが、当日は朝一で行くと比較的空いていますよ。

チケットは時期によって値段が違い、無料で入れる時期や時間もあるため、上手く旅行スケジュールに合わせてお得に楽しんでくださいね。

RECOMMEND マドリードのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事