" />

スペイン・マドリードでバル巡りを満喫しよう♪おすすめ・人気店や注文方法も

グルメ
10524views

バルでお酒を飲みながら食事をするのは、スペイン旅行の楽しみの1つですよね。バルは1軒だけではなく何件もはしごするのが、スペインでのバルの楽しみ方です。マドリードに行ったら、お気に入りのタパスの食べ比べしながらバル巡りをしみませんか?マドリードでバルのはしごをするなら、バルがたくさん並ぶカババハ通りから始めるのがおすすめです。注文は、食べたいものを指差しでOKです。

美食の街スペイン・マドリード

スペイン旅行の楽しみの1つと言えば、グルメ!美食の街マドリードには、多種多様なグルメスポットがたくさんあります。そんな、マドリードの美食についてまとめてみました。

スペインの中心にあるマドリードは食の宝庫

マドリードは、スペインの中心にあるため、スペインの色々な料理を楽しめます。特に、マドリード周辺のカスティーリャ地方に伝わる肉を使った郷土料理は、寒い冬にはスタミナが付いて体も温まるため、よく食べられています。

レストランだけでなくバル巡りをするのがスペインのバルの楽しみ方

スペイン料理には、パエリアやトルティーヤなど、日本人も知ってる料理もいくつかありますよね?レストランによってアレンジや味付けなども違うので、お気に入りのレストランを見つけてくださいね。

でも、少人数の場合、レストランで食べるとなると量が多く、少食の日本人には食べきれない事もあります。特に、パエリアなどはレストランで食べると、量と脂っこさで日本人には持て余してしまうかもしれません。

少人数の場合は、バルで食べるほうが1皿の量も少なく、色々なメニューを食べれるのでおすすめです。トルティーヤやアダージョなども、バル巡りをして味比べなどをすると、よりスペインのバルを楽しめますよ。

スペインのバルの人気メニューをいくつか紹介します。

コシード(Cocido)

カスティーリャ地方の郷土料理で、野菜と肉とひよこ豆を煮込んだスープのようなものです。それぞれの具材の素朴な味が優しく混じった人気の家庭料理で、スペインで言うおふくろの味です。

カジョス(Callos)

マドリードに伝わる家庭料理で、トマトで牛の胃袋を煮たものです。見た目ほど臭みもなく、日本人が好む「もつ煮込み」と似ています。レストランによって、味に特徴があるので、気に入ったら食べ比べをしてみたら?

パエリア(Paella)

バレンシア地方郷土料理で、誰もが知るスペインに行ったら食べてみたい料理の1つです。大きな平たい鍋でサフランライスと魚介類などを炊いたもので、同じスペインでも地域によって作り方は異なります。

トルティージャ(Torilla)

スペイン風のオムレツで、ジャガイモなどの野菜がたっぷり入ったトルティーヤはマドリードのバルには必ずある人気の料理です。お店によって個性が違うので、食べ比べてみるのもおすすめです。

アヒージョ(Ajillo)

にんにく味のオイルで魚介類を煮込んだ料理で、バルでも人気メニューです。お酒にも合い、つい飲みすぎてしまうので注意です!食べ終わったあとのオイルは、パンに付けて食べるのがスペイン流のオツな食べ方です。

スペインでバルの楽しみ方

バルは、朝から深夜まで営業している所が多く、気軽に入って食事をして、お酒が飲めるところです。スペインの人たちは、バルは1軒だけじゃなく何件もハシゴして、バルを楽しみます。スペイン人に愛されるバルについて説明しますね。

スペインのバルとイタリアのバールの違い

スペインのバルは、イタリアなどでいう「バール」とは違って、お酒も飲めて食事も食べれる居酒屋のようなところを言います。日本の居酒屋と違うのは、朝から夜まで営業していることです。

メニューは、タパスという1皿メニューや、ピンチョスというパンの上に色々な具を乗せて爪楊枝を挿した物があります。タパスやピンチョスのメニューは、そのお店によって違い、スペインの人たちは何件もバルを廻って楽しんでいます。

スペインでは1日に5回も食事を摂る人が多いというのも、「はしごバル」というバル巡りを楽しむ人が多いからなのでしょうね。

スペインのバルの種類

スペインには、居酒屋風バルの他にも、バルと呼ぶお店の種類がいくつかあります。

  • リストランテバル:お祝いごとなどに利用する高級レストランを言います。
  • カフェバル:気軽にコーヒーを立ち飲みするコーヒースタンドのような所です。
  • ジェテリアバル:アイスクリームのお店を言います。

とは言え、スペインのバルと言えば、お酒を飲みながらタパスやピンチョスを食べる居酒屋風バルのイメージが強いですよね。

一般的にいう居酒屋風バルには、お店のお勧めメニューがあったり、お酒がメインで食べ物はつまみなどの軽食が多い、ピンチョスの種類が多いなど、そのお店によって特徴があります。

スペイン流の楽しみ方は「バル巡り」

バルの楽しみ方として、「バル巡り」がスペイン流の楽しみ方です。「バル巡り」とは、一軒のバルで食事を済ませるのではなく、何件もバルをはしごすることを言います。

バルによって自慢のメニューが違うので、お酒(ドリンク)1杯程度と、そのバルのお勧めメニューだけを食べて、何件もバルを廻ります。

食べたいものは、旅行口コミサイトなどで、あらかじめ食べたいものと、行きたいバルを決めておくとスムーズに移動出来ますね。

バルでの注文方法

いざバルに入店したものの、どうやって注文するの?店員さんが来てくれない!など、戸惑うことも多いかもしれませんが、バルでの注文は、初めての人でも、言葉が通じなくても、それほどハードルは高くないんですよ

バルでの注文のしかたについて説明します。

先にカウンターで注文するスタイルが多い

バルでの注文の仕方は、お店によって違いますが、カウンターまで行って注文するパターンが多いです。でも、人気店になると店員さんが忙しそうにしていて、なかなか相手にしてくれない事もあります。

そんな時は、動き回ってる定員さんを呼んで頼んでもOKです。誰かが来てくれるのを待ってるだけでは、いつまでたっても食事にありつけません!積極的に店員さんと目があったら手で合図すればOKです。

喋らなくても食べたい料理を指さしでOK!

バルによってはメニューの無い所もあります。そういう所は、カウンターに並んでいる料理やピンチョスを指さして注文すればOKです

メニューで選ぶ時は、スペイン語でわからなければ、周りの食べてる人の料理を指差しでもOK!でも、間違っても人を指さしちゃだめですよ。

バルでは、スペイン語も英語も分からなくても問題なく気取らず注文できるので、観光客にとっても敷居が低く行きやすい場所です。

スペインでお店に入るときの注意

日本人は、レストランに入っても挨拶をする習慣はありませんが、スペインではお店に入ったら「Hola!(オラ)」の挨拶をするのが礼儀です。挨拶をしないと、相手にもあまりいい印象を与えず、そっけない態度を取られることもあるので、必ずお店に入ったら挨拶をしましょう。

会計は、テーブルまで伝票を持ってきてくれて、そこで現金かクレジットカードで支払います。基本的にチップは必要ありませんが、何か特別なサービスをして貰った場合は食事代の10%くらいが目安です。

お店を出る時は、入ったときと同じく、店員さんに「Gracias(グラシアス)」と言いましょう。

スペイン・マドリードのバルのおすすめ料理

マドリードのバルには色々なメニューがあって、どれも食べたくなってしまいます。そんなバルで絶対に食べて欲しいメニューを紹介します!バルに行くときは、お腹をすかして行きましょう。

1皿料理のタパス

タパスとは、バルのメニューで1皿料理のことです。量はだいたい1人分なので、1人で行っても何種類かのタパスを食べれます。

タパスには、調理をせずにそのまま出せる「乾き物」、サラダやマリネなどの「冷菜」、調理した温かい料理「温菜」の3種類があります。乾き物や冷菜は、既に出来てお皿に盛られてケースなどに入っている場合が多く、すぐに食べれます。

スペインのバルでは、シーフードメニューが豊富で、日本では高級なウニ料理などもリーズナブルに食べられます。せっかくなので、美味しいシーフード料理を楽しんでくださいね。

タパスでお馴染みの人気メニューを紹介します

Almejas al ajillo(アルメハス アル アヒージョ)

アヒージョは、バルでも人気のタパスメニューです。ニンニク風味の油で煮たプリプリのエビの食感も味も一度食べるとクセになります。特に、ビールとの相性が良く、ついつい飲みすぎてしまいますよ!

Pulpo a la gallega(プルポ・ア・ラ・ガジェーガ)

タコのがレシア風です。茹でたてのタコに、塩、オリーブオイル、パプリカ、などをかけたシンプルな料理で、お店によっては茹でたジャガイモと一緒にお皿に盛られて出てくることがあります。シーフードは白ワインかと思いきや、赤ワインが絶妙に合う料理です

Bacalao con Patata(バカラオ・コン・パタタ)

ジャガイモと鱈(タラ)の煮込み。スペインでバラカオと言えば、タラの塩漬けですが、「バラカオ・コン・パタタ」は生のタラと野菜を煮込んだもので、味付けはパプリカ、塩コショウ、ハーブミックス、トマトピューレなどです。すペン料理で胃が疲れた時に食べるとホッとする優しい味です。

Erizo de mar (エリッソ・デ・マール)

エリッソ・デ・マールとは「ウニグラタン」の意味です。ウニの殻の中にウニとグラタンが入った贅沢な料理です。その焼き色と香りが食欲をそそります!ウニ好きにはたまらない一品です。日本では高級食材のウニも、スペインのバルならリーズナブルな値段で食べれます

Crocchetta(クロケッタ)

スペイン風コロッケ「クロケッタ」は、どこのバルにも必ずある人気メニューです。味や作り方もバルによって違い、スペインの人たちは、バルに行ったらまずクロケッタを頼みます。ハシゴ・バルの定番メニューです。

jamon serrano (ハモン セラーノ)

生ハムの事を言います。こちらも、スペインに行ったら必ず食べたい物ですよね!生ハムにも色々と種類があり、「ハモン・セラーノ」は一般的なもので、希少価値の高いイベリコハム「ハモンイベリコ」はその何倍もの値段がします。

frito(フリート )

スペインのシーフード(タラ、イワシなど)のフライ「フリート」は、揚げ物好きな日本人の味覚に合うこと間違いなしです。スナック感覚で、ビールのおつまみにもおすすめです。日本食の味が恋しくなった時に食べるとホッとする料理です。

ピンチョス

タパスは1皿料理ですが、ピンチョスはスライスしたバゲット(フランスパン)の上に色々な具を乗せて爪楊枝でさしている料理です。その乗せ方や色合い、そしてもちろん味もバルによって違い、種類を食べるならパンを食べずに残すのがポイントです。

ピンチョスは、バルによって盛り方も違いますが、一般的な具をいくつか紹介します。

イベリコ豚の生ハム

高級なイベリコハムが乗ったピンチョスは、やっぱり一番人気で、どこのピンチョスにも必ずあり、高級イベリコを安く食べれるのはピンチョスだからこそ。はしごバルで食べ比べてみるのもおすすめです。

チストーラ

チストーラとはソーセージの事を言います。味は、ホットドッグのようなもので、意外とボリュームがあります。パンも食べると、かなりお腹が膨れるので注意です!

グーラス

グーラスとは、シラスウナギに似せて作らてたカマボコのような食材で、スペインではよく食べられる食材です。グーラスを使った料理は必ずといっていいほど用意されているメニューで、バルによって味付けも様々です。

ミニハンバーガー

小さなパンを2つに切って、ハンバーグを入れたミニハンバーガーもピンチョスの人気メニューです。ハンバーグと一緒に挟まれる具は、バルによって違います。見た目も可愛いので、インスタ写真映えしますよ。

スペイン料理

「マドリードに旅行に行ったら、美味しいスペイン料理を食べよう」と思っている方も多いでしょう。マドリードには、ミシュラン星付きレストランもたくさんあるので、スペイン・グルメを満喫できます。

高級レストランで食べるのももちろん楽しいですが、やっぱり、リーズナブルなタパスやピンチョスを食べながらバルで食事をしたり、ハシゴ・バルをするのがスペイン流の楽しみ方です。

スペイン料理の人気メニューを紹介します。

トルティージャ(スペインオムレツ)

ジャガイモや玉ねぎが入った厚焼きのオムレツです。トルティーヤの美味しいバルは、料理人の腕が良いと言われています。

パエリア

大きな平たいお皿でお米とシーフードを炊き上げる料理です。レストランで食べると量が多いですが、バルなら1人分の量なのでパエリアだけじゃなく他のタパスなども食べれます。日本人にはちょっと脂っこく感じるかもしれませんので、野菜と一緒に頼むと良いでしょう。

生ハム

レストランで食べると高額でなかなか手が出ないイベリコ生ハムも、バルならリーズナブルな価格で食べれます!生ハムにも色々と種類があるので、食べ比べて自分の好みの味を見つけるのも、スペイン旅行の楽しみです。

コーヒー

スペイン人はコーヒー好きが多い国民です。朝起きてコーヒーを飲んで、食事の後もコーヒーを飲んで、休憩時間にも飲んで・・と、日本人よりもコーヒーを飲むことが多いのです。

そんなスペインでは、カフェはもちろん、レストランやバルでもコーヒーは必ずあって、通りがかった人や馴染み客がさくっとコーヒーを飲んで行ったりもします。

お酒

スペインは、日本と比べるとアルコールが安いこともあり、日本よりもアルコールの消費量が多いです。なんと、朝食やランチにもビールやワインを飲むのが普通なんです!お酒を飲めるのはほぼ夜だけの日本人としては、羨ましい限りですね。

スペインで飲まれているお酒について説明しますね。

ビール

スペインには「CERVECERIA(セルべセリア)」というビアホールがたくさんあります。特に夏は、気温が高くなるため、冷えたビールが好まれるというのも理由なのでしょうね。ビールは、スーパーなどで缶に入った物も買えますが、バルやセルべセリアでは、瓶に入った新鮮なビールが飲めます。美味しいビールが飲みたいなた、バルやセルべセリアで飲むのがおすすめです。

ワイン

スペインはブドウの産地でもあるので、安くて美味しいワインの銘柄が多く、朝からワインを飲む人も多いです。飲み方はちょっと変わっていて、氷やソーダで割るなどアレンジを楽しんで飲んでいます

自分流のワインの味を知ってるスペイン人って、なんか格好いいですよね。

ベルムー(ベルモット)

最近、スペインの若者に人気急上昇のお酒「ベルモット」は、ワインに何種類物ハーブを漬けて加糖し、さらに加熱したフレーバードワインと言われるもので、そのアルコール度は、15%以上とワインよりも高くなってます。主に、食前酒として飲まれています。

サングリア

赤ワインにフルーツを漬け込んだ飲み物で、真っ赤な色をしたフルーティーな味は、女性にも人気が高いお酒です。しかし、スペイン人はあまりサングリアは飲まないため、観光客に人気の飲み物としてバルのメニューにあるようです。なので、観光客の少ない地域のバルでは、サングリアはメニューにない事もあります。

カヴァ

「カヴァ」は、スペインのスパークリングワインで、主にカタルーニャ州でシャンパンの製法で作られています。シャンパンとの違いは、指定地域の洞窟で作られていたという違いだけです。値段はシャンパンよりも安いのも人気の理由なのでしょうね。

スイーツ

スペインには日本人にも馴染みのあるスイーツがあります。日本のものとはちょっと味が違うものも多く、スペインならではの味を楽しめます。

チュロス(朝食や、チョコラータにつけて食べるおやつ時間に)

チェロスは日本でも食べれますが、スペインのチェロスは日本のような甘さが無く、チョコレートなどを付けて食べます。日本ではスイーツですが、スペインでは朝食メニューにもなっています。

スペイン伝統菓子、ケーキ類

スペインのバスク地方の伝統菓子「パステル・バスコ」は、クッキーのような食感で、中にはチェリージャム、あるいはカスタードクリームが入ったケーキです。日本では「ガトー・バスク」と呼ばれています。

スペイン・マドリードのおすすめバル

マドリードでバル巡り「ハシゴ・バル」を楽しむなら、近場で廻るの効率的です。マドリードのカバ・バハ通りには50件近いバルが並んでいるので、初めての人でもバル巡りを楽しめます。最寄り駅は「La Latina(ラ・ラティーナ)駅」です。

La Bolita Negra

スペイン人が好むお酒「ベルムー」の品揃えが多く、昼間はバルで、夜にはカクテルバーになるベルムーの専門店「La Bolita Negra(ラ・ボリータ・ネグラ)」には、マドリードの酒好きが集まり楽しい雰囲気になります。

  • La Bolita Negra
  • 住所:Cava Baja, 34, 28005 Madrid
  • 営業時間:木曜日 12:00~2:00

Meson del Champinon

歴史を感じる店舗の「Meson del Champinon」は。キノコ料理のメニューが豊富な、キノコ料理専門店です。特に、バルの人気メニューでもある「チャンピニオン・アル・アヒージョ」が、このお店の名物メニューです。どのメニューもビールとの相性が最高で、ついお酒が進んでしまいます。

  • 店名:Meson del Champinon
  • 住所:Cava de San Miguel, 17, 28005 Madrid
  • 営業時間:火~土曜日 12:00~2:00 / 日・月曜日 12:00~1:30
  • 公式HP:https://mesondelchampinon.com/ja/

Museo del Jamon

色々な生ハムが食べられる生ハム専門店です。一般的な生ハムから最高級のイベリコハムまで、あらゆる生ハムがリーズナブルな価格で食べれます。たくさんの生ハムの足が天井から吊るされている姿は圧巻です!スペインならではの光景ですね。

  • 店名:Museo del Jamon
  • 住所:Carrera de S. Jerónimo, 6, 28014 Madrid
  • 営業時間:月~木曜日 9:00~23:30 / 金・土曜日 9:00~1:00 / 日曜日 10:00~0:30
  • 公式HP:http://www.museodeljamon.com/

Pez Tortilla

カバ・バハ通りからはちょっと離れていますが、是非行って欲しいバルが「Pez Tortilla」。バルの定番メニュー「トルティージャ」の専門店です。「トルティージャの美味しいバルの料理人は腕がいい」と言われるほど、シンプルだけど味付けが難しいトルティージャ。そんなトルティージャが評判のお店なので、他の料理も期待できますね!8種類の生ビールと15種類のクラフトビールも取り揃えています。

  • 店名:Pez Tortilla
  • 住所:Calle del Pez, 36, 28004 Madrid
  • 営業時間:18:00~2:00
  • 公式HP:https://peztortilla.com/malasana/

La Castela

絶対に外れない人気のバルがこちら「La Castela」。お酒を注文すると1品タパスが付いてきます。どのメニューも、しっかりとした味付けで納得できる美味しさです。メニューに日本語はありませんが、メニューや並んでいるタパスを指差しで通じます。アンチョビメニューは、絶対に外せません!

  • 店名:La Castela
  • 住所:Calle del Dr. Castelo, 22, 28009 Madrid
  • 営業時間:12:00~16:30 / 20:00~0:30
  • 公式HP:http://restaurantelacastela.com/

マドリードでグルメを楽しむならバルを制覇しよう!

マドリードでグルメを楽しむならレストランもいいですが、バル体験がおすすめです!バルも1店だけじゃなく、スペイン流のバル巡り「ハシゴ・バル」で、人気店のタパスやお酒を楽しんでくださいね。

初めての方は、まずはカババハ通りからハシゴ・バルを始めてみましょう!注文は、食べたい物やメニューを指差しでOKです。

RECOMMEND マドリードのおすすめ記事

RELATED ARTICLES グルメカテゴリの関連記事

ハワイのスカイワイキキは海まで一望できるルーフトップ!バックバーやハッピーアワーもおすすめ!

ハワイの景色を眺めながらゆっくりお酒を楽しみたい。できればお洒落な場所で... そんな願いを叶えてくれるスポットをお探しの方は、ワイキキにあるルーフトップ”スカイワイキキ”はいかがでしょうか。ホテルやビルが立ち並ぶ街並みとその…