" />

【保存版】バンクーバーの観光日数は?おすすめ観光スポット・モデルプランを大紹介!

観光
59175views

大都市でありながら美しい自然も兼ね備えるカナダの主要都市、バンクーバー。おすすめ観光日数、モデルプラン、現地ツアーなど知りたい情報がたくさん。

「バンクーバーに行きたいけどどのくらいの日数がおすすめなの?」
「うまく観光地を回りたいんだけど、おすすめモデルコースとかあるのかな?」

今回はこういった疑問にお答えします。日数別はもちろん、グループ別にも観光スポットも紹介しているので、日数別プランに付け加えたりして自分でプランを作ってみるのもおすすめです。

バンクーバーのおすすめ観光日数は?

2泊3~4日は欲しいところ!

2泊3~4日あれば、定番の観光スポットをじっくり周ることが可能です。しかし、3泊4~5日やそれ以上の滞在であれば、バンクーバー市内から少し足を伸ばして、大自然やアクティビティなどを堪能することができます。
短い期間で効率よくバンクーバーを楽しむためのプランや、少し余裕を持った期間でバンクーバーを満喫するプランを紹介していきます。
またグループ別おすすめ観光地も紹介するので参考にしてくださいね。

日数別観光プラン:【2泊3~4日】定番コース

2泊3~4日でバンクーバー観光するなら行っておきたい観光地をピックアップ。人気定番スポット、「ダウンタウン」と「スタンレーパーク」を紹介します。

ダウンタウンを制覇する

バンクーバーの有名な観光地が豊富にある、バンクーバーの中心地であるダウンタウン。都市の中心地だけあって都会の雰囲気が漂います。バンクーバーに行ったらダウンタウンは観光しておきたいところ。ダウンタウンにも多数の観光スポットがありますが、その中でも今回は3つのスポットを紹介します。ぜひ訪れてみてくださいね。

➀ガスタウン

「バンクーバー発祥の地」と呼ばれるガスタウン。ダウンタウンの北東部に位置し、ウォーターフロント駅から徒歩5分ほど。レンがを敷き詰めた道路にレンガ造りの建物が軒を連ね、レトロな街並みが広がります。ガスタウンで有名なのは、なんといっても世界で唯一の「蒸気時計」。15分おきに蒸気で笛が鳴り、時間を知らせてくれます。蒸気時計は人気の撮影スポットなのでぜひここで写真をとってみてください。また、ガスタウンのメープルツリースクエアには一人の男の銅像がありますが、彼はガスタウンで酒場を開いた男で、彼の名「”ギャシー”・ジャック・デイトン」がガスタウンの名前の由来になっています。レストランもお土産屋も充実しているため、グルメ・ショッピングが楽しめるのも魅力の一つです。

➁ロブソンストリート

ダウンタウンの中心を貫く、バンクーバーで最も賑わっている人気のショッピングストリートであるロブソンストリート。バンクーバーでショッピングといえば「ここ!」というほどに有名な通りであり、ブランドショップ、お土産屋、ホテル、レストラン、中央図書館、バンクーバー美術館などの150店以上のお店が軒を連ねます。バラードストリート(Burrard st)とジェービスストリート(Jervis st)の間の3ブロックは特に賑わいをみせ、バラード駅やバンクーバー・シティ・センター駅から徒歩5分ほどで行けます。世界中のお店がこのロブソンストリートでお店を開くため、通りにあるお店は多種多様。グルメは日本食、中華などアジアの料理も楽しめます。

➂バンクーバールックアウト

高さ169mの高さからバンクーバーを360度見渡せるバンクーバールックアウト。ウォーターフロント駅から徒歩2分ほどのところにあり、ガスタウンにも近いです。料金は17.5 CAD(約1500円)で、嬉しいことに一度入場料を払うと1日何度でも出入り可能なので、昼と夜で違うバンクーバーの顔を眺めるのもおすすめです。クリスマスシーズンには赤くライトアップされるのも魅力の一つ。バンクーバー全体を眺めて、次はどこにいくか考えるのもいいかもしれませんね。

英名 Vancouver Lookout
住所 555 W Hastings St, Vancouver, BC V6B 4N6 カナダ
営業時間 8:00~22:30(夏季) 9:00~21:00(冬季)
定休日 なし
HP http://vancouverlookout.com/

スタンレーパークを制覇する

世界の公園ランキングで常に上位にランクインしているスタンレーパーク。日本でいう公園とは言い難く、4㎢もの広大な敷地面積を誇り、バンクーバー市民の憩いの場になっています。市バス19番で一本でアクセスでき、都会のダウンタウンの近くに位置しますが、大自然を感じることが出来ます。とても広い公園内をバスやサイクリングで一周することもできます。今回は、スタンレーパーク内でも、2つのスポットをご紹介します。ぜひ訪れてみてくださいね。

➀バンクーバー水族館

8000種類以上の海洋生物が生息するカナダ最大の水族館であるバンクーバー水族館。19番バスに乗り、スタンレイパークベイで降りた後、徒歩5分ほどで到着します。イルカ、ラッコ、サメなどのショーが日替わりで行われており、中でもシロイルカがとても人気です。入口の彫刻はシャチの彫刻で撮影スポットとしても有名です。一般的な動物園や水族館の目的はエンターテイメント、研究、教育、動物保護が挙げられますが、バンクーバー水族館は、主にレスキューセンターやリハビリセンターといった動物保護の目的で運用されており、入場料やお土産代は全て海洋生物の保護のために使われています。

英名 Vancouver Aquarium
住所 845 Avison Way, Vancouver, BC V6G 3E2 カナダ
営業時間 10:00~17:00
定休日 なし
HP http://www.vanaqua.org/

➁ライオンズゲートブリッジ

スタンレーパークの北部に位置し、ダウンタウンとノースバンクーバーの架け橋となっているライオンズゲートブリッジ。吊り橋の長さは1500mほどで1日に70000台ほどの車が行き来しています。橋は歩いて渡ることができるため、橋の上からゆっくりと111mからのバンクーバーの眺めを見ることができます。スタンレーパークから橋を眺めることもでき、特に夕方のサンセットとライオンズゲートブリッジのコラボレーションや、夜のライトアップされ夜景の一部と化したライオンズゲートは必見です。

日数別観光プラン:【3泊4~5日】満喫コース

2泊3~4日で収まり切らなかった、バンクーバーの魅力について紹介していきます。バンクーバー市から少し足を伸ばして訪れたい観光地をクローズアップ!今回は「ノースバンクーバー」と「ビクトリア」について紹介します。

ノースバンクーバーへ足を運ぶ

バンクーバー市の対岸にある自然がとても豊かな都市ノースバンクーバー。名前の通り、バンクーバー市の北に位置しています。バンクーバー市よりも広い面積の中に高層ビルが多く存在しながらも壮大な自然も存在する、安全でクリーンな街です。ノースバンクーバーには様々な観光地がありますが、その中でも今回は2つをご紹介します。ぜひ訪れてみてください。

➀キャピラノ吊り橋

ノースバンクーバーの名所といったら「空中散歩」ができるキャピラノ吊り橋。キャピラノ川にかかる吊り橋でキャピラノ・サスペンション・ブリッジ・パークの中にあります。橋の長さは140m、川からの高さは70mで、年間80万人が訪れる有名観光スポットです。吊り橋とだけあって歩くたびにぐらぐらと揺れるスリリングさを感じながら、70mからの自然の絶景を堪能することができます。夏には森林浴ができたり、冬にはイルミネーションが楽しめたりするのも魅力の一つです。カナダプレイス前などから15分間隔で往復料金無料のシャトルバス出ており、30分ほどで到着します。入場料は大人42.95 AUD(約3600円)、シニア29.95 AUD(約2500円)、子ども14.95 AUD(約1300円)です。

➁グラウスマウンテン

標高1250mから美しい風景を一望できる、グラウスマウンテン。頂上までは、スカイライドというゴンドラに乗るとすぐに行けますが、夏の期間は、自力で登るという選択肢が現れます。登山の場合はだいたい2時間ほどかかり、少しハードなので体力に自信のない方は止めといたほうがいいかもしれません。きつくても登る人が多いのは、頂上へ登りつめた後の達成感と絶景を味わうため。頂上の景色は絶景で、夜は素晴らしい夜景を眺めることができます。冬のスキーだけでなく、夏にも様々なアクティビティやイベントがあるのでぜひ訪れてみてください。アクセスはキャピラノ吊り橋と同様に無料シャトルバスがおすすめです。

≫参考: 【ノースバンクーバー決定版☆】カナダの人気観光地ノースバンクーバーの押さえておきたいオススメスポット5選

ビクトリアへ足を運ぶ

ガーデンシティと呼ばれる、花の都、ビクトリア。バンクーバーからフェリーで2時間ほどで行ける距離にあります。昔イギリスの植民地だったということもあり、英国を感じられる素敵な街並みが見られます。余裕があればビクトリアに滞在することをおすすめします。ビクトリアには様々な観光地がありますが、その中でも今回は2つをご紹介します。ぜひ訪れてみてください。

➀インナーハーバー

ビクトリア観光の拠点となる、インナーハーバー。インナーハーバーというのは地名ではなく、「内側の港」という意味で、人気の観光スポットやレストラン、ショップなどがインナーハーバーを囲むようにぎゅっとそろっています。ビクトリアのシンボルのようなホテルであり、アフタヌーンティーも楽しめる、ザ・フェアモント・エンプレス。荘厳な佇まいと美しい内装を持ち、現在も州議会が行われている、ブリティッシュコロンビア州議事堂。これら以外にも多数の有名観光スポットがインナーハーバー周辺には存在しています。撮影スポットもたくさんあるのでぜひじっくり味わってください。

➁ブッチャートガーデン

1年中、美しい植物が楽しめる広大な庭園、ブッチャートガーデン。ビクトリアの郊外にありますが、ビクトリアに来たならば、ぜひ訪れて頂きたい大人気の観光スポットです。700種類以上の植物が広大な敷地を埋め尽くし、「サンクンガーデン」「ローズガーデン」「日本庭園」「イタリアンガーデン」などの庭園を作り上げています。それぞれの庭園において植物が織りなす特有の雰囲気を感じることができます。アフタヌーンティーも楽しむことができるので、庭園とアフタヌーンティーを楽しみながらブッチャートガーデンで優雅なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

≫参考: カナダ・バンクーバーを訪れるなら必ず行きたい!花の都『ビクトリア』のおすすめ観光スポット

日数別観光プラン:【1日】で効率よく巡る

効率よくバンクーバーを周りたいという場合、
1日で、ぎゅぎゅっと、バンクーバーの主要観光地を巡るプランを紹介します。おすすめは、【2泊3~4日】定番コースを巡るプランで紹介した「ダウンタウン」と「スタンレーパーク」を1日で周ることです。
しかし、1日で自力で周るとなると非効率になりがち。そんな時は、現地ツアーやオプショナルツアーに参加してみるのもいい手かもしれません。

バンクーバーをじっくり終日観光≫≫≫

バンクーバーをぎゅっと半日観光≫≫≫

グループ別スポット:【家族旅行】絶景・温泉

自然と都会が混在する、住みやすい「バンクーバー」は家族旅行にピッタリの観光地。
大自然を楽しみながらのハイキングや温泉など、家族で楽しめるアクティビティが盛りだくさんです。ここでは、「カナディアンロッキー」の紹介をします。

カナディアンロッキー

「世界自然遺産」に登録されている、カナディアンロッキー。バンフ国立公園、ヨーホー国立公園、ジャスパー国立公園、クートニー国立公園の4つの国立公園からなり、広大な自然を堪能することができます。カナディアンロッキーの中でも今回は2つをご紹介します。ぜひ訪れてみてください。

➀レイクルイーズ

カナディアンロッキーにある湖の中でも最も美しい湖だと名高い、レイクルイーズ「カナディアンロッキーの宝石」とも呼ばれています。バンフ国立公園内にあり、絶景だけでなく、スキー、ハイキング、カヌー、ボートなどのアクティビティも楽しめます。夜には、満点の星空やオーロラを眺めることもできます。

➁バンフアッパーホットスプリング

カナディアンロッキーで有名な温泉である、バンフアッパーホットスプリング。バンフ国立公園内にあり、屋外の温泉から、ロッキーの山々の雄大さを眺めることができます。自然の雄大さを感じながら、森林浴とバンフアッパーホットスプリングの硫黄温泉で疲れた体を癒してみてはいかがでしょうか。

参考: カナダ観光と言えばここ!バンクーバーから行ける世界遺産カナディアンロッキーの見所徹底解説☆

グループ別スポット:【友達旅行】ショッピング・アクティビティ

バンクーバーはショッピングできるところがたくさん。また、友達と楽しめるアクティビティも、もちろんあります。ここでは、「グランビルアイランド」と「ウィスラー」の紹介をします。

グランビルアイランドを楽しむ

パブリックマーケットで有名なグランビルアイランド。バンクーバーのダウンタウンからバスで一本とアクセスが良いです。一番の見どころはもちろんパブリックマーケット。パブリックマーケットは新鮮な食材やお菓子など、豊富な品揃えがある市場で、「バンクーバーの台所」と呼ばれるほど。グランビルアイランドを訪れた際は必ず訪れたい市場です。

ウィスラーを楽しむ

1年中アクティビティが楽しめる、世界有数のリゾート地ウィスラー。バンクーバーからは、バスで2時間半ほどのところにあります。ウィスラーには様々な観光地がありますが、その中でも今回は2つをご紹介します。ぜひ訪れてみてください。

➀スキー場

北米最大規模を誇る、ウィスラーのスキー場。2010年冬季オリンピックの会場となったことでも有名です。200以上のコースがあり、スキー初心者から上級者まで様々な方のニーズにあったコース選択が可能です。また、雪がさらさらで滑りやすく、毎年200万人以上の人がウィスラーにスキーをしに訪れます。プロアマ問わずスキーを楽しむことができるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

➁ウィスラービレッジ

ホテル、ショップ、レストランなど200以上のお店が軒を連ねる、ウィスラービレッジ。ウィスラーの中心地でもあります。カナダ発のブランドやアウトドアブランド、有名なレストランなどがあり、1日、ここで過ごせるくらいに充実しています。ウィスラービレッジ内はバリアフリーということもあり、幅広い年代の方が楽しめるエリアとなっています。

≫参考: 世界有数のスキーリゾート!カナダ・ウィスラーを100倍楽しむ方法

グループ別スポット:【恋人旅行】サンセット・夜景

素敵な景色を楽しめる場所が多くある、バンクーバー。ロマンチックな景色を眺めることができ、恋人同士の旅行にもおすすめの都市。ここでは、「イングリッシュベイ」と「カナダプレイス」の紹介をします。

イングリッシュベイ

ダウンタウンの西部にあるビーチで、美しいサンセットが見られることで有名なイングリッシュベイ。ウォーキングやジョギング、日光浴などをしている人がおり、バンクーバーの市民の憩いの場となっています。ビーチから見る夕日は水平線の上に輝き、ロマンチックなサンセットを眺めることができます。また、海を眺めながら食事ができるレストランもあり、美味しい食事を食べながらうっとりするのもおすすめです。

カナダプレイス

バンクーバーのデートスポットと言えば、カナダプレイス。ダウンタウンにあり、バンクーバーのシンボルになっています。白い船の帆のような建物は、目にしたことがあるのではないでしょうか。ノースバンクーバー側もダウンタウン側も見渡すことのできる抜群のロケーションで、うっとりするような夕日を眺めることができます。フライオバーという、カナダの大自然を遊覧飛行する疑似体験ができるアトラクションもあるので試してみてください。

素敵なバンクーバー旅行のために

バンクーバーのおすすめ観光日数は最低2泊3~4日
日数を増やすことで、市内から少し離れた場所にも足をのばすことができ、楽しみ方も増やすことができます。日数別観光プランやグループ別観光スポットを参考に、自分に合ったプランでバンクーバーを満喫してください♪限られた旅行期間の中で、思う存分バンクーバーを楽しむために、現地ツアーやオプショナルツアーなどを使ってみるのもいいかもしれません。

RECOMMEND バンクーバーのおすすめ記事

カナダ観光と言えばここ!バンクーバーから行ける世界遺産カナディアンロッキーの見所徹底解説☆

誰もが一度は写真を見たことのある山・カナディアンロッキー。ですが、具体的にどんな楽しみ方をすればいいのか、どんな観光スポットがあるのかを知らない方も多いのでは?この記事ではカナディアンロッキーの魅力について徹底解説します…

カナダ・バンクーバーを訪れるなら必ず行きたい!花の都『ビクトリア』のおすすめ観光スポット

カナダのバンクーバーを訪れる人の多くが併せて訪れる街・ビクトリア。この記事ではビクトリアの見所とオススメスポットについて詳しくご説明します♩バンクーバーからフェリーで行ける!ビクトリアってどんなところ?ビクトリアはバンク…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事