" />

《出発準備》ペルーの行き方と時差について徹底解説!

旅行準備
7374views

この記事では、ほとんど日本の反対側である南米大陸にあるペルーへの行き方や時差についてご紹介していきます。マチュピチュなどの歴史的建造物がたくさんあるペルーを120%楽しみたい方は必見!おすすめの乗り継ぎ便の紹介や、時差ぼけ対策、飛行機を快適に過ごすグッズの紹介もしてますので是非併せてご覧ください!

日本からペルーへの行き方

ここでは、日本からペルーの行き方についてご紹介していきます!かつてインカ帝国が栄えていたこたことでも有名であり、空中都市のマチュピチュがある国としてもとても有名です。近年では、歴史的建造物が豊富にあることから注目され始めた観光地!日本からペルーに行く観光客も年々増加しています。

ペルーへ行くには飛行機に乗る必要があるのですが、現在日本とペルーの直通便は運行しておりません。そのため、アメリカやカナダなどの国を経由して乗り換える必要があります。主要なルートをいくつか紹介します!

ペルーの行き方について詳しく知りたい方はこちら▶「《出発準備》ペルーの行き方と時差について徹底解説!

おすすめ乗り継ぎ便

ペルーの中心部であり、首都である「リマ」にあるホルヘ・チャベス空港に向かうには、いくつかの方法があります。先にも申しましたが、直行便はありません。そのため、アメリカやメキシコ、その他諸外国を経由して乗り継いで向かいます。

バスなどを用いて、ペルーへ入国する方法もあるのですが、正直おすすめはできません。費用はかなり安く抑えられるのですが、狭いバスで数時間〜数十時間揺られますので、かなりの体力が必要。諸外国のバスは日本と比べるとかなり狭く、悪路を走ります。費用がある程度掛かっても、飛行機での入国がおすすめします!

乗り継ぎにおいて注意すべき点は、待ち時間です。乗り継ぎが同じ航空会社の場合ならば、だいたい1〜2時間程度で済みますが、航空会社が違うと5、6時間待つなんてことはよくあります。航空券の価格が安いほど、待つ時間が長くなる傾向にありますので、予算と相談しながら決めるといいでしょう。

メキシコシティファレス国際空港経由

  • 経路:成田〜メキシコシティファレス国際空港〜ホルヘ・チャベス国際空港
  • 所要時間:約19時間(待ち時間は含まず)

ジョージブッシュインターコンチネンタル空港経由

  • 経路:成田〜ジョージブッシュインターコンチネンタル空港〜ホルヘ・チャベス国際空港
  • 所要時間:約19時間(待ち時間は含まず)

ロサンゼルス国際空港経由

  • 経路:成田〜ロサンゼルス国際空港〜ホルヘ・チャベス国際空港
  • 所要時間:約20時間(待ち時間は含まず)

アトランタ国際空港経由

  • 経路:成田〜アトランタ国際空港〜ホルヘ・チャベス国際空港
  • 所要時間:約20時間(待ち時間は含まず)

ESTA申請について

ペルーに行く際には、どこかで乗り継ぎをしなければなりません。しかし、アメリカの空港を利用する場合は注意が必要です。アメリカ国内に入国するためには、例え乗り継ぎのみといえどESTAの申請が必要になってきます。

そもそもESTAとは、ビジネスや旅行などでアメリカを訪れる際に必要なビザの代わりの書類になります。本来、ビザの申請が必要なのですが、以下の条件を満たせばビザの代わりとなり、申請等が簡単なESTAを使用することができます。

  • 有効なICチップ搭載のパスポートを所持していること
  • 往復または、第三国への航空券を所持
  • アメリカへの渡航の目的が、観光、短期商用、通過目的
  • アメリカ合衆国入国後、90日までの滞在

以上が条件になります。日本では現在全てのパスポートがICに切り替わっているため、乗り継ぎの場合はESTAを申請すればOK。

ESTAの申請は72時間前までに行う必要がありますので注意が必要!申請方法はWeb上のESTA公式サイト(https://estaustour.com/?ja)にて簡単に手続きを行うことができます。費用は14ドル(約1560円)です。手続きを忘れると、アメリカを経由する飛行機には乗れませんのでご注意ください!

日本とペルーの時差

日本とペルー、飛行機で約20時間かかり、距離にして15000kmもあります。そんな日本とペルーとの時差は、14時間あります。日本の方が時間が進んでいるため、日本が1月1日の午前9時のとき、ペルーでは、12月31日の午後7時というわけです。

午前9時に飛行機に乗ったのに、乗り換え先のアメリカ・アトランタでは午前8時ということになりますので、体内時計はパニックになってしまいますね。

サマータイムはやってるの?

サマータイムという言葉は、聞きなれない人もいるかもしれません。サマータイムとは、アメリカやカナダ、メキシコなどで導入されている制度で、夏の時期は陽が長いためその時間を利用して、時計の針を1時間進めるものです。欧米各国を中心に展開されていますが、まだペルーでは実施されていませんので、特に気にする必要はありません。

時差ボケ対策

通常、4〜5時間ほどの時差があると時差ぼけになりやすいと言われています。ペルーは南米大陸にあり、日本のほとんど反対側にあるため、時差は14時間にも及びます。ほとんど昼夜が逆転しているため、対策をしっかりしていきましょう。

ここでは、時差ぼけの症状や対策についてお話ししていきます!また、20時間にも及ぶ長時間フライトを快適に過ごすためのグッズもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

時差ボケの症状とは

海外に行った場合付いて回る時差ボケに苦しんだ経験がある人も多いかもしれません。ましてや日本の反対側のペルーともなると昼夜がそのまま逆転しているような感覚です。

そんな時差ボケの主な症状は、不眠や眠気、疲労感、頭重感、食欲不振、イライラ感などがあります。せっかくの楽しい海外なのにも関わらず、時差ボケに苦しむのは嫌ですよね。時差ボケの辛いところは、海外に行っている間だけではなく、帰国した後でも症状が出る可能性があるというところです。

現地の時間に合わせて生活をしているといざ帰国したら、一度合わせた体内時計をまた調整し直さなければなりませんからね。出発前だけではなく、滞在中でも注意が必要です!

時差ボケ対策

辛い時差ボケを即座に直す方法は正直ありません。しかしながら、ちゃんと前もって準備をしていけば時差ボケを抑えることができるのです!いくつか方法がありますので、ご紹介させていただきます!

食事の時間をコントロール

まず、簡単な方法として、現地に行く1週間ほど前から現地の時間に合わせて食事の時間をコントロールするといいでしょう。ペルーの場合、朝は9時、昼は14時、夜は20時くらいに食べることをおすすめします!体内時計が少しずつ現地の時間に馴染んでくるはずです。

現地の時間に合わせて就寝を取る

時差ぼけの対策として最も有効なのが、この就寝時間の調整です。しかしながら、14時間も時差があるとなかなか調整することが難しいですよね。しかし、2時間や3時間などの短い時間でも現地に合わせると症状が緩和されますので、無理しない範囲で就寝時間の調整をしましょう!

機内で眠る時間を調整する

20時間も飛行機の中で過ごすとなると、寝るタイミングが難しいですね。足跡ですが、ここで寝る時間を調整するのも効果があります。現地の時間に合わせて寝る時間と起きている時間のバランスを整えましょう!ここで日本時間で過ごすと完全に昼夜逆転してしまいますのでご注意・・・。

ペルー旅行:長時間フライトを快適に過ごすために

ペルーまでのフライトは約20時間!入出国の手続きや待ち時間を含めると丸一日を移動で費やす羽目になります。せめて飛行機くらいではゆっくりと快適に過ごしたいですよね!そこで、長時間フライトを快適に過ごすための便利なグッズを紹介していきます!

ネックピロー

飛行機で寝て起きたら首が痛かったなんてことはありませんか?特に長時間のフライトでおすすめなのは断然このネックピローです!首の周りに枕が付いているので、エコノミー席の倒せない場所でも快適に睡眠が取れちゃうグッズです!

空気を入れて膨らませるため、嵩張らずに持っていくことができます。寝顔を見られたくない方はフード付きのものだと、隠れるので安心して眠ることができますね。

保湿アメニティグッズ

飛行機の中は、湿度が低く喉がすぐ乾きやすいですよね?実は、お肌もかなり乾燥しているため、保湿グッズ等をもっていくことをおすすめします。汗拭きシートなどで体を拭いた後に保湿クリームを塗ると、少し気分が楽になりますし、いい香りのものを買っておくと、飛行機でのイライラも少し飛びますのでおすすめです!

ホットアイマスク

もっていく人が少ないのですが、このホットアイマスクは眠りにくい飛行機の中ではおすすめ!時差などで眠れなくても、このホットアイマスクを着用して、目を温めることで頭がかなりリラックスします。あまりの気持ち良さにすぐ寝付けちゃう人も多く、寝れなくてもかなりのリラックス効果が得られます!

ペルーを120%楽しもう!!!

日本の反対側である南米大陸に位置するペルーへの行き方、時差や時差ボケに対する対処法などをここではご紹介してきました。

時差が14時間にも及ぶペルーでは、旅行に行く前から時間の調整をする必要があります。ペルーの現地時刻に合わせて睡眠を取ることは流石に難しいですが、食事の時間を少しずらすことにより、時差ぼけの症状を和らげることもできるのです!ペルーを120%楽しむためには、事前の準備をしっかりとしておきましょう!

RECOMMEND ペルーのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 旅行準備カテゴリの関連記事