" />

ミュンヘンとベルリン間の移動方法まとめ!ICE・飛行機・バスでおすすめは?

観光
1551views

ドイツのミュンヘンとベルリン間の移動方法を総まとめ!ICE(高速列車)、飛行機、バス、それぞれの利用方法やメリット・デメリットをご紹介します。またミュンヘンとベルリン、両方の都市の特徴やおすすめポイントもまとめましたので、「どっちに旅行しようかな?」と迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミュンヘンとベルリン間の移動、おすすめ方法は?

ミュンヘンとベルリン間の移動には、一般的に、ICE(高速列車)、飛行機、バスで移動する旅行客が多いです。どれだけ時間やお金を使えるのかによって、最適なものを選びましょう。ICEや飛行機なら日帰りも可能です。

ICE(高速列車)で移動する方法

ドイツ鉄道にはICEという高速列車があります。ミュンヘン中央駅からベルリン中央駅までは約4、5時間で移動できます。乗り換えでも直行便でもほとんど料金が変わりませんので、直行便が便利です。

ICEの最新列車「ICE Sprinter」なら約4時間で到着するので、日帰りでも十分観光が楽しめます。

1時間に1、2本運行しており、当日にチケットを購入することで乗車可能です。ただし、料金を安くしたい、車内で快適に過ごしたいなどの希望があれば、事前にネット予約をするとよいでしょう。約50~150ユーロで購入できます。

事前のチケット予約について、ドイツ鉄道公式サイトだと、ドイツ語か英語になります。レイルヨーロッパ(RAILE UROPE)というサイトであれば日本語でも購入可能なので、英語の苦手な方でも安心です。

飛行機で移動する方法

飛行機なら、ICEよりもかなり早く移動できます。市内から空港まで約45分、ミュンヘン国際空港からベルリン・テーゲル国際空港までは約1時間です。

飛行機の料金は時期によってかなり変動があるので注意してください(閑散期なら50ユーロ程度)。

また、ミュンヘン国際空港はヨーロッパ有数の大きな空港でレストランが充実しています。プライオリティパス(ラウンジ)を利用すれば、さまざまな飲料が飲み放題で、Wi-Fiも利用できます。シャワーが利用できるエリアもあるそうです。

バスで移動する方法

バスでの移動は、飛行機やICEに比べるとお手頃価格です。最安で20ユーロで済みますが、時間は約7時間半かかってしまいます。低予算の旅や時間に余裕のある旅なら良いかもしれませんが、時間を節約したい方にはおすすめできません。

また、バス移動なら日帰りすることも不可能でしょう。

しかし、サービスエリアでの休憩の際に温かい食事をとることができ、体も伸ばすこともできます。飛行機やICEでは見ることのできないローカルなエリアを身近に感じることもできるので、ツウな旅をしたい方にはおすすめです。

ミュンヘンとベルリン、おすすめの旅行先は?

ミュンヘンもベルリンもどちらも歴史のある魅力的な土地です。旅行日数に限りがあるならどちらか選ばなくてはなりません。それぞれの特色をご紹介します。

ミュンヘンってどんな街?

ミュンヘンはドイツで最も人気の土地の1つです。日本でも開催されるクリスマスマーケットの本場・マリエン広場があります。グルメ天国としても名高く、ビール祭り、オクトーバーフェストなどのイベントが毎年開催されています。

食を思いきり楽しみたい方やお祭り騒ぎが好きな方にはミュンヘンがおすすめです。

ベルリンってどんな街?

ベルリンはミュンヘンへ人が流れていった代わりに、空いたスペースでクリエイティブなことをしたい人々が集まるようになりました。物価も安いので、何かを始めようとするためのスタートアップ都市としても選ばれています。

またベルリンの壁で東西を分けられた歴史的事実のある土地ですから、それに関わるスポットを訪れるのも興味深い経験になるでしょう。

クリエイティブな博物館や絵画ギャラリーも見所ですので、歴史に加えてアーティスティックなことに興味がある方はベルリンがおすすめです。

ミュンヘンとベルリン間の移動方法情報まとめ

ミュンヘンとベルリン間の移動について、時間を短縮したいなら飛行機、ローカルでコアな旅にしたいならバス、適度に安い料金で時間もほどほどの移動で風景を楽しみたいならICEがおすすめです。自分にぴったりの移動方法で、ドイツ旅行を存分にお楽しみください。

RECOMMEND ミュンヘンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事