" />

【ポルトガル】リスボンの移動手段まとめ!地下鉄&トラム&バスの利用方法を徹底解説

航空券・移動
908views

ポルトガル最大の都市、首都リスボンの交通機関は発達しているので、観光中の移動にも便利です。市内には鉄道や地下鉄(メトロ)、バス、トラムなど色んな移動手段があり、観光名所を網羅!日本のスイカのようなICカードをタッチするだけで、簡単に乗車できます。

そこで海外旅行先として人気のリスボンで、効率よく観光するための移動方法、チケットの買い方、移動中の注意点などを詳しくご紹介します!

ポルトガルの首都『リスボン』の移動手段事情

リスボンで観光客が主に利用するのは地下鉄のメトロや路面を走るトラムバスなどの公共交通機関。鉄道は主に市内からシントラなど、郊外を訪れる際に利用します。それぞれの特徴や乗り方、料金、チケットの購入方法まで詳しくまとめました! 

リスボンを訪れる前に知っておきたい、市内を移動するための現地情報。リスボン観光を予定されている方や、まだ計画中の方も必見です。

リスボンの移動手段①地下鉄

さまざまなリスボン市内の移動手段の中でも、市民の足となっているのが地下鉄のメトロです。市内の路線はブルーライン(Azul)、イエローライン(Amarela)、グリーンライン(Verde)、レッドライン(Vermelha)の4本のみで、東京の地下鉄ほど複雑ではありません。

空港から市内への移動は、レッドラインが空港に乗り入れています。

⇨メトロ路線マップ

ライン(別名) 区間(駅数)
ブルーライン(かもめ) Amadora Este~ Santa Apolónia(18)
イエローライン(ひまわり) Odivelas~ Rato(13)
グリーンライン(カラベル船) Telheiras~ Cais do Sodré(13)
レッドライン(オリエンテ) São Sebastião~ Aeroporto(12)

乗車について

メトロの駅は街中でも目につきやすい、赤い「M」のマークが目印。リスボンでは地下鉄の改札は、日本と同じでICカードをかざすだけなので簡単に乗車できます。

時刻表はありませんがどのラインも本数が多く、朝の6時半始発の深夜1時に発駅を出たものが終電です。5〜10分間隔で運行しています。

シングルチケット

リスボンの地下鉄のシングルチケット(1回券)は、最初に改札を通ってから60分間以内なら乗り換えもできます。メトロを乗り換える際は、改札を出る必要はありません。メトロを利用して目的地の駅に到着後、60分以内ならバスやトラムに乗り継ぎが可能です。

Lisbon Metro公式HP https://www.metrolisboa.pt/en/
シングルチケット料金 1.50ユーロ

リスボンの移動手段②トラム

リスボンの町並みに溶け込むレトロなトラムは、市内観光に最適です。有名な観光スポットを訪れる移動手段にも、メトロと違って車内から街並みを眺めることもできて一石二鳥!

一番人気の路線は28番線で、人気観光スポットのサン・ジョルジェ城を訪れるのに便利です。ただし観光シーズンは、観光客でかなり混雑しています。近年24番線が復活して運行を開始したので、現在6路線が走っています。

路線名は12E・15E・18E・24E・25E・28E

他にも、ベレン地区へ向かうには15番線、アジュダ宮へは18番線など6つの路線があります。市内が一周できる12番線以外は、往復の路線が分かれているので正確には11路線。レトロな旧型だけでなく、新型車両も走っています。

またトラム乗車中は、フリーwi-fiが利用できるので便利! 乗車していなくても、トラムの近くに行けばwi-fiをキャッチすることができます。

⇨トラム&バスルートマップPDF

乗車について

トラムの乗り場では、手を上げて運転手に乗車したい意思を伝えないと止まってくれない場合もあります。また入口は前方ですが、新型車はどのドアからも乗車可能。降りる時は「Stop」ボタンを押せば次の停留所で止まってくれます。

運行時間は路線によって異なり、乗り場には時刻表があるのでチェック!

Carris社の公式HP http://www.carris.pt/en/home
シングルチケット料金 3ユーロ

リスボンの移動手段④バス

市内を網羅しているバスは、乗りこなせるとかなり便利です。反面、路線が多く少し複雑そうですが、バスもカリス社のホームページでルートや時刻表が確認できます。ただ道路が舗装されていない場所も多く、バスは揺れることもあるので乗り物酔いする方にはおすすめできません。

またバスもトラムと同じくフリーwi-fiが利用できます。

⇨トラム&バスルートマップPDF

乗車について

バスもトラムと同じで、バス停で待っているだけでは停車してくれない場合があります。乗りたいバスが来たら手をあげて、運転手にサインを送りましょう。降りる際はトラムと同じく「STOP」ボタンを押せばOK! 

また、バスは交通事情にも影響されるので、時刻通りに運行していない場合もあります。

深夜バスも運行

通常バスの運行時間は路線によって異なりますが、主要なデイバスは早朝から23時頃までの運行です。リスボンではナイトバスもあるので、本数は少ないですが終電を逃した時などに便利。24時から早朝5時頃まで運行しています。

ですが海外で、深夜や明け方にバスに乗ることは治安上おすすめできません。

⇨ナイトバスルートマップ

Carris社の公式HP http://www.carris.pt/en/home
シングルチケット料金 2ユーロ

リスボンの移動手段⑤ケーブルカー

リスボン市内には、「グロリア」「ラブラ」「ビッカ」3つのケーブルカーがあります。急斜面を上り下りするだけなので、徒歩でも10分程度の距離です。ガイドブックやポスターなどで、見たことがある人もきっと多い「ビッカ」ライン

ケーブルカーが走る街並みと、遠くにテージョ川が流れる景色はフォトジェニック。近くには、リスボンの名所の一つ「サンタ・カタリーナ展望台」があります。

3つの中で最も急斜面を走る「グロリア」線も、観光客に人気。こちらは登り切ると、「サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台」を訪れることができます。

Carris社の公式HP http://www.carris.pt/en/home
シングルチケット料金 3.80ユーロ

リスボンの移動手段⑥鉄道

リスボン市内の移動はメトロやトラムが便利ですが、ポルトガル第二の都市ポルト世界遺産で有名なシントラを訪れる際は鉄道を利用します。

国鉄のポルトガル鉄道は「CP」と呼ばれ、料金は1〜8のゾーン制。リスボン市内には「Cais do Sodre」「Entrecampos」「Oriente」「Rossio」「Santa Apolonia」「Sate Rios」の6つの駅があります。

ホームページ上で出発駅と到着駅を入力すれば、料金や時刻を調べることができます。

⇨リスボン近郊鉄道マップ

Carris社の公式HP https://www.cp.pt/passageiros/en
シングルチケット料金 1.35ユーロ〜

リスボンの移動手段⑦タクシー

使う場面はあまりないかもしれませんが、リスボンのタクシーは比較的リーズナブルです。平日昼間の最低料金は2019年の現在3.25ユーロ(約400円)で、街中ではタクシースタンドから乗車できます。

電話で呼んだ場合やトランクに荷物を入れる際は追加料金が発生するので注意!またクレジットカードが使用できないタクシーもあります。

配車アプリ「ウーバー(Uber)」を活用!

リスボンでは、配車アプリの「ウーバー」の利用が便利です。乗りたい場所と行き先を入力すれば、ウーバーに登録しているドライバーが迎えに来てくれます。これならドライバーに、片言の英語やポルトガル語で行き先を伝える必要もありません

ぼったくりの心配もなし!クレジットで支払いできるので、現金を用意する必要がないのもポイントです。

リスボンの移動手段⑧トゥクトゥク

タイなどの東南アジアでよく見かけるトゥクトゥクですが、リスボンでも乗ることができます。ヨーロッパでは、あくまで観光用の乗り物とされているトゥクトゥク。ポルトガル語以外に英語やスペイン語など多言語話せるドライバーが多く、目的地を伝えて値段交渉すればトゥクトゥクでプライベートな観光が楽しめます。

リスボンの移動手段におすすめのICカード①リスボンカード

リスボンの交通機関では、日本と同じように改札でタッチするだけのICカードが主流です。ご紹介したメトロやトラム、バス、ケーブルカーが同じ1枚のカードで利用できます。

リスボン2大ICカードの1つ「リスボンカード」は、公共交通機関だけでなく観光名所の入場にも利用できる、旅行者にとって最適なカードです。その特徴を詳しく見てみましょう!

リスボンカードって?

リスボンカードは、メトロ・トラム・バス・ケーブルカーの乗り放題と、人気観光スポットや美術館が無料もしくは割引になるお得なカードです。初めてリスボンを訪れる方で、1日中市内観光される方には特におすすめ!

リスボン観光に欠かせない「ベレンの塔」や「サンジュスタのエレベーター」、「ジェロニモス修道院」などの入場料が無料に! 

さらにリスボン郊外の世界遺産のあるシントラと、リゾート地カスカイスを訪れるための郊外への鉄道料金も無料! 種類は24時間の1日券、2日券、3日券から選べます。

リスボンカードの料金

料金はそれぞれ1日券が19ユーロ、2日券が32ユーロ、3日券が40ユーロです。例えば先ほどご紹介したリスボンカードに含まれている観光スポットの入場料が、ベレンの塔は6ユーロ、サンジュスタのエレベーターは5ユーロ、ジェロニモス修道院が10ユーロなので、すべて訪れれば元がとれます。

その際にはもちろん移動に交通機関を利用するので、使い方によってはかなりお得に! 

リスボンカードの購入方法

1枚で交通手段のためと観光スポットへの入場、さらにディスカウントカードと3つの役割を果たしてくれるリスボンカード。ホームページ上から、ネットで簡単に購入することができます。

リスボンを訪れる前に購入しておけば、空港で受け取り可能。現地に到着してから購入する場合は、空港や観光案内所“Lisboa Welcome Center”、レスタウラドーレス広場の“Foz Palace”で購入できます。

リスボンの移動手段におすすめのICカード②ヴィヴァ・ヴィアジェン

いわゆる日本のスイカのような役割を果たしているのが「ヴィヴァ・ヴィアジェンカード」です。リスボンカードと違うのは、観光スポットへの入場料などが含まれていない点。

交通機関を利用した、リスボン市内の移動専用カードです。改札にかざして使用するのは同じですが、購入時は注意が必要! カードにはタイプがあるので、どのタイプにするかよく考えてから購入しましょう。

ヴィヴァ・ヴィアジェンって?

ヴィヴァ・ヴィアジェンカード自体は0.5ユーロで、用途に合わせてチャージして使用します。1度だけ使用できるメトロのシングルチケットの購入か、チャージした金額から使用する度に引き落とされるタイプ、そして24時間乗り放題から選べます。さらに乗り放題にはフェリーや郊外の電車が含まれたものもあり、金額が異なります

滞在日数にもよりますが、リスボン観光の初日はリスボンカードで観光スポットをめぐり、2日目以降はヴィヴァ・ヴィアジェンカードという使い分けがおすすめです。

ヴィヴァ・ヴィアジェンの料金

ヴィヴァ・ヴィアジェンカードは年々値上がりしているので、下記は2019年現在の料金になります。

カード代 0.5ユーロ
・シングルチケット 1.50ユーロ
・1日券(24時間乗り放題) 乗り放題の内容により異なる
バス/トラム/地下鉄  6.40ユーロ
バス/トラム/地下鉄/フェリー 9.50ユーロ
バス/トラム/地下鉄/鉄道 10.55ユーロ
・チャージ  3〜40ユーロ(1回の使用につき1.33ユーロ引き落とされます)

ヴィヴァ・ヴィアジェンの購入方法

カードは地下鉄の駅にある券売機や、リスボン空港駅など主要な駅のチケットオフィスで購入できます。駅の券売機は、英語表記にできるので事前にどのタイプにするか決めておけば簡単に購入可能! 現金とクレジットカードどちらも使用できます。

またチャージした残高確認も券売機、チケットオフィスの窓口で! 購入した際はレシートを念のためとっておくことをおすすめします

リスボンの移動手段についての注意点

ポルトガルの首都リスボンでの交通手段をご紹介しましたが、移動中には注意点もあります。日本とは異なる海外を旅行中、特に初めて訪れる国ではトラブルが起きることも! トラブル回避には、事前の下調べが重要です。

リスボンを訪れる前に知っておきたい、市内を移動中に気をつけたい注意点をまとめました。

タクシーのトランク利用は有料

スーツケースなど大きな荷物を持ってタクシーに乗る際は、トランクの使用料1.6ユーロが別途発生します。このトランク利用料金は通常発生するものなので、ぼったくりと勘違いしてドライバーとトラブルにならないよう気をつけましょう。

また、英語が話せないドライバーもいるので、紙に目的地と住所を書いて用意しておけば安心。中には遠回りしてぼったくるタクシードライバーもいるので、不安な方はウーバーの利用がおすすめです。

ヴィヴァ・ヴィアジェンカードはSuicaと似て非なり

ヴィヴァ・ヴィアジェンカードをチャージして使用する場合、残った金額を現金に換えることはできません。多めにチャージして旅行中使い切れなかった場合も、返金は対応してくれません。またチャージ残高が残っていると、1日のり放題券を買いたくても同じカードでは購入できないので新たにカードを作る必要があります

1枚のヴィヴァ・ヴィアジェンカードで、1日券とチャージ式などの異なるタイプは同時に使用できません

スリが多発

リスボンでは、観光シーズンは特にスリが多発しています。混雑するトラム内やバス内など、移動中は油断禁物!街歩きや観光の際、海外ではリュックを背負うのはNGです。前に抱えるか、貴重品は別にしましょう

リスボンのスリはプロフェッショナルなので、気づかない間に財布がなくなっていたという被害が起きています。対策としてはバッグのファスナーが開けられないように抑えて持つなど、警戒心を出すようにしましょう

もしくは盗まれることを想定した上で、財布はブランド物を使用しない、日本の免許証など必要ないものは持ち歩かないように!

リスボンの交通機関を利用して効率よく観光を!

リスボンは、歴史的な美しい教会やトラムの走るレトロな街並み、絶景スポットの展望台など観光名所が多数限られた旅行期間で、すべて網羅するには移動手段が重要です。便利なリスボンのメトロやバス、トラムなどを利用してリスボン観光を満喫してくださいね。

リスボンのツアー一覧

リスボンのおすすめツアーを紹介しています。
★★★★★

RECOMMEND リスボンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事