" />

パラオの宿泊ならここ!人気のおすすめホテル&コテージ14選

宿泊
577views

海外リゾート旅行先として、近年人気が上昇してきているパラオ。パラオには島も多数あり、どのエリアのどこに泊まるかは、パラオの旅行の大事なポイントの一つ。

隠れ家的なプランテーションリゾートや、観光しやすいエリアにあるホテル、プライベートビーチ付きのホテルなど、パラオのおすすめ宿泊施設・エリアに関する情報を詳しくご紹介します。

パラオのホテルにおすすめのエリア

パラオには、200以上の島々がありますが、人が住んでいる島は9島しかありません。そんな中で、観光客におすすめの島はコロール島、カープ島、ペリリュー島の3つ。島ごとに特徴なども異なるため、旅行の目的に合ったエリアに滞在しましょう。

①コロール島

パラオの最大都市、コロール島。パラオの中で、最も活気に溢れ、レストランや宿泊施設なども一番多いです。また、パラオ空港からのアクセスが非常に便利で、コロール島発のツアーなどもたくさんあります。

利便性を優先したい場合は、コロール島がおすすめ♪ショッピングやお土産探しなども楽しみたい方にもおすすめです!

エリア名 Koror Island
住所 Koror, Palau *パラオ諸島最大の島であるバベルダオブ島の7kmほど南西に位置する。

②カープ島

カープ島は、ダイバーのために開発された島と言っても過言ではないほどダイビングで人気のある観光エリアで、ダイビング目的の方におすすめの島。島には唯一の宿泊施設「カープ・アイランド・リゾート」があり、コロール島のホテルが予約できなくても、カープ島では予約できるといった場合もあります。

カープ島は「時計のない島」とも言われていて、ゆったりとした時間が流れています。ゆっくりまったりと過ごしたい方にもおすすめの島です!

エリア名 Carp Island
住所 Carp Island, Palau *太平洋西部パラオ沖

③ペリリュー島

第2次世界大戦の激戦地ともなったペリリュー島。当時の戦跡や遺品が多数残されており、歴史探訪に訪れる観光客も多くいます。また、有名ダイビングスポットも近くにあるため、ダイビング目的の方も多く滞在します。

コロール島からは日帰りでも行けるため、歴史観光のみが目的の場合はコロール島に宿泊し、ペリリュー島に日帰りで訪れるというのも良いでしょう。

エリア名 Peleliu Island
住所 Peleliu Island, Palau *コロール島から南西約50kmに位置する。

パラオのホテル事情

パラオのホテルは観光客の増加に伴って、どんどん増えてきています。また、リゾート地というだけあって高級リゾートホテルやプライベートビーチ、プール付きホテル、常夏の楽園の雰囲気を楽しめるコテージなど、様々な宿泊施設があります。

リゾートホテル

リゾート地に行くなら、やっぱりホテルもこだわりたい!プライベートビーチやプールを備え、目の前にはオーシャンビューが広がり、自然豊かな広々としたガーデンに囲まれながらゆったりした時間を過ごすことができるのがリゾートホテル♪

パラオにはリゾートホテルが何軒かあるので、旅の目的にあったリゾートホテルを選んでくださいね!

水上コテージ

新婚旅行や結構記念日にパラオに訪れる方も多く、素敵な水上コテージがパラオにはあります。青く透き通った海に浮かぶ水上コテージ。水上コテージの最大の魅力は、目の前に広がるパラオの海と、プライベートな空間を存分に楽しめること♪

夕日を眺めながらベットでゆっくり…なんてこともできちゃいます!大切な人と、最高に贅沢でリラックスした時間を過ごすことができますよ。

パラオでおすすめのホテル&コテージ14選

パラオには素敵なホテルやコテージがたくさん!安くてコスパがいいホテル、ダイビング目的の方向けのホテル、そしてハネムーンなどにも向いている高級ホテルまで、様々なランクのおすすめホテルをご紹介していきます!

せっかくリゾート地にきたなら、ちょっと贅沢してみるのもいいかもしれませんね♪

①パラオ・プランテーション・リゾート

パラオの中心地・コロール島に位置しながらも自然を満喫できる、緑に囲まれた隠れ家的リゾート地。約3年かけて造られたこのリゾートホテルは、隅々までこだわりの空間が広がっており、別の場所にいるような感覚になります。

市街地までも10分というアクセスの良さも魅力的!施設内には、プールや4軒のレストラン&バーも併設しています!

英名 Palau Plantation resort
住所 P.O.Box 1722, Koror, Republic of Palau 96940
電話 (680) 488 3631
価格 約3万円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP http://palauplantation.com/

②パラオ・パシフィック・リゾート

約25ヘクタールの敷地で、緑と白い白浜のトロピカルガーデンが特徴的な贅沢なリゾートホテル。プライベートビーチ、スパも併設しており、金曜の夜にはパラオの伝統的な踊りを見れるショーも開催され、ホテルで1日中まったり過ごしても飽きることがありません。

オーシャンビューの部屋や水上バンガローなど165室の客室があり、ハネムーンにもおすすめです!

英名 Palau Pacific Resort
住所 P.O.Box 308, Arakabesang Island, Koror 96940
電話 (680) 488 2600
価格 約4万2000円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP https://www.palauppr.com/jp

③パレイシア パラオ

コロール島の中心部に位置し、モダンな大型リゾートホテル。国際空港からも約10kmと、利便性が良いのもこのホテルの特徴です。

施設内には、南国風の西洋レストランや一流の上海料理が食べられる中華レストランなどがあり、グルメも楽しむことができます。ロビーではサンセットを眺めることもでき、青い海に囲まれた贅沢なリゾートホテルです。

英名 Palasia Hotel Palau
住所 P.O.Box 10027, Koror, Koror 96940, PALAU
電話 (680) 488 8888
価格 約2万円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP http://www.palasia-hotel.com/

④コーブリゾートパラオ

コロール州のマラカル島に位置する、オーシャンフロントのオアシス、コーブリゾートパラオ。パラオ最大の大きさを誇るラグーンプールや、船をモチーフとしたおしゃれな内装のレストランなど、施設が充実しています。朝食も毎朝無料のため、ゆっくりとしたモーニングタイムを過ごすことができますよ♪

英名 Cove Resort Palau
住所 10186 Malakal Road, Koror, Koror 96940, PALAU
電話 (680) 488 4333
価格 約2万4000円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP https://www.covepalau.com/jp

⑤パラオ・ロイヤル・リゾート

青く澄み渡る海と空に囲まれたリゾートホテル。部屋は広く、開放感があります。白い砂浜のプライベートビーチもあり、パラオのリゾート感を最高に楽しめるホテルです。また、ジム・スパ・プール・レストランなど施設が充実しているのも特徴の一つ♪日系のリゾートホテルなので、安心です!

英名 Palau Royal Resort
住所 P.O.Box 10108, Malakal Island, Koror 96940, PALAU
電話 (680) 488 2000
価格 約3万円〜/大人2名1室 *5月の価格
サイトURL https://www.okura-nikko.com/ja/palau/palau/palau-royal-resort/

⑥ゲリル・ネイチャー・アイランド・リゾート

ゲリル・ネイチャー・アイランドで唯一の宿泊施設。カヤックを楽しめる、白い砂浜のプライベートビーチを所有しており、島での静かでまったりした時間を過ごすことができます。部屋はバンガローになっていて、近くにラグーン、洞窟、ハイキングコースなどがあるため、自然を思いっきり満喫したい方におすすめ♪

英名 Nature Island Resort
住所 P.O. Box 6115, 96940, PALAU
電話 (680) 587 1059
価格 約6万円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP http://www.naturegrace.net/index.php

⑦アイライ ウォーターパラダイスホテル&スパ

空港から近く、早朝・深夜便を利用する方にもおすすめのホテル。コロール島のダウンタウンへは、少し遠くなりますが、無料のシャトルバスが運行しているので心配ありません。また、パラオで唯一ウォーター・スライダー付きのプールを併設しており、家族みんなで楽しめるホテルになってます!

客室はマホガニー調の落ち着いた色合いで、清潔感があります。

英名 Airai Water Paradise Hotel
住所 P.O.Box 8067, Koror, Koror 96940, PALAU
電話 (680) 587 3530
価格 約1万3000円〜/大人2名1室 *5月の価格

⑧ガーデン パレス ダウンタウン コロール

コロール島のダウンタウンの中心エリアに位置していて、ショッピングや食事にも便利で、立地の良さが特徴のホテル。「旅先の我が家」をコンセプトに、日本人が経営しています。

部屋は隅々まで掃除が行き渡っていて、清潔感あふれる綺麗な客室です。安くてコスパがいいホテルをお探しの方におすすめです!

英名 Garden Palace Downtown Koror
住所 PO BOX 40692 Koror Republic of Palau 96940
電話 (680) 488 8012
価格 約1万3000円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP https://garden-palace-palau.com/

⑨アリイバモ リゾート キャロラインズ

小高い丘の上に立ち、丘の上からはロックアイランドが一望できるほど、絶景が眺められるリゾート。全7棟のコテージは自然豊かな緑に囲まれて、自分達しかいないような、プライベート空間が広がっています。パラオの素敵な夕日も眺めることができます。

英名 Palau Carolines Resorts
住所 P.O. Box 1724, Koror, Palau 96940
電話 (680) 488 3755
価格 約2万円〜/大人2名1室 *4月の価格
HP http://www.carolines-palau.com/bungalows

⑩シー パッション ホテル

2009年にオープンしたため、比較的新しい中規模ホテル。プライベートビーチはこじんまりとしていますが、落ち着いた雰囲気で静かに過ごすことができます。透き通った青色のオーシャンビューを眺められるテラス付きの部屋もあり、南国の雰囲気を楽しめます。

屋外プールも完備で、ロングアイランドパークまで徒歩圏内、ダイビングにも適したロケーションです!

英名 Sea Passion Hotel
住所 P.O.Box. 10068, 96940 Koror, Palau
電話 (680) 488 0066

⑪ブルー オーシャン ビュー ホテル

コロール島の市内中心部まで1.9km(車で5分)で行けますが、中心部から少し離れているため静かに過ごすことができ、滞在拠点としては、おすすめの立地。空港までも30分で行くことができ、空港送迎サービスもあるので、便利です。

全25室で、プールやレストランも併設しており、朝食が付いているのも嬉しいポイント♪安くてコスパの良いホテルです!

英名 Blue Ocean View Hotel
住所 P.O Box 6080, Blue Ocean View Hotel, Koror, Palau 96940
電話 (680) 488 2904
価格 約1万円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP http://new-blueoceanviewhotel.com/korean/

⑫パラオ セントラル ホテル

コロール島のダウンタウンのメインストリートに位置する、好立地のホテル。客室はNYのデザイナーが手掛けたおしゃれな西洋風で、スタイリッシュな部屋になっています。

また、2018年にリニューアルオープンしているため、ホテル全体はとても綺麗です。小さいながらプールもあり、立地を重視する方におすすめのホテル♪

英名 Palau Central Hotel
住所 1724 Main Street, Koror, 96940 
電話 (680) 488 4500
価格  約1万7000円〜/大人2名1室 *5月の価格
サイトURL https://palaucentral.com/

⑬F&B パラウホテル

コロール島のダウンタウンに位置していて、レストラン・お土産屋・スーパーなども徒歩圏内でショッピングも楽しめます。近年リニューアルオープンしていているため内装は綺麗で、パラオでは心配される方も多いWi-Fiに関しては、ロビーでサクサク使うことができます!スタッフも対応が良いと評判です。

英名 Palau Hotel
住所
電話 (680) 488 5678
価格 約1万3000円〜/大人2名1室 *5月の価格
HP http://www.palauhotel.net/

クリフサイド ホテル パラオ

パラオ空港まで10kmのため、空港近くでホテルを探している方におすすめのホテル。ホテルには、プール・バーベキュー施設・レストランが併設されており、設備が充実しています。また、PPR(パラオパシフィックリゾート)の施設が利用できるクーポンも配布しています。

英名 Cliffside View Hotel
住所 P.O. Box 4068, Ngerkebesang, Koror Island,  96940
電話 (680) 488 4590
HP http://www.cliffsidehotelpalau.com/

パラオのホテルでの注意点

水上バンガローやリゾートホテルなど、パラオには素敵なホテルがたくさんありますが、夜は外出を控えた方が良いなど、パラオに滞在する上での注意点もあります。パラオの旅行を最高に楽しむためにも、参考にしてみてくださいね!

夜は外出禁止!

パラオのコロール州では、深夜2時(18歳未満は深夜0時)から朝6時まで外出禁止令が制定されています。外人だからといって、パラオの法律が該当しないわけではなく、深夜に外出していると警察官から職務質問を受けたり、拘束されることがあります。そのため、夜は出歩かないようにしましょう。

飲酒は21歳から

日本では、20歳からお酒を飲めますが、パラオでは飲酒は21歳からです。現地の法律に従い、20歳以下はお酒を飲めないので注意しましょう。また、特別な許可がない場合、公の場でお酒を飲むことは禁じられているので、お酒は宿泊先かレストラン・バーなどで飲むようにしましょう!

予約は早めがおすすめ

パラオは近年ホテルが増えてきているものの、他のリゾート地に比べてまだまだ少ないです。また、ダイビングなどの目的の長期滞在者も多くいます。そのため、ホテルがいっぱいで予約できないという場合もありますので、パラオに行くことが決まったら早めにホテルの予約をすることをおすすめします。

ツアーなどもハイシーズンは埋まってしまう場合があるので、早め早めの予約を心がけましょう♪

貴重品管理はしっかりと!

高級ホテルではほとんどありえませんが、中級ホテル以下では客室内に金庫がないこともあります。そのため、貴重品の管理は自分でしっかりしましょう。パラオは全体的に治安は良い国と言われていますが、日本の感覚でいると危険です。

トイレなどで席を離れるときは、必ず貴重品は持っていくようにし、肌身離さないようにしましょう。

ワニやサメに注意!

パラオの一部地域にはワニが生息しており、その生息地域を正確に示す標識などもありません。そのため、マングローブエリアの水中に入る場合は、地元の方に確認したり、できる限りツアーに参加するようにしましょう。

また、ダイビングをしているとサメに遭遇することもあります。基本的に、サメからあえて襲ってくることはありませんが、サメに遭遇した場合は、触ったり近づいたりせず、サメを刺激しないようにしましょう。

常夏の楽園・パラオで最適のホテルを選んで最高の贅沢体験を…♪

旅行の目的にもよりますが、せっかく海が綺麗なリゾート地・パラオに訪れたならちょっと贅沢したホテルに泊まりたいですよね!旅行の時期や予約するタイミングによってもホテルの料金は大きく変動するため、早め早めの計画をおすすめします♪

スパ併設のホテルなどでマッサージを受けながらゆったりしたり、プライベートビーチや水上コテージで贅沢な時間を過ごしたり…パラオで最高の思い出を作ってくださいね。

RECOMMEND パラオのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 宿泊カテゴリの関連記事