" />

パラオへの直行便はある?行き方や時差&フライト時間を紹介!

観光
405views

パラオ共和国は美しいエメラルドグリーンの海に囲まれた、自然豊かな200の島々から成る人口が約2万人のとても小さな国。世界中のダイバーや釣り人にも人気が高く世界遺産や観光スポットも多く見どころ満載です!

パラオと日本には時差もなく、チャーター機の直行便ならフライト時間が4時間40分の近さなため、南国のリゾートを満喫したい方にはおすすめの国!今回はパラオの行き方をはじめとして、空港や観光スポットの情報や入国の際に注意するべきポイントをご紹介します。

パラオって?

パラオ共和国は太平洋のミクロネシア地帯にある小国で、年間を通して27度と過ごしやすい気候。パラオは雨季と乾季の二つの季節がありますが、特に11月~4月の乾季では湿気も少なく旅行するには最適です。

パラオは200以上の島々が集まりできた国でありますが、その大半が無人島。首都のあるコロール島を含め僅か9島しか人が居住しておらず、殆どの島が人の手が加えられていないため、自然が多く残されています。

パラオと言えば2012年に世界遺産の登録が認められたパラオの南ラグーンとロックアイランドが有名です。約10万ヘクタールの広大な海に浮かぶ445の無人島から構成され、サンゴ礁や多くの海洋生物を見ることができ、ここだけにしか生息していない固有種も見つかっている世界的にも貴重なスポットです。

40程の島からなるセブンティアイランド(ドルフィン パシフィック、ミルキーウェイ、ロングビーチ、ジェリーフィッシュレイク、ナチュラルアーチ、ロックアイランド)は、環境保護区でもあるので島への上陸はできません。セスナやヘリコプターの遊覧飛行で上空から絶景を楽しみましょう!

またお肌の美容効果も高いミルキーウェイの石灰岩の天然泥パックや落差30メートルもあるガラスマオの滝など人気の観光スポットの宝庫でもあります。

パラオへは直行便がある?


2018年まではデルタ航空がパラオと成田の直行便を週2便運航していましたが、現在は運休中のため定期の直行便は運航されていません。したがってパラオに行くにはグアムやインチョン、台北などを経由するか夏季や年末年始に不定期に出る直行のチャーター便を利用することになります。

それでは成田からパラオを結ぶ主な航空会社をご紹介します。

航空会社 日本航空
飛行時間 4時間半
運行日程 不定期
ポイント GWや7月~10月末、12月~3月末などの限定的な期間に就航している人気の路線。日本語での対応なので安心して利用でき、荷物は23kgまでの重量なら2個まで預け入れが可能。※事前の申請が必要
HP https://www.jal.co.jp/
航空会社 ユナイテッド航空
飛行時間 10時間(グアム経由)
運行日程 成田発の便は週5(水・土以外)で就航。
ポイント ユナイテッド航空は定期便の中では所要時間が最速。成田を昼前に飛び立って夜の20時35分頃に到着するので、ホテルでゆっくり休めます。
HP https://www.united.com/ja/jp/
航空会社 アシアナ航空
飛行時間 7時間(ソウル経由)
運行日程 基本的に週2便の就航ですが、期間限定で週4便を就航させています。
ポイント ソウル乗継でパラオまで路線を結んでおり、アシアナ航空のメリットは料金の安さにありコスパでは断然お得な航空会社です。
HP https://flyasiana.com/C/JP/JA/index
航空会社 大韓航空
飛行時間 7時間半(ソウル経由)
運行日程 週2便の定期就航
ポイント アシアナ航空と同様に料金価格もお得な設定が魅力。さらにソウルでの乗り継ぎの時間を利用して24時間以内なら飛行機から降りてソウルでショッピングもできますよ♪
HP https://www.koreanair.com/global/ja.html

パラオまでのフライト時間


日本からパラオまでは直線距離にして3,179km、飛行時間は直行便なら4時間40分~5時間程で、グアムを経由した場合には、乗り継ぎ時間を含め10時間~11時間です。

パラオと日本との時差

パラオと日本の間では時差はなく、サマータイムなどもありません。日本航空の直行便なら時差ボケの心配もないですが、グアムを経由して行く場合には途中に時差が発生するので注意しましょう。

パラオの空港


パラオに発着するすべての国際便は、バベルダオブ島アイライ州にあるロマン・トゥメトゥール国際空港を利用しています。2003年3月には、日本政府の支援により新ターミナルが完成しリニューアルしたので綺麗ですよ。

ロマン・トゥメトゥール国際空港(旧:パラオ国際空港)

ロマン・トゥメトゥール国際空港は、パラオのメイン空港。旧首都のコロール郊外のバベルダオブ島アイライ州にあります。国内線や国際線が運航されているほか、グアムやマニラ、ソウルなどの間に定期便の路線が結ばれており、日本航空なども期間限定のチャーター便を運航しています。

滑走路が国際空港としては短く、大型ジャンボジェット機の発着は不可能なため、利用できる機体も制限されることが直行便の数が多くない理由の1つ。ロマン・トゥメトゥール国際空港は日本の地方空港並みの規模で、ターミナルには飲食店や売店もあるので待ち時間も苦にはならないでしょう。

空港から市街地へのアクセス


ロマン・トゥメトゥール国際空港から市街地やホテルに向かう場合には、基本的にタクシーやバスなどの公共交通機関がないため、家族連れの方なら空港でレンタカーを借りると便利でしょう。

パラオでは空港までホテルや観光施設の無料のシャトルバスが迎えにきてくれるため、タクシーがなくても困ることはあまりありません。

パラオの入国条件&注意点


パラオは入国の際に必要な手続きやいくつかの注意しておきたいポイントがあるのでご紹介します。

滞在許可証が必要!?


パラオでは日本人の90日以内の短期滞在者の場合には、ビザ申請は不要なため煩わしい手続きも必要ありません。

その代わりに入国の際には、滞在許可証が必須となりますが、機内で書類の必要事項に記入して、パラオに到着したら空港の入国審査官にパスポートと一緒に提出すれば手続きは完了です。

別途許可証が必要な場合も

ダイビングやシュノーケリング、さらに釣りをする方では別途必要となる許可証があるため必ず覚えておきましょう。

  • ロックアイランド許可証

ロックアイランドへのツアーに参加する場合には、コロール州が発行する許可証が必須となります。料金は1人50ドルで有効期間は10日間 (6歳未満は不要)。

  • ジェリーフィッシュレイク許可証

ジェリーフィッシュレイクを含む、ロックアイランド方面へのツアーやダイビングツアーの許可証は1人100ドルで、有効期間は10日間(6歳未満は不要)。

  • フィッシング許可証

釣りをする方は別途フィッシングライセンスが必須。1人20ドルで、有効期間は1ヶ月

基本的にダイビング、スノーケリング、釣りなどのマリンアクティビティを楽しむには、各州への許可証の取得や料金が発生するため事前によく確認しておきましょう。

医薬品の持ち込みには注意


パラオは薬に対して非常に厳しい国なため、処方箋がない医薬品の持ち込みについては認めらないケースもあるので注意しましょう。

パラオへの直行便や時差をチェックして、旅行を満喫!


南国の楽園パラオの透き通った美しい海と自然豊かな島々が織りなす迫力満点なロケーションは、感動すること間違いなし!直行便を利用すれば週末にパラオで遊ぶことも可能で時差もないため、帰国しても睡眠のリズムが崩れることもなくおすすめです。

パラオはダイビングやフィッシングなどのマリンアクティビティを始めとして、アイランドホッピングやお肌の美容効果もあるミルキーウェイの泥パックなども体験でき、男女問わず心ゆくまで楽しめますよ。ぜひこの機会に皆さんもパラオの壮大な大自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND パラオのおすすめ記事

太平洋の楽園パラオ観光を満喫しよう!おすすめのパラオロックアイランド観光スポット&ツアーをご紹介!

太平洋に浮かぶ小さな島国パラオでは、日本では出会うことのできない絶景を見ることができます。パラオ観光で有名な透明度が高い青く輝く海をはじめ、豊かな生態系が形成されているマングローブの森、迫力ある滝など、自然を満喫したい人…

RELATED ARTICLES 観光カテゴリの関連記事