" />

バンクーバーの治安は良い?危険エリアやホームレス事情を解説

現地情報
14610views

バンクーバーに行くなら事前に把握しておきたい「治安情報」。異国のバンクーバーに行くとなると、実際に起きている犯罪や注意点など気になることは多いのではないでしょうか?そこで今回は、危険なエリアや注意点、対策など気になるポイントを解説しています。事前に注意点を押さえて、安全で楽しいバンクーバー滞在につなげましょう。

バンクーバーでの犯罪は?

カナダは諸外国と比較して治安が良いことで有名です。日本人にも馴染みのあるバンクーバーも、他国の大都市と比べるとかなり安全といって良いでしょう。ただし、いくら安全といっても、落とした財布の中身がそのまま返ってくる日本と同じ感覚で過ごすのは危険。あくまで、「海外の中では安全」といったレベルです。では、実際にどんなトラブルが多いのか見ていきましょう。

①スリや置き引き

最も注意すべきは、スリや置き引きといった軽犯罪です。特にバンクーバーでは、到着したばかりの旅行客や留学生の多い空港、スカイトレインの駅、ホテルのロビー、レストラン、カフェなどは注意が必要です。空港の両替所で多額の現金を両替するのもおすすめできません。日本国内で済ませるか、ホテルまでの移動費用など最小限に抑えましょう。

少しでも荷物から目を離した瞬間に荷物を持ち去られたり、駅のエスカレーターで後ろからリュックサックを開けられることもあります。カフェでお手洗いに立つ際は、必ずパソコンや携帯などの貴重品を持って移動しましょう

➁ホームレスや薬物中毒者

実は、街中にホームレスが多く溢れるバンクーバー。特にダウンタウンの特定のエリアに多く、薬物中毒になっているホームレスも多くいます。実際に危害を加えられることは少ないですが、薬物を使用していると奇声を発したり、急に暴力的になることも。道の先にホームレスがいると分かった時は、反対側の歩道を歩く、迂回するなど、できるだけ近づかないようにしましょう。道端やカフェのトレイに注射針が落ちているなど、実は薬物中毒はカナダ社会で大きな問題になっています。

また、ホームレスに関連するトラブルとして、路上に座る物乞いに小銭を渡そうとカバンから財布を取り出した瞬間に、背後から財布やカバンを盗まれるケースもあります。施すにしても、しっかりと周りを確認してからにしましょう。

➂マリファナ

マリファナに関するトラブルも日本人の間で耳にします。カナダでは2018年から医療目的だけでなく、娯楽目的でのマリファナ使用も解禁されています。

カナダ国内で使用する分には取り締まりの対象にはなりませんが、大変なのは常習性がついてしまった場合です。日本ではマリファナの使用は厳しく禁止されていますので、パーティーやクラブですすめられたとしても断るのが無難でしょう。

➃住居侵入や車上荒らし

バンクーバーでは住居侵入や車上荒らしといったトラブルも起きています。ワーキングホリデーや語学留学で滞在する場合、近所での買い物やゴミ出しといった短時間でも必ず施錠する習慣を身につけましょう。

駐車する場合は、荷物を車内の見える場所に置いてはいけません。例え貴重品が入っていなかったとしても、犯罪者には分かりません。中身に関わらずトランクにしまっておきましょう。

バンクーバーでの注意点

色々と犯罪例を挙げましたが、基本的なことを守っていればトラブルに巻き込まれる可能性はほとんどありません。

  • 貴重品から目を離さない

どこの国に行っても同じですが、1番は貴重品や荷物から目を離さないこと。レストランなどリラックスしてついつい油断しそうな場面でも、バッグは背もたれに掛けない、通路側や出口に近い場所には置かないなど、工夫が必要です。

  • 現金やクレジットカードは分散させて持つ

現金やクレジットカード、パスポートなどを一箇所にまとめて持つのは危険です。残念ながら、十分に気をつけていてもスリや置き引きの被害に遭ってしまうこともあります。その時のために、メイン財布、小分けの財布、ポシェットなど、2〜3カ所に貴重品を分散させておくと被害を最小限に抑えることができます。

  • 夜間の一人歩きはしない

比較的治安の良いバンクーバーですが、やはり夜道を一人で歩くことはおすすめできません。どうしても外出する必要がある時は、タクシーで移動する、人気の多い大通りを歩くなどすると危険は減ります。

  • 日本語で話しかけて来る人にも注意

日本語で話し掛けてくる人や、知り合ったばかりなのに親切にしてくる人にも注意が必要です。これまでに日本人の女性がトラブルに巻き込まれるケースもあります。日本でも知り合ってすぐの人に連絡先を教えたり、2人きりになったりしませんよね?外国でもそれは同じです。怪しいなと思ったら、その場を立ち去る勇気を持ちましょう。

バンクーバー注意すべきエリア

比較的安全といわれるバンクーバーですが、地元の人でも治安が良くないと思うエリアがあります。具体的に見ていきましょう。

①ヘイスティングス・ストリート

バンクーバーのダウンタウン周辺で最も危険とされるのがヘイスティングス・ストリートホームレスや薬物中毒者、ドラッグの密売人、犯罪者などが多く、他のエリアよりも犯罪率が高いのが特徴です。場所は、ダウンタウンから蒸気時計で有名なガスタウンに向かって歩き、少し過ぎたエリアになります。

ここは昼間でも雰囲気が悪いことで有名で、入った瞬間に空気が違うことが分かります。近くの施設でホームレス向けに食事を提供しているせいか、低所得の人が多く集まる印象です。

落書きが多くゴミが散乱していたり、何よりお店にあるしっかりとした鉄格子が地域の治安の悪さを物語っています。間違えて近くにホテルを予約してしまった人が、薬物中毒者のような女性に声を掛けられたと話していました。不用意に近づくのはやめましょう。

➁チャイナタウン

先に紹介したヘイスティングス・ストリートにも接するチャイナタウン。ダウンタウン中心部から徒歩15分、バンクーバー中心のBurrard駅から1駅と立地は良いのですが、ヘイスティングス・ストリート同様、薬物中毒者が多いエリアとして非常に有名です。

駅前には高層マンションが建っていたりと、一見綺麗で暮らしやすそうに見えるのですが、治安の悪さを反映して、家賃も安く設定されています。チャイナタウンの周辺のホテルに滞在するのは、正直なところおすすめできません。

ちなみに、チャイナタウンと聞くと中国系の人や中華料理店が多いとイメージしがちですが、そうではありません。かつては中国系住民が多かったようですが、現在、裕福になった人はリッチモンドに移り住んでいます。その後、廃墟となった空き家にホームレスや薬物中毒者が住みついている状況です。

➂スタンレーパーク

年間800万人もの人が訪れるといわれる、バンクーバーの有名観光地「スタンレーパーク」。カナダ最大の水族館や綺麗に整備されたガーデン、ハイキングコースなどで有名ですが、こちらも注意したいスポットです。

昼間は地元の人や観光客も多くて賑やかですが、夜は街灯がないため、日没後は真っ暗になります。ホームレスや薬物中毒者が寝場所として使っているので、日没が近づいたら近寄るのをやめましょう。これまでに殺人事件や強姦も起こっている場所で、地元の人も「夜は絶対に近づかない」と言います。カナダには多くの公園がありますが、どこも夕方以降は暗くなるので立ち入らないのが賢明でしょう。

バンクーバーで犯罪にあったら?

万が一バンクーバー滞在中に被害に遭い、警察や救急が必要になったら、911に電話を掛けましょう公衆電話から掛ける時、コインは必要ありません

スリ、置き引きなどの軽犯罪に巻き込まれた場合は、最寄りの警察署で「ポリスレポート(盗難・被害証明書)」を発行してもらいます。盗難被害がカバーされる海外旅行保険を持っていても、現地警察の証明書が必要になるので、必ず警察署を訪ねましょう。

クレジットカードを紛失した時は、すぐにカード会社のカスタマーサポートセンターに電話を掛け、無効処理の手続きを依頼します。カードが不正使用される前に連絡できるよう、カード会社の電話番号をメモしておくと安心です。

危険を避けて安全に過ごしましょう

「カナダ」「バンクーバー」と聞くと、治安が良く、緑の多い住みやすい街並みをイメージしがちですが、危険な地域も存在します。事前に危ないエリアや、バンクーバーでどんな犯罪が発生するのかを把握しておくと安心です。トラブルに巻き込まれないためにも、ポイントをしっかり押さえて充実したバンクーバー滞在にしましょう。

RECOMMEND バンクーバーのおすすめ記事

カナダ観光と言えばここ!バンクーバーから行ける世界遺産カナディアンロッキーの見所徹底解説☆

誰もが一度は写真を見たことのある山・カナディアンロッキー。ですが、具体的にどんな楽しみ方をすればいいのか、どんな観光スポットがあるのかを知らない方も多いのでは?この記事ではカナディアンロッキーの魅力について徹底解説します…

カナダ・バンクーバーを訪れるなら必ず行きたい!花の都『ビクトリア』のおすすめ観光スポット

カナダのバンクーバーを訪れる人の多くが併せて訪れる街・ビクトリア。この記事ではビクトリアの見所とオススメスポットについて詳しくご説明します♩バンクーバーからフェリーで行ける!ビクトリアってどんなところ?ビクトリアはバンク…

RELATED ARTICLES 現地情報カテゴリの関連記事